5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【正気の】福本伸行漫画でエロパロ【沙汰か?】

1 :神と呼ばれたエロパロ:04/01/30 22:36 ID:8GK5YE/Y
ジャンルは何でも可。
この聖域をエロパロ化できるのか?

2 :名無しさん@ピンキー:04/01/30 22:37 ID:w4LePGQH
2get

3 :名無しさん@ピンキー:04/01/30 22:49 ID:2lQYdOts
3GET!
無茶!

4 :名無しさん@ピンキー:04/01/30 23:35 ID:s4kc4jsh
801ならともかく…

5 :神と呼ばれたエロパロ:04/01/31 00:15 ID:giS+bNL8
桃板に降り立った天才厨

を待つ。


6 :名無しさん@ピンキー:04/01/31 02:51 ID:/cS3SQKq
言葉に表せない期待感がある

7 :名無しさん@ピンキー:04/01/31 03:38 ID:mKX5DE41
狂ってる・・・・・・!ジャンキーもいいとこっ・・・・・・!!

8 :名無しさん@ピンキー:04/01/31 03:45 ID:TdYRCBRy
福本作品でエロパロだって?
いきなり何を言い出すんだこの>>1・・・・・

別タイプ・・・・・・
こいつは今まで僕が出会ってきた>>1とは

まったく別タイプ・・・・・・

9 :神と呼ばれたエロパロ:04/01/31 17:18 ID:giS+bNL8

    ,.-――――――――――――-、    ダメだっ…… オレはダメなんだ……
   /                     \    わかったんだよ……
   \                        l    オレには もう…… わかった…
     >、                    |
    /―`\、                    |     漫画には二種類ある…と
  /―――u \__              |
  ヽ ヽ二二ニニニヽ`ー-、_____           |   エロパロになじむ漫画と
   n===〜=-、===============、      .|    どうあがいてもネタスレになっちまう漫画と……
   | |〉 i]   )   u     | |⌒`i    .|
   | |  └┐r'  u       | |⌒`|     .|  福本漫画は…… その後者の方……
  ./U u`ーし‐'     U   .l |(^) |      |   …ネタなんだ…
∠__ )  O ーU-、\.  .| .|___ノ     |
   <_____  ヽ   .Vヽ      |  どうしてもネタのイメージが拭えない…
     └┴┴┴┴`i  l  /  \     |      エロパロ化しようとしても……
      ┌┬┬┬rノ    /     \    |\  鷲巣の顔がちらついて……
     匚 ̄ ̄ ̄ ̄u.   /       \/    震えが止まらない………
      |   U  u    /       /      本当に………
        l_____/       /      もう せいぜいホモネタ晒すだけでギリギリ……
                  /            精一杯なんだ………


10 :神と呼ばれたエロパロ:04/01/31 17:25 ID:giS+bNL8
             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l     当スレは誰でもウェルカム
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |       ホモもSMもネタも
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |      どうぞお気になさらず
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|     ご自由にお楽しみください
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / 丶-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/




11 :神と呼ばれたエロパロ:04/01/31 17:27 ID:giS+bNL8
                              _
        ,. ‐ァ, -''7_          <⌒ヽ/´∠-‐z
      /  "    .<`       <~ ̄        `ゝ
  ∠..⌒‘            \   ∠,.   ,.イ       \
.   /   ,ィ  、      ヽ   /, /u ,.ゝ、        i
 ∠.-ァ /_,,ゝト|\        l  '〃\   =、、\      |  カイジさん
  /レ'\ `´‐''ラ l f⌒i   |     _) !  }}  ||⌒i    |  このエロ本みて
     / ’ ´,ノ l.| 6リ   l   ヽ____  |!6 リ   |  くださいよ・・・!
    /  _っ ´ v l|_ン     l     _)二二ニ) k-'´   |
    ー''∠.ィ--一  ,!  ∧、  ヽ.   L ̄ ̄    ! \ /\
.      └-ァ   /   //ヽ  ヽ   |    /   /  /\
         ! v /  ,/'´ /ヽ   l   !_/\ / ./   ヽ
       ,.ィ !、__/ / /   ヽト、l      / /
     / |i ノ,.イ /ヽ、     ト、!       | ,.∠-‐- 、
     |.  ||   |/   ヽ._   ヽ    /      i
.     ト、  ト、  |    /´  `ヽ   i   /          l
      | `‐-' ヽ  ⊂ニニ ̄ ヽ !  |  /         ,'
     { ヾ     |    /_c)   `ー---ゝ、       /
      \     `''‐ 、 ー-  __   /  \     /
       `ヽ.     ``''''‐- 、.._/        ゝ、/
          \   

12 :神と呼ばれたエロパロ:04/01/31 17:33 ID:giS+bNL8

                     /l /:::::::::::::::::::ヽ   l ヽ       l
                  ///::::l /::::::::::::::::::::::::::ヽ、 l__ヽ      |l|
                /::::/:::::~^//‐-::::::::::::::::::,,..-‐ヽ l:::::ヽ    |
               ノ ______/__:::::::::::::::::___\|_ヽ ノ| /
     |     /  ̄|  |  ̄U ̄ ̄ ̄ ;;;;;;:::::: 人 U ̄ ̄ ̄ ////   >>1……
     .|     l |⌒|  |:::::ヽ、  __,,../:::;;;;::: /;;;;ヽ..,,,_,, -‐'::::lノ    勝ち目が見えたと思ったろ…
     |      l |⌒|  .|::::::::::::: ̄::::::::::::::::::   l :::::::::::::::::::::::::l
    .|      l. ヽ._|  .| | |           ヽ、,_     .l
    |       ヽ.._|  .| | |  、、、、       ./     l     だから…
     |        |  ノ U            /     l    あんた……
     l        /V;;ヽ       ._            l
      |/| .l|   /  ;;;ヽ       ~'''''''…---‐・    l    もう一発もできねえんだよ
       |/ l   /    ;;;;ヽ、               ./
        |∧ /     ;;;;;;;ヽ        ;;;;;;;;;    /
         /V      ;;;;;;;;ヽ,       ''''   ./
       /  /        ;;;;;;ヽ、       ./_,,.、- 、
     /  /          ;;;;;;;;;;;ヽ.、  ,-‐/'~ ,..、、--‐、.
     /   /            ;;;;;;;;;;;;;;;;`/ /7 / _,. -‐''' '''__ヽ..,,,_ 「天」のひろゆき
   //  ./             ;;;;;;;;;;;;/  (ノノ / γ‐''~___,,... ヽ
 / ./   |\             ;;;;/       /7 ./  /    \ヽ)

13 :名無しさん@ピンキー:04/01/31 17:47 ID:FAq2Ofm6
ひょお〜〜〜っ‥‥‥! 来たぁ〜〜っ‥‥‥‥‥!
やりやがった‥‥‥‥!バカ‥‥! おもしれぇ‥‥‥!
大勝負だっ‥‥! 大勝負っ‥‥‥!

‥‥‥
バカっ‥‥‥! 目茶苦茶‥‥‥‥
自殺行為もいいとこっ‥‥‥‥‥‥‥‥‥!

いいぞっ>>1っ‥‥!行けっ行けっ‥‥! 
行けぇ〜〜っ‥‥‥‥‥‥! 行けぇっ‥‥‥!

14 :神と呼ばれたエロパロ:04/01/31 18:08 ID:giS+bNL8
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ   フフ…
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ  職人さん そろそろ純文学風福本エロも晒して
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!   くれませんか……?
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |    ネタなんかじゃ
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||     ぬけないでしょ……?
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |    フフ…
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||    クク………
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !      やっぱりね……
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\   見当は
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \  ついていたけど……
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト  案の上ネタパロ
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|  ネタを操ることばかり
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |   考えてきた職人の
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|     発想───‐
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |
    |         :|:::::::::::::::::::::::`ー:'::::::       |           |   痩せた考え…


15 :名無しさん@ピンキー:04/01/31 21:32 ID:/cS3SQKq
ザワ…ザワ…ザワ…

16 :名無しさん@ピンキー:04/01/31 22:38 ID:bqGM8tmX
案の定こうなったかw

スレタイも「エロパロ黙示録カイジ」で良かったと思うのですが。
いろんな板にカイジスレあるし。

17 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/01 00:07 ID:AoHA+MyA
>>16
   /─-;ィ-、. 二.__  ̄ ̄ ̄ ─‐ト _
  // //\_| ヽ|_,./ ̄`゙'''T ‐- 、__|ノ\ヽ
   /|===。、  _ ===。=,ノ| |  .| ゝ ヽ ヽ
     ! ー-‐/  " ー--‐_'j ノ| |  | ヽ  |/
      !.u / v  uj ~U〜/,ノ| .|  |  \
.     l./ v  __ )  / u |/ /!  |`''‐-
.     ゙t、--───-、   / / !  |
      /.i`ー------‐ ' j//イ  |
    /  ヽ. ー‐   /'"´  |  |
福本漫画の純粋エロパロ化企画は・・・・・・・・
オレや・・・・・・・・ 6やその他・・・・・・
みんなの希望で一杯・・・・・・・・
かけがえがなさすぎるっ・・・・・・・・・・!
ネタスレでした 単なるカイジスレでしたで済む企画じゃねえっ・・・・!




18 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/01 00:10 ID:AoHA+MyA
          ヽl l /        _|_
         /二口二.      __|__
        /| .二|二.         /|\
            |  /\.      / │ \

            ー-
          |, -‐-、        _l__
           ´   )        ヽ | ,ノ
              -‐'´        ─‐┼──
           _         / | \
            / ノ .\        /  |  \
         l./   |
                /
                     | ー┼‐
                     |  _|_
           二l二         レ'.(_ノ ヽ
         ___|___
          、丿
            ´

           _
            / ノ. \
         l./   |
                /

           ___|___
         |___|___|
               |
               |


19 :名無しさん@ピンキー:04/02/01 06:09 ID:c9Ieqhrz
         、-‐ヽ`v'‐z  
         . 彡      ミ     >>神と呼ばれたエロパロさん……これ………
        ノ ノノノM レレ ヾ
         ./i | =‐-  -‐=lヽ     とんでもないスレだぜ
       丿└!|||||Tl|||||l!| ミ 
      /_i i.i.|ヽu/、||,ヽ /l ヾ    即死しないのかな これで………
    ,,,-‐‐/ /||l;ヽ⊂ニ⊃/|||ヽ‐‐-        
 /'''":::::::::::::/|||||;;;;;ヽ:.:.:.:./ |||||ヽ::::::
/:::::::::::::::::::::/||||||      |||||ヽ:::::::
:::::::::::::::::::::::|:::::|||||  「 ̄ ̄ミ‐‐-,,,
:::::::::::::::::::::::::|::::|||||| └‐‐‐ミ_ |||


20 :名無しさん@ピンキー:04/02/01 21:31 ID:hk7ieEpL
test

21 :赤木しげる:04/02/01 21:37 ID:o33pPSu1
クククッ…

22 :名無しさん@ピンキー:04/02/01 21:39 ID:YdJQinFQ
っていうか銀金以外に名前のある女キャラいたっけ…

23 :名無しさん@ピンキー:04/02/01 21:41 ID:Avdv/YEw
ざわ・・・ざわ・・・

まっていた・・・こういうスレを・・・

・・・ざわ・・・ざわ

24 :名無しさん@ピンキー:04/02/01 21:41 ID:M5IMuGy5
>>22
美心…!
美心……!

25 :名無しさん@ピンキー:04/02/01 22:38 ID:VsFQ+vzH
>>24
ノーカウントっ……

26 :名無しさん@ピンキー:04/02/01 22:39 ID:v8WhNhGq
>>22
やるとしたら森田×田中くらいしかいないよなあ…

27 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 11:03 ID:A6ub9gp4
          ∠⌒,`.-─----─- 、 `ゝ
        7´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ       
       1 /:::::::: ̄``:ー--‐':´: ̄::::::::ヽ. !      
       l ,'::::::::: ̄``:ー---‐:':´: ̄:::::::::i. l     
        | {::: ̄ ̄`~ヽ::::::::: ,@"~ ̄ ̄:::} :|     
      r‐、.}: :,,: ===、 : : : ,. === :、: :{ , ‐、   
.      { f、|.!: :`゙==’ヲ  , ヾ;‘=='" 。 |.l'^i }        
      ! L|| %',ニニ=',ゝ@ aく `=ニニ@、||う'リ        
      ゝヽー-----‐ゝ_@ , 'ノー-----ーッ'人       
      ノ ~ト`モェェ:ェ:ェ壬王E゙ェ:ェ:ェェラ´1~  ゝ      
     / /!ヽ; : .    ____   。 . : :/ !\ ヽ     
    ,ノ/  ! ヽ; : : .゚  ̄ ̄ . : : :'/ }   \.゙、  
  ,. イ´     :|:、   `''ー-------‐'''´   ,イ    ヽ:、   
ククク…むろん…と言うか…言うまでもなくわしは待ちわびておるっ……
…このスレの誰よりも……待ちわびておる……!
福本エロパロ化をっ…!
…純文学エロを!……男×女を!……正統派エロ職人を……!
ククク……どこに……
ネタスレ化の危険が潜んでおるか知らんから大きな声では言えんが
30箇所はくだらぬほどエロパロ用セリフを押さえておる………!
最近では男女エロだけ待つのもどうかと思い……
アカギ×鷲巣にも手を出した…………。
ほんのほどだが…転ばぬ先のなんとやらだ……!
リスクの分散は怠らないっ……!
「ワー! ワー!! 会長っ…! ワー! ワー!!」
バカがっ……!
抜けんわ…まるで……!!

28 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 11:05 ID:A6ub9gp4
          ∠⌒,`.-─----─- 、 `ゝ
        7´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ       
       1 /:::::::: ̄``:ー--‐':´: ̄::::::::ヽ. !      
       l ,'::::::::: ̄``:ー---‐:':´: ̄:::::::::i. l     
        | {::: ̄ ̄`~ヽ::::::::: ,@"~ ̄ ̄:::} :|     
      r‐、.}: :,,: ===、 : : : ,. === :、: :{ , ‐、   
.      { f、|.!: :`゙==’ヲ  , ヾ;‘=='" 。 |.l'^i }        
      ! L|| %',ニニ=',ゝ@ aく `=ニニ@、||う'リ        
      ゝヽー-----‐ゝ_@ , 'ノー-----ーッ'人       
      ノ ~ト`モェェ:ェ:ェ壬王E゙ェ:ェ:ェェラ´1~  ゝ      
     / /!ヽ; : .    ____   。 . : :/ !\ ヽ     
    ,ノ/  ! ヽ; : : .゚  ̄ ̄ . : : :'/ }   \.゙、  
  ,. イ´     :|:、   `''ー-------‐'''´   ,イ    ヽ:、   
ククク…むろん…と言うか…言うまでもなくわしは待ちわびておるっ……
…このスレの誰よりも……待ちわびておる……!
福本エロパロ化をっ…!
…純文学エロを!……男×女を!……正統派エロ職人を……!
ククク……どこに……
ネタスレ化の危険が潜んでおるか知らんから大きな声では言えんが
30箇所はくだらぬほどエロパロ用セリフを押さえておる………!
最近では男女エロだけ待つのもどうかと思い……
アカギ×鷲巣にも手を出した…………。
ほんの一話ほどだが…転ばぬ先のなんとやらだ……!
リスクの分散は怠らないっ……!
「ワー! ワー!! 会長っ…! ワー! ワー!!」
バカがっ……!
抜けんわ…まるで……!!

29 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 11:17 ID:A6ub9gp4
      ___       _
      ``ヽ、`ヽ、,i'"´∠ _
     ,. ‐'"´ ̄        ``ニゝ   どうしてエロを考えようなんて
.  ∠´-,‐:‐'           ``ヽ       思うかなぁ〜〜〜〜〜〜?
    /               ゝ
.   /                  l   もう〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・・・・・!
  //       /l、        l
   l      /| ./ l、iヘ        |    抜けないんですっ・・・・!
   .l /| , /! /. l./ u l | , 〉.iヘ、 .  |     オレたちのネタはっ・・・・・・・・・・!
   |/ |/|/`!/-ニl_  v'|/'_ニl~ ヽ|、 l
   /´l|.| !' /⌒     ⌒ヽ  |.i^ヽ  なぜなら女がいないからっ・・・・・・・・・・・・!
   l |6||  l (0)    (0) l u ||.6l|
   ヽ._||  ヽ、_ :|   |: _,ノ   ||_ノ   オレたちみたいな漫画が
     ‖ u   (    )    .‖      エロでパロるには・・・・・・・・・・・・
     | v /⌒ヽ、` ‐'´,.ノ⌒ヽ  |\
   ._/l  l ,. -─‐三─‐- 、ノ  !  l 、      もう・・・・・・
,.‐''"´/  ヽ、` -‐ '´._`` ‐-" ,‐'´.  | `` ‐       ・・・・・・・・・・
 , -‐''"⌒)ヽ`‐、.   ≡   , ‐'´l .l  │
(  -‐'"⌒)-、〉l:::` ‐--‐'":::::::::l |   . |      ズバリ・・・・・・・・・・・・
.(  -‐'"⌒)ノ, |、::::::::::::::::::::::,ノ! |   .|
/( -‐''"⌒)ノ ! ` ‐----‐'´ .l  |    |    801でパロるしか
  (._,,. -‐' ,"\ l         l ,へ、  |       ないんですっ・・・・・・・・・・!
      /   ヽ         レ'   \

30 :名無しさん@ピンキー:04/02/02 11:25 ID:67uTzNIC
                , -─- .、
        _,/ ,;;    '' \    801だっ…!
        \ \ ,;      ,, ヽ
        ,イ,.へ、 ヽ、         |  長い間…
      ,ノ//-、// ヽ、 ヽ、    ;!  オレはこの801
      ノ i/、.7/ r‐ 、| |ヽ、 @ 、./    ってやつが苦手だった
.   /   lし'/. ヽ。 ル' ∠=、ゝ、!   なんか…
 /   ,.H'´ 〜 r   く・-イ┘ `   軽い吐き気をもよおす
 ‐r‐''"´ :|.! u r= 、 `   〈 r'´       気がして……
. │    |! ,. `ヾミ: 、 Yゝ
  ト、   ::\  ' ,   `''<._      しかし…… もうそんな…
.   ヽ\ :::::::\  '  ,  /      ひっかかり… こだわりからも
    \ヽ、 ::/,> 、 /\       飛び立たなきゃいけない…
l|  .;:  \'V/  |l`´ \ \
.!|     //!;リ|`\ ||  ;:   \冫、    いけないんだ…!

31 :名無しさん@ピンキー:04/02/02 13:01 ID:1dvcrSil
>>27-28
>バカがっ……!
>抜けんわ…まるで……!!

ワロタ。

32 :名無しさん@ピンキー:04/02/02 17:38 ID:NtK/tolV
存続できるかよ・・・・・・・!

駄スレ、駄スレじゃねえか、てめえらは・・・・・・!

おい、みんなも書き込みしたほうがいいぞ。dat落ちしたらそれまでだからな。

33 :名無しさん@ピンキー:04/02/02 18:52 ID:Bg3sAInV
      _─-ゝ‐ 、, -‐z...__
.    -‐゙ `      ´ ´ ~`ゝ     ……なるほど……
.   ≦                   ヽ  しょせんは…… そういうことか……
.   イイ/lイ/|/|/イ/Vv,ィ,   i
     /´           〃  |    萌えなきゃゴミ……
   / ̄`'‐、   , ‐''"´ ̄ |   |  たとえどんなに面白い作品だろうと
.    !==。=、  _ =。=== .|.r‐、.!   萌えなきゃ…… しょせん無力……
    l.` ‐-/  ゙ ー--‐ ' .|.!‐、}|    SSなんて書けない…
     l  /  __ ,      |lヽ,/|
     i ゙ー____,   |!ン .ト、     当然だよな……
.      ヽ  __     /ヽ  | ヽ    ここはエロパロなんだから
   _, ‐''7ヽ   ̄   /   ヽ.|  .|`'‐、._ 名作より萌える作品だ…!
 '"// ./  .\   /     〉   |   |  生きてる萌えの価値が
  // /   | lヽ./        /l   |   |        優先される……!
 '/ /   _,| ト、         ,イ│  │   |


34 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 21:38 ID:A6ub9gp4
ざわ・・
      ざわ・・
  ざわ・・


35 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 21:40 ID:A6ub9gp4
      ___、 ,. ,._,.__
    ゝ          Z
   /            ゝ
   /     ,ィ/|八ハ、ト、ト`
  .|   __../ \.> く/|     逃げちゃダメだ・・・!
  |.   l6l| ヽ_・_フ 〈・_フ|
  /   ヽl  u  r_ \ |
 /_   |\ (二二ニ7/!              逃げちゃダメだ・・・!!
 '~  |  l.  \  == / |
    レV、ト、   \_/|ハ|\
        \_/


36 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 21:43 ID:A6ub9gp4
            、、、,. ,._     職人くん…… 職人くん………
         ィ`'′     ヽ
        〃/ノノ八レレ、.  |       職人くんに託すっ…!
         ル三''′`三ヽ.  |
          [ ≧|ニ|≦_]~|^)ト、    虫のいい話なんだが……
.         | ,-L__」 -、u |ト:| |''‐- ...__
      _.. -┬|l王l王l王l`/ .|  | |    オレの代わりに…
.     ∧  |├‐┬─‐''′/  ||      純粋をエロをかいて……
     /  l  |.l-―|、___/-―┤
   | ̄ ̄|.|   | |   ヽ. /    | |    厨に分けてやってくれ……
  /.|   | l.  | |   Y。    | |
  \/~三三..l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
   /、 丁` /ヽ「|    /.|     |  
.  /  へ、./  | l.  / |_   |
 /   |/    | |. └‐::┐r‐┘  .|
. !   /       |_|.   └'      |==


37 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 21:46 ID:A6ub9gp4
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     | 
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||  束の間見えた
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |  エロパロ化の希望はdatに溶け
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |   天に昇った……
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !    福本漫画
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト 無法の
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|  エロ単騎……!
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |
    |         :|:::::::::::::::::::::::`ー:':


38 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 21:51 ID:A6ub9gp4
このままでは終われないっ・・・・・・・・・・!
終われない・・・・・・!
ネタじゃ駄目だ・・・・!
なんとしても・・・・・・なんとしても・・・・・・・・・もぎ取って帰るっ・・・・・・!
dat落ちしたらオレたちのやってきたことが全て無為っ・・・・・・・・・!
この801の構想・・・・命を賭して得たこのアイテムもゴミ屑・・・・・・冗談じゃないっ・・・・!
連中のあんな・・・・「dat落ち」・・・・・・あんなペテンじみた詭弁で全てを反故にされてたまるかっ・・・・・・・・・!
・・・・・・・・・・・たまるかっ・・・・・・・・・・!
引き下がれないっ・・・・!
このまま・・・・・・・・・・・誤魔化されたままでは引き下がれない・・・・!
得るっ・・・・・・!
なんとしても一話分・・・・・・・・・・・萌えエロ一話得るっ・・・・・・!
・・・。
・・・・・・。


39 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 21:53 ID:A6ub9gp4
  , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
  / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ      やり遂げようっ・・・・!
. / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l    一話っ・・・・!仮に・・・・・・
,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ       仮に・・・・・・ datの中に
.  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、      落ちるとしても・・・・ datの中へ・・・・!
  |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.  侵入してエロを喰らうんだ・・・・・・!
           /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
.           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !    最低でも・・・ホモ萌えで・・・!
            /   イ   / v   u:::|;;   !   | !    これは譲れない・・・・!
.        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !    最期の砦・・・・!
          ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |     


40 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 23:55 ID:A6ub9gp4
書いたぞ!801だが・・・しかも・・・エロに入る前に力尽きた・・・。
それでもいい香具師は・・・よんでくれ・・・。狂気の沙汰・・・。
萌えるかどうかわからない・・・。

41 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 23:57 ID:A6ub9gp4
南郷は、眠れない。寝返りをうった。
彼の視線の先には、若い男-アカギの白い背中が、闇に浮かんで飛び込んできた。
・・・この少年・・・いや、この男は・・・・!!
先刻の魔に魅入られたかのような戦いの興奮が冷めやらない。
この、今、俺の目の前にいる男-アカギ・・・中学生・・・このガキにおれは代打ちを託したというのかっ・・・!
・・・切れてやがる・・まったく!
初めての麻雀でその天才的な才能を発揮させたアカギの、牌を摘まむ華奢でかたちのいい指先を思いだしたとたん、いいようのない疼きが南郷の心を・・・全身を・・駆けめぐった。

それは、昨晩あの雀荘でおこった。
借金の清算のため、ヤクザと命を賭けて麻雀に臨んでいた南郷は、窮地に陥っていた。
そんな場面に、突然、ずぶ濡れになったコイツが入ってきたのだ・・・。明らかに、何かいわくありげな雰囲気
を漂わせた、色白で華奢な少年。猫毛の金髪は、雨水に濡れそぼり、まだ肉薄の肩は濡れたYシャツの下から、その肌色を露わにしていた。
そして、彼の・・その目を見たとき南郷は、唾を飲みこんだ・・・・思わず・・・・ゴクリ・・・と・・。
深淵まで澄みきっていた・・・!切れ長の目・・・!ただ黒く!!あれは・・あれは・・・闇・・・だ!!!
・・・南郷は思わず身震いした。そのときの全身に走った衝撃を思い出したのである。

42 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 23:58 ID:A6ub9gp4
南郷は再び、アカギの背中に視線を戻した。
試合後、身元保証の一環として一晩の宿を貸してやることになったこの少年アカギ。
あの、大三元四暗刻テンパイの手をうったのと同一人物とは到底思えない・・・!
静かに息づくこの・・華奢な・・・肩から腕へのなだらかなライン・・。
・・・・まるで・・・こうして後ろから見ていると少女のそれ・・!
南郷は身を起こし、隣に寝息も立てず横たわっている少年が本当にあのアカギなのか
確かめようと、わけのわからない興奮で震えながら手を伸ばした。

「何の用です・・・?」
アカギのよく透る鋭い声が南郷の手にブレーキをかけた。
「・・・あ・・あ・・・お、起きてたのかアカギっ」
「ククク・・・南郷さん・・隠したって無駄・・・あんたは、今、俺に性欲を感じた・・」
「え!ああ・・うう・・・そんなことは・・・」
「フフ・・・・その手はなんだ・・・南郷さん」
「お前・・わかるのか!」
「クク・・・今、気配が濁っていた」
「!!!」
「気迫で負けの込んだ人間が最後に陥る思考回路…
あんたはただ怯えている・・・あんたは気迫で俺に及ばない恐怖から無意識に体で俺をねじ伏せようとしていた・・・痩せた考え」
「(やつの言うとうりだ・・・この手がどうしてただの確認なんだっ!!)」

43 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/02 23:58 ID:A6ub9gp4
頭に血の上った南郷は、とっさにアカギを組み敷いた。
アカギは、柔らかな金髪を枕に漂わせ、端正な顔に不敵な薄笑いを浮かべて南郷をひたとみつめた。
「南郷さん・・・取引しませんか?」
「・・・・・・?」
「俺を一晩楽しませてくれればいい」
南郷はあっけに取られた。中学生とは思えぬほどに落ち着き払い、不敵な言葉を放ったアカギに、
南郷は、正気を取り戻し、押さえつけていた腕をはなした。
「・・・無理だ・・アカギ・・・俺たちは男じゃないか・・・。
だいたい、取引ってのは、”物”を持っているもの同士で始めて成立する事だ”!」
「フフ・・・物はある」
「!?」
「”物”は女のものだけじゃあ、ない・・・もう1つある・・・」
そういうと、アカギは、片手で自分の白い半袖シャツのボタンを器用にはずし始めた。
「(脱ぎやがった・・・)」
アカギは、南郷がアカギからの逆提案に動揺しているときに、南郷と自分の優位的立場を即座に交換していたのだった。

「(男が迫ってきて一番ハラハラすべきの当の本人が・・・このガキ)」
南郷は月明かりに照らされ、露わになっていくアカギの滑らかな肌にすいよせられつつ、おもった。
「・・・」
アカギはボタンをはずし終わると、手を投げ出し南郷をじっとみた。
「切れてやがる・・・」南郷はかすれた声で呟くと、アカギの華奢な肢体から、シャツを激しく剥ぎ取り、
アカギの上に折り重なった。

44 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 00:25 ID:B4bMEtPs
心配するな・・・見ているぞ・・・だが笑えるだけで・・・だめだ・・・。
思ったが・・・短編・・・3レス程度がやはりこのネタにはあっている・・・。
長編・・・多分それは読んでいて飽きる!
読んでいるぞ・・・
見ているぞ・・・
静かに・・・

他シュチュ・・・キボン!!!

45 :誘導:04/02/03 00:56 ID:6UNmv0kA
801は801板へ。
板違い。


46 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 01:06 ID:KP3KzdXj
寝ぼけるな…… 
続行だ……
けちな誘導乗る必要無し…!

47 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 01:19 ID:u8UGAEcq
44.46>ありがとう・・・ありがとう・・
congratulation!!
俺も・・・3スレ程度で・・・ギリギリ・・・
45>このスレでの801エロパロ化は・・・ほかの漫画の場合とは・・
わけが違う・・・まったくの別物であることに・・・なぜ気づかない・・?
このスレでの801エロパロ化の否定は・・このスレの前途を奪うもの・・・
801エロパロ化は・・・壮大な福本萌えエロパロ化への・・・序章に・・・すぎない・・・・


48 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 01:27 ID:u8UGAEcq
福本漫画で…男×女だと…・かなり生々しくなってしまう…
ここは…やはり美心を使うしか…?!
うう…エロい情景が…浮かばねえ…

49 :誘導:04/02/03 01:29 ID:6UNmv0kA
ま、そんなに801したければこちらのスレでどうぞ。
【ひりつかなきゃ】福本で801・4発目【駄目っ…!】
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1068119529/l50


50 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 01:45 ID:u8UGAEcq
49>このスレ立ち上げたのは…俺
気に食わないなら・……お前が でていくがいい…
ざわ…ざわ…

51 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 01:52 ID:u8UGAEcq
44,46>すまない…期待にこたえるべく二作目に取りかかっていたのだが…
度重なる固定の闖入で…さすがの1も気力が萎え気味…
次回作には…時間が…・かかるかも…・気長に保守しておいてくれ…
sage進行で…たのむ

52 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 01:55 ID:mqUzALDV
閃光のような閃き・・・・・・・
女体・・・化・・・!

ざわ・・・ざわ・・・

しかし・・・異端の発想
住人に問う・・・・・・!
是・・・否・・・どちらかを・・・・・・!

53 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 02:00 ID:u8UGAEcq
いずれは…男×女で正統派萌えを実現させてみせる…ここ…このスレで…
しかし・…!今はまだ無理……その時期では…… !!
どうしても……取ってつけた感が……拭い去れない……
801で……萌えシチュを……練習したい……そういう意味での序章……
というか……萌えるならジャンルは何でもいいんちゃうの……?

54 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 02:01 ID:c/5FL29K
快感を・・・与える・・・ッ!

55 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 02:58 ID:WNJbiK1K
「あれっ…!お父さんは…?」
美心は呟いた。
そこにいるはずの父親の姿はそこにはなかった。
代わりにいたのは長髪で頬に傷のある若い男だった。
その男は、美心を見て身構えた。
「あんたっ…!誰っ…?」
美心はとっさのことでうろたえて後ずさりしながら言う。
「坂崎っ…!」
その一言で若い男は警戒を解いた。
「ああ…!おっちゃんの娘さんかっ…!
オレはおっちゃんの…まぁ戦友といったところかっ…!
クククク…カイジ…伊藤カイジだ…!」

56 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 03:04 ID:WNJbiK1K
「どうした…!座れよ…!
ここはおっちゃんの家なんだから…!遠慮なくっ…!」
カイジは意外と人懐っこい。
とはいっても若い娘が見知らぬ男一人の部屋に
おいそれとは入れるものではない。
美心は逡巡していた。
そんな美心の心の動きを見て取るようにカイジは囁く。
「おっちゃんっ…!いっつもあんたのこと自慢してるよっ…!
美人だからなっ…ってなっ…!
まぁ確かにまんざらでもないなっ…!」
「なっ…そんなことはっ…!」
思わず美心は赤くなった。
とともに父親の友人として少しづつカイジに警戒心を解いていった。

57 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 03:08 ID:WNJbiK1K
女とは随分ご無沙汰のカイジ。
彼からすると美心のノースリーブからのぞく白く長い手、
うっすらと淡いピンクをほどこした爪、
豊かな隆起を示す胸、
光沢を放つような艶かしい唇、
それら全てが眩しすぎた。
「美心さん…!あなたが欲しいっ…!」

58 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 03:10 ID:WNJbiK1K
即興のお試し版…!展開の雑さと強引さはご容赦願いたいっ…!
…クククク…
その一番の盛り上がりに突如突入…侵略…!
異端…異様すぎる展開っ…!
まさに狂気じみたSS…!

59 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 03:16 ID:WNJbiK1K
「はじめて…バージンでいてくれて…処女でいてくれて…!ありがとう…!」
それは心底からの叫びであった。
というのはカイジ自身初めてだったからだ。
「みここさんっ…!みここさんっ」
必死にカイジは腰を振る。
ジワリっ…!ジワリっ…!
美心の中へと侵入していく。
しかし美心は緊張しすぎて硬く渇いたままだった。
入っていくにつれ美心は顔をゆがめやがて声を上げた。
「痛いっ…!痛いっ…!」

60 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 03:20 ID:u8UGAEcq
                       コングラッチュレーション
             ,―==7     Congratulation!   コングラッチュレーション
             |く ___ _>                    Congratulation!
             fll`ーU+'
             `''、 ー=|      おめでとう・・・・・・・・!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,−=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|      >>58&皆の衆、おめでとう・・・・・・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                        /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                       |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.    z-..,〃、             ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|   /    ミ              1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl  |   刀、ミ           _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/  |  ノ= ∠i         /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|   __/ (ll ー゜\|ヽ.       /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|  l|. ll7| ヽu=/l二ll二l'''ヽ  /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|  | | llヽ|w-ヽ/Nヽll  |  | /≡:::/≡≡≡≡≡≡

61 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 03:50 ID:u8UGAEcq
アカギと鷲巣のシチュ(無理・・・俺の想像力ではこのカプールでは萌えさせられない・・
残念だが・・・ネタでいかせてくれ・・・
原作のいいまわしがそのまま使えるので・・・ほとんどいじってない・・が・・
いちおうageとく・・・次回作は俺もいよいよ・・正統派男女萌えエロに・・・挑戦・・!
それから58・・力作をthanks・・・)


62 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 03:51 ID:u8UGAEcq
アカギ「そうだ・・・その意気だ・・・来いよ鷲巣・・・!貧しき者っ・・・!」
鷲巣「ぐっ・・・!」
「鷲巣様っ・・・!挑発に乗ってはいけません・・・!ご自重を・・・!鷲巣様っ・・・!」
奴のあの無礼な物言いは鷲巣様のモノから暴発を引き出す策略・・・!それに乗ってはいけません・・・!」
「ぐっ・・・!」
「ご自重を・・・・・・!」
「・・・ぐっ・・・!」
「鷲巣様・・・・・・!」
「わかっておる・・・・・・!どけっ・・・!」
「あの・・・」
「安心しろ・・・・・・!わしは冷静だ・・・!しやせぬ・・・・・・暴発など」
「じゃあ・・・・・・」
「ああ・・・言う通りだ・・・・・・・おまえらの言う通り・・・・・・・・!今打てば・・・ただの打ちではなく破滅・・・!
通常・・・ヤれる状況じゃない・・・!分かっておるそんなことは・・・・・・・・!」
「ありがとうございます・・・!」
「が・・・しかし・・・それでもなお 打だっ・・・・・・・・!」

63 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 03:52 ID:u8UGAEcq
「は・・・?わ・・・鷲巣様っ・・・!ですからそれは・・・」
「聞けっ・・・・・・!まぁ聞けっ・・・・・・・・!
ヤったら死ぬ・・・ヤったら死ぬ・・・と言うが・・・それは・・・・・・同じだ・・・!あのガキも・・・!」
「そ・・・それはそうですが・・・・・・・・」
「奴はな・・・驚天動地・・・・・・・・わしのこれまでの人生でも見たことのない・・・・・・・・
怪物だ・・・!
その色気でキッチリヤられたら・・・・・・・・6回戦があろうとなかろうと・・・・・・同じこと・・・・・・!」
「鷲巣様・・・!そうは言いますが・・・・・・」
「目覚めろ・・・!今 真に問題なのは・・・・・・・・勝負時間の長短ではない・・・!機だっ・・・!
どこでいつ・・・どうやって逝かせるか・・・?そういうときの「勝ち」の時だ・・・・・・・・それに全神経を集中させねばならん・・・!」
「・・・・・・」
「そう考えた時・・・見ろっ・・・!奴を・・・・・・!その無防備な横腹を・・・・・・!
となりゃ打て打て打て・・・だろ・・・・・・!
ここでにげてどうする・・・・・・?むろん敵が横を向くということは当然その締りも高まり・・
こちらの痛手も大きいが・・・構ってられるか・・・!
打って打って打ちまくり 先に決定打を打ち込むのみだ・・・・・・!それが成れば・・・沈められるっ・・・・・・・!あり得る・・・・・・!
「アカギ」という要塞の・・・・・・轟沈も・・・!」


64 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 21:27 ID:MGSOTUHV
会話は普通にしてよ
・・・ばっかりで読みにくい

65 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 21:34 ID:K/4FbfXe
>>64っ・・・!
そういう発言こそ
空気嫁っ・・・!間違っている・・・!
カイジスレ行って出直して来いっ・・・!

66 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 21:54 ID:RjEhhQFD
今、思ったのだが、普通のエロSSをカイジ風にしてみたらどうだ?

男「ククク・・・物足りないって思ったか? こんなちゃちなバイブ程度の刺激・・・」
女「はあ、そりゃまあ・・・」
男「ククク・・・・・・安心しろ。済ますわけねーんだ。こんなもんで。
  いま、挿入してやる・・・この・・・巨大ディルドウをな・・・・・・!!」
ざわ・・・ざわ・・・
女「ばっかもーん! 入るかこんなもん! しかも、アナル!!アナルじゃねえか!
  貴様がいれようとしてるのは!!!」

スマン・・・・・・駄レスだ。

67 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/03 22:19 ID:u8UGAEcq
64>原作がそうなんだから・・・仕方ないだろう・・・
もまえは・・・原作をよんだことがないのか・・??
…を否定するのは・・・福本漫画そのものを否定すること・・・
…には言葉にならない・…福本先生の叫びが・・・こめられている…
気に食わないやつは・・・こないでくれ・・ここは・・・まったり進めたいから・・・

66>ああ!・・それは・それも・・・いい・・かも・・・!

68 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 23:07 ID:Hd2M7PbC
>>66
ワラタ

69 :名無しさん@ピンキー:04/02/03 23:56 ID:13vrwYmz
>>66
神っ・・・!
それだ、エロパロ板で生き残るには、
口調・・・!喋り方を、福本調に改変するしかないのだ・・・!


ざわ・・・
              

           ざわ・・・

70 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 00:04 ID:CjUiKPDQ
             _
         -─ヽ ` v '⌒ ゝ
         /          \
        /        ∧.    ヽ
      i    , ,イ/  ヽト、!  N
       │r‐、 ノレ'-ニ」  Lニ-'W
       |.| r、|| ===。=   =。==:!   
       │!.ゝ||. `ー- 1  lー-‐' ! 女体化でもイケるんとちゃうん・・・?
     /|. `ー|! r   L__亅 ヽ|   
   /  |  /:l ヾ三三三三ゝ|
 ‐''7    | ./  `‐、, , , ,ー, , ,/ヽ_ 
  7   ./K.     ` ー-‐ 1   ヽ-
 /   / | \       /|ヽ   ヽ



71 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 00:15 ID:Qxoz/Nls
ある朝、憧れの祥子さまに呼び止められた祐巳。
「ククク・・・・・・そこのあなた! タイが・・・・・・曲がっていてよ!」
「しょ・・・祥子さま・・・」
祐巳は奥歯をがちがち鳴らしながら振り向いた。
「ククク・・・どこに鼠・・・もといマリア様が潜んでいるかも知れぬから
 ・・・・・・身だしなみは・・・・・・キチンとね・・・!!」

・・・・・・正直、疲れるな。この調子で喋り続けると・・・!

72 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 00:22 ID:1QpaBqA3
        ,, -‐''" ゙̄`ヽv'" ゙̄` ‐ 、_
      ∠´_..           -ニ_~
.      /´                `ヽ、
      /                  \
     l               ∧         l、
.     |           /l / . |. ト、i、.   ヽ、!
    │        /| /.| /  .|.| .l.,|_l.,ヘ   l.
     |   __  /|/゙|/`|/、u  | /l l Wヽ|
     |  ./‐ヽ | ==== __  ,''===== |
..    |  || ~)| |  ` ‐-゚‐' ''' /:.‐゚-‐'´ |
    │ || 6|.| u      `‐-;    l      70>
.      |  ヽゝレ            / v l    アカギ×ヒロユキ
.   /|   /':\   ⊂ニニニ⊃   /      萌え、よみたい・・・?
  _/==|  /   ::\    __    /
''´ l====| /      ::::\   ̄ v  /
::::::|====|/        ::::\   /_
::::::|====|\        :::::\/=l::::`..‐、
::::::|====|  \        :::::::|===l:::::::::::::`..、
::::::|====|   \       /|===|::::::::::::::::::


73 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 01:01 ID:gT0EhMFs
>>66
違うな。

駄 ス レ だ。

つーか、いまさら福本かよ。

74 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 01:53 ID:1QpaBqA3
73>…いまさら福本かよっていうくらいなら
  最初からこのスレのぞかなきゃあいい……!
  批評する前に……先にSS描いてみろよ……
  描いても無いのに発言する権利なし…説得力なし……!
  

75 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 02:20 ID:1QpaBqA3
44,46,70>お待たせ…。女体化他シチュ書いたぞ…。
     今回もエロは無し…というか、エロへの導入部分のみ…。
     情景で萌えてもらえればありがたい…。
     もし皆の希望があれば…続きとして…
     アカギ×ヒロユキの萌えエロ本番に挑戦…する予定
     今日一日……男×女のエロの構想を練ったが
     まとまらなかった…もう少し待ってくれ…

76 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 02:20 ID:1QpaBqA3
裏ドラは乗らなかった。
「仕切りなおしだよ、半荘終了でキリがいい。長い間を入れよう」
原田はスッと立ち上がり、そう言い放つと、今夜の試合再開の時間を告げて、立ち去った。
僕たち東の面々には、各々に1つずつ部屋が用意された。
ほっとした気分でおれは、自分用の部屋に向かいながら、縁側から夜明け前の空を見上げた。
部屋に入った僕は、布団に座ったが、目が冴えて一向に眠れそうにない・・・。
僕は、…先ほど僕がわざと裏ドラのヤマを崩そうとした時に、アカギさんが呟いた、
「ひろ…礼を逸したことはするなよ」という言葉が、胸に引っかかっていたのだ。
(待てよ…アカギさん、もしかしたら「譲られる」って感じたのかな
バカな…!そんな意味じゃないんだ…第一アカギさんと俺とじゃレベルが違いすぎる
…まずい誤解をといておかなきゃ!)
僕は居ても立ってもいられない焦燥に駆られ、アカギさんの部屋を探しに廊下を抜け、縁側にでた。



77 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 02:21 ID:1QpaBqA3
「アカギさん……!」
僕は思わず上ずった声で小さく叫んだ。庭向かいの縁側に腰掛けて、アカギさんは杯を傾けていた。
「お…なんだ寝ないのか……?ひろ」
僕は、すこし安堵した。月に照らされたアカギさんの横顔に不快そうな影はなかったから。
「アカギさんこそ」俺がいうと、アカギさんは…ハハハ…とわらった。
「…まあな…まあ一杯やってからだ」
アカギさんの横には、豪勢な酒のつまみが並んでいた。
聞くと、アカギさんが作らせたらしい。もうすぐふぐちりも来るという。
「やるか…?」生ビールのバカラグラスをすこし掲げてアカギさんが僕にいった。
一瞬別のことを想像しドキッとしながら
「いえ僕は…」と断った。「相変わらずわがままですね」
すると、アカギさんは、フフ・・・と含み笑いをした。もう若くないのに、アカギさんのこの、
妖しいまでの微笑の美しさは何だろう…。
「で…なんだ?」
「え?」一瞬我を忘れていた僕は、現実に引き戻された。
「なんか用なんだろ……」
「あ…はい まぁ その…さっきは僕の勇み足でアカギさんに迷惑かけちゃって」僕は頭を下げた。
「え…?」アカギさんは僕に視線を移した。本当に透明な目をしている…。
「ああ…なんだ…そんなこと。別に構まねえよ、いろいろあるさ、勝負してりゃあ」
そういって、グラスを口に運ぶアカギさんのしなやかな手のひらを眺めつつ僕は、
ドキドキしながら本題を切り出した。
「で その 実はもうひとつ」

78 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 02:22 ID:1QpaBqA3
「ん…?」
「誤解を解いておこうと思って… さっきアカギさんは「礼を失することをするなって」言いましたよね」
「……言ったな」そういうと、再びアカギさんは、グラスを形のいい唇に運んだ。
「あれは誤解です……!アカギさんを軽んじる気持ちなんてこれっぽっちもありません…!
もともとあんなことになったのは僕のミスなんだから、僕が退くのが当たり前で、
別に譲ったってわけじゃ…!」
弁解しているうちに、だんだん早口になってくる僕の言葉をアカギさんの言葉が静かに遮った。
「ひろ…「礼を失する」ていうのは俺に対してってことじゃねえよ…
俺たちが今血道を上げているこの勝負に対して 失礼だと いっている」
僕はアカギさんのいっている意味を図りかねた。
「…勝負…?」
「ああ…西の汚い空モーションがあったとはいえ、ともかくお前はロンを宣言して手牌を倒した。
その行為、すでに起きちまった結果を否定しちゃいけない。
その結果を破棄するようなまね、つまり、ヤマを崩して裏ドラの確認を不可能にするなんていうのは
俺たちが今まで営々と続けてきたこの勝負の否定。 
冒涜だ…!」
(ぅ…)僕は言葉も無く佇むしかなかった。僕はなんと浅はかなことを…!…そしてこの人は…!!
肩を落とした僕をみてアカギさんは諭すように言った。
「フフ…皆よくやるのさ。土壇場に追い詰められるとこのすりかえを。
自分の身さえ捧げれば自分の身とひきかえならば…どんな違法も通るという誤解…
それで責任をとったような気になるヒロイズム。
とんだ勘違いだ……責任をとる道は身投げのような行為の中にはない。
責任をとる道は……もっとずーっと地味でまっとうな道……」

79 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 02:24 ID:1QpaBqA3
あのあと、僕は自分の部屋に戻り、ずっとアカギさんの言ったことを反芻していた。
部屋は暗い。もう夜だ。もうすぐ試合が再開する・・・。
(もっとずーっと地味でまっとうな道……)
(そうか…そういうことか……。勝つにしろ負けるにしろ小細工は必要ない……!)
僕の心は吹っ切れた。
今からの勝負、正面勝負で行こう…!そして…この対決が終わったら……
自分の想いを尊敬とすりかえるのは…やめよう。
異端と思われてもいい…… アカギさんに正直に伝えよう…!
初めてアカギさんに出逢ったときから
僕の心の湿った部分で毎夜ひそやかに咲いていた
この… アカギさんへの妖しいまでの思慕を…!
そして…小細工なしに…僕を抱いてほしいと……!


80 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 06:43 ID:aGdqSW2s
             _
         -─ヽ ` v '⌒ ゝ
         /          \
        /        ∧.    ヽ
      i    , ,イ/  ヽト、!  N
       │r‐、 ノレ'-ニ」  Lニ-'W
       |.| r、|| ===。=   =。==:!   
       │!.ゝ||. `ー- 1  lー-‐' ! 普通にカイジのネタスレでもええんちゃう・・・?
     /|. `ー|! r   L__亅 ヽ|   
   /  |  /:l ヾ三三三三ゝ|
 ‐''7    | ./  `‐、, , , ,ー, , ,/ヽ_ 
  7   ./K.     ` ー-‐ 1   ヽ-
 /   / | \       /|ヽ   ヽ


81 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 07:52 ID:1QpaBqA3

  lll  ll  , /::/.// /::::::::\ヽヽ  ヽ ヽ   80>> この世で一番うまいもの
      ///_.//:://  ̄ ̄ ヾi,::\ ト|ヽ|   何だか知ってるか?
 lll  ll //'  /'‐-、    ,. -─,r'ヽ::::ヽl   
     / ====o== ≡   =o==== ./    例えば萌えだ…
 /'⌒| ll|:::::::`ー--‐'" :::::::: |:::: ‐-‐'" |     世の中には頓狂な奴がいてよ
 | l⌒| |::::::ヾ   ソ :::::::: |::   ー'  |     こんなラチのあかねえ行為に…
 .| |二|ll |:::::::::::` ̄ ノ  ::: |::      |     自分の分こえた想像力はたらかせちまう奴もいるのさ…
  | !  | |::::::/ ̄ ~  :::r‐ 」_,ヽ   | 
  ヽこ, リ、::/:::::::             .|     まあ…そんな奴だから…
    /ミ :::\::::::::'‐----------'  .|      頭は悪いんだけど…
   /ミ  :::::::\:::::::::::::: ミ三彡  /      萌えエロパロ化したい気持ちはスゲェーもんだ…
   /ミ   ::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/ 
  /ミ     :::::::::::::\::::::::::::::::::/        福本漫画でエロ…勝負処での大事なハッタリに
  /ミ      ::::::::::::::::\::::::ノ;|`ー,       バカは バカなりに必死さ…
  ヽ、      :::::::::::::/;; ;;;;;;| 7       
もてる全知全能をかけて考える 決断して そして躊躇して
それでもやっぱりこれしかない……て

そりゃもうほとんど自分の魂を切るように書くSSがあるんだよ

その魂の乗ったSS
そういうスレをネタスレ化すること…

それはまるで人の心を喰らうようだ…


82 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 08:08 ID:8mY/Tzn/

ざわ・・・
              
  こ こ は 息 詰 ま り 汗 か く エ ロ パ ロ ス レ で す ね

           ざわ・・・


83 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 08:08 ID:1QpaBqA3
age

84 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 08:10 ID:1QpaBqA3
82>ウェルカム・・・!
あ・・・やべえ・・・sage

85 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 08:16 ID:1QpaBqA3
  /       |::::::::|                 |
. / ,イ    ノ l::::::::::!、      ヽ         |
 レ´/   ,イ ノ:::::::::::::::ヽ.ト、 lヽ i、        |
  / / / ィフノ ‐-、    >ヘ「 \l \ l       |   バカッ・・・!
.  レ'レ'レ'ギ===、   ッ===‐ ラ"|ゝ.ゝ    |   ageと煽りはお断りだっ・・・・・・!
        |丶,, @l    _  @、゛ | |ヽ     |
.       |  `フ  .|j~u  ̄  u |.|う)    |   引っ立てろっ・・・・・・!
       |  く 、          ||じ       |
.       | r=`=== ニニ二`i   l      |
       | l            |  l         |   
          | !ニ二二と二二二ノ l   .∧   l
        l    __ u   ,、イ   /  ',   l
        \   ≡   ,、-'´ /  .ム-―l   ',
            l\   ,、-'´  ,,、/  /   ,.、-ゝ  ヽ
         |  `i''´ |,.、-'´ /  /,.、-''´   l  ト、
           | l レ   ,<    / /./´       .l |l | \
            レレ  / ヽ‐7イノ         リ.リ   \


86 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 08:28 ID:1QpaBqA3
    ヽ、:./   V     ヽ:.:l ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      l'''~~^^''          ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ミ_===-      ~^'''-、.,_  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    あのさ・・・変なこというようだけどさ
      .l| .l'~       ‐=::;;;_、 ~^' |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      l| し        | | ~''-= ヽ,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    女体化は801版が基本ってことぐらい
      .l ヽ_.ノl      lー´ ノ       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    よーく知ってるけど
     l  ニノ     . └‐''´        l:.:.:.:.:.:__;;;;_:.:.:.     もしかしたらって今日は思っちゃった
    /  ヽ、        ̄ ' '       l:.:.:./   ヽ
    l                     /:.:./ ̄ヽ  l     だって ほかのエロパロスレにも女体化や男×男OKの
    l  l'~ ̄^''‐、.            /:.:./⌒ヽ/  /     スレがたくさんあったんだもの
    .l  l     )           /:.:./⌒/ /
    .l  ヽ..、、-‐′          ノw人ニ /:.:.__,,
     l                   /^^'''''~~|____|
      .l          __,.、-^~.    l     .|__l
      /ヽ__,,..、、、-‐'''l~~        |    /:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    l         .|   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  __./l         / )\ |:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        -‐'^~/ /        /  /   \
       「天」の吉野尚子


87 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 11:36 ID:cP/oYmhD
801…女体化……
ククク…脱し切れていない…貧民の思考から……

…やつらには気付けるはずもない……女子大生…三人組…
金銀ポーカー編っ…!

…福本キャラで乱交っ……!…これっ……!

88 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 11:56 ID:1QpaBqA3
>>87
     フ                       |゛
    ´Z,. ,ィ ,.,.,., ,r'ナノ''v'"'7   /`ソ'-ァ_         |
  <´ `<〃 〃 〃 u ./  ./ u   `>     N
   \  \  i |   /  /〃´`l    〉     .|
    / \  \ U  ./  /〃  .|   / .r'⌒'i   |   言っちゃうか
   / {´\\  |i  .i| ./〃   l  l .|⌒i l   |
.  /  l.   \\|!  .!レ'〃    .!l.   l .|⌒| |   l   そんな事も・・・・・・!
  \  l    \    /     !!l.   l |⌒l l    l
    \ ゝ __o/   ゞo _ ノ〃   l .|_ノ /    l
.     )ミ三|     三=彡´ _u_  リ__ノ     ゝ
.   /   /  .|j   --、 -‐'´,r‐、` |\       \
.  (  .|j /         )  /ヽ,イ] .|  \        \
   ヽ  ./     ==   /ヽ/∧! |   \           \
  _ ) ( __,、    .U_..、ィ´`>´ ,、ヘ/ |     \__        \
  ` ‐┬‐┬ ''T''''T´ | __.ゝ'´,、へ冫 ノ .|     /|::::::" '' ‐ 、 .._ \
.    └‐┼┬'=,='-〒‐r‐ヾ__ゝ'´u~ .|     / l:::::::::::::::::::::|::|::::::::: ̄
  f . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〜U   .|    /. ,'::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::
.  l  U   J             |    / /::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
  l            ,  ,  i  l   |    / /:::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
_..、-l   l  l  !  '  '  u      |   / ./:::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
:::::::::::l      |j    __ ... 、 --‐ '' ´   /  /:::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::
::::::::::::::l __ .. 、 -t‐ ''ヾ,            /  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::
::::::::::::::::::::::::|::|:::::ヽ   \          /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::

89 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 12:04 ID:1QpaBqA3
                  ,.‐''´ ̄`ヽ、
              /         \
       ,.‐'´ ̄ ̄`ヽ'           ヽ
     /                    `‐、
      !       iヘヘ              ヽ
     レ      イ  |            ヽ
     /     /ノ   ト                i
    ,'    _,. ‐'´    ヽ、.___         l
.     i    / /´ ̄`     ´ ̄`\`i       !
    |   ,/   ‐++++、     ,:++++‐ ヽ      !
    | ,r‐、 l.   "ヽ、._゚ノ ,   、ヽ.゚__,ノ゙  .| r‐ 、 .!
    | ! r、| !.       /   ヽ      .| |,ヘ |  |
.   │| ト |.|       /     ヽ     | ! ン !  |
.   │ヽ.__|.| ト、.__`ー^ー^ー'__,.ノl !.!__,ノ  .|
.   |.    |.ヽ`lココココココココココ,フ/ !      !
.    |    !. ヽヽlココココココココフ'ノ .!     |
.   |.    !   ` ‐-----------‐ '   /      |
.    |  |   `' ‐ 、.   ====   , ‐' ´ l    |  !
    L__|__l    l !` ‐ 、.__,. ‐' ´|  |__L.. -┴''´


90 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 12:05 ID:1QpaBqA3
              ,i     .i、
            ,、-'"       ゙'-、
        ,.、- '" ,,_       _____,, `゙' ‐-- 、.
     ,、 '"´     ```゙゙'  '"´          `'、
.    ,.'                           ',
.    ,'    .、     _,,......,______        /:   ',
.    ;   .::::', ,r‐''",r‐'"‐‐-、,,,_゙' 、.     ,':::.   i
.    ',  ::::::;. ,'  /-゙''_-      ヽ‐、   ';::::   l
    ',  ::::,' '、.,'"::`',‐、       ',-、'、.  ';:    !
      ',.  ,'  ,'   `"'i- 、,._......  '、 `'、.  ;.   !
.     i.  !  !   .:::::::::l:l !:::`',    ',.. .'';. ..!  .l
      l  ゙、  '、::.::::::::::::::::l l:: ::::i.   ';:::: i::;.'   .l
.      l   ` 、_!、::::::::::::: :l  ';:. .. i    '.;:i'i"    .!
       l    `,.i:゙、::::::: :,'  ';:.:: :l     '.,i:::   l
.       l    ',.',:: ::.  ,'  :. ';:::. ',    ヾ:.   i
       l.    ',';:、.  ,'.  ::  ';:: ';:.    ヽ.  ,'
.        l    `゙'‐、 ':  ::::.  ';:. ';:::.    ',. ,'
       !      `'‐、 :::::.  ';:  ';::::..   ' /
.        ',        `'‐ 、   ', :. ヾ;:::.  , '
.       `゙ ,、:::...       `゙' - 、::: ヾ;,..

91 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 12:05 ID:1QpaBqA3
        / ゙,'::‐. 、:;;_       `゙''‐-'.゙、_
        /  ,' ::::    `゙''' ‐ 、,,       `、
       /  ,'. :::       ::   `゙'''‐.、    ヽ.
       /   !. :: :::          ::::::::ヽ     ヽ.
.      /   ! :::. ::         .::::::::::::ヽ.    ,.l
       ,'    !   ::. :          .:::::::::::  〉 , ./ /,'
     ,'    l   .          .:::::   /:i、'-'‐'i゙"
     !.   ,! i.    :..       '' . .::'' /:::::i   !
.     i   l !     ::..    ..,.'´::"  / :::i   l
      l.   l !:     :.. ::.......:/:: '   '.:  ::l    !
     l.   !. l::.    :::.::::::,',::::     ::  ::!   l
.     !.  ! !::    ::::!i:::i l:::      :   .!   .i
.     ',  l,,_l、,,_    ;;;!l-!_!;:        l  ,'
.       i     `゙゙""":::゙i. l::::`''‐- - ‐ ‐'''"   ,'
        i         :::::! l::::::::::          ,'
      |         ::::l. !:::::::        ,'
      '           :::l. l:::::::        '


92 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 12:37 ID:Ra8o57R+
カイジっぽいの張ってあった
http://zip.2chan.net/7/src/1075823431351.jpg

93 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 21:12 ID:HYVrqPm5
神と呼ばれたエロパロよ・・・・・・
スマン・・・こんなこと・・・言いたくないのだが・・・・・・
     
    萌えないっ・・・!!!

  ざわ・・・
             ざわ・・・

ククク・・・むろん・・・というか、俺はアンタが嫌いではない・・・
だが、せめて萌えるには・・・猫耳・・・生やしてもらわないとっ・・・!


94 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 21:20 ID:1QpaBqA3
94>…あああ…今度こそエロ書いたのに…
完成直前で…フリーズして星になった……!
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖││ _」L...
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖││ ,コ lニn
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖││.〈<l ワ/))
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖|│ ``'´ ´
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖││ _」L...
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖|│ ,コ lニn
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖││.〈<l ワ/))
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖││ ``'´ ´
│|‖┃│┃┃‖┃│┃‖││ _」L...
│|‖││┃┃‖┃│┃‖││ ,コ lニn
│|    ││┃‖┃│┃‖││.〈<l ワ/))
|  `巛 . │┃‖│││‖││ ``'´ ´
│|  / / │││  ││‖││ _」L...
│  | |        __ │││ ,コ lニn
│ ,{三}  ,r''7_ ├┬ ''  ││.〈<l ワ/))
│ ミミミJ‐''" /  ヽ,| |.     ││ ``'´ ´
│ ミ'粗) L「l/ト、 __ノ __      |   /7
│  ヽ==r┴‐ヘ `Y'" >、\  │  〈〈
│   `ーヽ    \_/  `′ │  .〉〉
│|    \\          │││  〈〈
│|│   ヽ,彡  ││││││  .〉〉
||‖┃│    ‖┃│││││  〈〈
│|‖┃│││‖┃││‖││  V



95 :名無しさん@ピンキー:04/02/04 21:25 ID:HYVrqPm5
やはり俺はアンタが嫌いではないな・・・・・・

大丈夫・・・俺は萌えられんかったが・・・読みたい人は多数っ・・・!

   ガンバレっ・・・・・・・!!!

こんなこというのは・・・無責任だ・・・確かに・・・
分かってはいるさ・・・・・・それでも、俺は言いたいっ・・・!

ガンバレっ・・・・・・! カイジっ・・・!

96 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/04 21:46 ID:1QpaBqA3
エロパロ自体が初めてで…暗中模索っ……書けば書くほど
萌えがわからなくなって……嵌っている……深みに……職人キボンヌ


                   /)/ノ,>    す  嵌
                   | lン.)っ   で   っ
                   |/ .〈/    に.  て
                      l   )    泥.  い
                   |iii||||||    中  る
                     |iii||||||        :
                    |ii||||||||      首.  :
                ┌|ii|||||||||      ま   :
       、〜"イイ__   /iiii|||||||||||     で   :
      ゝ:::::::::::レヘ .|__「iii|||||||||||||      :   :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ::::::::</(ン ,_,<||||||||||||l'';;;;;;;,,,,,   :
;;:;:::;;;;;:::,,,;;;ム;/);;;モヽ u (ニ'ヘ||||||||l;;;::;;;;;;;..''':;;;,
::::;;;;;;:;;;;;..,,,,;;;;/フ;;;;;/);;;;:'''''::::;;;;;;;:::::'';;:;;;;;;,,::::;;;;;,,,,
;;;;;:::;;;;;;;::::::'''',,尸;;;;;';;''::::::;;;;;;;;'';;;::::;;;;;;;;::;;;:;;;;::::::''';;;;;;;
::;;;;;;;;:::;;;;;;;;;'';;;つ;;::::;;;''';;;;;;,,,'':::::::;;'';;;;;;::::;;::;;;''::::;;;;;;;


97 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/05 00:00 ID:xcFWsTp3
「アカギさん・・・俺はっ・・・アカギさんが…もうっ・・・本当にっ好きなんですっ……!
こんなのは異端の感情っ・・・・・・!でもっ・・・
アカギさんっ・・・アカギさんっ・・・アカギさんっ・・・
虫のいい話なんだけど・・・・・・・俺を抱いてください・・・・・!
たった一度・・・・・・抱いてもらえればいいっ・・・・・!!」
アカギの部屋にやってきたひろゆきは意を決してのたまった。
「ひろ・・・。・・・ククク・・・面白い・・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」
アカギはその言葉をきくやいなや、ボストンバックからロープをすばやく取り出し
端を口にくわえて呟いた。
「・・・?アカギさん・・・?何するんです?・・・俺は男とは初めてなんです!
手荒なことは・・困ります・・・!!」
近寄ってくるアカギの破滅的な目の光に危険を覚え後ずさりするひろゆき。
「ククク・・・まるで白痴だな・・・ひろ・・・」
「え・・・?」
「たとえ師弟のような間柄でも、俺がSEXで容赦したりするもんかね・・・
信用するなよ・・・・・・・人を・・・クク」
その瞬間アカギさんのボディブローがひろゆきの腹を襲った。
「く・・・ぅ・・・」アカギの格闘センスは常人のものではない。
おもわず倒れこむひろゆきをすばやく片腕で支えると、アカギは、ひろゆきの両手を縛り
床の間の柱に結わえ付けた。


98 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/05 00:01 ID:xcFWsTp3
「痛い思いさせて、悪いな・・ひろ・・・
だが・・・俺に犯られると判りながらのこのこやってくるアホウだお前は・・・
ひろがこの先どれだけ俺の攻撃に耐えられるか知らねえが・・・
こんな絶好のカモ2度とおめにかかれねえよ。
むしれるだけむしる・・・・・・!SEXのあとには骨も残さない・・・・・!」
アカギはそういうと、ゆっくりとひろゆきのズボンのジッパーをはずしはじめた。
手を上に掲げられた状態で柱にもたれかかりながら、
ひろゆきは、そっぽを向き憮然としながらいった。
「いえ・・・アカギさんのせいじゃないですよ・・・誘ったのは俺なんですから・・・」
「いいこと言うじゃん・・・・・では遠慮なく」
そういうとアカギは、ひろゆきのベルトを素早く抜き取り、ズボンを器用に脱がせていく。
「ぁ・・・」
太ももを這いあがってくるアカギのひんやりした指の感触に、ひろゆきは思わず声を漏らした。
「ククク・・・感じているのか・・・ひろ」
「・・・ええ・・ぁう・・・!」
アカギはさらに、ひろゆきのTシャツを胸の上まで捲り上げ、唇を這わせた。


99 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/05 00:01 ID:xcFWsTp3
「・・・はぅ・・・アカギさ・・んは・・・男としたことあるんで・・・ァ・・すか・・・ハァ」
「フフ・・・男とか女とか・・・そんなことはどうでもいいこと・・・
大事なのは・・・ココ。入れられればそれでいい・・・!
その縄(性別)じゃオレは縛れねえよ・・・!」
呟きざまにアカギの指先が、ひろゆきのアナルに差し込まれた。
「・・・っ痛っ・・・アカギさん・・・無法の指愛撫ってとこですか・・・うぁ・・!」
「そう・・・束の間見えた痛みは快感に溶け天に昇る・・・・!ククク・・」
もはや、ひろゆきの体を覆っているのは、まくれたTシャツだけ。
ひろゆきの中にこれまでに体験したことのない甘酸っぱい疼きが広がり始めた。
突然、アカギのもう片方の手がひろゆきの熱くなった部分を絶妙なリズムでしごき始める。
「ああ・・!アカギさん・・・俺・・・はぅぁ・・・これ以上は男なのに・・
無理です・・ぁぁ・・やっぱもう・・・止め・・」
それなりにギャンブルに人生をかけてきた矜持が、ひろゆきにこの言葉をはかせた。

100 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/05 00:02 ID:xcFWsTp3
「フフ・・・この営み・・・自然の理にかなってないところがいいんじゃない・・・
いずれにしろ・・・もうこのSEXはもう降りられない」
冷酷とも思える口調で呟くと、アカギはひろゆきの足を広げて折り曲げ、
自分のモノを取り出し、ひろゆきの幾分潤いを帯び始めたアナルにその先端を押し当てた。
「アカギさん・・・!!」
「ひろ・・自分を捨てろよ・・・・・・今夜一晩だけ・・・・・
狂気に魂を預けておけばいい・・・!」
その言葉と同時に、ひろゆきのなかに、アカギの太く熱いものが押し入ってきた。
ひろゆきは、心底震えていた。その肉体的苦痛と、アカギという何百年に一人の天才に抱かれる喜びとで・・・!
(なんたるSEX・・・!ここまでくると痛みよりその手際のよさにほれぼれとしてしまう
天賦の才・・・・・・!アカギさんの本質それはまぎれもなく悪・・・!
それも最上級最高峰の資質 悪漢(ピカロ)・・・!)
快感で、星になりそうだ・・・!恍惚とした意識の中でひろゆきは
アカギの激しい腰使いに身をゆだねていた。

101 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/05 00:03 ID:xcFWsTp3
アカギの手がさらにひろゆきの熱くなった部分を掴んだ瞬間、
「・・ああ・・アカギさ・・・俺もう・・・うぁああ!!」
(アカギさんの腕の中で、俺は往ってしまった。)
アカギはひろゆきの腕のロープを解くと、四つんばいにさせた。
「ハァハァ・・アカギさん・・・まだ・・・続けるんですか・・・?」
「ククク・・・限度いっぱいにいく・・・どちらかが倒れるまで・・!
まだまだ終わらせない・・・地獄の淵が見えるまで・・・!!」
アカギはひろゆきの耳元で呟くと、ひろゆきの中で、固い灼熱の肉棒を再び動かし始めた。



102 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/05 00:50 ID:xcFWsTp3
95>建設的な批評ならいいんだ・・・むしろうれしい・・・
  荒らし目的の批評が・・・こまるだけ・・・

  ともかく・・・新作・・・あげたんで・・↑

103 :名無しさん@ピンキー:04/02/05 12:03 ID:CaOG3Wk6
     ざわ……
……ざわ……ざわ……
………ざわ

104 :名無しさん@ピンキー:04/02/05 23:38 ID:jbgMPJdm
・・・・・・乙っ!
ワロタよ・・・

セリフ・・・ パクリ過ぎな気がしないでもないがな ・・・ククク・・・

105 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/06 03:23 ID:VIEnyjh/
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ   >>104 ククク…
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ   ありがたい……
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!   
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |     だが…
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||     まんざら……
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |    凌げなくもない……!
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l ! (ざわ………)
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||    
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !      だいいち……
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\   アカギに
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \  つくった言葉を喋らせてしまうと
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト  
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|  今作のエロの肝心かなめ……
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |   
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|     アカギらしさがきえてしまうのだから
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |
    |         :|:::::::::::::::::::::::`ー:'::::::       |           | しかたがない……!

106 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/06 03:37 ID:VIEnyjh/
一条とカイジでも似たような感じでいけそうな気配……!
    …だがっ ……ここはひとまず見っ……!


アカギ第66話「援交」↓

カチャ…

(こいつか…… この男が鷲巣厳……!)

(ニィ〜ッ…)
君かね…?今夜の相手は…

……そうです……

齢は…?

19……

ククク……
けっこうけっこう……
若者はいい……若さは貴重だ…
それでこそわしの差し出す大金と釣り合う………

107 :名無しさん@ピンキー:04/02/10 18:09 ID:0TzBQoHo
い、伊藤美緒が西条進也に・・・

無理だったよ・・・。

108 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/12 03:01 ID:GQSckvtD
…今頃言い出しにくいんだが…
最初に書いた女体化アカギの髪の毛本当は白髪なんだよナ…
激しく失態…!

109 :名無しさん@ピンキー:04/02/13 13:38 ID:MvSeo4lh
           ̄, ニ=-                 \`
         , ‐'´  _                    ヽ
        ∠ -‐,'´‐' ´                    i
        , ‐'´ _        ,               l
      ∠ -‐'/,.ィ      /|. 、             |
         .///     /|/::::l !ヽ. ト、 、        |
        /" / ./ , /| /、!_::u:ヽ|_,,ゝ!-ヤヽ.        |
             ! /l ./l /`l/ 、..」  l|_,,. -‐' ´\l、      |
           l/ i./ l/ ====、 __ :====:::::| |⌒i  ヽ
           ./   lヽ、.__。,/;:  ゙゙ 、。_ ,ノ::::::| .|ニ!.!.   ヽ
               l   ::/;:::::::v     / j:::| ト_l |     `ゝ ちゅぱ…
                  l /;::::::::::__::) _, ‐'´  ::::|.L_ノ      `‐、
      じゅぷ…    i`ニ---──── '7:::::||    ト、._   ヽ、
            ,._,-' ~・`ヽ______,.ノ:::/:!     |.  T  ̄``''‐ 、.
       , -‐- 、_´::::::::::::::::::::::! _    ::::/:: !.    、!    |``''‐ 、.  ``''‐ 、
     ,.‐'⌒'''‐- 、 )::::::::::::::::::::!  ̄  ::::::::/:::  |    |     !    ``''‐ 、
    / ̄`''‐、.._,ノiミ三三"7⌒i:::::::::::/:::     l    、!.    |
    {,.'⌒'''‐- 、 ノ::     / / ヽ/ |::: U  l    ,! .|.     |
   /   ,、._,.イ::    // | .|   ト、.    | ,ィ /  |.    |
.   /  /::::::::::::/::   /// レW  |  |,','`,ー-‐,レ' W,|   |      |
  / /:::::::::://::  ::/} ./   ,. ‐'^ヽ |,',',',',',',',',',',',',','| /`''‐ 、  |
. /:::::::::::::     / ..!./ ‐'' ´     ヽ!,',',',',',',',',',',',',','|"     `‐、!

110 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 00:11 ID:M3Cc11oC
↑禿ワロタ

111 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 01:36 ID:aSdNUIoF
↑スゲエ!

112 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:40 ID:aSdNUIoF
オレが帝愛に入ったのは七年前だった。オレは18。入社してすぐのオレの仕事は、汚い下働き…トイレ掃除。
ただ、面接でオレの能力を見抜いてくださった黒崎さんのはからいがあったためか、
オレは、幹部個室の階のトイレ係という、まずまずの部署を担当できていた。
黒崎さんは、大物だ。オレは黒崎さんに…憧れている。
いつか、会長が死んで、黒崎さんがNO.2になったとき、オレは、その黒崎さんから
寵愛を受ける。若きエース…!
そうなった暁には必然的にオレも駆け上がる…!
そう思っていた。
入社して3ヶ月目のあの日も、オレは、トイレを磨いていた。
糞尿のこびりついた便器を毎日素手で磨いたので、
オレの滑らかな白魚のような細い指先には、ひどいあかぎれができて、沁みた。
いつか這い上がってやる…!オレは赤くなった手の甲を見つめ思った。
そのとき、ウィーン……とトイレの自動ドアが開き、左右にお付きの黒服を従えた兵藤会長が入ってきた。
オレはあわてて、姿勢を正し、敬礼した。


113 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:41 ID:aSdNUIoF
「か、会長失礼いたしました!」
「…新入社員かね?……」
濁ったいやらしい眼のそのじじいはオレをジーッと嘗め回すように聞いてきた。
「ハイ!一条と申します!」
「ククク…一条くんというのかね…。ほう…綺麗な顔をしとるのォ、一条くんは…!
その黒味がかった二重、細いおとがい、それにその濡れ羽色の髪の毛など、
男にしておくのがもったいないのゥ…うちの男性売春クラブで働いてもらってもよかったかのう…!」
「……?!」
オレはとっさに返答に詰まってしまった。これがよくなかった。
「制裁だっ…!」
「ェ…?」
「下っ端の屑の分際でこの王国の王に光栄にも声をかけて頂いておきながら、碌に返答もできんのかっ!
お前は制裁を受けるものと決定した!やれっ!」
会長の命令が下るや否や、オレは、黒服たちにトイレの床に全身を押し付けられてしまった。
さっき流したばかりの汚水でオレの頬はぐっしょり濡れた。


114 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:42 ID:aSdNUIoF
「も、申し訳ございませんでしたッ!」
「ククク…むろん…いうか… いうまでもなく…わしは抱いておるっ…!
この世の誰よりも…抱いておるっ…!女を!
日本で…アメリカで…フランス…で中国で…抱いておるっ…!
ククク…どこに鼠…死んだ女房の霊が潜んでおるか知れんから
大きな声では言えんが それぞれ…
10000はくだらぬセックスをヤッておる……!
最近では…女とばかりやるのもどうかと思い…青年やショタにも手を出した…
ほんの500人ほどだが…転ばぬ先の何とやらだ……!常に性欲の分散は怠らないっ…!」
    ざわ… ざわ… 
オレを押さえつけていた黒服たちがオレの顔だけを上向けにした。
オレはようやく自分の身に迫った危機を具体的に理解した。
    犯  さ  れ  る  ッ  ?
「ワーッ!ワーーーッ!会長ッ!!ワーーッ!ワーーッ?」
声の限り叫んだが、もはや無駄だった。

115 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:43 ID:aSdNUIoF
会長は、袴から、ドス汚れた肉棒を取り出すと、オレの口にあてがった。
「一条…私たちは同胞だ…その女のような赤い唇でこの黄金の棒を清めるんじゃ、さあッ!」
オレの口に、凄い勢いで、会長の肉棒が押し込まれた。
喉の奥まで肉棒は侵入してきて、オレの舌の上でぬるりとのたうつ。
「ウエェ……!」
あまりの気持ち悪さにオレは、嗚咽を漏らした。とたんに、さらに激しく
会長の肉棒が突っ込まれた。
「バカがッ…!足らんわっ…まるで…!!
わしはもっともっと…欲しいんじゃっ……!舌使いを…吸引を…快感を…!
邁進せよっ…!しゃぶりまくるんじゃっ…!裏スジの全てをっ…!」
会長の腰使いは激しくなり、やがて、オレの口の中には大量の会長の体液が注がれた。
「クゥ クゥ クゥ …さあさあさあ一条くん飲んで飲んで…!遠慮せず…!
我らは同じ同胞…!兄弟だ…!」
もう事ここにいたった以上飲むしかなかった。これを飲めば悪夢から開放される。



116 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:44 ID:aSdNUIoF
「…ひた…だきまふ…」
オレは震える声でやっというと、その生臭いどろどろの液体を飲み干した。
地獄は終わった…。オレは床に顔を伏せ、ぐったりしていた。
「一条くん…垂れておる…」
「え……?」
「君の口の端からひとすじ、わしの聖なる液が垂れておる…
つまり…君は全て飲み干しておらん…クゥ クゥクゥ……二度に渡るわしへの無礼は…
…君のからだで払ってもらうほかあるまい…」
オレは意識ぐにゃりと遠のくのを感じた。
(オレの秀麗なこの体がこんな醜悪な汚らしいじじいに蹂躙されるのかっ…!)
「四つんばいになってもらうかの」
オレは有無を言わさず黒服たちに、トイレの床の上で四つんばいにさせられた。
会長は、四つんばいになったオレの背中を椅子代わりに座ると、
オレの腹のほうに右手を伸ばし、ズボンのチャックを開け、オレのモノを揉みしだいた。
「…ゥ…ハぁ」
汚らわしいことに、オレは、会長の指しごきに体が反応してしまった。
同じ男である黒服たちの前で嬌声をあげてしまった、この体たらく。恥辱で顔から火が出そうだ。

117 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:45 ID:aSdNUIoF
「ククク…思った通りじゃ一条くんのココはかわいらしい形をしとるのォ…」
会長の節くれだった指は、さらに下のほうへ移動していき、
オレのアナルの周辺を撫で回す。
「口と同じで菊門も紅かのォ…特別に確かめてやろう…」
そういうと、会長はオレの後ろ側にまわりこみ、
四つんばい状態のオレのズボンを膝までぐいと引き下げた。
「うむ…使い込まれていない綺麗な菊門だ…
ククク…もし誰かほかの人間に使わせていたら…地下行きになるところじゃったよ…」
…ぬるり。ピチャ…ピチャ…ピチャ…
生温かい会長の舌が、オレのアナルを嬲る。
「ぁ…あぁ…ああ…」
(こんな変態的な行為をさせられて事もあろうに感じているなんて、このオレが!
しかもこんな汚らわしいじじいの生臭い舌で…ああっ)
「…クゥ クゥクゥ…なかなかいい味だ…さあっ…
もっとわしへの忠誠を示す液で菊門を濡らすんじゃっ…!」

118 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:45 ID:aSdNUIoF
そういうと、会長は、オレのアナルにいきり立つ肉棒をあてがった。
黒崎さんの顔が当然脳裏に浮かんだ。
ズリュぅ……!
肉棒は一気に挿し込まれた。 
「ぐぅっ……!ハァあ…!!」
オレは痛みで絶叫しそうになるのを必死で耐えた。
いつか王になる為にっ…!
この醜悪なじじいの…肉棒…!常軌を逸した性欲…!
「もっといい声で鳴くんじゃ…一条…極上の女のように…!」
馬鹿げたこの交わりに嬉々として付き合うしか道はないっ…!
オレはその瞬間自分が自分であることを捨てた。
「会長の…ハぁ…高貴なペニス…をぅぁ…ぶち込んでおいた…ァ‥だき…
こ…光栄…の極み……ハァあ…ああぅ 」
会長はその言葉に幾分気をよくして、オレの中に、薄汚い精液のありたけをぶちまけた。
その後は、会長の声がかりによって、二人の黒服たちも立ち混じり、
三人に代わるがわるアナルと口を同時レイプされた。
途中で気を失ったので、何回犯されたのか覚えていない。
ただ、お前には幹部候補生のコースを与えてやろう、という会長のいやらしい声をおぼろに覚えている。


119 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:47 ID:aSdNUIoF
数刻も経っただろうか。頬に痛みを感じてオレは目を覚ました。
トイレの床だった。黒川さんが一人、オレをのぞき込んでいた。
「一条…大丈夫か…?老婆心ながら気になってな…」
オレはびりびりになった服をわずかにまとってほとんど全裸で、床に横たわっていた。
自慢の髪の毛も、綺麗な顔も、指も、会長たちの精液でぐっしょり汚されていた。
「……」
黒川さんは、無言で水道のフォースを引っ張ってきて、
放心状態のオレにまとわりついた、汚れを丹念に洗い流してくれた。
「新しい着替えとタオルを持ってきてやる、ここで待ってろ一条……誰も来ないようにしてあるから」
指先が震えて、シャツのボタンがうまく、はまらない。
黒川さんが見かねて手伝ってくれた。
オレの着替えがおわると、黒川さんはオレに背を向け言った。
「会長に魅入られた以上、お前は、今後も過酷かつ破滅的な処遇を受けるほかない…
…いいのか…?」
「かまいません…!」
いつか、黒崎さんと王国を築くためなのな「ら。
「そうか…その覚悟があればいいんだ…
一条…勝てよ…生きる為に…!」


120 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 04:56 ID:aSdNUIoF
長編書いた……
鬼畜:会長×一条
萌え:黒崎×一条…

121 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 15:16 ID:JkA2Fm7k
たった…_ト ̄|○

122 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 15:32 ID:aSdNUIoF
>>121
アリガトウ…たってくれて…アリガトウ

123 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 17:07 ID:uXWucPf6

                         / ̄ ̄ ̄ ̄` 、
                     ,---、./        `ー、_       _________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`-、        ,',' /             ',~       `、             ̄ニ‐
  ・ │ 立    ,..゙==-     / /   ,-、 ,、 、_ ..、      i       ,r'   ・ ど と    r'"~
  ・ │  ち    (_       '"1   /  ',〉ヽ`,、`,、_,,,,,,..  |    _,.‐"    ・ っ こ     `ー-、__
  ・ │  ま    ` -、_     i" __/、_    `, 〉゙ー_,...、i   .i      ̄`、    ・ こ .ろ    ,r‐"~
  ・ │ せ      / ̄ ̄   '~| !_ `、   ,''_,.‐'  |!   !      ,'    .・ い が    !、_
  ・ ん │      `、        i!i_',  `‐-`.   ,'    i' !  |   ,.‐''"     ・         ,`=‐
  ・          _`=-       ',、  o 1  、O ,r" i‐-, .!  ‐" ̄)     ・          !、
  ・         (           !`ー-ノ      ̄ ,ri'1 !亅! ',   ∠、_    .・         ,ー-`-
  ・          `、         1、_(_ -  _,,ri"!,.!イ i- " ' ,     ,!-、          `i
  ・           `、         ! !.!ーi‐ i'''i~,!‐'",- ! !    ヽ、__  '  `、  ,-‐-、 ,-―- `-
.  !         i⌒`ー`、        ', ',ニニ二~‐",r'i,! i        `―---!、 /- 、__!、 !_
            !            !ヽエェェェエ!-",r"!   i、 ヽ、        i,!    `'  ̄`ニー-、
         ,r‐-、_`、         _,.-''"~`‐、 ‐一' ,r'~   !  ,!i  `、             ,r"   ヽ
__   r‐‐、   !   `、`、     ,, -"     , '~ヽ-、'     .! i' !    ',           ,'      ' ,
 `‐、 !  `‐、!     ~   ,r '"      /、/1  !` 、 ,イ_r' !    ヽ           ,!        ヽ
   `'



124 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 17:14 ID:aSdNUIoF
  /       |::::::::|                 |
. / ,イ    ノ l::::::::::!、      ヽ         |
 レ´/   ,イ ノ:::::::::::::::ヽ.ト、 lヽ i、        |
  / / / ィフノ ‐-、    >ヘ「 \l \ l       |   バカッ・・・!
.  レ'レ'レ'ギ===、   ッ===‐ ラ"|ゝ.ゝ    |   ageと煽りはお断りだっ・・・・・・!
        |丶,, @l    _  @、゛ | |ヽ     |
.       |  `フ  .|j~u  ̄  u |.|う)    |   引っ立てろっ・・・・・・!
       |  く 、          ||じ       |
.       | r=`=== ニニ二`i   l      |
       | l            |  l         |   
          | !ニ二二と二二二ノ l   .∧   l
        l    __ u   ,、イ   /  ',   l
        \   ≡   ,、-'´ /  .ム-―l   ',
            l\   ,、-'´  ,,、/  /   ,.、-ゝ  ヽ
         |  `i''´ |,.、-'´ /  /,.、-''´   l  ト、
           | l レ   ,<    / /./´       .l |l | \
            レレ  / ヽ‐7イノ         リ.リ   \



125 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 17:27 ID:aSdNUIoF
sageに徹するんじゃ……!
ワーワー?エロパロ!!ワーワー?

126 :123:04/02/14 17:38 ID:uXWucPf6
          ∠⌒,`.-─----─- 、 `ゝ
        7´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ       
       1 /:::::::: ̄``:ー--‐':´: ̄::::::::ヽ. !      
       l ,'::::::::: ̄``:ー---‐:':´: ̄:::::::::i. l     
        | {::: ̄ ̄`~ヽ::::::::: ,@"~ ̄ ̄:::} :|     
      r‐、.}: :,,: ===、 : : : ,. === :、: :{ , ‐、   
.      { f、|.!: :`゙==’ヲ  , ヾ;‘=='" 。 |.l'^i }        
      ! L|| %',ニニ=',ゝ@ aく `=ニニ@、||う'リ        
      ゝヽー-----‐ゝ_@ , 'ノー-----ーッ'人       
      ノ ~ト`モェェ:ェ:ェ壬王E゙ェ:ェ:ェェラ´1~  ゝ      
     / /!ヽ; : .    ____   。 . : :/ !\ ヽ     
    ,ノ/  ! ヽ; : : .゚  ̄ ̄ . : : :'/ }   \.゙、  
  ,. イ´     :|:、   `''ー-------‐'''´   ,イ    ヽ:、   
ククク…むろん…と言うか…言うまでもなくわしは読んでおるっ……
…この2chの誰よりも……読んでおる……!
エロパロをっ…!
…半角かなを!……半角二次元を!……エロ同人を……!
ククク……どこに……
リアルの知人が潜んでおるか知らんから大きな声では言えんが
30箇所はくだらぬほどスレッドを立てておる………!
最近ではヘテロだけ待つのもどうかと思い……
ホモ・ショタにも手を出した…………。
ほんの3スレほどだが…転ばぬ先のなんとやらだ……!
bat落ちリスクの分散は怠らないっ……!
「ワー! ワー!! >>123っ…! ワー! ワー!!」
バカがっ……!
抜けんわ…まるで……!!

127 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 17:44 ID:aSdNUIoF
             __r―Vヽノ|_/|__                           「l
           _>             ∠    7 ∧ | ヽ | ヽ   。。。。 l!
           >                く_   (__,ノ    V    V   つ      o
         /     _...... --――- ..._    く
        /   ∠二 ----―――-- ...__`ヽ、 ヽ   だ…誰か助けて……
       ∠                 ,ハ  、 `ヽ!   >  
       ノ        _ィ_ノノノ^|/ | ノ )ハ   ト、|   助けてっ……!
      `7    __,...-ナ‐- 、 \   レ'_..-‐|  ,ハ|
     /   /⌒ヽ. / , 〜-、 `i==F‐-=ニ..レV
.   __フ    〈 r~)/ | )  。 >/  /'"⌒") /     ageられるっ………!
    >    /こ'/ / \`U''^ /  ヽ-゚u-' /|
  /     〈 し'/ /   u  ̄  u   ト-‐ヤ′ゝ       あげ…  あげ……
 ∠.._____,>|/u __O ( __  u | O |_ \
 _____ヽヽ____| | / /┴-L工じ┬`、_ノ-、 / | ̄`‐- ..._
    ||  | | 〈 ノ__     ̄~"'''┴/ / | ̄`―- 、ハ   助けてっ……!
     || | | ヽ.`┴┴工工┬┬┬r/ | ,!      /  ヽ
      || .| `、 \_U    v ̄ ̄ ̄ / ./       /       助けて…… 誰か……
.    ||  ヽ ヽ、    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  O

(広告と荒らし避けのためマジでsage進行で頼む…123くん…
 いや……書き込みはとてもうれしいんだ……)


128 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 17:45 ID:aSdNUIoF
ァ…言ってる俺がageちゃった…
さすがの1もこれには猛反省っ…!

129 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 18:10 ID:nhcN8XEM
           、、、,. ,._     職人くん…… 職人くん………
         ィ`'′     ヽ
        〃/ノノ八レレ、.  |       職人くんに託すっ…!
         ル三''′`三ヽ.  |
          [ ≧|ニ|≦_]~|^)ト、    虫のいい話なんだが……
.         | ,-L__」 -、u |ト:| |''‐- ...__
      _.. -┬|l王l王l王l`/ .|  | |    西尾(カイジのバイト先の娘)が
.     ∧  |├‐┬─‐''′/  ||      店長に嬲られるエロをかいてくれないか……
     /  l  |.l-―|、___/-―┤
   | ̄ ̄|.|   | |   ヽ. /    | |    俺はホモでは立たない……
  /.|   | l.  | |   Y。    | |   ショタでギリギリなんだ…… 
  \/~三三..l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
   /        >>123


130 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 18:20 ID:aSdNUIoF
          _ゝヽ∠--ー 、―‐― ̄ ̄ ̄\
       ノ  ″   ヾ ミ <     \    ヽ
      / ″″″″ へ ミ< ヽ ヽ\ \丶 |
     /  ″″ /|/ヽ|、lll\ <ヽ\ \ヽ丶\ i
    │ ii ii ii |  \ヽ /y \|ヽ|\ヽ\\  |   ←こんなの発見…!
    i  ii i i i | __i <  ,__  | \  \l
    .|   ii  r-y |  ̄ ̄  \  ̄ ̄  | ト、\丶i
    i  ii   l ヲ|.| u    _ \  u  | .|コ |   l
    .|  ii i ヽリl      ┌┘     | |_丿!l |
     |  ii  ii ヽ.       ヨ-     |   il l 
     .| ii    \     /≡ u  ./|ll |lヽ  i| 
     /ii i   |\ヽ    |u    /  |ll |  \ii
    / ″./|  .|  ヽ.\ _|l|\_./  /|!il ≡≡≡ ̄ ̄ ̄丶
    |∧ / | |ヽ |⌒ヽ\ヽ  ill! |  /  /≡≡≡≡≡r≡≡≡\
   /  / |/ ||   ヽヽ!≡≡| ヽ<   /≡≡≡≡≡≡|≡≡≡ |
  /     /       \≡ |/l__|\/≡≡≡≡≡≡≡|≡≡≡ |
〜⌒ 〜⌒ )         \| / ヽ/≡≡≡≡≡≡≡ | ≡≡≡ |  
 一  来 (           /、| /≡≡≡≡≡≡≡≡|≡ノ⌒)≡|  
 条  い  フ         /  \≡≡≡≡≡≡≡≡ |/ / ≡| 
 :  よ   )        /    ヽー──────'    ̄ ̄ ̄) 
 !     (  \    /                       _) 
       丿    \ /\                       _)
〜⌒ 〜⌒        |   \、、、____,,,,,........---―、_____ノ 

131 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 18:26 ID:aSdNUIoF
      ____________
     ヾヾ ll |l ll 〃  _∠ 彡,  `i
      V~`ー、山 -┴〜'~  ~ヾ,彡  |
      /  ー----一       ヾ,  |
     <丶 ー---―'  _,,, -、  〉三|    / ̄ ̄ ̄ ̄
    / ヽ\   ,,-‐,''二 ‐‐'''~~ /,  |  >>129 挑戦してみる
    | =====|| ||=======   |ミ|⌒l |    \____
      |ヽ_o_ 〉 丶__o_/   .|=|⌒| |
.     | ー‐ /   ー―― '   |=|0 | |
     |  /             | |_,ノ|
      | /__, -ヽ ヽー--、 .||ミ.ミ|
      ∠川川川川川川川lゝ | i ∧  |\
.       | l二二二二二二l   ./.:::: V|   \
    -‐l ̄|   ≡         /:::::  |    | ̄
.     |   |          /::::  /|    |
.      |   |______/:::: /  |      |
     |    |\:::::::::::::::::::::::::/   |      |


132 :1/8:04/02/14 18:31 ID:JkA2Fm7k
                ワーワー         


                              〇  <カイジ君はオレがやろう
                  Σ ■

                   ●◎●
                    ●●


           ワーワー


◎ カイジ
〇 一条
● カジノ黒服
■ 村上

133 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 18:32 ID:aSdNUIoF
               /
     _     /                 
   、N´   `ヽ、/
   ゝ      l 7二ニ7==‐-_、        
   イ      l /   // ̄\ /、`'‐、    …また間違ってageちゃった…!

   "W._ヽ=-‐|/-──'-~、.._/  `'‐、 \
       ̄, ̄7 ⌒ヽ      /     \.ヽ 
        / ./    }.     k         \!
      / /     |____|        /‐┬f=i
.      /   7'''─r/     \.       , '  .|_| ‖   
.    /   /  //        //ヽ.   // ‐''´ ,E! リ
    /   f_/  .//       /   ヽ/.∠. -‐┬f=i  
  / _,:=/  /'´       ,'     /     |_| ‖  
` /  {三 ' _,ノ          l       _, -‐''´ ,E! リ   
./    ̄ ̄            `ー-‐ ''"´       ゝー' 

134 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 18:46 ID:aSdNUIoF
  ,, -─‐-、,,-─-,、
     /        ,'⌒ヽ\
    〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \
    /, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \  すまん、みんな。
     '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \   もう一話ホモ書かせてくれ…!
              |L.|  |       ヽ、
            | | ,,,|,        .l
.              |_|_,||        .ノ
                |::|::: :|_|       ,ノ |
             rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ
            i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ,
            ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ

135 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 19:47 ID:jnIddtIP
誰と誰の?
待ってるよー(・∀・)!

136 :132:04/02/14 19:55 ID:JkA2Fm7k
すまん!名前欄の1/8はミスなので気にしないでくれ


137 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:32 ID:aSdNUIoF
>>135
カイジ×一条で…!
>>129
書いたぞ…!店長×西尾で…。
考えたことのないネタだったので…かいてはみたものの…何がなにやら…
萌えとは程遠い…鬼畜になってしまったっ…!

138 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:33 ID:aSdNUIoF
二ヶ月前に、わたしの働いてるコンビニに、新しく、バイトの男の人が入ってきた。
伊藤開司さん。わたしや佐竹くんは、カイジさんって、呼んでる。
佐竹くんって要領がいい人だから、店長にも好かれてるけど、
カイジさんは、いつもむっつりしてるから、店長の受けが悪いんだ。
でも、私は、カイジさんの無口だけど時たま見える優しさが好きになってた。
だから、あの日も、カイジさんが、店長に髪切れよとかいわれて怒鳴られてるのみたら、
カイジさんのこと助けたくって、とっさに、大福とお茶を用意した。
「店長っ…食べませーん…?」
私が胸の前で手を合わせて呼んだら、店長はようやくカイジさんをいびるのを止めてくれた。
休憩室でお茶飲んでる間も、カイジさんは、やっぱりお話に加わわってくれない。
(大丈夫かな、カイジさん。今度、カイジさんと二人の当番の日には、私から、話しかけよ!)
そうこうしてるうちに、カイジさんが上がる時間になった。
私は、あと1時間あるから、裏で品だしをしてた。
そしたら……店長とカイジさんがものすごい勢いで怒鳴りあう声が聞こえてきて…。
「盗っ人めっ…!」
「ぶっ殺すぞ……」
「ダメッスよカイジさんっ…!暴力は!」
「ふ…ふざけるなよ…!戦争だろうが…疑っているうちはまだしもそれを口にしたら…戦争だろうがっ…!くそっ!」
そういうと、カイジさんの声はきこえなくなり、店内は静かになったみたいだ。

139 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:34 ID:aSdNUIoF
(カイジさんどうしちゃったんだろう…?)
わたしは、なにがあったのか気になって、従業員休憩室のほうに、いこうとした。
そしたら、私がドアを開けるよりまえに、店長と佐竹くんがぬっと入ってきた。
「西尾さん…君にこんなこと聞くのはいけないとおもうんだけどねェ…。
キミ……従業員休憩室の本棚に挟んであった封筒知らない?」
「え……?しりません……。」
「ふーん、佐竹くんにもさっき聞いて、身体検査をしたんだけどねえ、見つからなくってねえ、
なあ、佐竹!」
「あたりまえっすよー。僕がとるわけないじゃないスか、店長ー。それより……」
「そういうことだ、西尾さん、悪いが、君にも身体検査を受けてもらわんとねェ…んん?」
「え!!身体検査?…ヤですっ!…私そんな…何もしてません…!」
「フフ…まあまあ…店の大事な売上金だからねえ…これも店員の大事な仕事のうちだと思ってねェ…」
そういうなり、わたしは、勢いよく店長に押し倒された。
「い、イヤぁー!!」
そのとたん、佐竹くんの掌が、わたしの口を塞いだ。
「ん〜んーッ?」


140 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:36 ID:aSdNUIoF
「フゥ…フゥ…西尾さん、かわいいねえ、そんなに暴れないでくれよ…店長さんの言うことは聞かなきゃナァ…!
おい!佐竹!!口はいいから西尾さんの腕を抑えつけとけっ!」
「しょうがないっすねー!そのかわり、俺のときもお願いしますよ!」
「ハァ…ハァ…わかっとる…フぅフぅ…西尾さん…叫んでもダメだよォ…今日は店は「都合により」閉店したんだから…」
そういうと、店長は、嫌がるわたしの頬をぐいとつかみ、ヌラヌラした舌を口内に侵入させてきた。
わたしは必死で唇を引き結んだけど、店長は強引にぬっちゃぬっちゃと舌を絡ませてきて・・・!
(…こんなのイヤっ…気持ち悪いよっ…誰か助けてェ…)
「てんちょ〜そんなにベロベロ嘗め回しちゃー…西尾さん嫌がってるじゃないすか〜!
でも嫌がってる西尾さんもそそりますねー〜!」
「フゥゥ〜…西尾さんと一度こうしたかったんだよ…だからバイトに採用したんだ…」
そういうと、店長は、わたしのシャツを引きちぎり、ブラを上に押し上げた。
「ひょおーッ!ブラにおっぱいが押しつぶされてムニュウってッ!!!」
店長の毛むくじゃらの手が、わたしの胸を激しく揉みしだく。
更に、店長は、わたしの乳首にむしゃぶりついてきた。
「…あぅッ…もうッ…もうやめてぇ……」
パンティー一枚にされながら、わたしは泣きながら弱々しく抵抗した。


141 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:37 ID:aSdNUIoF
「ハァ…ハァ…口にも上半身にも隠してない・・・ってことはアレだなっ…
もうしわけないんだが西尾さんっ…キミのおまんこもしらべなきゃねぇ…!
そうだ、おい!佐竹!鋏もってこい」
「ああ、ここにあります、何するんすか?」
「フぅフぅ…こっちにこい佐竹」
そういうと、店長は、わたしのアソコの割れ目をパンティーの上から人差し指でツツーっとなぞった。
なぞられたところが ヒクヒク熱くてじわぁっと濡れてくる。
「フフ…ほらみろ、いま、西尾さんがじぶんでしるしをつけてくれたよ・・・!その線に沿って、切れ?」
「クク…うまく切れるかな…西尾さん暴れないでねー」
わたしは恐怖で動けなかった。佐竹くんの動かす鋏が、ざっくりとパンティーを切り開いていく。
鋏のひんやりした感触が私のアソコに触れると恐怖と気持ちよさで体が震えてしまった。
「西尾さんって案外ヤらしいんだねー。はさみにマン汁がついちゃってるよー。」
佐竹くんの声をきいたとき、わたしは恥ずかしくて、泣きながら手で顔を覆ってしまった。
「西尾さん、きれいなおまんこだねぇ…!
足広げてもっとよく見せてくれないかなぁ?…ハァ…ハァ…封筒が入ってないかさぁ・・?」
強引に店長に両足を掴まれ、目一杯まで、わたしは股を広げさせられた。
涙とともに恥ずかしい液が床にとろりと垂れ落ちた。


142 :名無しさん@ピンキー:04/02/14 22:37 ID:41HZiTW9
佐原ぁっ…!

143 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:37 ID:aSdNUIoF
「ハハ…店長、マンコの中に隠してるかも知れませんよ?」
「フゥゥ〜…そのとおり…しっかりしらべなきゃなあ」
そういうと、店長は、ズボンをおろし、ペニスを取り出した。
「嫌ぁ!それだけは本当に許して?はじめてなんです私!!」
「西尾さんほどの美人なら、もう10本はくわえ込んでるとおもってたのに意外だねえ。
じゃあ、ついでだから身体検査と同時にキミの処女検査をしてあげるよ」
そういうと、店長は、赤黒い太いペニスをわたしのあそこに滑らせ、
ペニスの先でねちねち嬲り、アソコの感触を楽しむとゆっくりと腰を沈めてきた。
「…ほーら西尾くん…ボクの検査棒の味はどうかな…ハァ…ハァ 」
「イタい!…痛いよォ…いヤぁ…カイジさん…助けて!」
その途端、店長の顔色が変わった。
「優しくしてやってたのにこのアマ調子に乗りやがって!よりにもよってあんな奴の名前口にしやがって!
おい!佐竹!おまえ、コイツのアナルにぶち込んでやれ!」
わたしの体は、店長のモノをぬっぽりハメられたまま、騎上位の姿勢をとらされた。



144 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:38 ID:aSdNUIoF
佐竹くんが店長より一回り大きなペニスをズボンから取り出しわたしの腰を掴んだ。
「西尾さんごめんね!ま!馴れれば気持ちよくなるからさっ!」
そういうと、佐竹くんの太いペニスが勢いよく、わたしの中に侵入してきた。
「ヒギィ…あ…あ・・・・」痛くてもう抗う声も出ない。
長い間、わたしのアソコとアナルを、店長と佐竹くんのモノが凄い勢いで出入りし
わたしのあえぎ声とともに、じゅぷ……ぬぷぅ……と愛液のいやらしい音が響いた。
「店長…!西尾さんのこっちの穴閉まり良すぎっスよ…?」
「ハァ…ハァ…さすが処女はちがうな…こいつのおまんこ名器だよ…!
こうやって下から胸を揉むと、舌の口も一段と締め付けが良くなって…ハァ…!」
「ぁん…!…あ……んンっ…!」
「この女…つくづくエロいマンコしやがって…!初体験で太腿までマン汁たらしちゃって!」
店長と佐竹くんのペニスが同時に突き上げるとき、わたしの体のいやらしい部分が
刺激されて、とめどもなくいやらしい液と喘ぎ声が溢れ出してくる。
「あぁあ…アハァ…んッ・・・・い・・・ハふぅっ・・!」
(…こんな体になっちゃって…わたし…)
佐竹くんの激しい突きの振動で、涙が飛び散った。
「店長ー!……どうもこの穴には隠れてないみたいっすよ…?売上金」
「ハァ…ハァ…もういいんだよ…元は取れたからなっ!
監視カメラでいま録ってるこいつのこの恥ずかしい映像を裏で流せばな…」

145 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:40 ID:aSdNUIoF
「い!いやあー!!…ハぁ…止めてくだ…ぁあ!」
店長のペニスがわたしの言葉を遮る様に奥までじゅぷぅっと突き刺さった。
「黙れ…お前がカイジの名前など呼ばなければ、今回一度で許してやろうと
思ってたが…自業自得だ…ばら撒かれるのが嫌なら俺専用の性処理道具になるんだな」
「ィ…イヤアそんなの…ハァあ!」
ヌっプ…パンパンパン…じゅっぷ…ヌぷぷ…
「店長〜とりあえず一回抜きたいンスけど…!」
「よし、佐竹、時間はいくらでもある…とりあえず中だしするぞ」
「…俺の精液しっかり受けとってね?西尾さんっ…!」
2人は、呆然としているわたしの腰をいっそう強く掴むと
激しく腰を打ちつけ、同時にわたしの中にドクドクドクっと精液を勢いよく放出した。
店長と佐竹くんがわたしの中からペニスを引き抜くと、アソコとアナルから、
大量の精液が、ごプっ…と流れ出る。
「佐竹、次はお前がまんこ使え。俺はアナルにはめる」
店長が言った。
わたしは休む間もなく佐竹くんと店長の肉棒をねじりこまれた。
(こんな淫乱なことにされちゃって…カイジくんにはもう…あえない…)
再び、佐竹くんと店長のおびただしい精液を体内に受け止めながら、
涙ながらにわたしは思った。


146 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/14 22:51 ID:aSdNUIoF
               /
     _     /                 
   、N´   `ヽ、/
   ゝ      l 7二ニ7==‐-_、        
   イ      l /   // ̄\ /、`'‐、    …佐原を間違って佐竹にしちゃった…!

   "W._ヽ=-‐|/-──'-~、.._/  `'‐、 \         がっくり…。
       ̄, ̄7 ⌒ヽ      /     \.ヽ 
        / ./    }.     k         \!
      / /     |____|        /‐┬f=i
.      /   7'''─r/     \.       , '  .|_| ‖   
.    /   /  //        //ヽ.   // ‐''´ ,E! リ
    /   f_/  .//       /   ヽ/.∠. -‐┬f=i  
  / _,:=/  /'´       ,'     /     |_| ‖  
` /  {三 ' _,ノ          l       _, -‐''´ ,E! リ   
./    ̄ ̄            `ー-‐ ''"´       ゝー' 




147 :名無しさん@ピンキー:04/02/15 06:17 ID:pDvMF0mp
>>146
バーカ…
そういう日もあらあな…!
なに言ってんだっ…!

うぃ〜〜〜っ…

酔ってる
酔ってる
酔ってるなり〜〜〜!


148 :名無しさん@ピンキー:04/02/15 09:25 ID:w5cQJuc1
むう、思ったよりエロいじゃないか。このスレ。

149 :123:04/02/15 16:20 ID:qKAviSEV
>>138>>145
ありがd充分抜けたよ。
鬼畜でイイんじゃないかい?むしろ、鬼畜がイイんじゃないか!

150 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:01 ID:ANnh7+X5
>>147-149
…ありがとう…!

つぎ、112-119の話の続きを書こうと思う……!
132をみて思いついた……!
正直書いてて楽しいのは…男×男なんだがっ…!
ご要望があれば…今後も男×女も書いてみるっ…想像力が続く限りっ…!
ただし、いつか、カイジ×美心はかくがなっ……!

151 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:03 ID:ANnh7+X5
「村上さん、今度会長のお声がかりで決まった新店長はまだ20歳らしいですよ。
なんでも、かなりの切れ者らしくって。幹部候補生だとか。」
五年前、部下の黒服からその話をきいたとき、俺は思わず黙り込んだ。
9歳も年下の若僧の下で、ホール主任として働くなど、癪な話だ。
だが…あの日、初めて新店長…一条さんをみた瞬間に、
俺はまったく別の気持ちを抱いてしまった。
いつだったか幹部の接待にお供でついていった際に Club luxury でみかけた
どの女達よりも、一条さんは綺麗だった。
頭の良さを感じさせる闊達な話術。
すらっと伸びたしなやかな手足。肩まで届く艶やかな濡れ羽色の髪。
長く細い指先。なぜかつめ先まで綺麗に磨かれていた。
精神のない女の美しさとは違う、もっと艶かしい美がそこにはあった。
黒目がちで魅惑的な二重の甘さを縛めるかの様に、
キュッと心持ち上げた形のいい薄い口角が、張り詰めた糸の様な緊張感を漂わせていた。
そこに俺は、なにか、張り詰めた糸がぷつんの切れかれないような脆さのようなものを
感じた。
俺は、その時、無性に、兄のように、一条さんを支えてやりたいっ…!と思ったのだ。


152 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:04 ID:ANnh7+X5
新店長一条さんの仕事振りは凄かった。着任早々「沼」を考え出し、店は大賑わいとなった。
そんなある日、「沼」の視察に、会長がじきじきお出ましになることになった。
会長は「沼」で30億を打ち出し(もちろん接待である)、上機嫌で店長室へ入っていかれた。
珍しく、お付きの黒服たちを従えず人払いをされて…。
30分経っても、会長も一条さんも店長室から出てこられないので、俺は、様子見かたがた、
お茶を持っていくことにした。
店長室をノックしようとした瞬間、…あれが耳に入ってきたのだっ…!
「ん…かはッ…長っ…あぁッ…そこは…!ハぁ…ん…んぁあ」
「クゥ クゥクゥ…相変わらずよい声でさえずるのォ…条…もっと…を振るんじゃ… !」
俺は耳を疑った。漏れ聞こえてくる声は、紛れもなく、行為のときに交わされる睦言っ…!
俺は、店長室のドアを薄く開き眼を凝らした。
ほの暗い部屋の中、デスクにもたれかかった一条さんの白いなよやかな裸体の上に、
会長の体が後ろから覆いかぶさっていた…!
一条さんの美しい手は、会長のシミだらけの手に組み敷かれ、
会長の動きにあわせて、一条さんの美しい髪がゆらゆらと揺れた。
(…!)
その時、ふいに振り返った一条さんの頬にひとすじ、光るものが流れた。
(…一条さん…泣いてっ…?!)
「っハぁあ…!」
髪の隙間から垣間見えた一条さんの赤い唇から、泣くような喘ぎ声が、漏れた。
俺は黙って、ドアを閉めた。


153 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:05 ID:ANnh7+X5
俺はその後、従業員トイレに駆け込み、いきり立ってしまった自分のモノを慰めるしかなかった。
俺は一条さんのために、見なかったことにしよう。
…そうなのだ
…一条さんがいつも強迫的なほどに、醜いモノ汚いモノを嫌うのは
たぶんにこういう理由から来ていたのだ…
…一条さんが寸分たりとも自分の体に美しくない部分を留めることを許せず、
暇があれば髪を整えたり爪や手を磨いていたのは…タオルを手放せないのは
…こういう訳っ…!
会長によって体に刻まれた穢れた欲望を…無意識に拭い去りたくてっ…!
あのプライドの高い気丈な一条さん、あの誰より美しい一条さんが、
ああやって、会長のような醜悪な老人の慰み者にされているとは、どれほどの苦痛だろう…。
一条さんの…涙が脳裏に浮かび、俺は、やり切れなかった。
2時間後、会長は帰っていた。
一条さんは、心持ち蒼ざめこわばった微笑で会長の見送りをしていた。
もちろん、いつもの店長服をピシッと着込んで…。


154 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:15 ID:ANnh7+X5
あの悪夢の日から、一年--。
今日は、インフルエンザで従業員に3人急病人が出たため、かわりに一条さんがじきじきに
買い物にでかけられた。今晩は、夜勤スタッフが足りないので、珍しく閉店となった。
店内は静かだ。
後は、店長室のほうの見回りしたら、閉じまりして、帰ろう。
そうおもった時、真っ暗な店長室からパリーンと何かが割れる音が聞こえてきた。
(…?一条さんまだ残ってるのか…?)
俺は、急いで、店長室に走った。
「一条さん、どうされました?!」
それには答えず、一条さんはデスクに突っ伏して、細い肩を震わせている。
割れたグラスの破片が散らばって…!
「一条さん血が出てるじゃないですか!」
割れたグラスを握り締めている一条さんの白い人差し指から、鮮血が流れている。
「…いいんだ村上…たいしたことじゃあない…。」
「良くありませんよ!この傷っ…」
割れたグラスを離させようと、一条さんの右手を掴んだ俺は
なぜか…そのまま、一条さんの白く細い人差し指を自分の唇に入れてしまった…!



155 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:16 ID:ANnh7+X5
「…!」
何やってんだ俺っ…!
「す、すみません、出すぎたことを…。」
「いいんだ、気にしないで。…ちょっと強く握りすぎて、グラス、割れちゃってね?」
「…なにかあったんですか?…」
「いや、高校時代一緒だった奴らと、街で遭遇してね。
そのこと思い出してただけだ…。」
俺は静かに一条さんの横顔を見つめた。
「あいつら、大卒なら、人生勝ち組だと思ってるんだ。
あいつらの能力じゃ…所詮奴隷頭どまりなのに。クク…馬鹿らしい。所詮陽炎だがな…!
いつか俺が核シェルターを得た時に、あいつら及びあいつらの家族は絶対入れないっ…!
どんなに頭をさげてもな…!俺はいつか真の王に……」
一条さんは、自分に言い聞かせるかのように呟き、それきり顔を背けた。
(一条さんは…行きたかったんだ…本当は…本当は…こんな日のあたらぬ沼からではなく
日の当たる道からトップを目指したかったんじゃないのか…?そして…一条さんなら…
おそらくは…その能力はあったのに…)
俺は、一条さんの呟きに痛々しいものを感じてしまった。


156 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:17 ID:ANnh7+X5
気づけば、俺は、未だに一条さんの右手を握っていた。
俺が知ってる女たちの手よりずっと華奢で、肉薄で、なめらかな手…。
おれは慌てて手を離していった。
「…一条さん、気分なおしにお茶でも入れてきましょうか?」
「それより村上…今から俺を抱いてよ…興奮を鎮めたいんだ。」
「えェ…?!」
「知ってるんだ。お前、一年前のあの日、見ていたよね?…会長に俺が…」
「…!」
「俺は、会長に責め苛まれ続けた所為で、感情が高ぶるともうどうしようもなく
体が疼くんだ。クク…単なる遊びだよ…!だいたいお前も…もうずっと
無意識に俺を抱きたいっ…て思っていたんだろう…?」
「そ…それは…!」
俺は狼狽した。図星だった。
俺は、兄として守ってあげたいなどと綺麗ごとを言いながら、その実、
この蠱惑的な美少年に、下僕として跪き仕えたかったのだ…!


157 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:19 ID:ANnh7+X5
「村上は嫌いじゃないよ…?あのじじいと違って醜くないから…それに…僕にとてもやさしい…」
そういうと、一条さんは、椅子からスッと立ち上がり、俺の首筋にそっと手を回した。
熱い指先が肌に触れた。
(一条さんは…淋しいのだ…プライドの高さと能力ゆえに…鼻持ちならないと思われるのだ同年代には…
だから独りつっぱって……そして俺に…)
そう思うと、一条さんへの愛しさがこみ上げてきた。
俺は思わず一条さんを抱きしめた。
細くて折れそうな華奢な体つきだ。それでいて、しなやかで…!
一条さんの首筋に唇を這わせるとD&Gの香水の香りがふわっと俺の鼻腔をくすぐる。
俺は一条さんのシャツを寛げると、無我夢中で滑らかな陶器のような肌を
堪能した。
女でもこんな美しいしっとりした肌を持つ人間がいるだろうかっ…!
一条さんの乳首は綺麗な桜色をしていて、一条さんの唇の美しさに勝るともおとらない。
俺はたまらず、一条さんのその桜色の突起を舐った。
「はァ…!」
一条さんは、髪をかき上げ、心持ちのけぞった。
悶える表情がいっそう艶かしい。


158 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:21 ID:ANnh7+X5
「一条さん…下を御脱がせしても・・・よろしいですか…?」
デスクに腰掛けた一条さんが頷く。
俺は興奮で震える手で、一条さんの体から、余計なものを取り払った。
「ハァ…ハァ…」
俺の前に差し出された一条さんの足は、やはり、華奢にすらっと伸びて形よく、
女のそれのように綺麗である。
俺は、おそるおそる一条さんの美しい足を広げ、その間に入った。
そして…咥えた。
(一条さんっ……!)
俺の舌が一条さんの硬くなった部分に絡みつく度に、一条さんは白い上半身を震わせて
普段からは想像もつかないかわいらしい声で…喘ぐ。…ある意味桃源郷っ…!
「村上…もう俺っ…中が疼いて…どうしようもないっ…! 」
悩ましい一条さんの声に、俺はわれに返った。
(そうだっ…ココを…会長に嬲られた秘部を綺麗にしてさしあげなくては…!)
俺は、グラスに残っていた赤ワインを口に含むと、
丁寧に、舌で一条さんの秘部を清めた。一条さんの汚辱感が少しでも消えるよう
願いながら。


159 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 17:24 ID:ANnh7+X5
「村上…早く…早く入れて…よ…?もう待ちきれないっ…!」
一条さんが恍惚とした表情でデスクの上で喘いだ。
「承知しましたっ…ではっ…!」
俺は、急いで俺のモノを取り出し、一条さんの細い両脚を抱え、
とろとろに潤っている紅色の秘部に、僭越ながら俺のはちきれそうなモノをあてがった。
そして一気に奥までズップリ挿し込んだ。
「…はあッ!…んっは…あぁ………!」
ズズッ…じゅぷッ…ズプッ…ぬぷっ…クチュぅ…グチュっ……!
「ィ…一条さんっ…のが…ずっぷり絡み付いてっ…あう!」
これまでの女のあそこでは味わったことのないめくるめく快感が俺の中を駆け巡った。
(…一条さんに申し訳ないっ…申し訳ないがっ…!こんな淫乱な体をしていたら…
会長が嬲るのも…当然かもっ…!)
俺の肉棒は、抑制を失って、一条さんの熱く柔らかい秘部のなかをのたうちまわる。
「ああっ…!村上…の…あいつのより…でかく…て…あァぁっ…!」
俺の腕の中で、快楽に顔を上気させ身もだえする一条さんの悩ましい色気に、
俺の肉棒は頂点を迎えた。
じゅぷぅッ…ズプぷぷッ…ぬぷっ……!
「あ…ァ… もうっ…ぃきそぅっ…!」
「ィ…一条さんっ!」
俺は一条さんの腰をぐいと引き寄せた。一条さんも、無言で俺の首に、細い腕をまわし、抱きついた。
俺は一条さんのからだを抱えると、怒張した肉棒で、根元まで何十回も一条さんの熟れた秘部を
串刺しにし、最後の一滴まで勢いよく俺の体液を注ぎ込んだ。

「…ハァ…ふぅ…村上…ありがとう…今夜は忘れさせてくれて…」
「いえ…私でお役に立ちますなら何時でも…」
「そう……そうだ……お茶をたてよう…飲むか?…」
そこにいるのは今しがたの悩乱など微塵も感じさせぬいつもの気丈な一条さんだった。



160 :ネ申と呼ばれたエロパロ:04/02/15 19:44 ID:T1mCoveq
そう思っていると一条さんは突然とんでもないことを言い出した。

161 :ネ申と呼ばれたエロパロ:04/02/15 19:45 ID:T1mCoveq
                         / ̄ ̄ ̄ ̄` 、
                     ,---、./        `ー、_       _________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`-、        ,',' /             ',~       `、             ̄ニ‐
  シ 俺 村    ,..゙==-     / /   ,-、 ,、 、_ ..、      i       ,r'   ・ 思 い    r'"~
  ョ の  上    (_       '"1   /  ',〉ヽ`,、`,、_,,,,,,..  |    _,.‐"    ・ い い     `ー-、__
  ン ケ  お    ` -、_     i" __/、_    `, 〉゙ー_,...、i   .i      ̄`、    ・ つ .事    ,r‐"~
  ベ ツ ま      / ̄ ̄   '~| !_ `、   ,''_,.‐'  |!   !      ,'    .・ い      !、_
  ン の  え      `、        i!i_',  `‐-`.   ,'    i' !  |   ,.‐''"     ・ た        ,`=‐
  し 中         _`=-       ',、  o 1  、O ,r" i‐-, .!  ‐" ̄)     ・          !、
  ろ で        (           !`ー-ノ      ̄ ,ri'1 !亅! ',   ∠、_    .・         ,ー-`-
  ・          `、         1、_(_ -  _,,ri"!,.!イ i- " ' ,     ,!-、          `i
  ・           `、         ! !.!ーi‐ i'''i~,!‐'",- ! !    ヽ、__  '  `、  ,-‐-、 ,-―- `-
.  !         i⌒`ー`、        ', ',ニニ二~‐",r'i,! i        `―---!、 /- 、__!、 !_
            !            !ヽエェェェエ!-",r"!   i、 ヽ、        i,!    `'  ̄`ニー-、
         ,r‐-、_`、         _,.-''"~`‐、 ‐一' ,r'~   !  ,!i  `、             ,r"   ヽ
__   r‐‐、   !   `、`、     ,, -"     , '~ヽ-、'     .! i' !    ',           ,'      ' ,
 `‐、 !  `‐、!     ~   ,r '"      /、/1  !` 、 ,イ_r' !    ヽ           ,!        ヽ
   `'



162 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 20:40 ID:ANnh7+X5
  lll  ll  , /::/.// /::::::::\ヽヽ  ヽ ヽ
      ///_.//:://  ̄ ̄ ヾi,::\ ト|ヽ| 
 lll  ll //'  /'`メ、    ,r'`ヽ::::ヽl      ああ…
     / ====u== ≡  /=u==== .|     無念…
 /'⌒| ll|:::::::`ー--‐'" :::::::::::\‐-‐'" |      無念だ…!
 | l⌒| |::::::ヾ~し'"ソ ::::U::::::::::\ー' |      作品のぶちこわされたのは無念…
 .| |二|ll |:::::::::::` ̄ ノ r‐:::::::::::::::::ヽ、      しかし…
  | !  | |::::::/ ̄ ~     ̄  ‐-- '      仕方ないのさ…これも…!     
  ヽこ, リ、::/:::::ム──────‐‐i .|
    /ミ :::\::::::::::::::          |      思うようにいかねえことばかりじゃねえか…
   /ミ  :::::::\::::::U:::: ミ三彡   /       2ちゃんねるのスレの流れは…!
   /ミ   ::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::/        不本意の連続…
  /ミ     :::::::::::::\::::::::::::::::::::/
  /ミ      ::::::::::::::::\::::::::::/;|`ー,
  ヽ、      :::::::::::::/;;ヽノ;;;;;;| 7


163 :名無しさん@ピンキー:04/02/15 20:55 ID:AOvvAQ3y
>>151-159
落ち込むな。俺は抜けた

一条ハァハァ(´Д`;)
というか村上に萌えたハァハァハァハァハァハァウッ

164 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 21:12 ID:ANnh7+X5
         __          なんだ…? この温もりは……!
    _,.ゝ'"     `ヽ、     胸から湧いてくる…… この温かさ……
   _≧-          ヽ          感謝の気持ちは……
   >  ハ、ト、_、 ,.-、   ヽ
   7,. ハl. //ヘ \^')    \         >>163が………
     W'\</、ノ、 u `!   ト、   \    >>163がただ… そこに在るだけで…
      / ,`'~,.っ |!  |/'\__ \       救われる……!
.      'イ-<_.、  |:! :! ./  `-、_\
            し'^l | ./   _ `\     レスがまったくない
         0     / V./ `><_ `ヽ \     その寒々しさを考えたら…
            (j   \/ / /´   ヽ\/\
              || |  |   ,/ :l \ \   今… 見えるその存在は
         J   ,.r┼‐|TT|_/    !  \ \    まさに救い…!
_|_l_l ___        / (\lll|,|_|_|    /|  \ \
ノ | ヽ |_|・・・   ヽ ´ヽ ヽ、 :|,..-''"  l    \ \  希望そのもの……!
             `\   >'l   匚o]    //ヽ
      _|_l_l _    ヽ/ /`  |_|_|_|    //   ヽ
      ノ | ヽ |_|・・・   l\       ,!  /ヱ7   ヽ

(正直…このスレ立ちあげてこれまで7話書いてきて…一番…
 …この村上×一条が一番…自分としては納得いく出来に…なった気がする!)

165 :名無しさん@ピンキー:04/02/15 21:44 ID:pDvMF0mp
ネタとしてならともかく…801SSでハァハァできる…という感覚。
この異様な流れ。
男×女への無関心。
全て…
オレの範疇の外…!

理解不能…!
エイリアンだ…!

想像できない…
こいつらがどこまでやるか…
つまり…
出来ないかも…!

ハァハァが…!


166 :名無しさん@ピンキー:04/02/15 21:52 ID:SwZ7Lcw8
                                       ∠-‐'/
            , '´  ̄ ̄ ` 、                       / /     /| ,イ
          i r-ー-┬-‐、i                     // / / |/ ヽ
           | |,,_   _,{|.                      l/|,イ /| //i
          N| "゚'` {"゚`lリ   >>164                  i/ |´/_:| |ヽ
             ト.i   ,__''_  !                           |" ̄/ | l i、
          /i/ l\ ー .イ|、        うれしいネタ            | / ィ | l |ヽ
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、     張ってくれるじゃないの   ,イ U|| :| | |ノ
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.                   ./ :|  :||  :l |. |
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i                   /  :l  || U :l レ'
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |                  ム-=ノ ,リ   |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \                   く___,..:っ リ
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       l  ̄ /
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|       !._   /
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |         レ'      ∠i
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|       /     /  l
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|     /      /     |
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|   /     ∠ -─ ' ´ ̄|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄| /   ,,. -‐''´         |

167 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/15 22:17 ID:ANnh7+X5
     __   ___,  /!
.   /-、} / 、∠. イ  レ'|    |  俺はパロるとき
  // // l   !\  |  \|. ! | !    福本先生の作られた
  l l//   \ ヽ >   __.」 1. ル'   設定やセリフを出来るだけ使いたいんだ……
  ̄l'" / ̄`ー     ゙ 「   レ' l/       カップリングの性別がどうあれ……!
.  |.    \  r  │        そんなにおかしいか……?
.  !      \ ヽ │           俺の言い分…!
. !_.」     ,へ._/\」 ┘
 |│   ./              こういう話になると
. l.l    /          どういうわけかみんな口を揃えて
イ`!`ー-'            801はだめだ 抜けない…の連呼
. | |       問答無用で異端者だって話になるんだが…
 ||              果たして… 本当にそうか…?

男×女書こうにも…そもそも原作にろくに(な)女がでてねえんだ…!
たまに出てても…もとネタ少なすぎて…
…パロじゃなくてただの自作創作小説になっちまう……!
…福本作品の匂いが…消えてしまうんだっ……!
だから…もちろん男×女もネタが浮かんだら書くが…
…男×男のほうが書いてておもしろい…!いち職人としてっ…!
元ネタが溢れてるから…!
まあ…もう少し待てっ…!いずれカイジ×美心を書くっ…!



168 :名無しさん@ピンキー:04/02/15 23:49 ID:d6B04/Lj
>>138-145
>>151-159
中々良かったです。ハァハァさせて頂きました。
次作品も楽しみにしてます。

169 :名無しさん@ピンキー:04/02/16 00:12 ID:gpKr6aB0
感動しましたハァハァすることは出来ませんでしたが
不覚にも愚息が元気にw

次は是非、黒沢先生でお願いします

170 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/16 01:26 ID:AnrJzGc4
           _ヽー-、,. イ,ィ__        r-一'^ー 、
           >         Z       〉      〉
          > , ィ ,ィ ,、__    `ト、     | >>168 |
        <\フ´ lj ´  ´,/,ハ,     ゝ    | >>169  )
         \\   ,//  イ     |    |    っ  |
         /  \l{ |{,/  _  Z    |      >   :   {
        〈 r-ベ |  r‐-'´ ノ 7 r-、 |    く.   :    }
        ヽ( o_,}'  ` o  ノ   l |´`l| |   <   !  「
         / `J|   `ひ′ u l |二!l ゝ   |      |
        ゝ ,/__, -、.) __.二._ヽ |,トー'ノ ト、  ヽ __   ,/
         ̄「工工⊥!┴┴'-|  |、.´|   \      ̄
            _)__(      .|  l. `|三ニ=;、ヽ
       _rー-┴'-!工工T'Tリ .|  |ニ三三|` ¬- 、
   _,. ‐'´ .| l  l  i  i ; :  ̄   /  |ニ三三|` ¬- 、
    _,. -'´ヽ、.__ _     _ノ  /|;三三三|
        /三三ミト、 ̄ ̄ ̄   ,イ |;三三三|
         ,/三三ニミ|l.ヽ.      /l.| |;;三三三|
          /三三ニ;ミ|l.#ヽ、__,イ#| |ニ三三三|
ありがとう…温かい言葉っ…!

黒沢か…
黒沢×しづかの線でいけばいいのか…?
俺の拙い予測では…黒沢としづかは原作で遠い将来萌え関係に
突入しそうな気がするので…元ネタがもう少しそろうまで…
待ちたいと思うのだがっ…
黒沢(電車)痴漢の路線なら今でも書けなくもないかな…
黒沢×太郎(人形)でも書けなくはない…完全にギャグになるが…!
>>169どれか選択してくれ…!

171 :名無しさん@ピンキー:04/02/16 02:03 ID:gpKr6aB0
エロハンド・・・!も素晴しいのですが
個人的には太郎のエピソードで感動したので太郎でお願いしたいですね
先生の太郎に対する愛情は並々ならぬものを感じるので

あと大和の主砲が厨房相手に火を噴くのもアリだと思うんですがどうでしょう
イージス艦との絡みは本編の展開上まだ想像できませんが
先生に心酔しているフリーターや引篭もり、一癖ありそうな解説オヤジこの辺りは弄れそうな

しかし、エロハンド・・・!が発動したらどうなったのか
これもIf的な要素があり興味あります
非常に申し訳ない・・・申し訳ないが・・・!両方頼む事は出来ないでしょうか・・・!

172 :名無しさん@ピンキー:04/02/16 02:15 ID:JxudArLZ
すげぇ、

何  こ  の  ス  レ

173 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/16 02:18 ID:AnrJzGc4
       -=ミヽl∨レl イイイイィ
       Z ,vvwvwvwvv、"ミ
      Z /:|:|:|u|:|j:|:u:|:|u:|:ヽ ミ    す……
      Z. \;:|u|:|:|:|j~|:|:|/ _ ミ
     1 l::\ \l:l:l:l:l:/ /::l ト'
      |〈:|u:|::\`!ll !´/:|:U:ノ.|
     r‐'‐〉 ==。=-ソ /=。== 〈.‐、    すまんが俺の就活との関係上……!
     | f.ヲ u三三〈 〈 三三|j )〕|    黒沢×太郎(人形)一作で許してくれっ…!
     l ゞゝ 〃〃/ /〃〃〃/ソ.l    今日ガバガバ願書が来てなっ…
    ム`''〈 /´ r_(_/_ 、 `ヽ 〉‐ヘ    そっちも書かねばならんのだっ…!
    /_l´ ̄u ̄ ̄u ̄u ̄ ̄`l._ヾ、  UPが少々遅れるかもしれんが…気長に待っといてくれ…
一 '' "|| | 〃〃〃〃〃〃〃〃| ||" '' ー
.   || .| l l l l l l l l l |. ||
   ||  l  |j  u |j |j  u  l ||
.   ||   ̄ ̄ト ̄ ̄ ̄ ,| ̄ ̄  .||
   ||     | `r----/ |      .||


174 :名無しさん@ピンキー:04/02/16 22:01 ID:euzoYRs1
忙しいとこ気が引けるんだが、リクエストさせてくれ。
カイジ×佐原とか面白そうじゃね?
気が向いたら書いてくれ。あんたの文好きだ

175 :名無しさん@ピンキー:04/02/16 22:54 ID:OXwDrMCH
職人さんガンガレッ・・・!
カイジ×一条とカイジ×美心を期待してるっ・・・!

176 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 11:01 ID:At5x34a/
お待たせ…!
黒沢×太郎(人形)書き上げたぞ……!
先に言っとく…ハァハァ…はこの作品に限り…期待するなっ!

カイジ×美心はいずれ絶対書くっ…!
まだかかないのは原作のネタが出るのをもうすこし
待ちたいためっ…!

カイジ×一条は
次回かこうかと思っている…
UPがおそくなるかもしれんが…!
sageでまたーり保守しといてくれ…!

177 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 11:01 ID:At5x34a/
残ったアジフライを(みんなにシカトされた)ビールで流し込んでいると…
なんかもうっ!…泣けてきた。
ガバッ
「ぐっ……!…ァアア!…アジのフライも入れたのにっ…!
置いてっ…置いてかれたんだよォっ……!たっ太郎ォォ〜!!」
(……)
「太郎ォ〜…オレのっ…オレっ…!
高校卒業して26年まじめに働いてきてっ…!
ううっ…結婚のために清く正しく女とも一度しかやってねえ…!
なのに人望もねえっ…!家族もねえっ…!ましてや恋人なんてできやしねえっ…!」
(……)
ザァーー
「たっ…太郎…すまねえなァ突然抱きついちゃってよぉ…。
…雨…やまねえなァ……太郎…さっきかぶった雨で寒かろう…
よしっ…安心しろっ…オレがおまえを温めてやる…。」
ゴロン
(……)
「…太郎…おまえオレと違ってなかなか美男子じゃあねえか…。
オレの太郎はあの偽善現場監督の赤松なんかよかずっと美男子だかんなっ…!」
(……)


178 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 11:03 ID:At5x34a/
「…おいおい褒めてんだぞ…ちったあ喜んでくれよ太郎…」
(……)
「なあ太郎…もうちょっとだけ聞いてくれよ俺の話…」
(……)
「そうかやさしいなあ太郎は…
オレな…初恋だったオレの初体験の相手な…
…ほら、前におまえに話しただろ…元風俗嬢の…さ…」
(……)
「そうか覚えててくれたか太郎…そうだよなあ…おまえ賢そうだもんなあ…
高校の時だったんだけどよ…
そうそう!…これはまだおまえにも話してねえんだが…
彼女もオレのこと好きだったみたいでな…自分のほうから
5000円くれれば、していいよって言って来たんだぜっ…!」
(……)
「オレそんとき初めてだから焦っちゃってよっ…!
ほんと言うと…その…入れる前に出ちゃっったんだよっ…!」
(……)


179 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 11:04 ID:At5x34a/
「太郎!…笑わないのかっ…!
そうだよなっ…!オレと太郎の絆はそんなもんじゃ壊れねえよなっ!
…で…話が反れちまったんだがよっ…
おまえの顔さ…実はな…そんときの初体験の相手に似てるんだっ…!」
(……)
「カーッ!いっちまった!照れるじゃねえかっ!バカタレっ!」
(……)
「それでよう…太郎には悪ぃんだが…
おまえの顔見てよう…一度だけその…してえんだよっ……!…ダメか?!」
(……)
「…太郎、イヤならイヤって言っていいんだぞっ…!
なんせオレたち男同士だもんなァ…戸惑うのも無理はねえ…!」
(……)
「……そうか!やっぱりな!太郎は優しいなっ…!
そうかいいのか!いいんだなっ…!ありがとう太郎っ…!」
ヒシッ!
(……)


180 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 11:05 ID:At5x34a/
シコシコシコ…
「ハァハァハァ…」
(……)
「太郎っ…その…重ね重ねすまねえが…おまえの股に…擦り付けてもいいかなっ…!」
(……)
「いいのか?」
シュリシュリシュリ…
(……)
「どうだっ…!気持ちいいか太郎っ…!
…そうかおまえも気持ちいいんだなっ!…ウゥ…」
ドピュピュピュゥ…
(……)
「…くはーっ…!…良かったぜ太郎っ!」
(……)
「アアア…すまねえなあ太郎…つい汚しちまってよう……
でも大丈夫だぞっ…オレがこの新聞紙で綺麗に拭いといてやるからな…」
ゴシゴシ…
(…… )


181 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 11:06 ID:At5x34a/
「ほーら綺麗になったぞ太郎っ!」
(……)
「そうかおまえも疲れたのか…じゃあもう寝るか…」
(……)
パサリ
「ほれ、太郎…布団ちゃんと肩まで掛けねえと風邪引くぞ…
じゃあ電気消すぞ…」
プチッ…
(……)
「太郎…オレのホモ達は、おまえだけだ…ホモ達でいようよな、ずっと……これからも……ずっと……」
(……)
「ちぇっ…!無口だな……おめぇ…」


                                             糸冬




182 :名無しさん@ピンキー:04/02/17 11:56 ID:84S6Ha25
せ、切ねええぇぇぇ(つД`)

感動した…別の意味で。

183 :名無しさん@ピンキー:04/02/17 15:56 ID:QIM8CPPO
あまりにも切なすぎて泣きそうになった…!(ノД`)
職人さん乙です

184 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:01 ID:At5x34a/
突然銀と金のネタが2話浮かんだので願書をほっぽって書いてしまった…!
典型的なSSジャンキーっ…!
もはやSSを仕事にしたいくらいっ…!
カイジ×一条を先に書くつもりだったが…急遽変更っ…!
まず、第1話めをあげるっ…!
森田×伊藤美緒で…。



185 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:02 ID:At5x34a/
コンコン…
「用意はできたか、森田…」
ドアむこうから銀さんの声がした。
「はいすぐ行きます」
そう答えるとオレは急いで着替えを済ませ、銀さんたちとともにホテルのロビーに降りた。
その時、安田さんが突然呟いた。
「森田…あれポーカーの時の女のコだぜ…」
「え…?」
ロビーの窓際の壁際から、伊藤美緒とその友達の由香理・明穂がこちらを不安そうに伺っていた。
「あ……」
「なんか用があるんじゃねえのか?おまえに」
安田さんに言われてオレは、はたと気がついた。
(用事があるのはおそらく伊藤美緒にちがいない…。)
彼女は、オレが、画商の中条をとりに行く間、よく通っていた喫茶店のウエイトレスだ。
時折会話を交わしているうちに、いったいなにをどう勘違いしたんだか知らないがこの娘
オレのことをすいぶん気に入ってしまったようで、オレにまとわりついてきた。
用事の内容は大体見当がついた。
「すみませんちょっと」
オレがいうと、銀さんは
「ああ……」
と笑った。


186 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:03 ID:At5x34a/
オレは、ゆっくりと壁際の三人のほうに歩いていった。
(まあ、美緒は、なかなかの美人だし…それに、
西条のイカサマポーカーにひっかかって、金の代わりに一晩西条にカラダを差し出す
羽目になったことまで、あけすけにオレに話すあたり、
いっそサバサバしてて女としちゃあ嫌いなタイプじゃないんだが…。)
「森田さん…あの、私、ずっと好きだったの森田さんのこと…
私と…つきあってくれない…?」
案の定、美緒の告白だった。
「…ごめん、オレ今仕事が忙しくてとても女のことまで気がまわらねえんだ…」
(それにオレは……)
…他にもうひとつ大きな理由もあったが…それは口には出さなかった。
「……」
美緒は俯いた。
「…悪い」
美緒は黙ってしばらく俯いていたがやがて顔を上げると
「……そっか…。わかった………じゃあ、1つだけね、お願いがあるの森田さん…」
「何…?」
「最後に30分だけ時間ちょうだい?」
「…ああ…それくらいなら構わないけど」
すると美緒は、他の2人に目配せした。2人は、頷くと、足早にホテルのエントランスへ去っていった。


187 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:04 ID:At5x34a/
「こっちに来て森田さん…!」
美緒に催促されたオレは、銀さんたちのいる方に、目で合図を送ると、
美緒の後をついていった。
「フフ……」
それを眺めて銀さんが含み笑いしていたことなど知らず…。
美緒に連れて行かれたところは、ホテルの部屋だった。
「…森田さんってなんだか私とは違う世界に生きてる男の人でしょ…?
だからフられちゃうって私なんとなくわかってたんだ…だから…一度だけ
森田さんとHしたいなって思って…ここ予約してたの…」
美緒はベッドに腰掛けて、そう呟いた。
「…わかったよ」
そういうと、オレは、ジャケットを脱いだ。
彼女と二人、夜にCLUB Zにデートまがいに繰り出したりして、
これまで思わせぶりな態度をとってきたオレにも責任があった。
ここまで女にさせといて恥かかせるわけにはいかなかった。男として。
「ほんと…?」
ベッドライトの灯りでこうしてみると、美緒は確かに肉感的でいい女だ…。
「ああ…ただ時間が押してるから、少々手荒くなっちまうけど」
そういうと、オレは、美緒をベッドに押し倒し、乱暴に美緒の胸をはだけた。


188 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:05 ID:At5x34a/
スカートの下から、手を伸ばし、パンティーの上から、秘部を刺激する。
既に、美緒のそこは蜜で溢れていて、蜜は中指にねっとりと絡みついた。
「くふン…あ…!ン…」
美緒が女の声を出し、カラダをくねらせる。
たわわな乳房を鷲掴みながら、激しく上下に揉み潰し、美緒の耳たぶを責めた。
唇は…触れずにおいた。
「ゃ…森田さ…ァふぅ!激しす…ぎ……あハぁ!」
動作の激しさとは対照的に、オレは至極冷静だった。
(男とは、つまるところ特別な愛情がなくとも…そこそこいい女となら、ヤれる生き物なのだ…)
オレの指にいたぶられてすっかりぐしょぐしょになったパンティーを強引に脱がすと、
オレは、ズボンのチャックだけを下ろし、ペニスを取り出した。
そして、美緒を座らせると、その柔らかい巨乳に谷間を作らせ、ペニスを下から差し挟んだ。
「…森田さんの…やっぱり大きいっ…!舐めさせてね…!」
そういうと、谷間から突き出たオレのカリに、美緒はエロい音を立ててしゃぶりついた。
ちゅぱっ…ちゅぼっ…
パイズリとフェラの同時プレイはやはり気持ちがいい。
オレの息子はもうビンビンだ。
(男とはつくづく罪な生き物だな…)



189 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:06 ID:At5x34a/
オレは、美緒を窓際に立たせ、冷たい窓ガラスに手をつかせた。
「夜景…綺麗だろ……!」
オレはそういうと、美緒の細い腰を掴んで、勢いよく後ろから蜜壺にペニスを挿入した。
「はあぁんっ…!んっあんっ…森田さァんっ…あふぅ…好きィっ!」
猛り狂うペニスの激しい突きに耐えかねて、美緒の両脚はガクガク震えている。
かわいそうなので、後ろから、美緒の両脚を掬いあげ、M字に抱えて、美緒を上下させた。
「あヒぃっ…はふぅ…あんっ…すご…ぃのォ…こ…こんなの…んん!」
ズっズッ…ズじゅぷ……ズぷっ…ぬプっ…!
オレの太腿まで美緒のマン汁でべとべとだ。
(オレと美緒はいま…繋がってる…ココだけで………そう…まったくココだけで…)
オレの脳裏に今ここにいない………の顔が去来した。
「だしてェ…!…森田さんの…ハぁッ…中で…出してェ…!」
美緒が叫んだ。
「……」
オレはラストスパートをかけ、美緒の次から次から蜜の溢れてくる肉壺を掻き乱した。
「ぁ…あ…あああんっ…!い…イっちゃぅうッ……!」
美緒は叫ぶなりピクピクとわずかに痙攣した。
美緒の秘部の粘膜がひくひくするのを肌で感じながら、オレはすばやくペニスを抜いた。
そして、美緒を腕からすばやく降ろすと、美緒の肉感的な口唇にペニスを挿し込み、射精した。


190 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:06 ID:At5x34a/
俺の出したモノを美味そうに飲み干して、美緒が言った。
「…なんで出さなかったの…?中で…。別に良かったのに…」
「いや…まずいだろそれは…」
「……」
美緒は黙った。
「気持ちよかったよ…今日はいい夜だった。元気でな…」
そういうと、オレは、ドアに向かって歩き出した。
「…私…わかっちゃった…あなた……本当は好きな人がいるのね……そしてそれは…」
彼女はそれ以上言わなかった。
オレは、彼女に軽く手を振ると、部屋を後にした。

オレは急いでロビーに降り、銀さんたちのいる所まで戻ると出発を促した。
「なんだって…?」
「別にこれといった用事は……行きましょう」
オレは、安田さんの詮索を少し強引に打ち切った。



191 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/17 21:08 ID:At5x34a/
しかし、銀さんの運転する車中で、安田さんが話を蒸し返した。
「で……なんだって?……」
「……べつにたいしたことじゃ」
「いいから言えよ」
「…なんかあの中の美緒ってコがつきあってくれって」
オレはすこし赤くなった。
女との色恋沙汰を知られるのが恥ずかしいからではなく、
いくら美緒に恥をかかせないためという大義名分はあっても
さきほどの行為が………に対しての背信といえることにかわりはなかったから。
「ほーーーそれで…?」
安田さんは興味津々という顔つきで、身を乗り出して突っ込んできた。
「それでお前なんて答えた……?」
「断りました、俺忙しいし……………第一その気ないから」
(…言ってしまった…本当の理由…)
銀さんは相変わらず何も、いわない。
安井さんは、ため息をつくと、
へたくそだのI NEED YOUだの、女はどんづまった時の最後の保険になるんだのと、
俺に女の扱い方についての説教を垂れた。
「フフ…安田…いいじゃねえの」
突然銀さんが口を開いた。
「オレは逆に森田のそういうところを買ってんだ」

……夜はこれからだ。                        
                                            
                                              続


192 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:03 ID:ou01yGJw
続き 銀×金(森田):エロほとんどなしハァハァは期待するなっ…!

【森田独白】
あの人と袂を分かって、一年以上が過ぎた。
オレは今、入院中看病してもらったのがきっかけで
共にあの神威の惨劇を潜り抜けた田中沙織となんとなく同棲している。
同衾したので疲れたのか、沙織は隣で熟睡している。
オレはゴロっと横を向いた。
(…この砂をかむような寂寥感はなんだろう…。心に隙間風が吹き抜けるよう…。)
オレは、またあの黄金の日々を想い出していた。

オレはたぶん出逢った瞬間からあなたに強く惹かれてた…銀さん…。
ほかの何者も目に入らぬ程に…。
そしてあの日、夥しい流血の中、オレは気づいたのだ…そのことに…!
有賀の凶刃の下から、銀さんに文字通り一触即発で救い上げられたときオレは心底思った。
(…まるで超人…!腕はたつ、頭は切れる、度胸も申し分ない、金儲けは天才的…
当然だ…この人が金を持っていて当然…!オレなんかとものが違う…!)
有馬を倒すと、銀さんは、即座にオレの脚を引き裂いたタオルで縛って止血し、
軽々とオレを抱き上げ、車まで、運んだ。
(ああ…今でも思い出す、がっしりと力強い銀さんの腕のぬくもり。大きかった…。
遠のきそうな意識の中、オレを抱きかかえて運ぶ銀さんの横顔を、
オレはただ、見つめていたな…追いかけても追いかけても届かないあの人の横顔を…。)


193 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:04 ID:ou01yGJw
【銀独白】
最初は使える駒を手に入れようと思って近づいただけだった。
…だが…違ったっ…!
あの日、あいつが有賀の凶刃に屠られているかもしれないとわかったときの
オレの心…尋常じゃなかった………フフ…。
血みどろになった森田の止血を冷静に行いながら、その実、俺の心は
…それまでのオレには信じがたいことだが…
表面の冷静さとは裏腹に、森田を失うことの恐ろしさで揺れていた。
(森田を抱きかかえたときの感触、今でも忘れやしない…。
これまでに感じたことのない一体感…!突然脳髄に電流が走った…!
二人は1つなのだと…!)
大量出血で、意識が遠のきそうな助手席の森田を見遣って、オレとしたことが気が気ではなかった…。
「森田っ…!オレは近い将来国を買う…!おまえとオレでその国を統治するんだ」
オレが叫ぶと森田は弱々しい声で
「…スゲェ…夢のようだ…」
そう言ったな…。
(…ほんとうに…夢になっちまったな…森田…)
グラスのアイスプロックがからん…と音を立てた。


194 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:05 ID:ou01yGJw
【森田独白】
オレが有賀に斬りつけられ入院してから三週間がたったあの夜、
オレは病院の屋上で銀さんと再会した…。
「フフ…元気そうじゃねえか森田」
「ええ…」
「なんかここんとこ悪党どもにモテモテなんだって……?」
「ああ…みんなオレが若僧だから安く使えると思って誘ってんですよ」
オレが照れてそう言うと、銀さんはフフ…ってわらってた。
そして、銀さんはオレに背を向けるとこう切り出した…。
「出たら誰と組むつもりだ…?」
「え…?いや…まあ…いろいろ誘われましたけど……やっぱり銀さん以外考えられませんよ」
本当に銀さん以上のパートナーなんて、オレには考えられなかったから。
「フフ…そりゃ残念だ…森田…じつは今日、オレは別れをいいにきた……」
「え…?…はあ?それっていったい……?」
オレは銀さんの突然の申し出に、驚いて松葉杖を落としかけた…。
「一人でやれってこと……一人である地点に達したら再び会おう…パートナーとして…
今夜はオレとおまえの最後の夜」
そして、銀さんは最後にあの言葉を送ってくれた。
(森田よ人のスキをつけ…!欲望が飽和点に達した時、人の注意力はもろくも飛散する…!
そこを撃て…!)
銀さんが何故あの時突然オレに別れを告げたのか、結局聞けず終いになったな…。
俺は、それから、五億分のトランクケースを一杯にしようと必死で駆けずりまわった…。
(もう一度銀さんの比翼となるために…!)


195 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:06 ID:ou01yGJw
【銀独白】
病院の屋上で、オレが突然切り出した別れの宣告に…
森田…おまえは案の定戸惑ってたな…。
…オレがおまえとの別れを決意したのは実は、
あの日、おまえが有賀に刺された日だ。
フフ…これをもしおまえに話したなら、きっと首をひねったろう…
なにせあの日、オレたちの魂は夥しい血の中、劇的に結ばれるに至ったのだから…。
(…聡明なおまえなら、あの時無意識に気づいた筈だ……
オレたちは言うならばコインの裏と表…!陰と陽…!
一見真反対のように見えるが、オレたちはその根源において同質の魂をもつっ……!
常人には計り知れぬ領域をともに覗きうる者…!
オレたちは運命のパートナーだということにっ…!)
だがっ…オレにはそれが恐ろしかった…!
森田…おまえはあまりに早く、オレという運命のパートナーに出会いすぎた。
おまえがその能力を充分に開花させる前に、この世でもっとも息の合うオレと
パートナーを組み続けることで、本来の能力を発揮せぬまま朽ちていくのを
オレは憂えたのだ。
そういうわけだ森田…
今夜この東京のどこかにいるであろうおまえにオレは語りかけよう…。
…おまえは、オレが一生でたったひとつ見つけた、オレの片割れ…オレの分身だった…!

196 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:07 ID:ou01yGJw
【森田独白】
西条とのポーカー勝負を凌ぎ、オレは、ついに約束の5億を超える8億6000万を手中にした。
オレは、ほの暗いホテルのツインルームでFOUR ROSESを飲んでいた。
キッ……
ルームドアがゆっくりと開かれ、見覚えのある影がさしこんだ。
「クク…不用心じゃねえか森田…鍵もかけねえで……」
懐かしい声とともに、銀さんが入ってきた。
銀さんが口を開いた。
「森田……次のヤマはオレと共に闘おう…オレが牙…おまえの強運が翼…
二人でこの国の牙城を撃つ……!」
オレは無言で頷いた。オレたちに言葉など要らなかった。
あとは言葉もなくベッドに倒れ込んだ。魂の相手…。
「……出逢ったときから銀さんに惹かれてた…そして今もずっと銀さんだけを追っている…!」
「フフ…それはオレも同じこと…」
「銀さんがオレを…?」
それには答えず、含み笑いをしながら銀さんがゆっくりとオレの中に入ってきた。
「…痛っ…」
「クク…森田…オレたちはもともと一つ…
魂の根っこが同質なのだから…オレたちは肉体的にこうして結ばれるのも自然なこと…」
その夜、オレたちは悦楽の宙に飛翔した。


197 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:08 ID:ou01yGJw
【銀独白】
(やっと俺の元に戻ってきた…森田…!オレの意志…魂を継ぐただ一人の者…!)
抱き合うと、オレたちの体はまたたくまにひとつに溶けあった。
隔たった期間のお互いの魂の欠落を補おうとして。
背徳とも思われるこの行為から、これほどの快楽が湧き上がるのはなぜか…!
組み敷いた森田の体の上でオレは思った。
(おそらくオレとおまえは共に手を携え、満ちるためにこの世に生まれてきたのだ)
森田の秘部とオレのモノが絶え間ない結合を繰り返すたび、
無限に最上級の快楽が湧き上がる。
オレと森田が手を携えて無限の金を生み出していく未来を暗示するかのように…。
ぐったりした森田の唇を吸ってから、オレは呟いた。
「森田…おまえとオレは二人でいることで完全になる…!
オレたちがその気になればすべてを支配できる…できないことは何一つないっ…!」
森田は無言で頷いた。
やがて、オレたちは同時に果て、また同時に高みに達した。


198 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:09 ID:ou01yGJw
【森田独白】
…あの神威の惨劇で…オレは気づいてしまった…。
オレたちが二人でやろうとしていたことの意味…。
オレたちの目指す高みはオレには黒すぎる…!
銀さんとオレが共に手を携え頑張った先に、一体何がある……?
…そこには悪党しかいない
そして……そのあげく助けたい人間引き上げたい人間一人助けられない…
だとすれば……たとえ二人でこの国を手に入れられるにしても…
そんなものが何になろう…。

オレは、銀さんに静かに別れを告げた。


199 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:09 ID:ou01yGJw
【銀独白】
悪への深い疑問を吐き出す森田に、オレは断腸の思いで諭した。
「もし…悪を葬るものがあるとすればそれはつまりそれ以上の悪…
だからおまえが誰かを助けるというか…贔屓したかったら…
いっそ駆け上がれ……巨悪に……!」
しかし…森田は静かに首をふった。

(奴は金に汚くなく…命も張れる…申し分のない強者だ…が
少し純すぎた…いっそ少し毒が混じっててくれたほうがよかった…
奴は…まっさらすぎた……)

一度離れた道はもう交わらない。
オレたちの魂は引き裂かれ束の間の夢は…闇に散った。



200 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:11 ID:ou01yGJw
【森田独白】
気づけば夜の帳が垂れ込めている。
(…オレはあの人に…魅せられたんだ…あの人は……
…オレにとってあまりに特別だった……
もうあなたのような人には二度と会えまい……
…さよなら……銀さん…)
森田の双眸に熱いものがこみあげた。

(さよなら……)


201 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/18 05:11 ID:ou01yGJw
【銀独白】
競馬界のドン河野との競馬勝負は幕を閉じた。
華やかな祝杯の宴の夜は更け、すでに摩天楼は宵闇で昏い。
銀は独り窓の下の夜景に向き合い佇んでいた…。
(奴を失ってオレの中の何かが潰えた…
弾けて散り、もうもとの形に戻らない…。
…「敗れ」は近い……!おそらく…次か…その次……。
それが必然だ…
…しかし……オレはこれまで幾千という人間を地獄へ突き落としてきた男…
いまさら勝ち逃げなどできぬ…
それだけはしちゃいけない……
オレに残された道は
壊滅的敗北を喫し去るか…あるいは……勝ち続ける……
灰になるまで……)
                                        完



202 :名無しさん@ピンキー:04/02/18 11:15 ID:rGq5qM8V
                       コングラッチュレーション
             ,―==7     Congratulation!   コングラッチュレーション
             |く ___ _>                    Congratulation!
             fll`ーU+'
             `''、 ー=|      おめでとう・・・・・・・・!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,−=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|      >>201、おめでとう・・・・・・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                        /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                       |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.    z-..,〃、             ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|   /    ミ              1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl  |   刀、ミ           _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/  |  ノ= ∠i         /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|   __/ (ll ー゜\|ヽ.       /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|  l|. ll7| ヽu=/l二ll二l'''ヽ  /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|  | | llヽ|w-ヽ/Nヽll  |  | /≡:::/≡≡≡≡≡≡

203 :名無しさん@ピンキー:04/02/19 17:45 ID:pl+PU9Xb
この人は凄すぎる…

204 :名無しさん@ピンキー:04/02/19 19:23 ID:1FoIOTym
スゲェ…!
神は福本作品を読み込んでるな
原作と比較しても違和感がっ…無いっ…!

気づけば…黒沢で切なさに涙し…
銀と金で純粋に感動した…!
それが801であってもだっ…!

205 :名無しさん@ピンキー:04/02/20 13:41 ID:0yvMorfH
カイジ×一条マダー!チンチン

206 :名無しさん@ピンキー:04/02/20 14:50 ID:4scLc2RR
福本作品でエロパロは不可能だと思っていたが・・・凄いな。
これからもSS書き頑張って下さい。

207 :名無しさん@ピンキー:04/02/20 17:18 ID:sG17oqk4
半虹スレが活きてりゃーなー
神ssに神挿絵で抜きてー西沢とか

208 :名無しさん@ピンキー:04/02/20 18:24 ID:Lx3AqeNv
っていうかエロパロなのにギャグに見えてしまう

209 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 18:53 ID:gKp9Gclp
>>202-206
温かい言葉…ありがとうっ…!
これからも力の続く限り書いてみるっ…。

>>208
そうか…ギャグにしか見えないか
…すまんが俺の文章力と想像力ではこれ以上は無理…
オレの感性知能全てを駆使してこれ以上の福本SSは…限界っ…(量ではなく質的な意味で)
感性の違いっ…越えられない壁っ…。

>>205
ほんとすまん延期してしまって…。
村上×一条のイメージが強すぎて、うまくまとまらんのだっ…。まことにす
まない・・・。もうちょっと待っててくれ…。
つぎ、アカギ×治あげてみるっ…。
アカギは…つくづくエロには向かないキャラだということが分かった…。
いじりづれえっ…!_| ̄|○


210 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 18:56 ID:gKp9Gclp
煙草を捨て、ボストンバッグを地面に放り投げてやると、
狙い通り川島がボストンバッグにすり寄ってきた。
「…話が分かるじゃねえかアカギ…。
もっとも…しのごの言っても強引にねじふせてはいたがな…」
(ククク…まるで木偶だな川島…!)
「オレもさ……」
呟きざまに川島の顔面に膝をめり込ませた。
グシィッ!ズザザッ…!
(ククク…他愛もない…次はこいつ…!)
うろたえるもう一人の阿呆の顔面にも右拳を繰り出してやった。
メキィッ!へなっ…
「ひぃ〜〜っ…!」
(見苦しく狼狽している最後のこの馬鹿には、
鮮血を吹いてぶっ倒れている木偶どもの始末をさせてやるか。)

211 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 18:56 ID:gKp9Gclp
「じゃあ…」
オレはボストンバッグをひっさげると、その場を立ち去ろうとした。
「ア…アカギさん……!
オレも行きます、オレも連れていってください…!」
「え?」
(…治?)
「お願いします…!」
そういうなり、治が頭を下げた。
「……?………」
(…なにをいってるんだコイツは…?)
治は、ちょっと待っててくださいと言うなり、玩具工場の寮にかけ戻り、
ボストンバッグに自分の荷物を詰め込んで即座に俺の跡を追ってきた。
オレがCoffeeHouseふるはうすに立ち入ると、治もついて来た。

「そばにおいてください!オレ赤木さんのようになりたいんです!」
ボストンバッグを握りしめて、治が言った。
(……コイツ興奮してるな)
「……なに考えてんだよ…」
オレは、ブラックコーヒーを強引に口に流し込んだ。
「オレなんかのそばにいるととばっちりで火の粉がいくこともあるんだぜ…」
「……」
(フフ…やはり躊躇している……)
「覚悟してます」
(…本気か…。コイツ…)
その時、喫茶店のドアが開く気配がした。
振り向くと、川田組の連中がゾロゾロこちらへ向かってきた。



212 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 18:57 ID:gKp9Gclp
治の言葉を借りると、オレたちは「拉致」されて、川田組の客間に通された。
最近の工員生活で
オレにしては珍しくも朝型生活を送っていたところに、
今朝は徹夜に引き続き軽く運動までしたので、すこし眠い…。
浴衣に着替えると、オレは用意された布団にすぐ潜り込んだ。

僕は、布団に入り、客間の天井を見つめた。
「……ハァ〜ッ…」
もうアカギさんが寝入って15分経つのに眠れない…。
(寝れるわけないよ…いくらなんだって…こんなとこ連れてこられて…
わけも分かんない状態で…それにアカギさんに憧れて興奮しちゃって…)
僕は頭をかきむしった。
ふと、アカギさんのほうをふりむくと、気持ちよさそうに寝息を立てている。
「クー…」
浴衣の襟の間で綺麗な鎖骨が静かに息づいていた。
(…なんで寝れるんだよ…この人………タイプが違うよな…つくづく…)
がっくり。
(だけどこうやって静かに寝てる姿をみてると
アカギさんってさっき麻雀や喧嘩してたときとは別人みたいだ…
川島先輩たちをやっつけたときのものすごく危険そうな感じはすっかり消えちゃって…
まるで邪気がない穏やかな顔してるよ…
アカギさん体つきは華奢なのに、よくあんなごつい先輩たち倒せるよな…
ほんとかっこいいよアカギさん…それに…)
僕はいつの間にかアカギさんの枕元ににじり寄っていた。
(こうやって近くで見ると顔もつくづくかっこいいよな…
シャープで整った輪郭に…
唇は一直線に引き締まってて…鼻筋は高くてスッと通ってるし…
でも一番いいのはこの切れ長の目と眉毛の間の谷間だな…
なんかこの部分に危険なオーラが溜まっているというか…
あと二重と三白眼のギャップにも魅了されるというか…)
オレはアカギさんの顔をすっかり覗き込んでいた。


213 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 18:58 ID:gKp9Gclp
「…なにやってんだおまえ」
「わあッ!」
アカギさんが突然目を開いた。
「クク…男の寝顔見てどうすんだよ治…」
「…す、すみません!…あのっ…眠れなくてっ…つい…」
「ふーん……」
「はあ…」
「ククク…おまえさ、眠れるようにしてやるよ」
「え…?」
「こいよ」
「え?どこに?」
「オレの布団だよ」
「えー!?」
「ククク…おまえ、おれのそばにいたいんだろ」
「そ…それはそうなんですけど…
男同士で同じ布団に一緒にはいったら布団足りないっていうか…」
「…あいかわらず抜けたこと言ってんなおまえ…
オレとやるかって聞いてるんだよ」
「ええッーー!?やる…やるって…!もしかして…あの…セ、セックスのことですか?」
「決まってんだろ」
「でっ…でも…アカギさんっ…オレたち男ですよ?」
「関係ねえよ、穴があるだろ」



214 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 18:58 ID:gKp9Gclp
治に任していると埒が明かないので、オレは起き上がると
枕元にうずくまっている治を布団に引き摺り込んだ。
「わ…わ…」
「…オレはおまえをずっとそばにおいとくわけにはいかないが…
…おまえが望むなら一度抱いてやる…そうすりゃ安心して眠れるんだろおまえも…」
「そ…そんなぁ〜突然言われても…!」
「…なんだ?イヤなのか…?」
「……」
「ククク…素直になれよ」
「……わ…わかりました…だだ…抱っ…!」
「フフ…」
僕の浴衣の帯の結び目を解きながら、
アカギさんがゆっくり膝の間に割って入ってきた。
(ひっ…!アカギさんっ…)
「なに目つぶってんだよ治」
「だ、だって…!」
「クク…心配するな…痛くないようにしてやる…まあ保証はできないが」
アカギさんの白髪が僕の胸をくすぐった。
冷たい唇が僕の首筋にすうっと触れる。
(わっ…ゾワゾワするっ…!)
と思ったら、アカギさんの顔が見る見る近づいてきて、僕の唇はふさがれた。


215 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 18:59 ID:gKp9Gclp
「んっ…ん…」
絶妙な舌使いに、なぜか勝手に声が漏れてしまう。ほろ苦い煙草の味がした。
アカギさんの唇が離れた。
「垂れてるぞ治…クク」
アカギさんの親指がピッと僕の口元を弾いた。
(女ともまだしたことないのに、アカギさんと口づけしちゃったよっ…!)
「ククク…」
(やはりコイツ童貞か…)
オレは治の浴衣を寛げると、治のモノを口に含んだ。
治のスジを舌先で軽く責めてやると治は早速ビクビクと震えている。
「ああ…アカギさんっ…ぼ、僕……なんか変なんですけどっ…」
「クク…先走り液漏らしながらなに言ってやがる」
ダラダラ抱きたくはなかったので、早々に治のモノから口を離すと
枕元のボストンバッグから椿油を取り出した。
「足、開け。治…」
まごまごしている治の両膝をこじ開けると
オレはその奥の部分に椿油をかるく垂らした。
「ひゃぅっ…!な…アカギさん?」
人差し指で油をなじませてやると、治は軽く叫んだ。
「ククク…」
治の両膝を斜めに押し倒すと、オレはゆっくりと腰を沈めた。



216 :名無しさん@ピンキー:04/02/20 18:59 ID:YF3qPoxM
村上×一条の続きは書かないのですか?(´Д`)ハァハァ

217 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 19:00 ID:gKp9Gclp
「い、痛っ…!ハァッ…ァ、アカギさんっ…痛くしないって…!」
「ククク…保証するとはいってねえ…」
ヌプぷ…!ぷ…ジュプぅ……
アカギさんのモノがゆっくりと僕の中に入ってくる。
潤滑油が淫靡な音をたてて…。
(んんっ!……?…あれ…?…痛くなくなって…ていうか…なんか…ぁあッ!)
「フフ…おまえこっちの才能あるんじゃない?」
アカギさんは不敵な笑みを浮かべてオレを更にいたぶった。
「感じてるんだろ、もう」
「はぁんッ…!」
声を出そうとすると喘ぎ声になって返事にならない。
「いくぞ…」
アカギさんは呟くと、益々激しく僕をいたぶり始めた。
ズぬッ…!くちゅッ…ヌチュぷ…!ズチュぅッ…!
(アカギさんッ…き、きもちいいっ…溶けそうッ…)
「っはうッん…あふッ…ぁ…ハふぅっ…!」
「ククク…治…まるで女だな」
こんなに激しく腰を動かしているのにアカギさんの声には乱れもない。
(こ、こんなときでも…端然として…ほんとにアカギさんって…)
とろけそうな快感で飛びそうな意識の中、僕はそう思った。

218 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/20 19:01 ID:gKp9Gclp
「ククク…悪いがそろそろ終わりだ、治」
そう呟くとアカギさんは一段と深く猛々しく僕を貫き、僕の中に精を放った。
「ハァ…ハァ…」
僕は快感の余韻にぐったりしていた。
「フフ…じゃあなおやすみ…」
そういうと、アカギさんは僕を残してすっと布団から立ち上がり、
隣の僕の布団を引っ被ると、何事もなかったかのように寝入ってしまった。
アカギさんの残り香の染みる布団に包まると
僕はここちよい疲労感に襲われ目を閉じた。


219 :名無しさん@ピンキー:04/02/20 22:30 ID:t99zF5uv
>「関係ねえよ、穴があるだろ」

warota。
アカギなら確かに気にしなさそうだ。

220 :名無しさん@ピンキー:04/02/21 03:27 ID:cuV4lCLq
時代設定に脱帽
椿油、キスでなく口づけ・・・芸が細かい。

221 :名無しさん@ピンキー:04/02/21 03:28 ID:n5TZCseD
一条が女役のヤツもっと希望言ってみるテスト。

222 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:30 ID:2S9Ac66E

>>219
サンクス…!アカギっぽさを消さないよう極力がんばってみたっ…

>>220
よくぞ気づいてくれたっ…!

>>221 
一条受けの話は今考えている最中なんだが
カイジ×一条が村上×一条をこえる出来になるか自信がなくて
なかなか構想がまとまらないんだ…。
ほんとうに希望してくれてるのにまたせてすまねえな…!


今度は、天から…
井川ひろゆきでっ…!↓

223 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:33 ID:2S9Ac66E
年の始めに引越しをした。
僕は大学入試をひかえた普通の受験生だった。
唯一変わったところといえば学費。こづかいかせぎに麻雀をしていたことだ。
麻雀には絶対の自信があった。
天さんとは雀荘で知り合い彼らの隣に越した…。
天さんとその彼女たちはこよなく優しい。
引越しも手伝ってくれる、食事も作ってくれる。…こまごま世話をやいてくれる。
ものをくれる、ふとんもこたつもくれる。
しかし…今にして思えば…
その気まえのよさが…ガンだったのだ。
それは僕の理解を大きくこえたものだったから。
確かにここの人達は悪い人ではない。
頭は悪いが…人として人間として悪い人ではない。
事実僕は感謝していた。これで勉強に専念出来る。
これでたまにやる麻雀は即、入学金・学費等の貯金にまわせるし。
(そうだ…ここの人は貧乏だから今度勝ったらいろいろ…)
そう思いながら、僕は引っ越したばかりの部屋のドアを開けた。


224 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:34 ID:2S9Ac66E
「あ、おじゃましてるねーひろくん」
なんと外にちょっと出た間に、
天さんのショートカットヘアのほうの彼女が僕の部屋に上がりこんでいた!
「…なにしてるんですか…」
「うん。ひろくんのラジカセとビデオとCDいいなとおもって」
「はぁ?」
「よし、これとこれと…あとこれも貰うね!ありがと、ひろくん」
彼女はそういうと、僕のCDとビデオとラジカセを腕一杯に抱えて、立ち上がった。
「ち、ちょっと…!持っていっていいなんていってないぞ!」
僕はとっさに彼女の腕をつかんだ。
勢い余って彼女がよろけた。
「ひーん!ひろくんがせめてきた〜」
彼女はふざけて畳に寝っ転がった。
「…ほんとにもう…冗談は止めてくださいよ…」
僕は彼女を起こそうと思って、彼女のほうに近づいた。
「ほら、転がってないで起きてください。CD貸してあげますから。あげませんけどね。」
「ぶーー。」
それでも彼女はふざけて畳に転がったままである。
僕はしかたなく彼女の肩に手をかけた。


225 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:34 ID:2S9Ac66E
「ほら、ふざけてないで起きて…わっ!」
突然彼女が僕の腕を強くひっぱった。
僕は、おもわずつんのめって、彼女の上に倒れ込んでしまった。
「ふふふー。」
彼女は屈託なく笑っている。
「も…もう馬鹿なことはやめ…」
(ムニュ…)
(…こ…この感触…もしかして)
胸だった。僕も年頃だったから、エロ本で女の人の胸は見慣れていたけど、
本物の女の人の胸に触れたのは、初めてだった。
「……」
僕の心臓は急にドキドキしだし、僕は彼女の上に覆いかぶさったまま硬直してしまった。
「…?どしたの、ひろくん顔赤いよ」
彼女の吐息が、僕の耳たぶにかかる。
「あ…その……」
(ヤバっ…!勃ってきた)
「…あーーー!ひろくん、いけないんだー。」
彼女はそういうなり、突然僕の硬くなってしまった股間に手をあてた。
「…!」
(弁解の仕様がない…。)
僕の頭の中は真っ白になってしまった。
「そうだ、ひろくん。しよっか。」


226 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:35 ID:2S9Ac66E
(え…!?)
「い…今なんて?」
「せっくしゅしよっかー。」
「はぁ?」
僕は、我に返った。
(この人は、何を言い出すのか。この人は天さんの彼女だ。
それがほかの男と…こともあろうに天さんの友人である僕と…せっくすだって?)
僕は慌てて、僕の股間を触っている彼女の手をのけると、
「な、なにいってんですか!僕は天さんの友人なんですよ?」
と言い放った。
「ぶー関係ないよ、そんなことー。ひろくんのこと私も天ちゃんも大好きだもん。」
彼女はそう言うと同時に、僕の顔を両手で挟み、僕の唇を彼女の唇に押し付けた。
彼女柔らかな唇の感触は、僕の股間のモノを一気に完全形に導いた。
僕の理性は吹っ飛んだ。
気づけば僕は、彼女の唇を貪り、セーターの下に手を差し入れ柔らかな胸を荒々しくまさぐっていた。
「ハァ…ハァ…… 」
「ぁん…!ひろく…ん…もうちょっと優しく揉んで…っ」
「あ…ご、ごめん!初めてだから加減がわからなくて…」
「そーなの?じゃあ、おねえサンがせっくしゅをひろくんに一からおしえてあげるぞー。」


227 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:38 ID:2S9Ac66E
彼女はうれしそうにいうと、服を全部脱ぎ捨て、僕の分まで脱がせてくれた。
「ひろくん、女の子のあそこってどんなかたちか知ってるー?」
「いや…あんまり…」
「そっかー。じゃあ、しっくすないんしよっかー。」
「…こう…?」
「そう…ひろくんは、わたしのあそこを観察していいよ。私はひろくんのおちんちん舐めてあげるね。」
彼女の生温かい口の粘膜に、僕のモノはじゅぷっと音を立てながら吸い込まれていった。
「ぅっ…!」
自慰の比ではない気持ちよさだ。
僕の目の前には、本物の女の人のあそこが露になっていた。
彼女のそこは、申し訳程度にしか恥毛が生えておらず、つるつるである。
僕は生唾を飲みこみながら、彼女の割れ目にそっと中指を下から上に滑らせて見た。
(柔らかいな…。)
トロッ… 指先に、生温かくぬるぬるした液がついた。
(これが愛液っていうんだ…)
僕は中指と親指を擦り合わせてみた。ねっとりと糸がひいた。
小さなサーモンピンクのヒダを親指でぐっと広げてみると、
奥の奥まで幾層もの濡れた肉のヒダが詰まっている。
上のほうに、小さな肉芽があって…。
僕は急に嗜虐的な気持ちになって、彼女の濡れた割れ目に
中指を根元までいきなり突っ込んでみた。
「ぁんっ!」
にゅプ……ぐちュ…ぬぷぅっ……
彼女が僕のモノをしゃぶりながら、喘ぎ声を漏らした。

228 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:39 ID:2S9Ac66E
僕は指を二本に増やして、ぬらぬらと愛液で光る彼女の肉ヒダに侵入させてみた。
指の腹で彼女の熱い肉壁と肉芽を優しく刺激すると、面白いように奥から愛液が溢れ出てくる。
僕の手まで彼女の愛液でぐっしょりだ。
(そういえば、こういうときって、女の人のあそこ、舌で舐めるんだっけ)
僕は、彼女の肉ヒダを思い切り広げると、舌を尖らせ挿し入れた。
ニュモッ…
(ちょっとしょっぱいもんなんだ…)
舌だと、彼女の肉ヒダがひくついているのがよくわかる。
「…んんっ!…ひ…ろくん…そんなにされたらおねえサン…ぁん」
「…ふぅっ…僕も…もう出そぅ…」
「ふふーじゃあ、おねえサンが出してあげるー…」
彼女の熱い舌がいっそうねっとりと僕のモノを舐め上げる。
「っ…うう…!」
彼女の舌が僕の亀頭に絡みついた瞬間、僕はしたたかに彼女の口内に射精してしまった。
「ひろくんたくさん出たねー!顔にかかっちゃった」
彼女の口端と、ほっぺたに、僕の出した白い液体がへばりついている。
亀頭しか彼女の口に入ってない状態で射精したので、
勢い余って精液を口の周辺にもぶちまけてしまったのだ。


229 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:41 ID:2S9Ac66E
「ひろくんの、もっかい大きくしてあげるね」
彼女はそういうと、再び、僕のモノをしゃぶり始めた。
またたくまに、僕のモノは硬くなった。
「よいしょっ」
彼女は僕のモノから口を離すと、いきり立った僕のモノを握り、
先端を、ねっとりした液の滴る彼女の割れ目にあてがった。
ぬぷッ…
「んン…」
熱い吐息を漏らしながら彼女の熱くやわらかい肉ヒダがゆっくりと僕のモノを咥えこんでいく…。
「ふ……ぅ…」
(き…きもち…いい……これが…セックス…か…)
僕は、無我夢中で彼女の腰を掴むと、僕の上で、激しく上下させた。
彼女も喘ぎながら、腰を振る。
僕の狭い四畳半の部屋中に、僕と彼女の交じり合ういやらしい音が響いた。
「んァ…ああん…ひろくん…うまい…よ…おねえサン本気で感じちゃってっ…」
彼女の息があがる。
僕は、彼女と繋がったまま、彼女をそのまま畳に押し倒した。
彼女の両脚を折り曲げ胸を押しつぶすと、
ズッズッズッ…と鋼のように硬くなった肉棒をがむしゃらに突き立てた。
「あんっ…ハァ…ん…!…ぁあんっ…!」
彼女のあそこは喘ぐたびに貪欲にひくつき、僕のモノを強く締め付ける。
僕は更に彼女をまんぐり返しにすると、
そのいびつな姿勢をとらされた彼女の熟れた肉ヒダを容赦なく性欲の限りに貪ってしまった。
「くっ……!」
射精直前、彼女の中から肉棒を引き抜くと、彼女の腹の上で発射した。
勢いが良すぎて、また、僕の精液が彼女の顔にかかってしまった。


230 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:43 ID:2S9Ac66E
初めてのセックスは終わった…。
僕は服を着ながらいろんな意味でぼーぜんとしてしていた。
バタンッ…
「!!」
突然天さんが入ってきた。
「て…天さん……!。……。僕を殴ってくださいっ…!
…この状況見たら分かると思うけど…僕はあなたの彼女と今寝ましたっ」
僕はガバッと土下座した。
天さんが口を開いた。
「ひろ…なにいってんだよ。それならオレなんかここらの娘全員とやってるぞ。
ひろが相手ならぜんぜん構やしねーよ。なんでオレがひろを殴る必要があるんだ?なあ。」
そういって、天さんはいまだに全裸のままの彼女のほうを向いた。
「ねー。私も天ちゃんもひろくんのこと大好きだから、全然OKだよねっ!」
「ああもちろんだ!むしろオレはうれしいぞ、ひろ!」
(えええっ……!?)
「それにねー、ひろくん、せっくしゅ初めてだったんだよー。
だから、ひろくんにせっくしゅおしえてあげちゃったの。」
「へー!そうかそうかっ!ひろも男になったかっ!よし、今晩は祝い酒だっ!」
天さんは、大喜びで肩を組んできた。

驚くべきは彼に悪意がない…!
ともかく彼は感動的に分かちあってしまうのだ、全てを…。
物も女さえも……。


231 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 04:44 ID:2S9Ac66E
僕は、塩田荘を出て行くことにした。
あの日の帰りがけに、天さんの彼女が僕のラジカセとビデオとCDを
お持ち帰りしようとしたけれども、僕はもうそれをとめなかった。


232 :216:04/02/21 11:23 ID:xvzPMne5
間違えて挟まってしまった、スマソ( ´・ω・`)
ひろ脱童貞萌えた…天ひろとかもいいかも(*´Д`)-3

天の嫁ズはマジで萌えるのでありがたいっ…!

233 :名無しさん@ピンキー:04/02/21 11:25 ID:CXT1jer0
(・∀・)イイ!

234 :名無しさん@ピンキー:04/02/21 17:55 ID:OmBFPusj
勃ったyo...


235 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:17 ID:2S9Ac66E
>>232-234
クク…ありがたいっ…!

↓南郷×赤木をリメイクしてみたっ…!
が…案の定ほとんどネタSS化。
そういうつもりで楽しんでくれ…。

注:強姦罪の被害者になりうるのは女性のみ。
  準強制猥褻罪は、被害者(男も含む)の”心神喪失もしくは抗拒不能に乗じ”
  暴行または脅迫を用いて猥褻な行為をした場合の罪
  
(あくまでネタのためにつかってるんで学問的な細かい部分は突っ込まないように…!)








236 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:17 ID:2S9Ac66E
南郷は、眠れない。寝返りをうった。
彼の視線の先に、赤木の白い背中が、闇に浮かんで飛び込んできた。
…この少年…いや、この男は…!!
先刻の魔に魅入られたかのような闘いの興奮が冷めやらない。
(この、今、俺の目の前に寝ている男-赤木しげる…13歳の中学生……
…このガキにオレは救われたのか……つくづく正気の沙汰じゃねえ…!)
初めての麻雀でその天賦の才を発揮させた赤木の、
牌を摘まむ華奢でかたちのいい指先を思いだした途端、
南郷の心にいいようのない疼きが駆けめぐった。
それは、昨晩あの雀荘でおこった。
借金の清算のため、ヤクザと命を賭けて麻雀に臨んでいた南郷は、窮地に陥っていた。
そんな場面に、突然、ずぶ濡れになったコイツが入ってきたのだ…。
明らかに、何かいわくありげな雰囲気を漂わせた、色白で華奢な少年。
猫毛の銀髪は海水と雨水とで濡れそぼり、
まだ肉薄の肩は濡れたYシャツの下から、その肌色を露わにしていた。
そして、彼の…その目を見たとき南郷は、唾を飲みこんだ…思わず…ゴクリと…。
深淵まで暗く澄みきっていた…!切れ長の目…!
(…あれは…闇っ…!)
…南郷は思わず身震いした。そのとき全身に走った戦慄を思い出したのである。


237 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:18 ID:2S9Ac66E
南郷は再び、赤木の背中に視線を戻した。
試合後、身元保証の一環として一晩の宿を貸してやることになったこの少年、赤木。
今目の前で横たわるこの華奢な少年が
あの、四索ドラ単騎待ちの手をうったのと同一人物とは到底思えない…!
静かに息づくこの…華奢な…肩から腕へかけてのなだらかなライン…。
まるで…こうして後ろから見ているとなよやかな少女のそれ…!
南郷は身を起こし、隣に寝息も立てず静かに横たわっている赤木が
本当にあの赤木なのか確かめようと、訳のわからない興奮でわなわな震える手を伸ばした。
「クク…何の用です…?南郷さん」
赤木のよく透る鋭い声が南郷の手にブレーキをかけた。
「…あ…あぅ…お、起きてたのか赤木っ」
「ククク…南郷さん…隠したって無駄…あんたは、今、俺に性欲を感じた……」
「え!ああ…うう……そんなことは…」
「フフ……その手はなんだ南郷さん」
「おまえ…わ、わかるのか!」
「ククク…今、気配が濁っていた…
呼吸に余裕がない…ただ隙を伺おうとしている…」
「!!!」
「クク……やっぱりね…見当はついていたけど…案の定ひねた欲望…
気迫で負けの込んだ男が最後に陥る思考回路…
あんたはただ怯えている…あんたは気迫でオレに及ばない恐怖から
無意識に体でオレをねじ伏せようとしていた…痩せた考え」


238 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:19 ID:2S9Ac66E
(やつの言うとおりだ…この手がどうしてただの確認なんだ!
どうかしてた…オレが今やっていたのは準強制猥褻だっ…!
危ない橋一本渡れない男に勝機があるかっ…!
どうせ犯罪犯すなら堂々と強制猥褻して捕まれっ…!)
頭に血の上った南郷は、とっさに赤木を組み敷いてしまった。
赤木は、顔色一つ変えず銀髪を枕にサラサラ漂わせ、
端正な顔だちに薄く不敵な笑みを浮かべて南郷の耳元で囁いた。
「南郷さん…取引しませんか?」
「え……?」
「あなたも理性を失ってオレに手を伸ばしたんだから…
…たぶん引き下がらない…
ものの一分もしないうちにその欲望は爆発する…
…ならば全神経を集中させて俺を楽しませてくれればいい」
南郷はあっけに取られた。中学生とは思えぬほどに落ち着き払い、
不敵な言葉を放つ赤木に、南郷は、虚をつかれ、思わず押さえつけていた腕を放した。
(このガキ……!あきれたことを…)
「…無理だ…赤木…俺たちは男じゃないか…。
だいたい、取引ってのは、”物”を持っているもの同士で始めて成立する事だ”!
男にその資格はねえっ!」
「フフ……”物”はある」
「?」
「”物”は女のモノだけじゃあ、ない…もう1つある…」


239 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:20 ID:2S9Ac66E
そういうと、赤木は、片手で白い半袖シャツのボタンを器用にはずし始めた。
(バカな……脱ぎやがった…!)
赤木は、南郷が赤木からの逆提案に動揺しているときに、
南郷と自分の優位的立場を即座に交換していたのだった。
(男が迫ってきて一番ハラハラすべきの当の本人が…このガキ)
南郷は月明かりに照らされ、露わになっていく赤木の滑らかな肌に
激しくすいよせられながら思った。
「ククク……」
赤木はボタンをはずし終わると、手を投げ出し哂っている。
(このガキ…!常人の神経じゃねえ…)
「切れてやがる……」南郷はかすれた声で呟くと、
赤木の華奢な肢体から、シャツを激しく剥ぎ取り、赤木の上に折り重なった。
「知らんぞどうなっても…!」
南郷は赤木のシャツの下の白い肌を激しくまさぐりながら呻いた。
「ククク……念を押されるまでもない…ここまでは想像の範疇…」
相変わらず赤木には動揺のかけらもない。
「赤木…おまえ…まさかもう…」
「…いや…全然。…まあ女は識ってるが」
「…!」
「フフ…あまり乱暴に抱くなよ南郷さん…
キライなんだ…痛かったり……血が出たりするのは…!
ククク…」
「くそっ…!」
悪魔じみたその言動とは裏腹に、月の光を浴びた赤木の肢体は限りなく妖艶で美しい。
赤木の底知れぬ魔力にとり憑かれた南郷は、
腹立たしく思いつつも赤木の玉のような肢体を腕から離すことなど出来なかった。


240 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:20 ID:2S9Ac66E
赤木の服をゆっくり脱がせながら、南郷は赤木に聞いた。
「オレはともかく…なぜおまえ男なんかと寝ようとするんだ…?
そんな不合理なこと…」
「クク……合理性はあくまであんたの世界でのルール
大抵の人間にはそれが通用したんだろうが…
残念ながらその縄(合理性)じゃオレは縛れねえよ…
不合理こそセックス…それがセックスの本質、セックスの快感…
不合理に身を委ねてこそセックス……」
赤木は闇に白い脚を投げ出した。
南郷は思わず、すらっと形よく伸びた赤木の足の指に唇をあてた。
「ククク…南郷さん…エセの愛撫はうんざりなんだ…
そんなもの…そんな戯言じゃまるで埋まらない。躰が満ちない…」
赤木はそう言い放つと、細い脚を無造作に南郷の前に開いた。
「す…すまん…」
南郷は慌ててしゃがみこみ、赤木のまだ成熟しきっていないモノを咥えた。
「こ、これでいいのか赤木…」
南郷は丹念に赤木のモノをしゃぶり尽くす。
「…へへ……きたぜぬるりと…」
声色も変えず赤木は呟くと、なんの躊躇もなく南郷の口の中に精液をはき出した。
「うぐっ…!っげほっ…!あ…赤木っ…!」
むせ返る南郷。
「ククク…飲めよ南郷さん…」
赤木は床に片手をつきながら冷然とした表情で、
口の端から白い液体を垂らし唖然としている南郷に浴びせかけた。


241 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:21 ID:2S9Ac66E
「うう…ぅ…!グっ ゴキュっ……」
南郷は目を白黒させながら赤木の出したモノを無理矢理飲み込んだ。
「ククク…これこそセックスの本質であるところの理不尽な死…」
「くっ…赤木っ…なにすんだっ!」
「フフ……南郷さんはオレのいうことに黙って従ってくれればいい…
ククク…あんたは、そうでもしてでもオレを抱きたい筈…!」
「う…突然は痛かろうと思って優しくしてやってたのにっ…!
もう直接ぶっこむからなっ…!」
南郷は、赤木を布団に突き飛ばすと、赤木の細い脚を押さえつけ、
ほとんど濡れていない花びらに剛直なサオをぶっ刺した。
ズッ…ミシィッ…!ずメリッ…!
「…ッ…ククク…!」
蒼ざめながらも赤木はふてぶてしく哂った。
「あ、赤木っ…!痛いなら言えよ…いわないならこのままいくぞ」
「…フフ……!」
(ざわ…)
赤木の菊花からひとすじ鮮血が滴り落ちていた。


242 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:22 ID:2S9Ac66E
「ああッ…赤木すまんっ!やはりおまえの華奢なカラダじゃオレのモノは無理…」
「しっ…!いいから黙ってなって…続行だっ!」
「…」
(これが赤木のセックス…虚を実と言いはるためにためらいもなく
身を削り血を流す…その血のりでオレの一打一打が濡れているよう…)
南郷は、不憫になって赤木の処女花を蹂躙する力を緩めた。
「フー…まいったな…もう止めようぜこんなこと…」
「え…?」
「きりがなかろうぜ南郷さん。
おたがいこんなバブルのようなぬるい交わりをただ続けていてもしかたない。
オレたちが欲しいのは互いの骨身を削った交わりだろ」
「…!……。」
(そうだよな…わかったよ赤木…今オレにことを選んでいる余裕はねえ
好きにしろ…)
南郷は、赤木の細い腰をぐっと掴むと、渾身の力を振り絞り
潔く赤木の菊花を散らした。


243 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/21 20:23 ID:2S9Ac66E
狂気の夜は終わった。
その時の赤木の表情は印象的で今でもよく覚えている。
子供が興味のないおもちゃをみつめる目。
さっきまでの赤木の狂気が去っている。綺麗な目だった。
そう…ふと見ると…
赤木は13歳の少年---まるで憑物がおちたよう…。
そしてそのときオレは不意に判ったんだ。
赤木の魔力の秘密。
赤木にはあってオレにないもの、その正体。
(…見えてしまった…オレの卑俗さ赤木の気高さ
そうだ…オレは今夜限りセックスから足を洗おう。
…オレが赤木以外の人間を二度と抱けるわけがない。
なぜなら…ほかの人間には生涯…あんな目はできないだろうから…。)
次の夜…赤木と別れた。
そしてそれからは一度も顔を会わせていない…。

…あれから5年が過ぎた。
安岡さんは風俗に中途半端に染まっている。
オレは足を洗った。
時々遊びで風俗にはいくが、本番はしない。
…赤木の消息は聞かない。
あの男は消えてしまった。
今頃ほかの男に抱かれているのか…?
それともその魔力に身を焼かれ自滅してしまったか…?
…赤木…。


244 :名無しさん@ピンキー:04/02/22 11:18 ID:71VKdkpQ
>子供が興味のないおもちゃをみつめる目。

南郷さん・・・(つД`)

245 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/22 14:34 ID:ee+/VzHy
           __
           /´    `ヽ ,r'"⌒`' 、
          /       ヾ¥r     \
        /        ヾf r        ヽ
       /          f゙゙゙''''"""1     ヽ
     /          |:::u:::::::::::::::|     ヽ
    l       ,イ l| .ト、:::lj":::::::::::l  |l    ヽ      逃げられない・・・・・・
    |       ノ:/ノl l:::::ヽ::::::::::::::::::| .|:|      ヽ       
   |     f´r=",、レ::::::::::ヽ::::|j:::::::::l|:::|. r、     l     だめだっ・・・・引き延ばしはっ・・・・・!
   |  /|  |U   ヾ_、.._:::::l::::::::::::,r'''"レ'「´l   |
  |  lに| .|:U    ``ヾ::::::::::::;r,====ッ   l
  |   | し| |::::::ミ、◎    :::::::::/´    ,、リ  ノ     カイジ×一条にはあるんだっ・・・・・・!
. /   ヽ、| |::::::: `ヾ=‐='"::u::/◎  _..ノ:/_. -'´      未来が・・・・・・
/   /|   |::::::  |j    |j:::::ヒ≡三= /          輝かしい未来が・・・・・・!
  /:::|   |:::::___ U  u   ::::::`''ッ  l
/:::::::||   .| f⊥⊥T‐r、__  r'::/ u /
::::::::::::| |   ト、`┴'┴±±r干,コ'ェn /
:::::::::::| |   |:ヽ   _   ̄`'┴'‐'リ
::::::::::|  |   |:::::ヽ u ≡三≡ u /
:::::::::|ヽ |   |:::::::ヽ u    _.、 ‐ヘ
:::::::::|  ヽ|  N :::::::\_.. ‐''´ /::::::::::::\
:::::::::|   ヽ |   :::://  /::::::::::::::::::::::\


246 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/22 14:47 ID:ee+/VzHy
                _           ニ / l l
             /´´,ィ〕           /       気が付けば……
  ニ / l l   ,_   /  'ーっ          /ニ7
   /   /777/  /  ./ ̄             /         13話も作製っ…!
  /ニ7 {   し'7/ ゙̄7/    ,. ''´ ̄`ヽr:z   :
   /   ヽ.  ノ { /〈/   /    _,、 ゝ       _ f'h、 願書記入も
    :   |ー-|  X ,.へ    !   r'7/,ゞ7レリ       (.くノ ' 'ヽ  ろくに進めず
  ,rf'?   !   !// V   \_l   y/__ヽ,        .〉   ノ   エロ6発作製っ…!
 〈  レフ .!    ̄/ ̄ ̄/ /   ,.イ | r'::   、    /   /´
  ヽ  く  `‐! !-l__/ /イ / / ̄`<:: _ ヽヽ.  /ー-v'   やって
.   V⌒ヽ_, l l-‐ヽ /  ´ l/ レ'      ,ゝ、  ̄7 i‐-'  / } }  しまったっ……!
   ヽ    ! !   ∨   /       /   \/l. !   ./  ノノ
     \__,,.ゝヽ''7    ./ ニ / l l   、   /ソ ,'─‐'   r‐ 、  さすがの
         /    /   /     ,イ ヽ./ / /、_ __/  ´ヾ、 神と呼ばれたエロパロも
.        /    ノ   /ニ7   /;'|___ゝ'/   }   __,.へ)  これには
       <、   ./     /   /;' | '´イ ` ー─‐'-‐'''´       猛省…!
     /:::`::::ー- 、      :  /;'  !   L_    ノ丿


247 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/22 14:54 ID:ee+/VzHy
     /´ ̄ ̄ ̄`丶-‐z__
    /            ≦、     ちょっと待て…!
   ,'          /ニヽ、ゝ
   |       ,ィ/レ'\_, >``
   |    r=| | ̄=。==~「|       今ふと思ったんだが・・・
   |    |ニ| | u `二´ U\
   |    ヾ,U    __ノ┌_ \    
   ,.|    /ヽ /==-┬` ̄    このスレ終了したら軽ーくオフ会開いてみないか
 / \/   ヽ u ⊂ニ.\
'" \   \   `ー┬‐r┘ /     ・・・?
   \   \_/l L_  /
      \_ \| |/ |ェェェェ|       いや、念のためだ・・・・・
       /  |く/|  |


248 :名無しさん@ピンキー:04/02/22 14:56 ID:opDNnKgn
オフ会の前に就職せえよ神ゴルァ!
まーオフもしたいけど

249 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/22 15:00 ID:ee+/VzHy
__ノL_/L__    /     ___  _
           (__/ /     >  `'′  ̄\
 ・    |_ヽヽ    /    ノ  ,ィ,ルl      ヽ
 ・   二|-‐     /    < /l/  u |ハ、       ヽ
 ・     |     〈      レ =、\  _メヽ!ヽ!、   |
 ・   ー―┐ヽヽ  \   |ヽ 。>_  /。 ノ | ,へ |
 ・       /      /     | u/   ~U~ ┌ ||ビ|| |
 ・      /      /       |/__,ヽ__u |!_ン |\
 ・   ー―┐  〈       |『┴┴┴┴')) |\ |  ト、
 ・     ├'′   \.      ヾ========'/   V  | ,> 、
 ・    ノ      /         ,>--― "u    |   |//′ `ヽ、
 ・     │     \.     /‐/ |\_____/|_  |′
 ・     │      >    〈  / /|        |   \|   /
 ・     │     /      |  l|  |       |   | |   /
 ・     ヽヽ l  〈       ト、 ||__|____|__| |
 ・      /   \     ヒヘ |  ┌──‐┐   |
 ┃  ー―┐〇     >  |__ヽ    | l二二二.    |
 ┃      /    /         ヽ  └――┐|     |
  ・    /     /          /ヽ ┌─―┘|    |

(うそうそ…本当は順調にいってるぞっ…!)

250 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/22 15:03 ID:ee+/VzHy
λ... λ...  λ..  λ...   λ..   λ...  λ..
 ̄   ̄    ̄    ̄     ̄     ̄    ̄ 
    λ... λ...  λ..  λ...   λ..   λ...  λ..
     ̄   ̄    ̄    ̄     ̄     ̄    ̄
  λ... λ...  λ..  λ...   λ..   λ...  λ..
   ̄   ̄    ̄    ̄     ̄     ̄    ̄
    λ... λ...  λ..  λ...   λ..   λ...  λ..
     ̄   ̄    ̄    ̄     ̄     ̄    ̄
オフ会へ行く一人一人・・・・

57億のエロたちっ・・・・・・・・!!


251 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/24 00:25 ID:+lY3Lce3
           __
          ``''‐、 ``ヽ、.   ,.. -─;:-
            _\ ll ヽ.r' ll /-─- 、.
.       ,. ‐''"´ll   lll`` lll ’ l " ll  -=ニ.`
.    ∠ -‐ ; =-─   ll     ll     lll <`       ククク…
     , ‐''´ lll    ll     lll    ll    lll ヽ
    / ll _,.  ll  lll  ll   ll    lll    ll i     そうはたやすく…
  , '.,. ‐',´'´ lll   ll  ll  ,.イ   lll    ll   ll |      新しいネタは出ない……
 / , ' ll ,ィ . ll ,.イll.,.イll./::::ヽ.ll ト、 ll 、   lll   |
.   /ll./! ,イ ./_:l /:::!./::::::::::ヽ. |_ヽ |ヽ lll  ll |  一度 SSがネタギレに陥ると…
  /., ' . !ll /l ll/:::::l/ヽl/::::::::,.‐''::ヽ!:::ヽ!::ヽ ll   |   そうやすやすとその停滞状態
  /   ! / .l /.l===。=、::::::;;;:==。====! r‐:、lll|     流れから抜けられない……!
     l/  |/ .l :`::ー-:/::::::::::: ー-‐ '::´:::|l|r‐、!│
             l :::::::/::::::::::::     :::::::::|.!ト、リ l|    もし復活するとしても
              l:::/::::::::::__-,    .::::::::::|Lンll ト、    それはもう少し後の事……
.            l`"----------一::::/ヽl!  |;;;ヽ.
              !   ___ ..::::::::/;   ヽ ll !;;;;;;;;ヽ.    ……となれば……
            ヽ.  ̄ ̄..:::::::/;;:    ヽ. |;;;;;;;;;;;;;l`;;ー-
          _,,. -‐''7ヽ......::::::::::/;;;:      ヽ!;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;  狙いうちさ
    _,,. -‐''";;;;;;;;;;;; /;;;;;ヽ:::::::/;;;::         /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;  そんなスレは………!
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;`1;;;;::         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;|           , ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;


252 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/24 00:54 ID:+lY3Lce3
               -─‐- 、.   .. -─;-
          -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
         ,. '"´              `>
         /                ̄`ヽ.
        /                  ヽ、 ヽ
          i            ∧       \ヽ!
.         |        , /| /:::::l ト、  .  ヽ
       |        /|イ、l_;;:::::::|ノ_,.ゝ. ト、 ト、l   ククク・・・・・・・・・・
       |      ,イ/`''‐、_,リ:::::::;リ,. -ヘト | ヽ! `
       |  , ‐、 r'==。===;;;::::::(=。==lヽ!   いいのか、お前ら・・・・!
        |   { f、|.|::::`ー--‐'  ::::\-‐' l
       ,'   ! ト||::::::u   u  r __::::::\'l|   このスレが 糸冬 了 したら・・・・・・
.      /   `ー'ト、::::. ー----------;ヲ│   人目など関係なくなる・・・・・・!
      /  /|   | :\:::.` ー-----‐'´ / !
   ,∠-‐/   |.  |  :::\:::. ー--‐  /!ヽ.ヽ  告白させてもらうぜっ・・・・・・!
  二 -‐''7   |  |    ::::\::.    , ' |  ト、\ 限界を超えてっ・・・・・・!
.     /    |.  |     ::::`‐、/ レ   ト、`''‐      
.    ,'      ト. |      :::|  イリ   :!  `''‐


253 :名無しさん@ピンキー:04/02/24 09:49 ID:rE9JC+Xz
告白……何をだ……ガクガク(((((゜Д゜;)))))ブルブル
……まさかっ……あんた、そのケがッッ……!

254 :名無しさん@ピンキー:04/02/24 15:00 ID:lGpLAx+K
蔵前に陵辱される西条キボンヌ

255 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/24 16:48 ID:+lY3Lce3
     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ    いいか >>253
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |    考えるな………!
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|    オレがホモの
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ     可能性なんて………!
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l   
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....



256 :名無しさん@ピンキー:04/02/24 16:54 ID:5iNo8GnC
どうせ801板住人だったとかいうオチだろ

257 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/24 17:16 ID:+lY3Lce3
                         ______
                         |  ,.へ、__,.ヘ/
                         | / \  ∠ヽ
                         |i^|「::::::ノ=l:::::ィ   / ̄ ̄ ̄ ̄
   ,. -‐- 、               |ヽ|   r_ \l   | 静粛に……!
  _/       \     ____/| ∧. (二二7!   < この>>256
∠   ハヾミニ.r-、\∠L:r‐-‐-、:::::::::|/ ヽ_‐__.」`ー- |  オレのことを801板住人と疑った
. /ィ ,L V∠ \l \\.)j j j j`二i\    /:|:::::::::::: | >>96で最初に言ったはずだ
  W、ゞi ,、~ __ 「 ̄∧ ヾ´´´   |.  \ / |:::::::::::: | 俺はエロパロ初心者であると ……!
    ,ゝし'/ ,ノ.|  / i  l.     l    \、.|::::::::::::   
   l 、`ヾニンl\./\|l、_」     ヽ、 /  ヾ::::::::::::  
.    | l    | _l\ト、  | \r──‐┐ト/ / r‐┴-、::: 
.   |. |    7 l  ヽ | /☆☆☆.| | ∨ {ニニヾヽ


258 :名無しさん@ピンキー:04/02/24 17:33 ID:5iNo8GnC
じゃあ告白って何なんだよう(´Д`;)オシエテクレタッテ イイジャンカ

259 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/24 17:58 ID:+lY3Lce3
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|
     / 二ー―''二      ヾニニ┤
    <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|
   、|::==。=~  l=。===   | r‐、 │   SSは真実より重い・・・!
   .|` ー--1:  l ー--‐ ´     )|.|、   そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う・・・!!
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|
    |  /    、          l|__ノー|
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ 
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \
.     |    ≡         |   `l   \__ 
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |
 -―|  |\          /    |      |
    |   |  \      /      |      |


260 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/25 02:22 ID:Vl9zR6QS
村上×一条好きの方、お待たせっ…!
カイジ×一条の前フリにするために、続編書いたぞ…
ただし、あまりエロくない…切ない系にしあがった…
次回は、カイジ×一条…
たぶん鬼畜になると思う…。




261 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/25 02:23 ID:Vl9zR6QS
コンコン…ガチャ
「失礼します。村上です。」
「ああ…村上待ってたよ…。今夜…頼みたいんだ…」
薄暗い部屋の向こうで、少し翳りのある微笑を浮かべて一条さんが振り返った。
一条さんと初めて肌を合わせてから、もう5年がたつ…。
あれ以来時折、一条さんのお淋しい夜にはいつも及ばずながらお慰めしてきた。
もう25歳だというのに一条さんのあいかわらずのこの瑯たけた美貌…。
今夜は、あのカイジめに血のマニキュアをおさしになられた興奮の名残が未だ
その御身に蕩っておられるのか、時折横顔に射す嗜虐的な翳りがますます色っぽい…。
(どんな男も女もこの美しさの前では平静ではいられないだろうな…)
艶麗な手つきで口もとにワイングラス運ぶ一条さんの美しい横顔を見つめながら、
オレは思った。
グラスをテーブルに置き、俺の隣に掛けると一条さんは呟いた。。
「フフ…村上。今夜の余興はなかなかのものだったろう?」
一条さんの華奢な手に、そっと手を重ねながら、オレは答えた。
「ええ…。でも少々手ぬるいような…」
「…まあいいじゃないか…今回はこの程度の私刑で…!
あまり本気を出して死なれても困る。あんなクズでも…」
そういうと、一条さんは黙り込み…ひとり含み笑いをした。

262 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/25 02:25 ID:Vl9zR6QS
(そうなのだ…たしかに、一条さんの言われるとおり
あのカイジが地上で死んだり、不具になったりすると、
いろいろと面倒なのはわかっている…。
だが…)
オレは何か釈然としなかった。
オレは、一条さんの滑らかな手をそっと握りしめながら、
今日の事件の顛末を思い出していた。
あのカイジと坂崎が、隠し金庫を狙うために侵入してきたのだ。
一条さんの未来を少しでも脅かすような人間は到底許せなかった。
ところが、オレがカイジに殴りかかろうとした時、一条さんは突然それを止めた…。
「待てっ…カイジくんはオレがやろう…!」
一条さんが下されたカイジへの制裁は、あの血のマニキュアだった。
荒々しいカイジの指に一本一本丁寧に、
一条さんの細く白い指がギュリギュリと深紅のマニキュアを塗っていく…。
「これは世にも珍しい裏から塗る血のマニキュアだ……!
こんなことする伊達者はこの世にはそういない…つくづく果報者だカイジくんは…!
さあ…言ってみな…!何本塗って欲しい……?」
それは目を覆いたくなるような地獄の光景であったはずだ。
しかし、オレは一条さんに手ずからマニキュアを塗られて絶叫しているカイジに対して
息もつけぬほどの嫉妬に駆られた…。
雑事を厭う一条さんが、あのカイジのためにはわざわざ自らの手を血で染めたから…。
そして、オレに抱かれている時にでもみせたことのないほどの
陶酔の表情を一条さんの上に見てしまったから…!


263 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/25 02:26 ID:Vl9zR6QS
一条さんは、突然手を離すと、無防備に脚を投げ出しソファーに横たわった。
「…隙だらけですね一条さん…」
「…たまにはね」
そういうと、一条さんはワイングラスに手を伸ばし残りのワインを飲み干した。
「あまり飲みすぎては…御体に障りますよ…」
「平気だよ村上…」
一条さんはそういって困ったように首をかしげた。
「一条さん…」
一条さんの可愛らしい仕草に堪らなくなって、オレは一条さんの上に倒れ込んだ。
「フフ…不思議だな…なんだかオレは村上に甘えてるみたいだ…」
一条さんが誰に聞かせるともない口調で呟く。
「惚れた弱みですよ…」
オレは一条さんの両手を組み敷くと、少し強引にその麗しい唇を塞いだ。
「村…」
ちょっぴり抗う一条さんのしなやかな感触がかえって心地よい。
やがて一条さんとオレはソファーに沈み込んだ。
一条さんの艶やかな髪に手を通すと、絹糸のように指の間を滑り落ちてゆく。
感じやすい一条さんの淫蕩な桜色の胸の突起をオレは舌で嬲った。
「んっ…!ハあぁッ…」
一条さんのこの甘美な喘ぎ声を耳にしただけで、
オレの肉棒はいつも凶暴になってしまう。



264 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/25 02:28 ID:Vl9zR6QS
(ああ…一条さん…オレはあなたの一挙一投足に魅せられている…)
オレは、一条さんの細く滑らかな脚の奥にある、淫らな花弁に肉棒を沈め、
一条さんにありたけの想いを刻みながら心底思った。
一条さんのカラダは、抱けば抱くほどに磨かれ、
オレを愉悦の極地に誘ってくれる。
一条さんは、オレの激しい愛撫にそのほっそりしたカラダを
ガクガク震わせ、喘ぎ声を漏らしていた。
だが…オレには分かっていた。
一条さんはこうしてオレに抱かれている時も、
どこか別のところを見ているのだ……。
(一条さんはオレのものではない…いや…これまでも誰のものでもなかった…
だがそれでいい……一条さんがこうしてそばにいてくれるだけで充分…
そう…一条さんが「誰か」に心奪われて消えてしまいさえしなければ…!)
突然狂おしい思いが胸に突き上げ、オレは思わず愛撫を止めた。
「フフ…村上どうしたの?」
嫣然と微笑む一条さんを見た瞬間、オレは矢も楯もとまらず、
繋がったままの華奢な一条さんをきつくきつく抱きしめた。
「…村上…どうしたの?…………ちょっと…苦しいよ…」
無言のオレに当惑したかのように、一条さんがオレの腕の中で呟いた。
「なぜか…今…一条さんがこのまま私の前からいなくなってしまう気がしたんです…」
オレの最後の語尾は震え、うっかり一条さんの美しい頬の上に、涙を一滴こぼしてしまった。
一条さんは、黙って、その白魚のような指で、オレの涙をそっと拭き取ってくれた。
「フフ…なに言ってるんだ、村上…オレが…いなくなるわけないじゃない…」
「そ…そうですよね…すみません…今夜は感傷的になっちゃったみたいで…」
オレは、笑顔を作ると、再び、一条さんの紅い唇に唇を重ねた。


265 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/25 02:49 ID:Vl9zR6QS
>>261
の五行目の5年は4年の間違いだった…!スマソ

266 :名無しさん@ピンキー:04/02/25 13:38 ID:pumQh/uw
切な系村上×一条キタ━(゜∀ ゜)━!!!
ここからどうやってカイジ×一条に繋げるのか・・・
楽しみにしています。

267 :216:04/02/25 14:37 ID:G+WUcop3

       )\Λ
  / ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
/       M                   |
∠      /_\                  |
/  //´//___|..|\\\           |
∠ //_l/__、 \」__\\\_\_     |
( //____」 v  /_____///|    |
V ______________ ..|    |
 |  /⌒ヽ |__|  ´~⌒ヽ |-| / ̄`|
 |((  o ノ|   | 、 o ノ |..||_ |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |\  ̄∪ ノ/    \  ̄U  ノ .|| ||<  ああ……ありがとう!!ありがとう!!
 |v  ̄ ̄ ̄/ U  | . ̄ ̄ ̄  . || ̄/| l  ありがとうー!!一条女役っていいな!
 .|/./ ̄ / v      ̄ ̄ ̄~\\. || / /   \___激モエ!_____
 ..||  (_、 v  、) U v  | ..||_/|
  |(「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「`   |/   |
  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|)  ./\   |\
  ..|(「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄ノ  ./  ..\ ..| ..\
   | ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   /     \|   .\
   .| v  、、 、、 、、v U  ../       ..\    ..\

268 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/25 16:01 ID:Vl9zR6QS
次回のカイジ×一条は
血のマニキュアの日から1日後、沼が再開される2日前の、
沼の停止中の夜(7月18日の夜)に
舞台を設定する予定っ…。
(カジノ従業員部屋の上の603号室にカイジたちが穴を開けるのは、
沼が再開された7月20日以降なので、
一条は穴には気づかなかった
ということにするため…。)



269 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 07:41 ID:okUW5Vbl
昨晩は、明け方まで、村上の腕の中で眠ってしまったらしい。
オレがソファーの上で目を覚ますと、既に村上の姿はなかった。
熟睡しているオレを起こさないようにそっと出て行ったのだろう…。
身を起こすと体の上から村上の黒い背広が床に滑り落ちた。
背広をハンガーに掛けると、オレは宿直室のシャワールームに向かった。
熱いシャワーを浴びながら、オレはなぜか昨晩カイジの吐いた捨て台詞を思い出していた。
 「くっ…!くそっ……!見てろっ…今に見てろ…! 
 一条…一条のヤロー…一条…後悔させてやる…!必ず……!
 オレと同じ苦しみ…痛みを…!いつか…!いつか…!いつか…!」
(クク…出来るわけもないのに…!野良犬…!)
オレは衝動的にシャワーの栓を乱暴に閉じた。
(…あんな馬鹿のことはもう忘れよう…オレとしたことが
ことカイジのことになると…なぜか妙に気が立ってしまう…冷静さをつい…忘れてしまって…
変…なんだっ…!)
もやもやした気持ちのまま、ドライヤーで丹念に濡れた髪を乾かし、
胸元にCHANELのN゜5を軽くふりかけてから、
オレはシャワー室を出た。


270 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 07:43 ID:okUW5Vbl
今日は一日何事もなかった。沼を修理に出した以外は…。
治るのは三日後だということだ。
昨日のあの騒ぎのせいで今日は極端に客が少ない。
オレは三日ぶりに、自宅に戻ることにした。
今晩は村上が宿直責任者だからまあ安心だ…。
従業員たちに指示を下し、従業員部屋を後にすると、
廊下の突き当たりの従業員用の階段へ向かった。
もう午前0時を回っているので、当然誰もいない。
もちろん、客は居るのだが、彼らが用のあるのは4階のカジノであり、
こんな5階にまではのぼってこないのだ。
(…まあ、あのカイジの奴は別だが…)
そう思いながら階段を下りようとした、その時だった。
カツーン……
「…!?」
上のほうで靴音らしきものが響いた。
さっと顔を6階への階段の踊場のほうに向けると…
暗がりに…見覚えのある人影が立っているっ!
「カ、カイジ…?!」
オレは思わず声をあげた。
その途端、その影は無言で6階へ走り去った。
「ま…待て…何してるっ…!」
オレは夢中でその後を追いかけた。
6階に上がった。……誰もいない…。
(……? )
目を凝らしてみると、廊下の窓から射す月明かりで、
603号室のドアがわずかに開いているのが見えた。

271 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 07:46 ID:okUW5Vbl
(クク…カイジそこに隠れてるんだな…!)
オレは603号室へ近づくと、603号室のドアをゆっくりと開いた。
「カイジくん…隠れても無駄ですよ…今度は何をたくらんでるんです…?さあっ…!出てっ…!?」
その瞬間、オレは突然強い力で後ろから抱きすくめられ、口を塞がれた。
「ん…?!んんっ……!!」
「ククク…女みたいな声出すなよ一条…!」
後ろでカイジのドスの効いた声がした。
「ブラフだ。オレはおまえの背後に隠れてたんだよっ…!」
そう低く呟くと、カイジは、抵抗するオレを603号室の中に無理矢理引き摺りこみ
素早くドアに鍵を掛けた。
隙を突いて逃げ出そうとしたオレを、素早くカイジの太い腕がすかさず押さえつけた。
「バーカ…!起きねえんだっ…!そんな逆転は…!クク…逃げるのか…?一条」
「うっ…!」
「ちょっとでも…変な空気…危険だとなるともう逃げるのか…?その程度か…?」
オレは唇を震わせてカイジを睨み据えた。
「そうだその顔だ…!こいよ一条っ…!」
「気でもふれたか…カイジ…!」
オレの言葉に、カイジは口を軽く歪め、笑った。
「フフ…なんだよそのツラは…!それでも客商売か…!歓迎しろよもう少し…!」
そういうと、カイジは、オレに圧し掛かり、オレの顎をつま先でクイッと持ち上げると
強引に唇を奪った。
オレは渾身の力を込めて右手を振り上げ、カイジの頬を打った。
「おやおや…こりゃあ嫌われたもんだな…キスもだめか…ククク…」
カイジは動じることなく、強い力でオレの右手を再び捻じ伏せた。


272 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 07:49 ID:okUW5Vbl
「ククク…一条…おまえは自分のやってることの意味…
それがどういう効果を生むか…そのあたりをまるでわかってない…!
お前が抵抗すればするほど…オレの欲望はますます高まるっ…!
だからこれくらいは…許してやろうじゃねえか…!寛容な精神でっ…!」
「くっ…下郎がっ…オレに触れるなっ…!」
オレは唇を噛み締めた。
カイジはオレの顔を荒々しい指で弄びながら言い放った。
「ククク…なるほど…こりゃあ見損なっていた…!たいした麗人じゃないか…!一条…!
こうやって間近でみると、つくづく女そのものだな、
だが…なよなよしてみえないのはこのキツい目の光のせいか…。
ククク…これは面白いっ…!おまえがこれほど美しいとはなっ…!」
「何とでも言えっ…!」
俺は怒りで震えながらそう吐き捨てた。
「薄暗がりで麗人を見るのもこれまた一段と興がある…
力でおまえを征服するのもわるくねえなっ…!」
カイジの肉厚な掌がオレの腕をギリギリと締め付ける。
「…細い腕だな…こんなんで女が抱けるのかよ…!
痛いかっ…!腕ずくでオレから逃げられるものなら逃げてみろよっ…!
いつも冷然と人を見下すお前がいいざまだなっ…!」
「黙れっ…!この野良犬っ…!」
オレはカイジの顔に唾を吐きかけた。
「ククク…世の中には犯される側と犯す側…その2種類しかないんだよっ…一条!」
カイジは哂いながら、オレのひとさし指にその唾を拭わせると、
そのままオレの指を自分の口に運び、舐った。
「くっ…離せっ…馬鹿っ!」
「ククク…一条…ここまで堕ちたら変にジタバタせず…さっさと諦めちまったほうがいい…!
賢明だ…!そのほうがはるかに賢明…!」

273 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 07:52 ID:okUW5Vbl
そう言うなり、カイジは、オレのネルシャツを一気に引き裂いた。
「初めてやったが…思ったより気持ちいいな…男の服を破るってのは…!
ましてそれが…鼻持ちならねえ奴のなら…さらに別格っ…!最高だっ…!」
オレの白い上半身がカイジの前に露にされた。
「カイジっ…!このっ…色情狂っ…!」
オレは必死でカイジを振り落とそうと暴れた。
カイジは微動だにせず、オレの首筋にねっとりとした舌を這わせた。
「クク…香水までつけているのかよっ…!」
「ぁあ…!」
「一条おまえ以前オレにこう言ったよなっ…!。
『残念だ…行けば付いた女の娘からおもしろおかしくいろいろ聞けたものを…!
カイジくんの好みから性癖、回数まで…!』となっ…!
ククク…今夜、直接、おまえに教えてやるよ。
オレの好み、オレの性癖…そしてオレの回数をなっ…!
喰らえっ…!因果応報っ…!天誅っ…!報いっ…!
これがおまえの施した血のマニキュアの…その報いっ…!報いっ…!報いっ…!」
そういうなり、カイジの太い指が服の上からオレの秘部に強引に捻じ込まれた。
「貴様やめっ…はぅっ…!」
「…驚いたな一条…『野良犬』に犯されようとしているのに感じているのか…?」
「…ぅ…感じてなど…いるものかっ…!」
「…ククク…そうやって強情を張りゃあいい…!
だが…おまえのカラダは本当のところほんの少しの愛撫にも耐えられねえんだろ…?」
その言葉とともに、カイジの太い指が、ゆっくりオレの秘部をかき乱す。
「ぁあっ…!はァッ…ぬ…抜けっカイジっ…ぁぅッ…その汚らわしい指をっ…!」

274 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 07:55 ID:okUW5Vbl
カイジの巧みな指使いに…オレは言葉とは裏腹に全身の力が入らない。
「一条…おまえはそういう淫乱なカラダに生まれついているんだ…!」
カイジが力の抜けたオレの胸を舐め回しながら呟いた。
(そうだ…これは病気だ…鷲巣の…
男の肌に触れただけで総毛立つ…そして次にはカラダが火照る…
汗のにおい…息づかい…体温……カラダの疼きが止まらない…!)
「…だったら最初からおとなしくしてりゃあいいものを…
そうすりゃあもう少し優しく扱ってやったのに…」
カイジの思いのままになったオレのカラダは、あっという間に、カイジの手によって、
一糸纏わぬ姿に剥かれ、月の光射す冷たい床に組み敷かれていた。
「……」
オレを組み敷いたまま、カイジはしばらく無言でオレを見つめていた。
「…つくづく尋常ではない美しさだな、一条…。女とみまごうばかりのあでやかさ…
とんだ藪蛇だよ…うっかりすると惚れちまいそうだ…!
………さて………いいかな…?覚悟は…!」
そういうと、カイジは、野良犬にふさわしい、赤銅色の極太の肉棒を取り出した。
「いいからはじめろ…さっさと…!」
オレは自棄になって言い放った。
「ククク…いいのかよ…オレがヤるとなったら遊びじゃなくなる…!
ヤらせてもらうぜっ…!限界を超えてっ…!」
カイジがその剛直をオレの蜜溢れる秘部にあてがう。
「一条…いいんだな…!幕を開けるぜ……!
オレとおまえの…最初で最後の真剣勝負っ…!後戻りはなしだ…!」
その瞬間、カイジの剛直がオレを深く深く貫いた。
「あッ…!ぁあ…んハァぁッ…!」
不覚にも…あまりの快感に嬌声をあげてしまった…!


275 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 07:58 ID:okUW5Vbl
「クク…一条…おまえの中には悪魔が住んでいる…
抱かれることが何より好きな悪魔がな…
最初は抵抗もして見せるさ…
だがこの感触には勝てぬ…おまえは悪魔に身をまかす…!」
カイジは言葉とカラダ両方でオレを嬲り苛む。
これまでのセックスで味わったことのないほどの快感…甘い疼きが
オレの深い部分を淫らに麻痺させる。
(村上とでさえ、これほどではなかった…!なぜ…なぜ、こいつなどに抱かれて
これほどまでに感じるているんだ…オレは?)
オレは激しいカイジの突きを全身で受け止めながら思った。
「犯罪的だっ…気持ちよすぎるっ…!半年ぶりのセックスっ…!
まとわりついてきやがるっ…!肉棒にっ…!うわっ…!ぐっ…!溶けそうだっ…!」
カイジが下劣な言葉を臆面もなく吐き出しながら、
一層激しくオレの秘部の蜜を肉棒でかき乱す。
オレはいつの間にか、この粗野な男の首に腕を回して喘いでいる自分に気がいた。
「…!」
(…まさかオレはカイジを…?…この男が…能力的にオレを脅かす男…
…そんな奴ははじめてだった…だからオレは…無意識に惹かれているのか…カイジに?
こいつのことでいつもイラつくのは…別の感情の裏返し……?)
ふっとそんな馬鹿な考えが頭をよぎった。が、すぐに強引に打ち消した。
(…きっと今は肉体の快楽が極まって、思考力がどうかしているんだ…。)
そんな思考とは裏腹に、カイジの肉棒を中で感じるたびに、とめどもなく、
淫らな喘ぎ声が漏れてしまう。

276 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 08:00 ID:okUW5Vbl
カイジの凶暴な肉棒は何時果てるともなく、オレのカラダを蹂躙した。
「あふぅッ…カイジもう…やめて…」
カイジの激しい肉棒に満ちたオレは、カイジをカラダ深く咥えたまま、ビクンと激しく仰け反った。
オレがぐったりしながら、荒い息をしていると、
カイジは口の端を軽くまげて、乱暴にオレを抱き寄せた。
「ふ〜ん…そう……やめるんだ…?一度…イったくらいで…!
わかったよ…まあわかった…本当のこと言うとそんなふうにぐったりするのも
わからないわけじゃない…そりゃあやめたくもなる…
でも一条…仮にやめるとしても…オレもイかせてもらわないと…!」
「はあ…?」
「誰が言った…?終了って…!オレはまだ出してない…
当然…おまえはオレの肉棒をもう一度受け入れる義務がある…!続行だっ…!」
「くっ…!」
「ヤるんだオレと…!もう一度…!脚開けよ…!」
カイジのとどまるところを知らぬ獣欲は何時果てるともなく、オレの肉体を貪った。
結局、その晩も、オレは自宅に帰らなかった。

277 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 08:07 ID:okUW5Vbl
払暁の頃、オレは、6度目の精液を一条の中に注ぎこみ、ようやく一条を開放してやった。
「…着ろよ。おまえの、破いちまったからな…」
オレは、自分の羽織っていた安物のシャツを一条に着せかけ、
顔を近づけると、一条の細い肩を掴み、薔薇のように紅い唇を乱暴に吸った。
「フフ…終わって大して経ってないのになんだか…
もうやりたそうな風情ですね…」
「いや…別に…」
オレはわざと無愛想に答えた。
「カイジくん…今晩は…経過はどうあれ…結果的にオレも楽しんだのだから…
今日のところはあなたを見逃してあげます…
ただし、今後は今までどおり容赦しませんがね…」
一条は白い半そでシャツのボタンをとめながらすこし楽しげに言った。
「…。…一条…。おまえのその甘さ…脆弱さ…そこから生まれる隙…
もうすぐ…命取りになるぞ…!それだけは敢えていっといてやる…!」
オレは暗い顔をして壁を叩いた。


278 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 08:10 ID:okUW5Vbl
一条はオレの言葉に、ニッコリ微笑んだ。
「フフ…心配していただかなくても大丈夫です…
カイジくんはノーチャンスです…!
少なくともカイジくんが娑婆にいられるあと5日ほどは…!
あなたは私との想い出を慰めに永久に地下暮らしをすることになるんですから…」
「詳しいんだな…オレについて…」
「え…?いえいえ、そんなことはありません。
それは思い込みというものです、知りませんよ他には何も…!
知る必要もないでしょ…!汚い…野良犬の素性など…!じゃあ…
すいませんそういうことですので…失礼」
そういうと、一条は、ハッとするほどあでやかな微笑を残して、
しなやかな手を翻しながら部屋を出て行った。
オレは拳を握り締め、思った。
(一条…オレはおまえに復讐するつもりで…おまえを犯した…
まさか…おまえに惚れるとは…おまえがこれほど可愛らしいとは思わなかったから…。
だが…こうなってしまっても…オレは…計画を曲げないっ…!
地下で待ってる皆とオレ自身の未来のためにっ…!
おまえはおそらくオレの代わりに過酷な運命に晒されるだろう…。
だがっ…オレは謝らない…!謝らないぞっ…!一条っ…!一条……)      
                                                    糸冬


279 :名無しさん@ピンキー:04/02/26 13:34 ID:0919UV8w
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
神ありがとう!
カイジの饒舌すぎる言動に笑えて萌えた。
カイジ×一条もいいな。

280 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 14:52 ID:okUW5Vbl
一条言葉責め…書いてて楽しかったっ…!
カイジは鬼畜にはもってこいだっ…!
これ書くために破壊録を調べつくしたよっ…!
最初はこれまで健闘した村上のために
カイジには最後まで鬼畜に徹させようかともおもったが
…結局鬼畜→萌えに強引に変更…!

…敵をも虜にする麗しい一条さんでしたっ…!



281 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 14:53 ID:okUW5Vbl
ああ、破戒録だった。

282 :名無しさん@ピンキー:04/02/26 16:56 ID:HZBA6dXm
すげえ、笑いつつ萌えた!(笑
何気なく文中、風と木の詩のくだりがあって、ワロタよ
神の中の人・・・読んでるんだな・・・

283 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 17:42 ID:okUW5Vbl
ジルベール=一条=コクトーな。

284 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 17:53 ID:okUW5Vbl
あーあ…
書きたいものはとりあえず書き尽くしちまったよ…
あとは何を書けばいいのやら…

285 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 20:40 ID:okUW5Vbl
          _ゝヽ∠--ー 、―‐― ̄ ̄ ̄\
       ノ  ″   ヾ ミ <     \    ヽ
      / ″″″″ へ ミ< ヽ ヽ\ \丶 |
     /  ″″ /|/ヽ|、lll\ <ヽ\ \ヽ丶\ i
    │ ii ii ii |  \ヽ /y \|ヽ|\ヽ\\  |  ノ⌒ 〜〜⌒ヽ
    i  ii i i i | __i <  ,__  | \  \l  )        |   
    .|   ii  r-y |  ̄ ̄  \  ̄ ̄  | ト、\丶i  (  あぁッ…! 丿
    i  ii   l ヲ|.| u    _ \  u  | .|コ |   l   )     _丿
    .|  ii i ヽリl      ┌┘     | |_丿!l |  〜⌒ 〜⌒
     |  ii  ii ヽ.       ヨ-     |   il l 
     .| ii    \     /≡ u  ./|ll |lヽ  i| 
     /ii i   |\ヽ    |u    /  |ll |  \ii
    / ″./|  .|  ヽ.\ _|l|\_./  /|!il ≡≡≡ ̄ ̄ ̄丶
    |∧ / | |ヽ |⌒ヽ\ヽ  ill! |  /  /≡≡≡≡≡r≡≡≡\
   /  / |/ ||   ヽヽ!≡≡| ヽ<   /≡≡≡≡≡≡|≡≡≡ |
  /     /       \≡ |/l__|\/≡≡≡≡≡≡≡|≡≡≡ |
〜⌒ 〜⌒ )         \| / ヽ/≡≡≡≡≡≡≡ | ≡≡≡ |  
 一  来 (           /、| /≡≡≡≡≡≡≡≡|≡ノ⌒)≡|  
 条  い  フ         /  \≡≡≡≡≡≡≡≡ |/ / ≡| 
 :  よ   )        /    ヽー──────'    ̄ ̄ ̄) 
 !     (  \    /                       _) 
       丿    \ /\                       _)
〜⌒ 〜⌒        |   \、、、____,,,,,........---―、_____ノ 


〜15話作製記念AA〜

286 :名無しさん@ピンキー:04/02/26 21:01 ID:HZBA6dXm
カイジ×佐原キボンヌ(・∀・)ノ
佐原×カイジでもいいけど

287 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 21:08 ID:okUW5Vbl
        //              //.  .||  | ||:: ネタ切れは近い……!
      //              //    ||  | ||:: おそらく 次のSSか…その次のSS……
    //              //      ||  | ||:: それが必然だ……
  //              //        ||  | ||::
//              //          ||  | ||:: しかし……
/              //            ||  | ||:: 俺はこれまで毎日のようにSSを
              //,ハハハ           ||  | ||:: 貼ってきた厨…
             // 〈l| || |l〉         ||  | ||:: いまさら止める事などできぬ…
           //  __)=='(_         ||  | ||::
           // /l´     l     `lヽ    ||_| ||:: それだけはしちゃいけない……
二二二二二二二二二ハ|    |    |,ハ二二二二二二 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/´: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  俺に残された道は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ト、 ̄ ̄ ̄ ̄  駄作を連ねて
            l |___________,| |        放置されるか…… 
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ___________ノ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |               | ̄ ̄ ̄ ̄   あるいは………
             |                   |
            `ー――――――――‐ '         良作を書き続ける………
                                    灰になるまで……!


288 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/26 21:15 ID:okUW5Vbl
                    ∩00  ∩         │ やられた……
                 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、       |   わすれてた……!
                   ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     |
                    ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ O│ カイジ×佐原……
                 ヾニニ⊃ ,`'∪ ⊂ニ-‐' ` z.  |   
       _   _         /  yWV∨∨VVv` │ そういえば1つしか書いてなかった…!
       >  `´  <        |  i' -== u ==ゝ.   |  黙示録のSSはっ…!
.     /     M   ミ       |r 、| , =   =、 !   | 
     l  ,ィ卅ノ uゞト、.ゝ      |!.6||v ー-゚ l   l゚-‐' |  ` ー──────────y─
      |  |「((_・)ニ(・_))!      |ヽ」!  u' L___」 v |   ,'       // イノ  \ ヽ  ゝ
     |(6|! v L_.」 u リ      | /l.  ,.-─--‐-、 |   /      /`/ィ'__> u /∠ヽ! .!
   /| ,イ )⊂ニ⊃( !\     | / l  ー-─‐-‐' ! /     /⌒y' ==== _  ,'== レ、 !
.-‐''7  |/  `ー-、ニ,.-イ  ト.、  /l/   ヽ.   =   /ト7    l.{ヾ!,'  `ー-°' ゙゙ 〈ー°.y/ i
  /  |         |. ⊥ -‐'1_|\   ` ー--‐ ' ノ /      ヽ,リ   u u  r __ ヽ. ,'/ !
    ∩00  ∩   ,イ´     l__l  \     /_,. '-‐''7!     ト、   v  ___ーY1  |
 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、     ヽ、,ゝ、 _,,.ゝ-‐'''"´     /.!     !. \.   └-----' / |\.|
  ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     ヽ/ヽ          /, ! i    |   \.    ー /  |.  \
. ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ ○ /   l         / 1|! l  |     \    ,イ   !
  ヾニニ⊃ `'∪ ⊂ニ-‐'      /    |         /   !| ‖ |\    \, ' | ‖|


289 :名無しさん@ピンキー:04/02/27 01:13 ID:K6RAppX0
久しぶりの書き込み。
最初の方でにエロパロさんを応援したけど
まさかここまで頑張るとは……GJです。

心配するな・・・見ているぞ・・・ようやく萌えてきた・・・いいぞ・・・。
思ったが・・・短編・・・3レス程度がやはりこのネタにはあっている・・・。
と思っていたが長編・・・かなりいい!
読んでいるぞ・・・
見ているぞ・・・
静かに・・・

ガンガレ!!ただペース配分が少し早いかも?
ゆっくりでもいいですよ。


290 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/27 02:27 ID:19jRjQK8
これが生きがいだから…。

291 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/27 02:45 ID:19jRjQK8
              ,.. -───‐- 、
           ,.‐'´         `'‐、
          /    ,.‐ 、.          ヽ
         i    /   `'‐、.    /\ヽ
            l  ./.ァ.、._     `'‐- '     ゙!,  >>289好意は大変うれしいが…
.           |  ./ `''‐、. `''‐ 、..__,   _,. ‐'´ィ゙   
         |   ヽ、  `''‐ 、.._/   /_, ‐'´ |
         │ ,.-、`! =。=== _  ,=。===l   ここは福本エロパロスレ…
    ,. -‐- 、 ,|. { r‐l.l.  ` ー-‐' ''  \--‐' l   多くの飢えた厨の期待と欲望が錯綜する…
. -‐''´     ( |. l ヒ |l        r __  \ i   喰うか喰われるかという場だ
         ./|  `ー;ll   、______,~ /   
. 、._   _,/:::::|  / ヽ   `'ー-----‐´ ./    そいつらの期待に応えるのが
 -‐~''"´::|::::::::::| /   .ヽ      ー一  /、    スレ立てたオレの役目
  :::::::::::::::| :::::::::|/     ヽ         /|:::`''‐   オレも好きでSS貼ってんだ
  :::::::::::::::!:::::::::::|ヽ.      .ヽ.._____/:::|:::::::::
 ::::::::::::::::|::::::::::::|;;;;ヽ.         /|:::::::::|:::::::::    くだらん心配はすんな……
  ::::::::::::::| :::::::::::|;;;;;;;;ヽ.       /;;;|:::::::: |::::::::
  ::::::::::::::!:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ.     /;;;;;;|::::::::::|::::::::    続行だっ…!


292 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/27 04:55 ID:19jRjQK8
               , -z ,
          /l/`   `>
      < ̄          `ゝ       i   , 人 ノi        カイジ×佐原のとりあえずの基本戦略
     ∠_       , ,      ゝ  丶、_ノ`ー' `  `  ` (_
     ∠   i/l/'〃" ^ ` 彡    7   )            て    
     ノ从/'  u   , -'" ゞ    i _j  い   こ  >>286 >   状況:佐原から誘い
      / ν    / _,. - ミ rー、 | .ヽ  い   ん   :  (     於:カイジの部屋
     ,ー- 、   ' r '" 。 ノ i ト-、| |  ノ  の   な   :    て  路線:受キャラがキャラなので
     〈r─ー。〉u  ゙ -ー'"u i |ニ|| | <   か  感   お   /     萌えにはならなそう
     ヽー- /   u   μ   i Lノi  i⌒..)  よ  じ    い  (       鬼畜入った和姦
       ヽt/   -、  _ j u| jノ   iつ    :  で   っ  r\
       '-─ =-ー ' --ヽ   |jヽ   !ノ   !?         r─
        ヽ「-    ---j /  \ |  ̄)  _       (ー─--
         ヽL=-ー '' ̄/     V / T   V⌒V⌒V
          \ =υ/   υ   /    |    / /
         , - \ /         |    |   /  /
       ,-r/ /   | u   lj     |     |   |  /
      / // /  〈 i       |     |  |  |


293 :286:04/02/27 11:14 ID:bos/q1uv
(・∀・)イイ!!

294 :名無しさん@ピンキー:04/02/27 22:45 ID:/19rZ0vp
アンタの生き様・・・・・・最高だ・・・・・・!
なんという神ぶり・・・!
ここまでくるとイヤミより、アンタの将来に不安を覚えてしまう

天賦の才・・・!
このスレの本質
それは紛れもなくエロ・・・!

それも最上級最高峰の資質
ホモエロ・・・・・!


295 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/27 23:55 ID:19jRjQK8
        ___  ___           
        `>  `'´   <´       
       ∠´          `ヽ、        
      /             ヽ
      /               ヽ     >>286
     ,.イ  /|ハ/! ,ハ ト、lヽト、     `、    すまんっ…
     ´/ ハ/\\|/ `,// \    |     鬼畜入った和姦のはずが…
     / r| ==\!  |/=== ヽ. r‐、 |  ダークな鬼畜になってしまったっ…
      7 | | `-v゚/  `--u゚‐'′| |こ!| |   十中八九萌えるまい…
      ,/ | | u / u     U | |こ!| `、
     / `| /_  - ヽ u'     | !_ン  ヽ     ただ……
      .イ  ヽ lニニニニ二ヽu /|      \     ギャグとしてなら、
     /   ヽ`ー──―'/  /   ハ~"''‐- ヽ_    そこそこ読むに耐えるかと…
       7'    ヽ ~~~ /    /  ,/ ヽ~"''‐-     >>138-145
      /__,.,.ィィ  \_/ u'   / / `、`、       店長×西尾の続編として…
  -‐''"~  /~7  /|      /ノ ',  `、ヽ       よんでみれ…  
      / /  / |‐-、 ,r-―"|  ',   `、ヽ   
     /____///__|   |    |______`、   






296 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/27 23:57 ID:19jRjQK8
オレに、新たなギャンブルの誘いをもちかけ、遠藤は帰っていった。
(受けるか…受けるまいか…)
オレはじっとしていられなくて部屋を彷徨きだした。
さっきから突き上げるようにある感情がせり上がってくる……!
(そう…あろうことかオレは待っていた…この誘いを…!救いの光を…!)
ドンドンドンッ…
「カイジさーんっ…!開けて下さいよっ…!オレっスよ!」
玄関のぼろいドアのむこうで佐原の声がした。
(…なんだ佐原…帰ったんじゃなかったのかよ…?)
いぶかしく思いながら、オレは煙草をふかしつつドアに向かった。
ガチャリ…
「なんだよ…」
しぶしぶドアを開けてやると、佐原が調子よく頭をかきながら入ってきた。
「いやー…なんかさっき怪しげな黒服の人達がきて、横槍入っちゃたじゃないスか…
飲み直しましょうよカイジさんの部屋で…!オレこんな形で別れるの不本意ですから!
ほらっ…これっ…!ちゃんとビールも買ってきたんスよっ」
「……」
正直、佐原の調子のよさにはまだムカついていたが、
遠藤からのギャンブルの誘いでどうにも落ち着かない気分だったので、
気分転換のために佐原のビールを受け入れることにした。
オレが無言で部屋にもどると、佐原も調子よくついてきた。


297 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/27 23:59 ID:19jRjQK8
「まあまあカイジさん仲直りしましょうって…カーーと飲んで…カァーーッと」
不機嫌に黙り込んでいるオレの機嫌をとろうと、佐原がオレのコップにビールを注いだ。
グビグビ…
「かぁーーっ…!」
ダンッ… オレははやばやと一杯目を飲み干し、机に勢いよくコップを置いた。
佐原がすかさず拍手しながら
「素晴らしい…!」
と持ち上げる。
(……)
そんな佐原には目もくれず、オレは二杯目の手酌にとりかかった。
「カイジさんってさぁ…」
「あ〜〜〜?」
「なんかそこら辺の連中と匂い違いますよね…」
「?……」
オレはにやにやしている佐原のほうをみた。
「匂い…?」
「異端というかアウトローっていうか…もっとはっきり言うと…
ホモの匂いがするっていうか…」
「おいおい…!なに寝言ぬかしてんだよおまえ。
オレみたいな素人童貞つかまえて……」
「フフ…それはわかってます、もちろんカイジさんに素人女との経験はない。
オレが言いたいのはソドム(男色)の匂い…つまりヤバイけどおいしいセックス…
異常だけど一回やるともうやみつきッ
みたいな世界をカイジさんは知っているんじゃないか…?
あるいはそういうことにすでに手を突っ込んだことがある…違いますか…?」



298 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/28 00:01 ID:Y43IO3Fz
「…プッ…!カカカ…おまえな〜〜…」
オレは空笑いして取り繕った。
(あぶねえあぶねえ…エスポワール号の別室で黒服たちに輪姦されたの
雰囲気でばれてんじゃねえだろーな……)
「でも経験済みでしょ」
「え…?」
「さっきも…この店もカイジさんが選んだ席は入り口が見渡せる席でした…
そして誰か男が入ってくるごとに瞬間目が入り口に泳ぐ…カイジさんは男をしってるんだ。
おしえてくださいよ、そのヤバイ世界…オレそういうのスゲェー興味あって…」
「よせよ……考えすぎたアホ…!そんなことは何もねえっ…!勘ぐるなっ…!」
オレは思わず声を荒げた。
「何もそんな怒んなくても…軽い冗談ですって…!
まあまあ…ここは堪えてカイジさん、ねっ…!
そうだっ…じゃあ話題変えましょうっ…!カイジさん今、好きな女の娘とかいるんスか?」
「……すこし気になるコならいる」
「えー!教えてくださいよっ…誰っスか?」
「…もうバイトやめたから言うけど…西尾…バイトの」
「ええーー!?マジっスか?オレさっき西尾とヤっちゃいましたよっ…!」
「え…?」
「いやー、さっき話したでしょ?店長に身体検査されたって…。
で、西尾の身体検査するときに彼女嫌がったんで、成り行きで3Pになっちゃったつーか…へへへへ…」
佐原は悪びれる様子もなく笑っている。
オレはふつふつと怒りがこみあげるのを感じた。
「ふ…ふざけるなよ…!なにが3Pだ…!
強姦だろうが…嫌がっているのに犯したら…強姦だろうがっ…!」
怒鳴りしな、へらへら笑っている佐原の横面をオレは思い切り蹴り上げた。


299 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/28 00:04 ID:Y43IO3Fz
「うげっ…!」
佐原は鼻血を飛ばしながら勢いよく畳にぶっ倒れた。
オレは佐原を足先で転がすと、佐原の上に馬乗りになった。
「…騒ぐな見苦しい…それから…あまり人を舐めるな…!」
そう冷たく言い放ち、さらに一発佐原の頬にビンタを喰らわした。
(これでも西尾の痛みには全然足りねえっ…!)
いつも調子のいい佐原が、血を流しながら蒼白になってオレの下で震えている。
「す、すみませんカイジさんっ…ぅぅ…勘弁してくださいよ…もう…!
こうやって謝ってるじゃないスかっ…!」
「Fuck You ぶち殺すぞ…ゴミめ……!」
佐原は声を無くし、涙を流しはじめた。
オレは、兎の様に震えている佐原のズボンから、ベルトを引き抜くと、
佐原の両手をしっかりとそのベルトで縛り上げた。
「おまえがされて嫌なことは西尾もされて嫌なんだ…
なぜそれがわからない…?なぜ…そのことに気付かない…?」
オレはそういうと、肉棒を取り出し、蒼白になっている佐原の唇に押し当てた。
「しゃぶれっ…!」
「ぐっェ…!」
男のモノを初めて口に含んだ佐原は、嗚咽を漏らした。
「こらっ…!動いてねえぞっ…!舌っ…!タラタラすんなっ…!ボケがっ…!」
嗚咽する佐原の顔面に馬乗りになり、髪をひっつかみながら
オレは佐原の口に肉棒を激しく出し入れさせた。


300 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/28 00:06 ID:Y43IO3Fz
「ぐぁっ…じゅぷう…!ズジュっ…!うぇっ……
は…ハヒジさん…ゆふして……ジュコっ…」
佐原が口から涎をたらしながら、哀願する。
「ぬかせっ…!さえずらず、ただ黙ってしゃぶれっ…!」
オレはますます激しく佐原の口唇を犯すと、
涙でぐしょぐしょに濡れた佐原の顔に勢いよく顔射した。
「うう…くそっ…!カイジさん…酷すぎる…!
…本当に男にしゃぶらせるなんて…あんた…異常だっ…!」
嗚咽する佐原を見下しながら、オレは冷然と答えた。
「うんざりなんだよっ…男だ女だ…普通だ異端だ…そんな話はもうっ…!
そんなことを話せば話すほど…おまえは浅ましく醜く犯されることになる…
このオレの肉棒でな…!」
オレは、佐原のズボンとトランクスを、膝までぐいっと降ろすと、
両腕の自由の効かない佐原を後ろ向きに転がした。
「四つんばいになれ、佐原っ…!」
「ぅ…うわぁっ…やめてくれっ…!」


301 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/28 00:08 ID:Y43IO3Fz
オレはかまわず、佐原を引き摺り寄せ、
芋虫のように抵抗してもがく佐原の尻を乱暴に鷲づかみ、
思い切り開くと、その奥の穴にオレの肉棒を文字通りぶっ刺した。
ズブぅッ…!
「っ…うああああっ…!!」
ズッ…!メリッ…ズブッ…ギシッ…!ズズッ…!
「か…カイジさんっ…痛ぇ…痛ぇよ…!助けてっ…!」
濡れていない佐原の花弁はオレの怒張した肉棒の容赦ない攻撃で悲鳴をあげた。
オレは狂騒に駆られていた…抑えがたく…。
「ククク…佐原…セックスは言うなら戦争だ…戦場で後ろから撃たれた、後ろから…
と騒ぎ立てる兵士がどこにいる…?戦場ではだまし討ち不意打ちが日常…
おまえは今ただ…後ろから刺されたそれだけだ…!散れっ…!」
「ひぎぃッ…あぁぁぁー…ぅぅ…」
沸騰点、水は100度で水蒸気に液体から気体へその形容を変える。
そんな変わり目をオレは今自分の身の内に感じていた。
そう…思えば思い返せばオレにはなかったのだ。
今までの人生で男を犯す瞬間など。
ゆえにこれほど強くこれほど真っ直ぐに感じたこともまたなかった…。
己が存在の現実感(リアリティ)…つまり…「生」を…!
今確かに生きているという感触その震えを…!


302 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/28 00:12 ID:Y43IO3Fz
オレは、佐原の未開の花弁を怒濤の勢いで犯し尽くすと、
びゅるびゅると熱い精液を佐原の中に注ぎこんだ。
佐原に止める術は無かった…ただ…呆然と受け取った…。
「うう…カイジさん…オレが悪かったです…もう…勘弁してください…」
佐原は、血でうっすらピンク色に染まった液体を、
花弁からごぷっと垂れ流しながら、涙を流して懇願した。
当然、オレは、聞き入れなかった。
「目先を追うなっ…佐原っ…いい加減気が付けっ…!耐えることなくして快感はないんだっ…!
もう遅い…おまえはソドムのぬかるみに嵌っている……すでに泥中 首まで…
途中、途中、途中…
震えるぜ…二回戦に胸が震える…!正念場はこれから…!」
そういうと、今度は佐原に正面を向かせ、瞬く間に復活したオレの肉棒を深々と佐原の中に突き入れた。


こうしてカイジたちの長い夜…狂気と策略が交差する4時間余が終わった。
佐原のアナルはカイジの肉棒に無残に犯され、
その花弁は闇に飲み込まれ消えた…彼の男としての人生は閉じた…ここから先は異端の一語…
                                                 
                                                糸冬


303 :名無しさん@ピンキー:04/02/28 03:47 ID:WCBlNOPo
>296-302
佐原が哀れすぎる・・・が、滅茶苦茶ワロタ。
このカイジ漢だな。

304 :286:04/02/29 10:00 ID:fF2Xkdja
ありがとう・・・書いてくれてありがとう!
カイジが男前で燃えたよ。佐原がちょっと可哀想だな(汗
自作も期待してる…!頑張ってくれ神!

305 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 11:56 ID:IXQISG8a
神GJ。
こう言っちゃ何だがなりきり板のカイジよりカイジらしいな。

306 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 13:17 ID:U6wpgFTx
エロパロ、はじめた来たけど…福本でエロパロって・・・
お前ら、マジで狂気の沙汰か?

分かったんだよ・・・俺にはもう分かった・・・福本読者には二種類いる……と
福本漫画のエロパロをまともに読み書きできる人間と笑ってしまって読めない人間と・・・

俺はその駄目な方・・・・・どうしても頭の中で福本絵がちらついて・・・
男×女だろうと男×男だろうと…まともに読めない・・・
出だしだけじっくり読んでエロシーンは流し読みが精一杯・・・
でもお前らは違う・・・!お前らは…福本作品でも萌える人間・・・!!
天もカイジもアカギも銀金も・・・エロにできる人間だ・・・!

お前ら…お前らに託す・・・俺が一番萌える福本キャラ・・・尚子たんでエロパロを
書いてくれ・・・!お前らは・・・できる人間なんだから・・・!!

それと>296-302
>オレみたいな素人童貞つかまえて……
ハゲワロタ

307 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 17:02 ID:4twzCgIB
なに・・・・このスレ・・・w

308 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 17:36 ID:d0KkGQC9
>>304-30
ありがとう…!

>>305
以前から気になっていたんだが…
GJって…その…
何だ…?

>>306
吉野尚子ちゃんか…。
承った…。
実はオレも書こうかなと思っていた…。
児童ポルノ禁止法にひっかからないよう
ライトに萌え路線で書いてみる…。
あと…驚愕するだろうが…ククク…
この狂気のSSを16作続けて書いてきた
神と呼ばれたエロパロは
複数人ではない…オンリーワンだっ…しかも…。
くわしくは…スレの最後に…明かす…

309 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 17:37 ID:d0KkGQC9
すまん
>>304-305
ありがとう…!

310 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 19:18 ID:EBaNHsBQ
金と銀。とても好きな作品なんだ。それを自家薬籠中の物としてエロパロに昇華して
くれて、ありがとう。最後がかっこよかったよ。

311 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 20:13 ID:d0KkGQC9
>>306
吉野尚子ちゃんの話
鬼畜もよみたいか…?


312 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 20:25 ID:d0KkGQC9
っていうか、構想がまとまった。
いま一作、ひろゆき×吉野尚子(ライト萌え)かいてるが、
その続編として、ひろゆき×吉野尚子(萌えエロ)をかく。
児童ポルノ禁止法にひっかかるかもしれんが
いいやかいちゃえ…。




313 :306:04/02/29 21:29 ID:U6wpgFTx
>>308
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',  .<|   _,ノ  神……!
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ  _|__  ゝ  神……!
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´   |, -‐ 、
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  <。_ノ   .<|   _,ノ
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'           神……!
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|      _|__  ゝ
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’        .|, -‐ 、  神
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |       <|   _,ノ   神……!
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |
.   ,'         │  |%二7 /   | W       _|__  ゝ
  /        |.  |)// ./    |          .|, -‐ 、  神……!
、/          |  |/ / /     l        <|   _,ノ
 \         |.  l. /,.イ       l_,,. ‐''"           神……!
   \       |  l /'  l     l         -─-、
    \     | l∠..‐''"レ''" ̄``ヽ           __ノ
.       \ _,,. ‐''"     /      \      o
      , ‐'''`ー-、      {. /´⌒ヽ. ヾ.l i.゙、      o   かぁ〜みっ……!
ヽ.   /      `‐、     ヽ.)   } .」 } } }     o
>312
 マジで書いてくれるのか―――!!!。・゚・(ノД`)・゚・。
ここだけの話、尚子たんは福本作品のみならず…マイ萌えベスト10に入る萌えキャラなんだっ…!!
リアルでは違うが虹だけ炉利萌えなんだ!しかも絵がつたない絵なら尚更萌えだったりするわけで…!
尚子たんはまさに適役…!萌えツボジャストヒットキャラなんだ…!!!あんた・・・・マジで神だ!!

314 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 21:33 ID:CAE5lLSp
カイジの台詞一つ一つが原作の名台詞アレンジ版なのでワロタ
風俗嬢や素人女とヤル時もあんな風に喋るのかな?
しかしカイジは手馴れてるな、セクース上手そうw

315 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 21:50 ID:Bcl2O3+r
なに? 神と呼ばれる身でありながら『GJ』を知らぬと?
GJ・・・・・職人にとって・・・・・・何よりも・・・・・尊い賞賛!

GOOD JOB(いい仕事してるぜ、アンタ!)

覚えておくといい、アンタは多くの人から愛されてるんだってことを!

316 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:01 ID:d0KkGQC9
井川ひろゆき(18歳)×吉野尚子(7歳)

まず、第一話目、萌え&エロ無しをあげる…。
続編となる、萌え&エロちょっと鬼畜あり
の前フリとしてかいたので、原作とあまりかわらねえ話になったけど…。


カイジの脱素人童貞は
カイジ×美心という設定で、いずれ書こうと思っている…
おそらくそのときは…エロづくしにしようかと思っている…

317 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:02 ID:d0KkGQC9
「クリスマスの晩に尚子ちゃん囲んでパーティーやりましょうねっていっただけでしょ」
「かあーー!パーチイだとよ!パーチイ…やめてくれよおいっ!」
「低俗な文化に毒されやがって!ようするに西洋宴会ってことだろっ!くだらねえ〜。
ここは日本だ、西洋の風習にまどわされることはねえ!」
「かあ〜〜っ!西洋 西洋と今どきそんな日本語バンバン使わないでよ!
ここはタイムトリップして明治かっ!」
「うるせえっ!この!」
ガチャッ
「ぐわぁ〜〜」
吉野辰三さんと天さんの彼女たちの言い争っている声が、
寒空の下で待っている天さんとオレの耳にも、木枯らしに乗って聞こえてきた。
オレは、道路にちょこんとしゃがみこみ、ロウセキでへのへのもへじを描いている尚ちゃんの
隣で、彼女のあどけない横顔を見守っていた。
天さんちに遊びに行ったところ、丁度天さんの彼女達が尚ちゃんのために直談判に行くと
息巻いていて、そんなこんなで、天さん共々オレもついていくことになったのだ。
尚子ちゃんは、今年7歳。
たっぷりの黒髪をかわいらしく二つに結わえた、色白で目のぱっちりした女の子だ。
亡くなった奥さんの方に似たのだろう、
辰三さんと親子とはおもえないほどの美少女なのだ。
スカートの裾をちょこんと手で押さえて、一心不乱に小さな手でお絵かきしている姿は、
大学受験の準備に少々疲れ気味の僕の心を和ませてくれる。
父一人娘一人の暮らしのなかでも、けなげに成長しているようで、
尚ちゃんの表情は天真爛漫で翳りがない。
(こんな…妹…がいたらなあ…)
つつくととこぼれそうなふくよかな尚子ちゃんのほっぺたを見つめながら、オレは思った。


318 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:04 ID:d0KkGQC9
「もめてるみたいね…」
尚ちゃんが笑顔のまま、年齢に似合わぬ大人びた口調で呟いた。
(親一人子一人で苦労してるのかな…)
「でもさー、なんでこんなことでもめるのかなー、珍しいよねこういう家庭ー」
そういいながら、尚ちゃんは、へのへのたつのりと、ロウセキで描きつけた。
「ふ〜〜〜ん」
「私はただ普通のクリスマスがしたいだけだっていうのにさ。クリスマスツリーがあって…
ケーキがあって…みんなでワイワイしてさー」
そういいながら、尚ちゃんは、細い足を崩し、地面に横座りになった。
白いプリーツスカートの端から、二つ折り靴下に包まれたくるぶしをあどけなく投げ出しながら、
片手をついて、尚ちゃんはへのへのもへじをみつめている。
やがてちょこんと正座すると、尚ちゃんは顔をあげた。
「ほらっ、長ぐつにいっぱいお菓子がつまってるやつとかあるでしょ!ああいうのもらったりして…」
(……尚ちゃん…)
「ふ〜〜ん…だいじょうぶ……
辰三さんもなんのかんのいっても尚子ちゃん思いだからね。きっと聞きいれてくれるよ」
天さんがフォローすると、尚ちゃんは
「本当?」
と目を輝かせた。
その瞬間。
「ばかやろ〜〜っ!二度とくるなっ!」
「おう!二度とくるかっ!アホッ!」
バンッ
…交渉は不調に終わってしまった。


319 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:05 ID:d0KkGQC9
天さんたちは、家に帰ると、反省会兼ヤケ酒飲み会を決行し、
その会上で、天さんは24日の夜、辰三さんを首縄でひっぱってくることに決まった。
12月24日が来た。
だが…麻雀で辰三さんをこてんぱんにして、辰三さんを家に帰らせるという天さんの
計画は、見るも無残に砕け散った。天さんが和了ったのはなんと最初の一回だけ。
天さんから逆に毟り取ると、辰三さんは雀荘を出て行ってしまった。
オレたちは、辰三さんの後をつけることになった。
外には何時のまにやら、一面雪が積もっている。
辰三さんは家とは逆方向に歩いていくと、やがてポケットに手を突っ込みながら、
飯場へと入っていった。
「なんだ…ありゃ…飯場じゃねえか…やっぱり女か…ホテル代ケチリやがって…」
「……」
「よし…もういいぞヒロユキは先に行って……30分後オレもいくー!
あのくそ親父!ひったててやる!!」
天さんはそういうと、肩を怒らせて、飯場のほうへずんずんと向かっていった。
女をまだ知らないオレには刺激が強すぎると天さんは思ったのだろう。
だがオレも年頃、好奇心には勝てなかった。
(あいびきか……ちょっとだけのぞいてやるか…そーそー…社会勉強社会勉強)
踵を返すと、そーっとぬきあしさしあしで、天さんの覗いている、飯場の窓のほうに近づいた。
(あ…!クリスマスツリー!)
飯場の窓の向こうの辰三さんは、わき目もふらず、大きなもみの木を飾り付けていた!
(そうかあ…辰三さんもずっーと考えてたんだ尚ちゃんのクリスマス…
それなのにバカだねオレたち…勝手にしゃしゃり出て…へそも曲げるよねそりゃあ…
きっと辰三さんが…誰よりも…この日を楽しみにしてたんだ…)


320 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:06 ID:d0KkGQC9
やがて、辰三さんは、飾り付けを済ますと、クリスマスツリーを大事に抱えて、
真っ直ぐ辰三さんの家に帰っていった。
外はもう真っ暗で、雪だけがしんしんと降り積もっている。今夜はホワイトクリスマスだ…。
辰三さんは、窓の外にクリスマスツリーを置くと、
喜び勇んでなおちゃんに知らせるために玄関へと走っていった。その瞬間…!
ぐに…ミシミシ…へなな…
(あ!!)
(ツリーが…!ヤバイ辰三さんっ!)
オレは急いで辰三さんを引きとめようと走った…が…遅かった。
「尚っ!」
「お父ちゃんっ!」
振り返った尚ちゃんを辰三さんが抱き上げてしまっていた。
「あっ」
「尚子、実は尚子に見てもらいたいものがあってな」
「あっ、いやダメ…辰三さん…!それがさ…ちょっと…」
だが、興奮している辰三さんの耳にはオレの言葉は届かなかった。
「これだっ!」
辰三さんは、そう叫ぶと、カーテンをバッと開けた。
「わっ」
オレは、次に来るであろう不幸な展開を予想し、思わず顔を覆ってしまった。
「わあ〜〜っ!わあ〜〜っ」
尚ちゃんや辰三さんや天さんの彼女の大歓声のなか、オレは呆然としていた。
辰三さんの豪華なツリーはちゃんと立っていた。
(……?…)
ツリーの下の方を注視してみると、黒く丸いものが二つ見えた。
(あ…ああ…そうか…天さんが支えて…)


321 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:07 ID:d0KkGQC9
天さんがこないまま、にぎやかにクリスマスパーティーは始まった。
飲めや食えやで、気がつけば、三時間がたち、時計は9時半を回っていた。
お酒の入った辰三さんと天さんの彼女たちは酔いがまわってきたのか、
うたた寝してしまった。
天さんは、相変わらずやってこない。
(三時間も持ったままかよ…なにを考えているんだあの人は…
雪さえ降っているこんな晩に…すごいっていうかなんていうか…)
襖にもたれて、オレと尚ちゃんは並んで無言で座っていた。
部屋の中はとても静かだ…。
チン…チン…とストーブの上のヤカンが音を立てる。
「あのさ…へんなこというようだけどさ」
尚ちゃんは、細い足を伸ばしてかわいらしい声でぽつんと呟いた。
「うん?」
オレは、あぐらをかいたまま、尚ちゃんの方をみた。
尚ちゃんは、僕の正面ににじり寄ると、オレを見上げてこういった。
「サンタクロースがいないってことぐらいよーく知ってるけど…
もしかしたらって今日は思っちゃった」
「?…」
ぼくが尚ちゃんの顔を覗き込むと、尚ちゃんは、
かわいらしい足を無邪気に僕の膝のうえに乗せてきた。
「だって私がサンタさんにお願いした通りの夜になったんだもの。
おとうちゃんとクリスマスツリーとケーキと長い靴下の中のお菓子と…
それから、ひろお兄ちゃん」
(……)
このあどけない美少女をやさしくみつめながら
オレはいった。
「サンタクロースはいるのかもしれない…」


322 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:08 ID:d0KkGQC9
尚ちゃんは、くっくっとかわいらしく肩をすくめて笑うと、
僕の膝から足を下ろし、あどけない仕草で屈伸を始めた。
ぼくは尚ちゃんをなにかとても幸せな気持ちで見守っていた。
「…天ちゃんどうしちゃったのかしら…?」
屈伸を突然やめて、尚ちゃんが呟いた。
(あ…天さん…)
一瞬、少女のけがれの無いかわいらしさに心を奪われて、
天さんのことが頭からとんでいた。
「おそらくどうしても手のはなせない用事が出来ちゃったんだね」
オレは雪の中ずっとツリーをつかんでいる天さんのことをおもい
大変申し訳ない気持ちで言った。
「ふ〜〜ん」
「そうだもしかしたらあの人はサンタクロースかもしれないな」
(尚ちゃんと辰三さんにはすばらしいクリスマスをくれて…
そしてオレにも…)
「ハハハ…またまた〜…やだっ!」
尚ちゃんは大笑いした。
「だから…今日は…おそらく来れない…24日の夜は一晩中手が離せない…」
オレは天さんが贈ってくれたこの愛らしいプレゼントに感謝し、
とても真面目にそう言った。
「もうーっ嘘ばっか!」
尚ちゃんはオレがからっているとおもったのか、
かわいらしい口をとがらせてオレの膝の上にストンととび乗った。
尚ちゃんのほそいうなじから、石鹸のいい香りがオレの鼻腔をくすぐった。
(おいおいオレ…まだ7歳だぞ…)
「いや…本当にサンタクロースかもしれないよ…」
そう静かに呟きながら、オレは尚ちゃんのやわらかいカラダを膝の上に抱き寄せた。


323 :神と呼ばれたエロパロ:04/02/29 22:09 ID:d0KkGQC9
「ひろお兄ちゃんは…じゃあ…クリスマスプレゼントもらったの?」
尚ちゃんがオレの腕の中で、首をかしげながら聞いてきた。
「…うん…今ね」
オレはやさしく笑ってこたえた。
「今…?でも、おにいちゃん今なにも持ってないじゃない」
尚ちゃんが不思議そうに僕の目を覗きこんだ。
「プレゼントはね…尚ちゃん…物だけじゃないんだよ…」
僕は、膝の上のこの愛らしい少女の頭をそっと撫でた。
「ふーん…おにいちゃん難しいこというのね…」
そのまま尚ちゃんは無言になった。
オレは、そのまま胸に伝わってくる尚ちゃんの体温の心地よさに浸っていた。
スー スー
(…?)
気がつくと、尚ちゃんは、オレの腕の中で眠っていた。
オレは、尚ちゃんのあどけないほっぺたにそっと口づけすると、
尚ちゃんを抱きかかえて、尚ちゃんの部屋に運び、寝顔をすこしみつめてから
…外にいる天さんを呼びに行った。

                                     続く


324 :306:04/02/29 22:18 ID:U6wpgFTx
>317-323
萌えた…萌えた…萌えたよ…サンタクロースがいないってことぐらいよーく知ってるけど…
もしかしたらって今日は思っちゃったよ・・・
だって神が萌え尚子たんSSかいてくれたんだから・・・
続き、楽しみにしてるよ!そりゃもう鬼畜だろーとなんだろーと

325 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 22:55 ID:tUaIfo+h
ネ申…あんた最高だよ!(;´Д`)ハァハァ
黒崎×一条もキボンヌ…!

326 :名無しさん@ピンキー:04/02/29 23:47 ID:rtoM/DsV
凄い、なんなんだこのスレは・・・
本物の神が居るッ・・・ここには・・・

327 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:17 ID:mbos0+MG
>>325
了解だっ…!
それをかくつもりで、鷲巣×一条かいたのに
村上×一条かいて忘れてた…
人気の一条モノなので、しっかり構想を練ったらあげてみる…!

>>324-326
ほんとありがとうっ…!
ほんとうにこういうあたたかいレス貰うと
励みになる…!

お待たせ…!
井川ひろゆき(18歳)×吉野尚子(7歳)
続編 : 萌え&ちょっとエロ(鬼畜はやめた)↓



328 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 01:27 ID:D1LdeGSH
尚子タソのAAきぼんむ

329 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:41 ID:mbos0+MG
昨日、オレは天さんの彼女と寝てしまった。
天さんは、怒るどころか、オレが童貞を卒業したことで逆に大喜びすらしていたけど…
それでもオレは、ここを出て行くことにした。いくら天さんをはじめここの人たちが
そういうことに無頓着だとしても、オレが人の道に外れたことをした事実は確かなのだ。
それに、オレも若いから、もしもまた、天さんの彼女のあの熟れたカラダの誘惑に
晒されたら、きっぱり抗しきれるかどうか正直なところ自信がなかった。
それだけは避けなければならない。
オレは、残り少なくなった持ち物をトランクに詰めながら、溜め息をついた。
(せっかくここに引っ越してきて、尚ちゃんとよく会えるようになったのに…。
いや…仕方ない…自業自得だ…)
タン…タン…タン… トンットンッ
可愛らしい靴音がしたと思ったら、控えめにドアがノックされた。
(尚ちゃんだ…)
「ちょっとまっててね」
オレは急いで、玄関にむかった。
そっとドアを開けると、手を後ろに組んだ尚ちゃんが、ドアの隙間からぴょこんと顔を出した。
「お兄ちゃん、遊ぼ?」
うちまで駆けてきたのか、ほっぺたがほんのり桜色だ。。
「尚ちゃんいらっしゃい、寒かったでしょ、コタツに入るといいよ」
「うんっ!」
尚ちゃんはオレの顔をにっこり見上げると、ドアを開けているオレの腕の下をくぐりぬけ、
脱いだ靴をかわいらしい手つきで行儀よく揃えると、コタツの中に潜り込んだ。
「尚ちゃん、ジュースでも飲む?オレンジジュースしかないけど…」
「うん、ひろお兄ちゃんありがとう!」
オレは、オレンジジュースを用意すると、尚ちゃんの隣に入った。


330 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:42 ID:mbos0+MG
「…?あれ…?お兄ちゃんの部屋、なんにもないよ?
…それになんだか今日のお兄ちゃん、いつもと雰囲気違うのね…」
オレがだしたオレンジジュースのコップを可愛らしい手つきで持ちながら、
尚ちゃんはオレの顔をみつめ、不思議そうに首をかしげた。
(この大人びた少女は、オレが昨日したことを、敏感に感じとっているのかな…)
「…うん…。実はね、尚ちゃん。お兄ちゃん、明後日引っ越すことになったんだ」
オレは、尚ちゃんの目を見て言った。
「え…?でも…お兄ちゃんこのまえ引っ越してきたばかりじゃない…」
「うん…そうなんだけど…お兄ちゃん、どうしても引っ越さなきゃいけない事情が出来たんだ」
尚ちゃんのあどけない顔が、急に曇った。
「……尚子…やだ。そんなの…。せっかく、ひろお兄ちゃんとずっといられると思ったのに…」
「ごめんね尚ちゃん…お兄ちゃんが悪いんだ…全部」
尚ちゃんは、オレンジジュースの入ったコップをコタツの上に置くと、ギュッとコタツ布団を掴んで
俯いた。
「…!」
みるみる、尚ちゃんの目から、大粒の涙が零れ落ちる。
「尚ちゃん!?」
オレは慌てて、尚ちゃんの傍に寄った。
その途端、尚ちゃんは、しゃくりあげながらオレにしがみついてきた。
「やだやだやだっ…!お兄ちゃんまで尚子を置いていっちゃうの…!」
(…そうだ…尚ちゃんはお母さんを亡くしてたんだった…)
オレはやるせない気持ちでいっぱいになりながら、ただやさしく、尚ちゃんの背中をさするしかなかった。
10分も経っただろうか。
尚ちゃんの涙はようやく止まった。


331 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:43 ID:mbos0+MG
コタツの中で、この前のクリスマスパーティーの夜と同じように、オレは、
尚ちゃんを膝の上に乗せて、抱きしめていた。
まだ、さっき泣いた余韻が残っているのか、尚ちゃんのカラダは時々小刻みに震える。
「驚かせてごめんね…尚ちゃん…。お兄ちゃんはいなくなったりしないよ…。
お兄ちゃん、引っ越しても絶対尚ちゃんには会いにくるから…」
尚ちゃんは、オレの指に自分の細い指をぎこちなく絡ませながら、小さな声で呟いた。
「…ほんとう?」
「うん」
そう言うと、オレはいっそう強く尚ちゃんを抱きしめた。
尚ちゃんは、黙ってオレの指を一本一本広げていたが、
やがてか細い声で呟いた。
「…あのね…ひろお兄ちゃん…あのね…わたしね…」
「ん…?」
「あのね……お兄ちゃんの…お嫁さんになりたい…」
尚ちゃんの指が止まった。
「……」
「きゃー!」
尚ちゃんは、照れたのか手で顔を隠し、僕の腕の中で暴れた。
僕は、暴れる尚ちゃんをしっかりと腕に抱き留めて、さとすようにいった。
「…いいよ、尚ちゃん」
「え……ほんと?」
涙目になっている尚ちゃんの澄んだ驚いたような瞳がオレを、覗き込む。
こんなに清らかでうつくしい少女はどこを探してもいないだろう。
「うん…尚ちゃんが二十歳になったらね」
オレは、尚ちゃんの涙をそっと拭き取りながらやさしく言った。


332 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:44 ID:mbos0+MG
「わたしが二十歳になったら?」
「そうだよ」
「じゃあ…えーと…あと13年たったら…?」
尚ちゃんは、指折り数えながらオレに問いかけた。
「そう…あと13年経って、尚ちゃんが大人の女の人になったら…
お兄ちゃんが尚ちゃんのお父さんのところに、尚ちゃんをもらいにいくよ…」
「でも…お兄ちゃんそのとき…18たす13だから…31歳でしょ…?
それまでに、お兄ちゃん絶対わたしのこと忘れちゃうよ…」
そういうと、尚ちゃんは、また俯いた。さっき拭いてあげた澄んだ瞳に
再び清らかな涙が湧きあがる。
「…忘れる筈がないよ…。尚ちゃんはね…お兄ちゃんの特別なひとなんだ。
お兄ちゃんはね…誰になんと言われようと…将来お兄ちゃんのお嫁さんになるのは
尚ちゃんだけだと…なんていうかな…わかっちゃったんだ、クリスマスの夜に」
「嘘っ…お母さんも、ずっとわたしの傍にいるって言ってたのに…死んじゃったもん。
お兄ちゃんだって尚子のこと…尚子のこと……!」
あとは、涙が溢れて言葉にならない。
「どうしたら…お兄ちゃんの気持ちが本物だ…って、尚ちゃんに理解ってもらえるかな…」
オレは、尚ちゃんの水蜜桃のようにみずみずしい頬を両手にそっと挟んで、そう呟いた。
「…ひろお兄ちゃん、今、わたしをお嫁さんにして…?」
「え…?」
「今、尚子がお兄ちゃんのお嫁さんになれば、お兄ちゃん他の人と結婚しないもん。
尚子しってるのよ…? 結婚って、キスっていうのするんでしょう?見たんだもん、テレビで結婚式。
そしたら、結婚…できるんだもん!」
きらきらした清らかで必死な瞳がオレを捉えた。
(やばい…犯罪的なくらいに…可愛すぎだっ……辰三さん、すみませんっ)
オレは、思わず、尚ちゃんの可愛らしいさくらんぼのような唇に、唇を重ねた。


333 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:46 ID:mbos0+MG
「お兄ちゃん…」
オレの口づけを受けると、尚ちゃんは、とても驚いた表情をうかべ、
それから頬を染め、あどけなく微笑んだ。
「これで尚子、お兄ちゃんのお嫁さんになったのね?」
「うん、半分はね…。本当のことを言うと、まだ尚ちゃんは、
完全にお兄ちゃんのお嫁さんになったわけじゃないんだけど…
13年後には必ず完全にお兄ちゃんのお嫁さんにしてあげるから…」
そういいながら、オレは、抑えがたい愛おしさが湧いてくるのを感じていた。
「え…そうなの?…だめだよそんなのっ…!…半分しかお嫁さんじゃなかったら…
お兄ちゃんわたしのこと忘れちゃうよ…!」
「尚ちゃん…じゃあ…本当のことを教えてあげる。
お兄ちゃんだって本当は尚ちゃんを今すぐお兄ちゃんのお嫁さんにしたい…。
でもね、尚ちゃんのカラダはまだ小さくて、お嫁さんになる準備が完全には出来てないんだ…。
つまりね…お嫁さんになるのはとても痛いことなんだ」
「……痛いの?」
「そう…だから…お兄ちゃんは尚ちゃんのカラダが大きくなるまで待ったほうがいいと
思ったんだ…尚ちゃんが少しでも痛い思いをしないように」
尚ちゃんは、黙った。
(こんなことまでいっちゃって…齢18でオレは立派なエロ親父じゃないか…)
尚ちゃんが、オレの腕の中でスッと立ち上がった。
そして、耳元に口を寄せた。
(……? )
「…痛くてもいいよ…それでもいいから…今お兄ちゃんのお嫁さんにして…」
その瞬間、オレの理性はまたもふりきれた。


334 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:47 ID:mbos0+MG
(傍目から見れば…もうこれは完全に犯罪だが…愛してるんだ純粋に…!)
オレは尚ちゃんをいきなりお姫様抱っこすると、部屋の奥の布団に運び、そっと横たえた。
「わかったよ尚ちゃん。お嫁さんにしてあげる…責任は全部お兄ちゃんがとる…」
そういうと、オレは、尚ちゃんのすらっと細く伸びた、肢体から、ゆっくり優しく
洋服を…かわいらしいパンティーを…脱がせた。
「…ひ…ひろお兄ちゃん…はずかしい…よ」
尚ちゃんは、キュッと目をつぶって少し震えている。
オレは、服を脱ぐと、まず尚ちゃんが落ち着くよう、懐で抱きしめてあげた。
少女の清らかでほっそりした妖精のようなその肢体は、それでいて、やわらかく、
肌は吸い付くようにみずみずしい。
(このけがれをしらない少女をこんなに早く手折るのは、非常に心が痛むけど…
でも…いずれにしろいつかはオレがこの子の花を散らすことになるもんな…
ただ辰三さんには本当に申し訳ない…今度こそ殴られよう…)
「怖がらなくていいよ…?尚ちゃん」
そういいながら、右手を、そっと尚ちゃんの幼い蕾に沿わせた。
「そんなとこ…?くすぐったいよ、お兄ちゃん」
オレの胸に抱かれながら、尚ちゃんが、ちょっと笑った。
オレが、中指で尚ちゃんの清らかな蕾をやさしく、ゆっくりと愛撫してあげると、
次第に尚ちゃんの息遣いが変わってきた。
「ン…ひろ…お兄ちゃん…あ…なんか…気持ちいいの…」
そういって息苦しそうにあえぐ少女の尚ちゃんの顔には、瞬間大人の女性のそれが重なる。
尚ちゃんの幼い蕾から、少しだけ、とろりとした液がにじみ出てきた。
「尚ちゃん…」
オレは尚ちゃんの細い足をゆっくり広げ、蕾に舌を這わせた。


335 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:49 ID:mbos0+MG
「ひ…ろ…お兄ちゃん…そ…そんなとこ…!」
「尚ちゃんのだからきれいなんだよ」
オレの舌がゆっくりと尚ちゃんの固く閉じた蕾を溶かしていく。
尚ちゃんは、布団を掴んでふるふる震えている。
オレは、そっ…と、蕾の中心に、中指を置いた。
(オレのこの指一本でも尚ちゃんのこの華奢なカラダに耐えられるだろうか…)
そう思いながら、ゆっくりと中指を蕾の中に埋め込んでいった。
「…ッた…!」
それまであえいでいた尚ちゃんが可愛らしい顔をしかめた。
オレは我に返った。
「尚ちゃんゴメン…」
オレは指を抜き、尚ちゃんをただ胸にきつく抱きしめた。
(尚ちゃんがいくら望んだからって…やっぱりだめだ…!
犯罪だからとかそう言うんじゃなく…
こんな形で清らかな尚ちゃんを傷つけ歪めることは…やっぱりしてはだめだ
尚ちゃんが身も心もおとなになるまではただ静かに慈しんであげる…こうやって
ただ純粋に尚ちゃんの存在を包んであげること…それが本当に愛するってことなんだ)
僕は、尚ちゃんのカラダを水を含んだタオルできれいに拭いてあげると、
もう一度丁寧に洋服を着せてあげた。
「…?ひろお兄ちゃん、わたしお兄ちゃんのお嫁さんになれたの?」
そうあどけなく問いかける尚ちゃんの柔らかな前髪をそっとかきあげると、
オレはその額に口付けの刻印を押して、言った。
「そうだよ、尚ちゃん」
                                       糸冬

336 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 01:55 ID:mbos0+MG
  l:.:/:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:./ |:.:.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l/ |:.:.:.:.:.:/ l:.:.:/    l:.:.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ヽ、:./   V     ヽ:.:l ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      l'''~~^^''          ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ミ_===-      ~^'''-、.,_  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    あのさ・・・変なこというようだけどさ
      .l| .l'~       ‐=::;;;_、 ~^' |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      l| し        | | ~''-= ヽ,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     児童ポルノは禁止ってことぐらい
      .l ヽ_.ノl      lー´ ノ       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    よーく知ってるけど
     l  ニノ     . └‐''´        l:.:.:.:.:.:__;;;;_:.:.:.     もしかしたらって今日は思っちゃった
    /  ヽ、        ̄ ' '       l:.:.:./   ヽ
    l                     /:.:./ ̄ヽ  l     だって 思った通りの
    l  l'~ ̄^''‐、.            /:.:./⌒ヽ/  /     萌え展開になったんだもの
    .l  l     )           /:.:./⌒/ /
    .l  ヽ..、、-‐′          ノw人ニ /:.:.__,,
     l                   /^^'''''~~|____|
      .l          __,.、-^~.    l     .|__l
      /ヽ__,,..、、、-‐'''l~~        |    /:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    l         .|   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  __./l         / )\ |:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        -‐'^~/ /        /  /   \

第18話目作製記念SS〜吉野尚子(7歳)〜

337 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 02:19 ID:mbos0+MG
>>310
ありがとう…
銀と金の2部作SSは、
個人的に非常に気にいってるんだ。
そういってもらえるととてもうれしい…。

338 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 02:24 ID:D1LdeGSH
              __
.           , イ, ''" ,∠-‐ '',Z.._
         /  ′       ′ ∠__
.     /l/             ′,∠,
    /         ,.、           /
.    ト'  ,.へ.__, ‐'´  ヽ       '7
   l 、/ u     | _,⊥       /   ………
    |`テニ'_┐ iir _',ニ-‐''1     'ィ  ひろのヤロー
.    ! l=。ミ′‘≦。= = r',.-、   /    ………
    ! l` ‐;Z..__゙ ーr '´v|.|^!.|   ,/   やりやがった
    ヽl/ __-, u  l ij |ノ_'ノ   /     ………
      ゙T ───- ヽ∧    ∧
     ,/!  ‐一   /. ヽ  ∧ ヽ._
,, -‐''7 /.!     v  V.    \∧ ヽ. ヽ
    / / └;┬──'     ,.くト、ヽ i |
   i  i i l |>、      ,.く.>'l. l. | | |
.   | │ l | トニゝ    /ニ/ |  |. | | |

339 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 02:26 ID:oXQjbCpP
>327
一応突っ込んでおくが…鷲巣と兵藤の名前勘違いしてる?

340 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 02:30 ID:D1LdeGSH
きっと801板で流行りのパラレルだろうと>>327を擁護してみるテスト

341 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 02:43 ID:mbos0+MG
               /
     _     /                 
   、N´   `ヽ、/
   ゝ      l 7二ニ7==‐-_、        
   イ      l /   // ̄\ /、`'‐、    …いや…兵藤と間違ってた…!

   "W._ヽ=-‐|/-──'-~、.._/  `'‐、 \    やべえ、今まで気付かなかった…。
       ̄, ̄7 ⌒ヽ      /     \.ヽ 
        / ./    }.     k         \!     佐原を佐竹と間違えるわ
      / /     |____|        /‐┬f=i
.      /   7'''─r/     \.       , '  .|_| ‖ 兵藤を鷲巣と間違えるわ…   
.    /   /  //        //ヽ.   // ‐''´ ,E! リ  
    /   f_/  .//       /   ヽ/.∠. -‐┬f=i スレ部分修正出来るものならしてえ…! 
  / _,:=/  /'´       ,'     /     |_| ‖  
` /  {三 ' _,ノ          l       _, -‐''´ ,E! リ   せっかくのひろ×尚子
./    ̄ ̄            `ー-‐ ''"´       ゝー'  完成の喜びもふきとんだ…。

342 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 02:54 ID:mbos0+MG
  ,, -─‐-、,,-─-,、
     /        ,'⌒ヽ\
    〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \
    /, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \      今日アカギ15巻よんで興奮してて
     '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \    一条×兵藤会長のところを
              |L.|  |       ヽ、  一条×鷲巣と誤記し、
            | | ,,,|,        .l   読者の厨たちに混乱をまねいたことを
.              |_|_,||        .ノ   深くお詫び…。
                |::|::: :|_|       ,ノ |  
             rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ   
            i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ, >>324 ひろ×尚子
            ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ   こんなかんじでよかったか?
                                すこしでも萌えてもらればいいが…


343 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 04:07 ID:mbos0+MG
        / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \      ようこそ>>325様………
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |     ご希望の黒崎×一条ですが……!
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ    近日発売の破戒録12巻を待って
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |   執筆にあたらせていただきますっ……!!
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |
       |   /            ||,) |ヽ. | 
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||   それまでどうぞごゆるりと…
       ハ ー――‐一    /! i |_  | 
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
            


344 :306:04/03/01 07:05 ID:kyDvZWAj
(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ
(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ(´Д`;)ハァハァ

神は…神はエロパロにいたっ・・・・・!!!
ありがとう…ありがとう・・・・・・っ!!!
尚子たんの萌えエロをありがとうっ・・・!!!あんた本物の神だよ・・・!!

345 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 18:00 ID:t2akB4lB
>神と呼ばれたエロパロ様、当方黒沢オンリーの上、まったくの初心者ですが、参加してもいいですか?
 以下の文は、執筆中の黒沢エロパロの一場面です。

 あいつらの部屋ーあの夜が明けた午後、しづかはナルミの部屋のベッドに仲間二人に腕を押さえ込まれ
ていた。目の前ではズボンをはだけたナルミがにやけた笑いとともに肉棒をしごいていた。
「なあ…一回ならいいんだろ?」
「一回だけといったはずじゃん…それなのになぜあいつらまで?」
これから起こることはわかりきっている。でも確かめずにはいられない。
「一回だけだから、何やったっていいんだろ?あいつらも混ぜてやれよ」
「何!?」
目を見開かれる間もなく、しづかは無理に起された。仲間二人が押さえ込んだしづかの腕を背中に回し、
手錠をかけたのだ。おもちゃとはいえ、どんなにもがいても外れるなんて甘い事はない。
「…あんた、何する気?」
目の前にナルミが肉棒を突き出した。アンモニアの臭いと、先走り汁の生臭い臭いがしづかの鼻をつく。
思わず目をそむけるしづか。そのしづかの顔を仲間は無理にナルミのほうへ向かせる。
「しゃぶれよ」
ナルミがさらに肉棒を突きつける。仮性包茎の亀頭には白い恥垢がたまって、それがしづかの胃をよじらせる。
黙ったままのしづか。不意に中島が鼻をつまんだ。
「ぐぐぐ…」
ゆっくりとしづかの唇にナルミの肉棒がねじ込まれていく。仲間達に頭を押さえ込まれ、しづかの頭は
前後に揺さぶられる。このイマラチオには快感はない。口の中に生臭い臭いが立ち込めていくだけだ。
ぐいっぐいっとしづかの頭は前後にゆれ、ナルミは目を細めて、しづかの口を犯す快感に浸っていたが、
やがて急に、しづかから肉棒を外した。
「はあ…」
急に解放され、自然に吐息がこぼれる。しかしまた目の前にナルミの肉棒がつきつけてあった。
「今度はチンカスなめろよ」
「馬鹿言ってんじゃ…」
いいかけたが、体は自由にならない。ナルミの欲求に屈するしか解放されるすべはないのだ。
しづかは半ば自棄になりそっと舌先をナルミの亀頭に寄せた。ちろちろと器用に、包皮と亀頭の
間に舌先を滑り込ます。そして舌先で恥垢をそっと手繰り寄せ、舐め取っていく。舌先に生臭くも
塩辛い味が広がる。屈辱の味だ。


346 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 18:01 ID:t2akB4lB
「ふーっ…」
しづかが亀頭の恥垢を舐め取ったのをみて、満足げに吐息をもらしたナルミだったが、
「飲めよ」
しづかのあごを押え上げた。恥垢が唾液とともに喉を滑り込む。嫌悪感に思わず首をふってもがくが、
次の瞬間、抵抗さえ出来なくなった。
 中島がしづかのスカートに潜り込み、パンティを脱ぎとって、秘部をさらけ出したのだ。
さらけ出された秘部に中島の指が潜り込む。クリトリスの包皮を器用にむくと、親指でこねくり回した。
「うう…うっうっ」
強く押しつぶすかと思えば、不意に軽くなぜ回す。強弱の刺激がびくびくとしづかをゆらす。
「うう…お前ら…」
波のような強弱のリズム。やめろと全身に叫んでも、無理矢理に翻弄させてくる。ひくひくと
軽く痙攣させてしまううちに、中島が秘部に指をかき込んできた。くぐもった水音。
「すげえ、おまんこぐしゃぐしゃだぜ」
認めたくない。目を閉じた瞬間、口を犯すものがあった。指だ。そして広がる酸っぱくも辛い味。
これが何なのかもうわかっていた。
「すげえ、しずか、こいつ自分のマン汁なめてるぜ」
「ぐ…ぐぐぐ」
中島の指に犯されたまま、しずかはうめくしかない。手錠をはめた手はどんなにもがいても自由には
ならない。それでも手錠を外そうとむなしくもがいていた。しかしそれでさえ仲間の片割れに抱きす
くめられ、胸をわしづかみにされたままもみしだかれるだけの結果になってしまう。きつく転がされて
いる乳首がかたくしこっていくのが耐えられない。でも耐えるしかないのだ。自分が言い出したから。


347 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 18:02 ID:t2akB4lB
 半裸の姿で三人の少年の嬲られるままにされている少女。しづかはそのみじめさに涙さえにじんだ。
しかし、やらせてやるといった以上、泣くわけにはいかなかった。いいさ、好きにするがいい。だけど
あたしはお前らのお望み通りに泣いておねだりはしないさ。
 押し黙ったままのしづか。ナルミはそれを無言の了解とみたのか、しづかの秘部に肉棒をあてがうと、
一気に腰を沈めた。
「……」
ずんと衝撃がしづかを震わす。びくびくと体が震えるのは感じているからなのか?嫌悪から逃げようと
腰を振っても、びくびくとした衝撃が体を震わす。痛いのに…それなのにこんなにびくびく震えてる…
「あっああっ…」
歯を食いしばっても、体中に広がる衝撃から逃げられない。
「すげえ、しづかのおまんこ、きついぜ、それにうねうねしてる」
上ずったナルミの声ががんがんと響いてくる。もうしづかは口をぱくぱくとあえぎながら、うつろに
視線をさまよわせるだけの人形となった。しかし、まだ終わらなかった。
 中島が自分の肉棒をしづかの口に押し込んだのだ。
「ほら、しっかりなめろよ」
「ううん…うう…」
がんがんと衝撃が体中をつんざく。これが苦痛なのか快感なのかわからないまま、息苦しさのなか
うめくしかないしづか。身をよじり、逃げようとしても、もう逃げられない。
「ううっ、出すぜ!」
 ナルミががくんと腰を振った。それにあわせてつながったままのしづかの腰もがくんと揺さぶられる。
「ぐぐぐ…」
しかし、まだ終わらない。しづかの口腔を犯したまま、中島の腰の動きがひときわ激しくなった。
激しいイマラチオ。がくがくとしづかの頭は揺さぶられたままだ。
そして
「すげえ…」
不意に生臭い汁が口腔に飛び散った。口腔をみたす青臭い精液。びくびくと中島の肉棒は
震え、容赦なくしづかの口腔を汚し、白い汚濁は唇からあふれ、糸を引いて滴り落ちる。
 唇から白い汚濁をこぼしながら、しづかはひるまずナルミたちをにらみつける。切れ長の目
の鋭さは失われていない。その鋭さと唇を照らす白い汚濁とのギャップがこの少女をより一層
卑猥にさせていた。

348 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 18:03 ID:t2akB4lB
「いいだろ?気が済んだだろ?」
もう手首は手錠が食い込んでしびれるだけだ。しづかは自分がどれだけ疲れきっていたかを
感じてはいたが、おくびにも出さなかった。
 しかし、終わらなかった。
今度は中島が腰を沈めて来たのだ。秘裂からびちびちとナルミの精液としづかの愛液が混ざり合
って、あふれていく。
「ううっ…」
歯をくいしばりながら、しづかは次第に激しくなっていく中島に揺さぶられていた。
「すげえ、こいつもう腰振っているぞ」
気が遠くなりそうなのをこらえるしづかに今度は片割れが肉棒を突きつける。
片割れはしごいたかとおもうと、すぐに肉棒から白い汚濁が顔に降りかかってきた。
しづかのはりつめた表情を容赦なく汚す白い汚濁。
 放心状態のまま、目だけは見開いていた。流されまいと。
いつまで続くのか…
 しづかが解放されたのはもう夕方遅くだった。ナルミ宅を出て行こうとするしづか
をナルミが戸まで送った。
 欲望を出し切り、満足げなナルミをにらみつけた。
「これでいいんだろ?一回だけだからな。これ以上はごめんだね」
 緩みきった頬のナルミ。
「ああ、やりたいことやっちまったから、わかったよ。じゃあな」
 この笑みは牛の反芻のようだ。くどくどしくて見ていられない。
 ナルミが家へと戻るのを、振り向きもせずにしづかは駅へと歩いた。
 口がやけに生臭い。三人の精液を飲まされたせいだろう。
 口をゆすごうとしづかは道端の自動販売機で、ボトルのミネラルウォーターのボタンを
押そうとした。そのはずだった。手が震えるのだ。
 あたしがあんなことで?
 苦笑いが自然に浮かんでくる。ボタンへと伸ばした右手をみると、そこには紅い痣が
ぐるりと手首を取り巻いている。がたがたとさらに一層大きく手が震える。
 こんちくしょう。


349 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 18:03 ID:t2akB4lB
 苦笑いがとまらない。唇を異様なまでに吊り上げた少女。やけで思い切り適当なボタン
を押す。出てきたのはミルクティーのボトルだった。
 もうどれでもいいとボトルを口に突っ込む。
 次の瞬間、えずいた。口の中の精液と、ミルクティーの甘ったるさが混ざり合ったのだ。
えずいたまま、しづかはひざまづく。座り込んだまま、耐えられずに口を開く。
 ミルクティーがねっとりとした白濁とともにこぼれ、地面に広がった。
 「くっくっくっ…」
 思わず漏れたのは嗚咽じゃなく、乾いた笑いだった。自分でもなぜ笑っているのかわからない。
でも、笑いは止まることなく、溢れ出す。
 なぜ?ばかばかしい。
 そう思いながら、それでも乾いた笑いはどこまでも止まらなかった。止めるすべさえ知らなかった。
もう、すべてどうでもいいから。
ただひたすら笑うだけだった。


思ったより長編になってしまいました。

350 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 18:59 ID:mbos0+MG
             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l     当スレは誰でもウェルカム!
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |       ROMも職人も
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |      どうぞお気になさらず
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|     ご自由にお楽しみください
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / 丶-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/

351 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 21:53 ID:PNh5g5J3
天の女って名前ないんだよね…
ところで、神の執筆の合間に俺も前座として一筆…いいかな…?
今のところは森田×沙織なんか予定してるんだが………………

352 :名無しさん@ピンキー:04/03/01 22:08 ID:7MCMuCBI
>345-349
おお、黒沢ネタか。GJ!
ナルミめ・・・

353 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/01 22:24 ID:mbos0+MG
>>351

>>350 !

354 :名無しさん@ピンキー:04/03/02 02:38 ID:/30SO0Rn
いつもみたいにネタスレだと思って見てみたら…



ゃ良スレだ

355 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:05 ID:BtIWmGQR
>>351
また一話つくっちゃったんで悪いが先にあげるぞ…!
前座といわず…SS完成したら好きなときにあげれ…


アカギ15巻発売を記念して
 『鷲巣とアカギのデスマッチ』 
を無理やりエロパロ化…
100%ネタSSっ…!
      ↓


356 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:06 ID:BtIWmGQR
アカギ第66話「援交」(原作「謁見」)

カチャ…
(こいつか…… この男が鷲巣厳……!)
(ニィ〜ッ…)
「君かね…?今夜の相手は…」
「……そうです……」
「齢は…?」
「19……」
「ククク……けっこうけっこう……若者はいい……若さは貴重だ…
それでこそわしの差し出す大金と釣り合う………」
鷲巣は、アカギをつれて長い廊下を進み、突き当りのドアに手をかけた。
ギィッ…
アカギは部屋をさっと見渡した。
部屋は広く、豪奢な装飾品に彩られている。中央には…深紅の天蓋つきベッド…。
「…フフ……この部屋に入るのも久しぶりだ。このところガタガタあったからな…ククク…」
そういうと鷲巣はアカギを振り返った。
「……名前を聞いてなかったな」
「アカギです」
「アカギくんか……かけたまえ」
アカギは黙って深紅のベッドに腰掛けた。


357 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:09 ID:BtIWmGQR
「フフ…やるまえに、わしからも説明しておこう…やり方は通常のSEXとなんら変わらない
ちと違うのは道具…目隠しと手錠だ…!」
「……」
「それを使って…通常通りのSEXを行う…やれば分かるが…これでやるとコトが煮詰まるんだ…
なまじ動けないから人はイキやすくなる…ククク面白い嗜好じゃろ…?
フフ…まあやれば君もすぐわかるよその味が……」
「……」
「アカギくん…わしは以前仰木くんに若者を紹介してもらい…
数百万賭けたSEXをしていた時期がある…一時熱くもなったが
今から考えれば手慰みもいいとこ…わしは今その程度じゃとても物足りん…
別の味を知ってしまった。早い話…レートが変化した…!つまり…」
「察しはついています。おそらくオレの体と…ペニスを賭けろ…というのでしょう…!」
「…ククク…聡明聡明…実に察しがいい…その通りだ…!君には肉棒を賭けてもらう…!
君が犯される回数はおよそ2回…君はボロボロになりながらも犯され続け、
一度でもわしより先にイッたらその肉棒を失うのだ…途中棄権は一切認めぬ…
2回とはそう言う意味だ。いうなら君の肉棒の重さ…その2回にわしが値をつけよう…!6000万だ…!」
 (昭和40年の6000万は現在の6億)
「……」
「ククク…君はこれから数時間で一生分を生きる…!戻ることができぬ…修羅の道を生きる…!
…途中手心など一切加えぬ、泣こうが喚こうが中出し&切断…いいかな…?」
「ククク…念を押されるまでもない…ここまでは想像の範疇…!
問題はその先…!あれでは足りぬ…あの回数では…あなたが破滅しない…!
つまり回数を10倍にしていただきたい……!」

358 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:11 ID:BtIWmGQR
「バカなっ…!ふざけるなっ…!ガキ一人の体に…
20発…20発も出せ…というのか……! 」
ドンッ
「ええ…そのとおりです。もっとも、何の背景も持たぬオレのようなチンピラのペニスには、
6000万(現在の6億)ですら過大評価。充分な値段。
その基準そのものには何の文句もない…
問題はそのオレの値6000万を2回という過少な回数で薄めている点…!」
「え…?」
「つまり…下限を2回とするからダメなんで下限を…20回にすればいい…!
それならあなたも破滅する…仮にあなたが20発ヤれなければ…オレは6億(現在の60億)をさらう計算」
「ば…バカかっ…!?話にならん…!下限20発だぁ…?20発でどうするっていうんだ…!
どうやって20回凌ぐ…?どうにもならんだろ…!違うか…!」
「ククク…まんざら…凌げなくもない…!」
(ざわ…)
「だいいち…2回を20回と設定して頂かなければ今夜の勝負の肝心かなめ…
あなたを殺せないのだからしかたがない…!」
「…ばっ…ばかもんっ…!なんだっ…!このガキは…!誰に口をきいてる…!?」
「フフ…それに20回までの下限があろうとなかろうと…たぶん…同じこと」
「同じ…?」
「ええ…そんなものSEXが始まれば関係ない…一旦オレを抱いちまえば止められっこない…!
同じこと…!いくところまでいく…!」

359 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:13 ID:BtIWmGQR
「言っておくがアカギくん…この鷲巣SEXで先にイク事は敗北だ…つまり君がオレに一発抜かせる前に
先にイってしまえば一銭も受け取れぬ…つまり金も得られずただ貞操と大事な肉棒を失うのだ…!
いいんだな…?それで…!」
「ククク…構いません」
アカギは自らの体と…ペニス…!
鷲巣は最後に残った命の金6億っ…!(5億+隠し預金1億)
互いに破滅を賭けたSEX…!狂気のデスマッチ…!
「では始めるか…!ククク…おまえの肉棒…おまえの肉棒に相当する20回…
20回犯され尽くした時おまえは男でなくなるっ…!ククク…では君から脱ぎたまえ…!」
バサッ…
鷲巣SEXは愛撫をしない。
椿油を使うのは初っぱなの一回戦だけで、一度穴に塗り終えれば、あとは目隠しと手錠をされた
若者に鷲巣が狂気の肉棒を突っ込むだけ。
スタート…!始められたっ…!鷲巣SEX…!
(ククク…楽しみだ…実に楽しみ…!どんなSEXをする…?あれだけの大口を叩いたのだ…
凡庸なSEXなど許さぬ…!というより通常のカラダではとても生き残れんのだ…!
2回ならまだしも…20回ではとても…それほど常軌をいっしてメチャクチャな回数…
自殺行為といっていいほどの暴挙だ…ゆえに1%でも生き残りの可能性を残すには…
名器でなければならぬっ…!それも並の名器ではダメだ、人智を超えた名器…!
他を圧する締め付け…!ほとんど神がかりと言っていい程のそんな天賦の名器を持ち…
かつ…狂っていなければならぬっ…!人間的に壊れていなければならぬっ…!
理性が消し飛んでいなければならぬ…!どんな状況になろうと毛ほども喘いではならぬっ…!
おまえに…その狂気があるかっ…!?アカギっ…!)
ズブッ…!

360 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:16 ID:BtIWmGQR
鷲巣一回目…!挿入…!
アカギ顔色変えず…!
「ククク…なるほど…どうやら経験がないってわけでもないようだな…ふつう…声は殺せても
そこまで平然とはできぬものよ…ククク」
「……」
パンパン…ズチュ…グチュッ…
「ククク…このふてぶてしい態度はたいしたもの…しかし…そんなものはしょせん小細工に過ぎん…
流れは呼べぬ…!イクのはおまえが先っ…!SEXの闇は…その闇に潜む魔王は…小賢しい小細工より…
もっと悠々としたあるいは浪々とした…つまりわしのようなSEXを好んでおるっ…!」
「…ッ…」
(ククク…なんだなんだ…この表情は…もうイクか…!面白くもないっ…!くだらんっ…!この一発で
決まりではないか…!しかしまあ…こんなものか…!しょせん若い者のカラダなど…!)
ちゅグゥ ビクッ…!ドピュぅ…
「ぐうっ…!?」
「通らず…!カリ締め付け1回…!一回戦終了」
(こいつ…!わしの気が緩んだ瞬間の隙を突いて狙ってきおった…!偶然じゃない…!意図的だ…!
さっきの一回きりの強い締め付けがそれを証明している…)
「面白い…!こうでなくてはつまらん…これくらいの快感は与えてくれねば面白みがない…
ククク…抗えっ…!せいぜい抗うがいい…!追い詰められ…息も絶え絶えに快感に堪える姿こそ
美味…!わしの愉悦なのだ…!」


361 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:18 ID:BtIWmGQR
続く二回戦…アカギは再び引き入れる…!鷲巣の射精っ…!
次戦、三回戦…。
(…この男は…自分の快楽を切れる男…通常そんなことは…交感神経が許さぬ…
この一事が常人にはまず出来ないことなのだ…!それをあっさりやる…!少なくとも
オレが今まで肉棒を挿入してきた…ただの名器の若者…そういう輩とは質が違う…!
しかしとはいえ…それでもイクのがSEXだ…!)
ズッ…ズジュぷ…パンパン…チュグッ
「フフ…いけっ…!いけっ…!いけっ…!名器も時に意味を成さぬっ…イク時はいくがSEX…!」
超危険体位のこの後背位…しかし…アカギは喘がないっ…!締め付けへ…締め付け…!
パンパンパン…じゅぷっ…ズッチゅ…ちゅぐ…
「…ッ…」
(かすかに喘いだっ…!勝った…これでラストスパートの直後…アカギの肉棒を嬲って終わり…!
ククク…勝ちっ…!紆余曲折はあったが…結局は…敵ではなかったこのガキも…!
つまり…おらぬのだ…!わしに勝てる者など…! )
シュリシュ…
「うっ…!?」
ドピュゥッ…!
「ロンッ…!フフ…じいさん…3発目直取り…!…逆転だっ…!」
ごぷっ…
「三回戦終了だ」
「うっ…ううっ…!」
(この狂人がっ…!自分がイキそうになった瞬間の筋肉の伸縮を最大限に利用して
強烈に締め付けてきおった…!)

362 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:19 ID:BtIWmGQR
結局アカギは…三回戦の疼きを体内に残したまま四回戦に突入…!
必然的に三回戦よりも危うい立ち上がりとなる…!仮に…一番感じやすい部分を集中的に
攻撃されれば…イクか…イク寸前まで追い詰められる…。
「ククク…アカギくん…どうだねここで10分休憩というのは」
予想外の展開…鷲巣の申し出。これを受ければ、先にいく恐怖からは解放される…
されるはずだった…が…拒否っ…!
「いらないっ…!」
「な…なぜだっ…!?どう考えたって…ここは体力回復だろう…!アカギっ…!」
「金だ…!今は…守銭奴のように金っ…!それでこそあなたを…殺せる…!」
そしてつぎの五回戦、鷲巣の限界が近いとみるや…あっさり体位変更…騎上位…!
危なげなく肉棒を消化…!
一見五回続けての射精に、ふにゃり気味の鷲巣自身。
しかし、その見かけとは別方向の匂いをアカギは鷲巣の肉棒に感じとっていた。
(苦戦の予感っ…!異物あり…!)
鷲巣SEXその六回戦。アカギの直感は悪いことに的中っ…!現実のことっ…!
最初の挿入でアカギ、思いもかけず声が漏れる。
最初の挿入から5分も経たないうちに、鷲巣の体位…二回変化…!飛躍的に躍進すっ…!
それも乱れ牡丹と碁盤攻め…!
(ククク…さあ…追い詰めたぞ…!あともう一歩で…イかせるっ…!この生意気な小僧をっ…!)
せいぜい震えろっ…!アカギっ…!)
そんな中…鷲巣は前進っ…!ズパン…ズぬチュ…ズポッちゅ…!腰を休めない。
奥の奥まで突く…!前へ…!さらにっ…アカギの蜜も溢れるっ!
ますます濃厚っ…!鷲巣の熟練…逆転の性技が…強烈に匂い立つ…!

363 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:21 ID:BtIWmGQR
思わず目を覆う現実っ…!アカギの秘部が敵にっ…!敵にっ…!
アカギ、締め付けに波を加える…
が…ダメっ…!無駄締めっ…!蜜が溢れ肉棒にコントロールがきかない…!足踏み…!
すでに5発抜いている鷲巣はこのとき当然余裕。
圧差っ…!アカギ圧倒的に不利っ…!アカギは誰よりもよく知っているっ…!
そこにもってきた鷲巣の肉棒抜けた一瞬…!体位変わりのチャンスっ…!
「リーチッ…!」
アカギ宣言っ…!しかも…その待ちは…仏壇返し…!鷲巣が後ろ側から攻める体位…!
(クク…墓穴を掘ったか…!? 肉棒の快感に耐え切れず…自分から勝手に転んでくれたか…!?
よりにもってこの体位…!追い詰められて暴発したか…!? これで…勝ちっ…!)
鷲巣…斜め下から一気にこれまでにない速さで突き上げる…!
ズッちゅズぷっぬちゅッ…!
「いけっ…アカギっ…!
「…ぅ…!」
「ククク…はやくいけっ…!この狂人っ…!」
パンパンパン…!
(…いかん、飛ばしすぎたっ…!ああっ…!?)
ぶどぴゅうッ…!
「ううっ…!」
「フフ…残念…終了だ…!フフ…気持ちが押されているから軽々に攻めに走るっ…!
攻めを速めなきゃ勝てた…ほんの2、3分我慢すればオレはイっていたのに…
なにを恐れているんだか…」
「ぐっ…!」
「ククク…意外に臆病だな…鷲巣巌…!」


364 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 05:21 ID:BtIWmGQR
(こいつっ…!誘導かっ…この土壇場…わしを操ってきたか…?こんな小僧がっ…!つまり…
読みきっていた、わしの思考をっ…!なんたることっ…!くそっ…!まるで手玉ではないかっ…!
なぜ気付かない…?今考えれば明らかに不自然な体位だ…!アカギはあの体位でわざわざ
自分がイキやすくなる危険を負ったのだ…!見え見えではないか…!何らかの作為があるのは…!
見え見えっ…!くそっ…!)
こうして…アカギと鷲巣の六回戦は終了…!
危なげに見えたアカギだが、終わってみれば6発も処理し、この結果…鷲巣圧倒的体力消耗…!
                                               
                                              続く(かも)

365 :天の嫁ファン:04/03/02 13:58 ID:9JxtueSy
>>351
天の嫁達は身内では便宜上、赤毛、細目、メガネと呼んでいた
天嫁子 天嫁美 天嫁恵という仮の名前も付けたがイマイチだった

最近ではガンダムSEEDに出てくる赤いガンダムに乗ってる
3人(アサギ、ジュリ、マユラ)の内、2人が嫁と似ているので
彼女達を「天の嫁ガールズ」と呼んでいる
ttp://momogaku.s17.xrea.com/up/source/up0234.png

366 :名無しさん@ピンキー:04/03/02 16:23 ID:NyJPlKz0
神と呼ばれたエロパロさんよ……
あんたホントに神だよ……
これからも頑張ってくれ。

367 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 17:11 ID:BtIWmGQR
            -、─-、 , -─;z..__
            -、─ゝ   ′   <    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∠-‐ゝ          ヽ   | ありがとう……
       /  ,>  , .ハ i ,、    l   | じゃあ…作ってみようかな
     /  ∠-ァ ,.ィ /、 ゝトゞ\  |    |  …………
   /      //イ'==   u == |.r.、!  < 続編……
. /        /   | 、f;j l l f;j , u||ユ}ト、   \_______
 l      イヘーr-、l/// ノ ヽ /// !ー':! ヽ、_
. ヽ.      | | l  l r‐-`ニ´-─、 ト、.|  |- 二
    \    | ! l  ド、ー─── '/  〉 :|     
.     \  | !   |  l゙ヽ二 ‐ ´  //  |    
       ` く    |  |  ト、   / /   |      
         \  | :|/`ヾー// \ |
           ヽ|    o∨´==    `    過去ログは

368 :名無しさん@ピンキー:04/03/02 20:17 ID:tvVX+5QD
>>356-364
天才的だっ…!!
今までの話も凄かったが今回のは流れが原作のママなんで
福本絵が頭をよぎり……鬱になった_| ̄|○
ちなみに俺は誉めてので気悪くしたらスマン
>>365
似てるかも
俺はメガネの子が好み?

369 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 21:14 ID:BtIWmGQR
>>358よ、  
歯を食いしばれよ…… 
このスレを 一度覗いてしまった以上
あんたは普通の感性の人間じゃない・・

今日その境界線を … 越えちまったんだ…
もうあんたの感性は 普通じゃねえ
あんたは今後なし崩し的に…
福本絵での… エロに馴れていく…!
あるいは福本エロでいつか萌えすら覚えるようになる…!

これくらいで鬱になってどうする…?

ふんぞりかえれ……
あんたの鬱にすら感じるほどの感受性は 弱点でもあるが  
同時に強力な武器でも あったんだぜ  
あんたのその感受性
オレは嫌いじゃなかった…    

(↑ただのネタレスだからなっ…気悪くしたわけじゃねえぞ…!)
                                 

370 :名無しさん@ピンキー:04/03/02 21:38 ID:TwiGdH1A
>>356-364
全然違和感が無い…マジで職人だな
>>369
レスもレベル高いな

371 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/02 21:57 ID:BtIWmGQR
スマソ…
>>369のレス中の>>358>>368の間違いだっ…!

372 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 02:10 ID:g1MQnbBu
>>367
続編に激しく期待っ・・・!だが・・・ 過去ログは  が気にならないでもない・・・っ!

373 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 04:56 ID:tczK+QZC
>>372
…うっかり消し忘れた…

 まあ、皆の衆あまりレスの細かいミスは突っ込まないでくれ…
 SSのほうに神経注ぐだけで精一杯なんだっ…!

『鷲巣×アカギのデスマッチ』の続編、苦戦の予感…
原作同様停滞気味…
名台詞が多すぎて…

296-302の
鬼畜カイジ×佐原の続編を書いてみた…
佐原が可哀そうかもという声多数のため
今度は、少々強引だが萌え展開に仕上げた…!

↓カイジ×佐原 続編 (萌え路線)


374 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 05:03 ID:tczK+QZC
佐原を犯し終わり、その後暫くうたたねしてからオレは目を覚ました。
床を見ると、昨晩4時間余りオレに犯され尽くした佐原が、あいかわらず、
最後にオレに中出しされた時と同じ状態に足を開いたまま
花弁から精液を垂れ流し呆然と全裸で横たわっている。
「!」
ボロッ…ボロ…ボロ…ボロ…
(え…?な…なんだ…?なんだ…?急に…一体…)
突然の…意味不明の涙…意味不明の涙が流れて止まらない…!
(くそっ…!どうなってんだ…!?なんでオレは泣く…?なんで…?)
突然襲った落涙。その悲しみは佐原の絶望が伝染して伝わったというような
そういう「場の空気」のようなものではなく…オレの胸の奥から湧き上がってくる…
波動…哀感だった…!
不明…不明…わけのわからぬ感情…ただ…どうでもいい奴を陵辱しても
多分オレは悲しまない…と…すれば…
(この悲しみは…佐原が…好きだから…なのか……?)
「…佐原…すま…くっ…!」
オレは佐原の頬に手を伸ばし、謝ろうとして、思わず手を引っ込めた。
(ケッ…!なんか汚ねえ…!ずるいぞオレ…!謝ろうが…すまなそうにしようが…
とどのつまり犯したんじゃねえか…!)
「ううう…」
佐原が朦朧と嗚咽した。
(ヤることヤっといてごめんなさいって…なんか…二重にあくどいっていうか…
調子よすぎる…!オレは謝らない…謝るもんか…!)
「許されようなんて思わない…!!犯す…!ただ黙って犯す…!」

375 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 05:05 ID:tczK+QZC
(これは謝るようなことじゃないんだ、犯したきゃ犯す…この仕組みは…
この世の姿そのもの…基本も基本…大原則だ…!これは抗うことのできぬ
真理…現実…!だから犯せっ…!犯すんだっ…!)
オレは再び手を伸ばした。目の前の佐原の…その無防備な肢体に…!
その姿はまさに風前の灯火。小刻みな震えが止まらず意識を保つだけで
精一杯というそんな状況の肢体…もはや押さえつけるまでもない。
一回挿入すればそれだけでその危うい均衡は崩れ失神…失神するだろう…!
(くっ…!無力…あまりに無力な佐原…!奈落の縁に泣く赤ん坊…!)
ボロ…ボロ…ボロ…
「くうっ…!」
(オレは…何をしようとしている…? 犯したきゃ犯す…犯したきゃ犯す…)
犯したきゃ犯す……)
ボロ…ボロ…ボロ…
「けど…」
「…! ?」
「犯さないっ…犯さない…犯さない…犯さないんだっ…!
…今日はもう佐原をこれ以上犯さないっ…!オレは犯さないっ…!」
オレは滂沱の涙をながしながら、佐原をかついで風呂場に連れて行き
その汚れたカラダをシャワーで洗い、そのまま佐原をベッドに運び寝かしつけた。

376 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 05:07 ID:tczK+QZC
午前0時過ぎになってようやく、全裸のままの佐原はオレの腕の中で意識を取り戻した。
「佐原…気がついたのかよ…」
「なんだよっ…これっ…!? …ふざけるなっ…!ふざけるなふざけるなっ…!
まだオレを犯そうってのか!オレみたいな『男』を二晩続けてまだ犯そうってのかよっ!
いい加減にしろよいい加減その…腕離せよっ…!通報するぞっ…!
これ以上オレを犯したらオレはカイジさんを通報するっ…!」
「ククク…犯さない!…犯さないと言ったが…『今日は』犯さないとしか言っていない…
そのことをどうか佐原も思い出して欲しい…」
「え…?」
「つまり…日付が変わった今ならおまえを犯すことは…可能だろう…!ということ…!」
「な…なんだよそれっ…!ばっ…ばか野郎っ…!お…終わったはずだろ…!?
終わったはずだろっ…!もう…こんなことは…!」
「ククク…残念ながらまだだな…オレはな…佐原が好きみたいなんだ…!」
「!!」
「世間のやつらが本当のことを言わないならオレが言ってやるっ…!
男が女より好きだっ…!そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う…!!」
「ええ…!?なっ… 」
「佐原…こんな気持ちは初めてなんだ」
「カイジさん…そりゃあ…たしかにオレも最後は気持ちよかったけど…でもさ…」
「おまえのカラダだけじゃねえ…!感情の部分が異例なんだ、圧倒的に…!」
「カ、カイジさん…!」
(わかってねえっ…!今度のSEXはただごとじゃねえんだ…間違いなく…
オレは異端の道から戻れなくなる…なんでそれが理解できない…?しかし…
この胸の奥から湧きあがる気持ちは一体…)
「くそっ…!やるよっ…!やりゃあいいんだろっ…!」


377 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 05:09 ID:tczK+QZC
オレは拳を震わせている佐原を抱き寄せて呟いた。
「佐原を…こうしてベッドの中で抱きしめているともうそれだけで…
しみじみ幸せを感じられる…普段感じることのできない萌えという名の悦楽…
両想いであることの愉悦…!」
「…やっぱり今晩もやるんですか…?」
「え…?当然だろ、昨日のSEXとはまるで違うんだ、やるさ派手に…
たぶん二人とも燃え尽きる…ククク…同時に星になる…!」
佐原の中で…何かが変わった…!気がつけば…震えも止まっている。
胸の奥底に芽生えた感情…オレからの告白が、異端へのためらいさえねじ伏せた。
一種の諦観……。
仮に戻れぬ…としても…仮に今後世間から異端者と指差されようとも…
今宵、オレと狂気のごとく愛しあうっ…!
オレの腕の中の佐原の花弁をオレの指がやさしくほぐしていく。
「はぅ…!カイジさんっ…!」
「大丈夫かっ…!」
「あふッ…大丈夫…大丈夫っ…!ハァ…ハぁ…」
(佐原の温度…存在…!腕の中の佐原の息遣い…!)
「あ…佐原もう…こんなに濡れて…」
「ぁあ…!カ…カイジさん…挿れてっ…!?挿れてっ…!?そこに…」
「挿れる…挿れるぞっ佐原っ…!挿れるっ…!挿れるっ…!」
(…オレは…佐原が好きだ…佐原も…オレが好き…
だが男同士…!なのに…なんだ…?この愛しさは…!
…胸から湧いてくる…この温かさ…この萌える気持ちは…)

378 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 05:10 ID:tczK+QZC
ズぶッ…ジゅぷぅっっ…!
「うぁあっ…カイジさ…!」
(…なるほど…なるほど…しょせんはそういうことか…好きになったら同じ…
たとえレイプされた相手であろうと…男であろうと…好きになったら…同じ…!)
「佐原っ…!佐原っ…!」
(佐原が…佐原がただ…オレの腕の中にいるだけで…興奮する…!
佐原が目の前にいないその虚しさを考えたら
今オレの腕の中に在る佐原の存在はまさに奇跡…!萌えそのもの…!)
ズにゅプ…!ズぐちュ…!ズぬぷぅっ……!ガク…ガク…!
「はあッ…カイジッ…いきそッ…!」
「もう一歩待てっ…!耐えろっ…!耐えるんだっ…!佐原っ…!
一緒にいくぞっ佐原っ…オレと一緒にっ…!一緒にっ…!一緒にイクっ…!」
パンパンパン…ジュプっっ…!
「…ハァぁああッ!!カイジさんイ…クっ…!!」
「おおお…佐原ぁっ…!」
  ビクンッ…!!ドピュぅうっ…!!
「ハァ…ハァ…ハァ…はぁ〜っ…!」
「佐原…佐原ぁ…」
オレたちは汗まみれの手とカラダをつないだまま、激しい交わりの余韻を楽しんだ。

                                    糸冬


379 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 05:42 ID:+WV3k4dl
エログロ

380 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 06:07 ID:tczK+QZC
このスレを守り立ててきてくれた皆の衆…
誠に…勝手な申し出なんだが…ひとつだけお願いがある…

このスレの存在を…あまり…広めないでくれ…

↑のようなレスが増えてきて荒れてしまうから…
だからっ…!今後はひっそり…こっそり…すすめていこう…
まちがっても…漫画板の福本スレには…貼らないでくれっ…ここのURLはっ…!

381 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 06:37 ID:+WV3k4dl
ありゃ、もう貼っちゃった。ごめんね

てか俺荒らしだったのか…正直な感想だったんだがw

382 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 07:04 ID:tczK+QZC
他のこのスレの住人はなんとも思わないかもしれないが…
オレ個人は恐ろしく創作意欲が殺がれるから
正直なところ、>>379のような感想は、書き込まれるとマジですげー鬱…
作品の「構成力がない」とか「文章がわかりづらい」というレスなら甘受するし
「心の中で」エログロとかキモイSSと感じられることは全然かまわないが…
(それは個人の感じ方の違いだからな…)
ただ、それをレスの形で書き込むのはやめてくれ…
他の職人が書いた作品に対する感想に
関しても同様に、
なるべく創作意欲をそぐような感想は書かないようにしてあげてほしい…このスレでは…

このスレはホモOKという前提で
それをたのしめる人たちだけでまったり穏やかにすすめているし
今後もそうすすめていきたいから
その点について気に食わない人、グロく感じる人は静かに去ってくれ…。
ここはそういう人には…不向きなスレです…。

383 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 09:59 ID:cV6UGJGa
中々萌えたっ…!
佐原女役っていいかもしれん。
今気づいたが、カイジ女役ってないな・・・
遠藤×カイジだと鬼畜になりそうだから、
石田父×カイジなんてどうだろう。

384 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 11:09 ID:yF0e2HQZ
ついに言論統制まで敷く気か>>1よ……。
見損なったッ……!
頭を下げて非難を避けようなどとは、愚かしいにも程があるッ……!
そうまで非難が怖いのなら、大人しく職探しに専念しろ……!


385 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 12:34 ID:+6tkOP9G
       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  / 静粛に・・・
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /   >384はマターリいくこのスレの趣旨を理解していない
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /   
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /      最初に言ったはずだ・・・
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /   そういった行為は一切認められていないと・・・
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::


スレが広まると活性化するのはいいんだが荒しも多くなるからな。
神の広めて欲しくないという意見はわかる。
まあここまで続いたんだから落ち着いていこうぜ。

386 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 13:05 ID:na5qr/wW
>>384にやや同意。
>>379まで荒らし指定するのはやり過ぎじゃないかな?
ここが801板でない以上、多少は耐えるべき。
マターリはしたいけどね。

387 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 15:30 ID:tczK+QZC
なんかもう…
このスレでかく気が急激にうせてしまったので
もうこれでやめます。
ほんとうにこのスレを愛してきてくれたひとにはわるいけど・・・。
幸い新しい職人も出てきたし。
そのひとたちにひきつぎます。
ただ、単にエログロとだけかいてあるから、
スレの最初らへんの荒らしと同じことがまた
おこるのかとおもった。
私、24歳、女、来年院を新卒職探し中は、
もうこれでかくのはやめます。就活もいそがしくなってきたこともあり。
わたしは801としてかいてきたのではなく
あくまですべて「純粋なエロパロ」として作品を書いてきた。
ただのやみくもに男と男をまじわらせてかく801作品にはしたくなかったから
設定をよく研究して、なるべく原作と違和感がないようにしてきた。
男×女も思いつく限りかいてきた。
だからあえてエロパロ板にたてた。
そのことはどうかわすれないでください。
だから、たんに「男×男の作品だから即グロい」とか
固定観念だけで
そういうことをかかれるのは、いやでした。

さいごに、黒崎×一条を希望されたかたに確約しましたので
これだけはあとで、投稿します。
鷲巣×アカギの続編に関しては、わかりません。

>>385さん、フォローどうもありがとう・・・。
>>383さん、石田×カイジはおもしろいですね。あたたかいレスありがとう。
                                                      
 神と呼ばれたエロパロ



388 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 16:16 ID:J+xg/1BI
ちょっと…神と呼ばれたエロパロさん、ちょっと待っててくださいよ。
そのことでへこまないで…
わたしはあなたにあこがれて書き始めたのに…(345−349です)
グロとかそんな煽りスルーでいけませんか?まだ叩きもそんなに
ひどくないのだから、スルーでいけませんか?マイペースでいけませんか?
連続しているならともかく、ぽつぽつとあるだけだから、まだスルーで
いけると思います。
このスレのほとんどの方はあなたの作品を楽しみにしているのですよ。
今までエロパロを全く書かなかったけど、「金と銀」のSSにすごく感動して
書きはじめたのです。エロパロでもやれることを信じて。
 何か書けば何か言われるのは当たり前のことだから、自分の好きなよう
にやっていけませんか?グロとかいわれても、まだわずかです。全部が
あなたの作品を否定しているわけじゃないのですよ。
 でも、あなたが引退なさるのなら、ひきとめはしません。好きでやるから
であって、義務ではないから。
 私の345−349は実は黒沢長編の単なる一部でした。本筋ではありません。
 あなたにあこがれて書き始めたのだから、完成したら全部載せます。
 拙いけれど、少しでもあなたに追いつきたい。
 私は黒沢が大好きです。だからこそたとえエロパロでも完成してみせる。
 どんなに拙くともやってみせる。
 あなたが見せてくれた作品の輝きに少しでも近づけるように。
 ありがとう。輝きを見せてくれて。

389 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 16:38 ID:tczK+QZC
           , -― 、
         ム〉   l   いやんなった……
          F|〕   |
         ムl!ト、_,r-<      もう
         L!,/ 「`ヽ
     ,. -‐ ''''""´ ̄ ヽ | ̄`ー、  なにもかも……
   /⌒ヽ. ,;::       lヽゝ'';;
   |   ヽ|     ..   |
   |  \|    ::;;  |
    | 丶、|       |
    |   | ;;::     |


390 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 16:51 ID:tczK+QZC
自分の作品にいい評価が下されなかったから、叩かれたから、
書くのやめるわけじゃないぞ…
自分の作品については、準最終作のカイジ×佐原も含め、とても誇りに思っている…
カイジ×佐原続編は個人的に上ランクの出来だとも思っている…
そうではなく…

オレの一作一作にこめられた
カップリングの性別など超越した
ところにある作品の本質…
その芯の部分を理解してもらうには
ここまできてしまっては
このスレではもう無理だろうと思ったから…

今後はまたどこか別のところで活動するつもりだ…
もしこの2chでめぐり合うことがあったらまたあおう>>388よ…
おまえのSS嫌いじゃなかった…!
もう一人のまだ準備中の職人にもよろしく言っといてくれ…!
オフ会開きたかったな…!
じゃあな、健闘をいのっているぞ…!





391 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 16:53 ID:tczK+QZC
巡り合えた気がする・・・

.  ____   __|__
..  /\ |       ノ|
   `/ |/     / |
  /   |_,   ノ  |

   |  ---.     |
   |          |
   |,  ---     |  ./
.    __.      |/
.  ,  ヒニコ
. -+- -,-----    ..___
.. |  ノフフフ   /  ノ   )
  ̄_       (  ノ   )
  __ ノ     V´   ノ
  |  | | ̄| ̄
  | ̄  |  |
  |   ノ  |


392 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 17:03 ID:8zlSumQ7
まぁ・・今にして思えば 1には今回みたいなことになるその兆候はあった
1は金に汚くなく 命も張れる・・・申し分のない強者だが 少し純すぎた・・・
いっそ少しくらい混じっていてくれた方が良かった 1は・・・ まっさらすぎた・・・
純だから2chという毒にあたった 今回の引退は 奴の美点利点が裏目に出た



というかマジなのか?神。
・・・まあこのスレがどうなるかわからんが、気が向いたらまた戻ってきてくれ。

393 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 17:53 ID:/lBJmOZt
引退してしまうのですか・・・
あなたが執筆なされたSS、どれも本当に好きでしたよ。
気が向きましたらまた帰ってきてください。
その日までお待ちしております。

394 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 19:11 ID:0L2FUkRB
お疲れ!楽しかったよ!!

395 :379:04/03/03 19:27 ID:+WV3k4dl
俺のせいか…俺のせいなのかっ……!
すまない……すまないっ……!
神と呼ばれたエロパロっ……!このスレのみんなっ……!

396 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 19:38 ID:urWyXSye
神が逝ってしまうのか・・・・・・
同じく就職活動中の身でエロパロ書いている俺としては心細くなったな。
アンタの活躍ぶりを眺めているとき、オレは本当に幸せだった。勇気付けられたんだよ。

オレは思うんだがよ、2ちゃんってのはドブ川みたいなもんさ。川底には汚ねぇヘドロが積もってやがる。
それでも俺達ゃ川の恩恵にあやかって生きてるわけだ。
アンタはそんなドブ川に迷い込んじまった白鳥だったのさ。羽は汚れちまったが、まだ飛べねえことはねえ。

神と呼ばれたエロパロよ。心から礼を言うぜ。良い思い出をありがとう! 



397 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 20:04 ID:tczK+QZC
             /| /|  /|
           , '|/  レ'   |/  レ1
        /                |, 1
          /                |
       /,.. -‐'''"~ヽ.            7
.     /ニニ    ヽ          /
.    <   ,. -──  /        7
     \,, ===。=  .|:r‐、        /           
     / ニ二´    |:|r 、i     /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.   / _-,ー- 、ヽ.  |:!ト;シ     /    | いや…今となっては誰が悪いわけでもねえ……
   ` <.___, ヽ   ||ー'      /   <  たぶん…ここらが…妥当な引き際だった…
       L.._    /ヽ.      /       \それだけっ…! 短い間だったが皆ありがとな…
          /   ./;;  ヽ ,,.. -─┐     |____________________
       /  ∠''-‐ '''"~~       |
       ヽ._∠.. --─────┬┴-
   -‐'''"~             |


398 :名無しさん@ピンキー:04/03/03 20:49 ID:cV6UGJGa
さようなら、神


こんにちは、神(345−349

399 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 22:51 ID:tczK+QZC
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| 麗人破戒録 <~ヽ,    <⌒ヽ  __ ヽフフ     .|
|       ヽ,ニニ, ニ,´>   / / _ヽノ   /.|      | 
|           ノ ノ  | |  / く   ヽノ   /,/      .|
|         //,へノ | .//| .| <ヽ、/ /     .. |
|        レ´ ヽ___.ノ "   |_.|  ヽ,,,/       .|
|  第05話「黒崎×一条」の巻      .       ..... |
|  ┏━━━━━━━━━━━━━━/ ̄\━┓  |
|  ┃                    |. 完  | ...┃  |
|  ┃   、-‐-、r''二∠‐- 、       \_./ ....┃  | 
|  ┃ < ̄ニ ミ -─  、  \            ┃  |  
|  ┃ ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ …アリーヴェ  .┃  |  
|  ┃レ'〃,' l f'''゙゙l ‖  l  l  ! ヽ.l   デルチ!  ..┃  | 
|  ┃/イ//,.1.|  l l、i 、 | ‖ l.|          ┃  |   3/5〜3/6未明発刊
|  ┃ レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l           .┃  |  
|  ┃   |==ij  ==i;j=''| | l |          ┃  |  
|  ┃   .│"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !         ....┃  |  
|  ┃    | < 、        |Lノ│|          .┃  |
|  ┃    | ヽニニニフ   ,| l |.‖|          .┃  |   
|  ┃     ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|         .┃  |      
|  ┃      ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!         .┃  |   
|  ┃        ,」 -‐ イル',. -‐}ル}         ..┃  |  
|  ┃        /\  /::;::-─-:ヽ.         .┃  |  
|  ┃       /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ       ....┃  |
|  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  |
|  EROPARO NOVELS           神   .|
|______________________|

400 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 23:09 ID:tczK+QZC
   / ニ `′二_`ヽ.\   
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ 
 / / , l f'``"" | ト  l l | 
 ! | 〃 , | u   l | l |、 | |.| 
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  | 
. | /l''==a= , =a==''|r、! 
  |,イ| `   〈|    ̄´ ||'イ        400………!
.  トl.|   _ ヽ _   l'イ|
  l l.ト、.‘'''" ̄ ̄`'''’,イ l |
-‐'''l ! l.\   ̄  / | l |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::


401 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/03 23:13 ID:tczK+QZC
             _-‐─------- 、   
          ⌒/  ─        ヽ 
       //  r  ─  \     \     
      /     .r     \   \  ヽ       地下送りですが
    ./   / |   \   \  \  \   
   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .          ヽ     
   | |    | |::   ::| || || || || || || ||      |    それが・・・・・・ 
  .|  | |   .|::   ::| || || || || ||ノ|ノ | \   | 
  |  |   ノ_| |:::   :|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|    .| 
  .|   ノ| / ::|ノ::ヽ 、    /    :::::::| \ |      何か・・・・?
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. |      
   .| rへ||::` _O_ノ;;|   ` _O_ ノ :::||Fヽl |
   | |に ||::::::    ヾ|          ::::||レ./|  
   .| .ヽ_||::::::    ::::          :::|| ノ |   
    .| | .|:::     ヽつ        :::| |  |
    | .| |::  ─‐----------‐─   ::| | ||
    .|   |::  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ::| | ||
     | |. ヽ:  `──---─‐'    /|  | |
    .| | | .\:     ≡      ./  | |
     | |  | | .ヽ           / | |  | |
      |ノ/|    \:::      /| |  |\ .|
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ:::::::::::::::::::: 
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::|    .\ /    |:::::::::::::::::::::::::::::

402 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 00:31 ID:okPV6/ML
>>401
……。
…ひょっとして……寂しくなってきたの?

403 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 00:47 ID:iUW3nmOg
  lll  ll  , /::/.// /::::::::\ヽヽ  ヽ ヽ
      ///_.//:://  ̄ ̄ ヾi,::\ ト|ヽ| 
 lll  ll //'  /'`メ、    ,r'`ヽ::::ヽl      そりゃあ>>402
     / ====u== ≡  /=u==== .|     これまで毎日かいてきたんだ…
 /'⌒| ll|:::::::`ー--‐'" :::::::::::\‐-‐'" |      まったく淋しくないっていえば嘘になる…!
 | l⌒| |::::::ヾ~し'"ソ ::::U::::::::::\ー' |      だが…
 .| |二|ll |:::::::::::` ̄ ノ r‐:::::::::::::::::ヽ、      しかし…
  | !  | |::::::/ ̄ ~     ̄  ‐-- '      仕方ないのさ…これも…!     
  ヽこ, リ、::/:::::ム──────‐‐i .|      空気も悪くなっちまったし第一
    /ミ :::\::::::::::::::          |      いつまでもこんな生活続けるわけにもいかねえ…
   /ミ  :::::::\::::::U:::: ミ三彡   /       就活の試験も来週からあるしな…!
   /ミ   ::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::/        それより…最後に…オフ会がしたい…
  /ミ     :::::::::::::\::::::::::::::::::::/         とくに396や216とオフで話してみたい
  /ミ      ::::::::::::::::\::::::::::/;|`ー,        216の一条への打ち込み方…尋常じゃなかった…
  ヽ、      :::::::::::::/;;ヽノ;;;;;;| 7        新宿か…渋谷で…オフしてみてえんだ…。

404 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 01:08 ID:okPV6/ML
空気が悪くなった……か。それについては、このスレを誕生から見守ってきた一人として色々思うところがあるけど…今更だよな。
新宿といえば、俺新宿在住だ。でも就職活動あるんでしょ?

405 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 01:23 ID:FUXUb3hZ
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| 麗人破戒録 <~ヽ,    <⌒ヽ  __ ヽフフ     .|
|       ヽ,ニニ, ニ,´>   / / _ヽノ   /.|      | 
|           ノ ノ  | |  / く   ヽノ   /,/      .|
|         //,へノ | .//| .| <ヽ、/ /     ..|
|        レ´ ヽ___.ノ "   |_.|  ヽ,,,/         |
|  第05話「黒崎×一条」の巻                    |
|  ┏━━━━━━━━━━━━━━/ ̄\━┓  |
|  ┃                    |. 完  | ...┃  |
|  ┃   、-‐-、r''二∠‐- 、       .\_./ .┃  | 
|  ┃ < ̄ニ ミ -─   、  \                ┃  |  
|  ┃ ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ …アリーヴェ   ┃  |  
|  ┃レ'〃,' l f'''゙゙l ‖  l  l  ! ヽ.l   デルチ! ..┃  | 
|  ┃/イ//,.1.|  l l、i 、 | ‖ l.|           .┃  |   3/5〜3/6未明発刊
|  ┃ レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\   | l           ┃  |  
|  ┃   |==ij  ==i;j=''|  | l |          .┃  |  
|  ┃   .│"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !            ┃  |  
|  ┃    | < 、        |Lノ│|            ┃  |
|  ┃    | ヽニニニフ   ,| l |.‖|           ┃  |   
|  ┃     ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|          ┃  |      
|  ┃      ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!          ┃  |   
|  ┃        ,」 -‐ イル',. -‐}ル}           .┃  |  
|  ┃        /\  /::;::-─-:ヽ.           ┃  |  
|  ┃       /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ        . ┃  |
|  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  |
|  EROPARO NOVELS           神   .|
|______________________|
ずれたAAを見ると修正したくなる

406 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 01:24 ID:iUW3nmOg
いまさらってどういう意味…?

407 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 01:25 ID:iUW3nmOg
>>405
わざわざありがとう

408 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 01:30 ID:iUW3nmOg
オフ会は長くて3〜4時間だから
毎日SS書くのとは違って
都合はつく…

396や216は東京在住かな…?

409 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 01:34 ID:okPV6/ML
>>406
今更話をぶり返しても、また空気が悪くなっちゃうよなって意味。それだけ。
他意は無いよ。

410 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 01:42 ID:iUW3nmOg
あーやっぱ…もう…オフ会の件はいいや…
…。

なんとなくわかった。
たぶん…誰も集まるまい…。






411 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 01:46 ID:okPV6/ML
???
俺のせい?
396や216、他の奴らも喜ぶと思うけど……。

412 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 01:47 ID:okPV6/ML
ageてもた……orz

413 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 01:54 ID:iUW3nmOg
ぶり返すつもりで
空気も悪くなったとかいたわけでは…全然ねえぞ…
今日の一連の流れで
オレが実感としてこれ以上居づらくなってしまったっていう
…単にそういう意味あいだ…
オレは別に……怒ってるわけではないしな…
明け方はたしかに…イラついていたが…
途中からはただ…なんつーか…今日のことはいろいろ…
自分のしょっぱなの対応も含めて無性に悲しいだけ…。

まあいいやそんなことは済んだことだ…振り返るのはやめ…!

>>396、216…
もし東京在住なら軽くあわないか…
就活の話やエロパロ作りの話、福本漫画の話など…してみたいんだ…
(いや…むりならいいんだ…)


414 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 02:06 ID:iUW3nmOg
>>412
きにすんな…たまには…ageもまたよし……!

415 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 02:20 ID:FUXUb3hZ
383 名前:風と木の名無しさん 投稿日:04/03/03 23:12 ID:kLhL4YjR
>わたしは801としてかいてきたのではなく
>あくまですべて「純粋なエロパロ」として作品を書いてきた。
>ただのやみくもに男と男をまじわらせてかく801作品にはしたくなかったから
>設定をよく研究して、なるべく原作と違和感がないようにしてきた。
しかしコレはあんまりにも自意識過剰だYO!w
そういうのを拘ってる801はゴマンとあるのに…
自分の作品は素晴らしいを連呼してたしなぁ・・
正直原作セリフ改変しつつエロしただけのレベルでは。


だってさ

416 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 02:31 ID:ly8q/ADR
>>414
気分は分かるけど、引退宣言しちゃったんだ。そろそろそのコテハン、やめたら?

俺は他スレでSS連載してるけど、やはり801とスカトロと陵辱(拷問系)は
投下には相当気を使うよ。もちろん、当人の意図はあるだろうけど、この3つは
生理的にイヤな人がいることは事実。そういう人たちからの非難は、ある程度は
許容する必要があると思うよ。いや、それに限らず、どんな作家−プロも含め−だって
『嫌い』という人は一定数存在するわけ。全員が好き、なんてのは、某共産主義国の
…ぐらいだろう(w。それぐらいで凹むなよな。修論の口頭試問よりは楽だろ?

態度はともかく、筆力に関しては、某スレで褒められてたよ。
しばらく充電期間を置いて、名無しでも別ハンドルでもいいから、復帰したら?


417 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 02:34 ID:okPV6/ML
>>414
ありがとう。

>>413
このレスで本音が聞けたような気がする。うん、振り返らない方がいい。特に夜は、心も疲れてるから。
オフ会の成功祈ってます。それから、内定が決まった後の復帰も。
それでは。

…と、叩きレスが入ってたか。でも、こーゆーのが当たり前のように入ってくるのが2ちゃん。
スルーするか、反論するか、頭を下げるか。
フォローは特にしないけど、アドバイスするよ。今は放って寝ておいた方がいい。その方が冷静なレスになるから。

418 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 02:36 ID:okPV6/ML
…て、また来てる。俺があげたからか、重ねてスマンorz

419 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 03:13 ID:iUW3nmOg
>>415
自分が素晴らしいなんてどのレスでいった?
自分の筆力の最善を尽くしたといってるだけ。
創作小説ではなく
あくまでパロディなんだからセリフパクってもべつに問題ないでしょう。
>>416
このスレは最初に、
私が801陵辱系OKという前提で始めていて
そういうのだめなひとはみないでとあらかじめかいたんだから
嫌な人、むかつく人はみなければいいだけ…。
他人の立てたスレにSSを投下する時とは条件が違う。
ただ、初期にあった荒らしの再発と勘違いして過敏に反応したのは
悪かったけど。
なお、正式な引退は、黒崎×一条投下後なので
それまではコテハンのことであなたにとやかく言われる筋合いはない。
心配しなくても、もう最終話を投下したら、ここにも2chにもこないから。

>>413
ありがとう…でもオフ会はもう開催しません。
こんな悲しい情けない想いするならこのスレ立てなきゃよかったかもとおもう。
最初から支えてくれたみんなによろこんでもらいたくてがんばって
かいてきたけど、みんなの本音は<<415-416なのかもな。
なんでここまで叩かれなきゃいけないんだろう。(と書くとまた叩かれるか)
ただ、まったり静かに
福本作品の世界観を楽しんですすめたかっただけなのに。
もう…マジでこれまでの毎日がなんだったのかと泣けてきた。





420 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 03:15 ID:iUW3nmOg
あ・・>>413→417のまちがいな・・・。


421 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 03:22 ID:iUW3nmOg
>>416
っていうか、そういう一部の嫌いな人たちの
文句にさらされてスレのまったりした雰囲気をこわされたくなかったから
ずっとsage進行にして地下ですすめてきた。
なんでそれがいけないのか。


422 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 03:28 ID:iUW3nmOg
大事に大事に育ててきたこのスレが
一番なって欲しくない形で
めちゃくちゃになってしまった。
これまでこのスレ愛好してくれた人、
ほんとうにすみません。

423 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 04:25 ID:LxQBoUXk
それほど思いつめなくてもいいと思うぞ、神よ。
とりあえず落ち着いて天の15〜18巻でも読め。
そうすりゃ受け取りようも書き込み方も自然と変わるはずさ。
そして今度SSを投下するまでは、
このスレを覗かない、書き込みしないことを勧める。
流れが来てないときは無理にじたばたしないほうがいいって。


424 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 05:13 ID:NaVed9tM
本当に名前の通り過去形になってしまったが・・・
責任感の強い>1なんだなと、今まで見させてもらっていた。
この難しいネタ元をパロって、なおかつここまでこのスレを
実質一人きりで盛り上げてきたのは本当に凄いことだ。
誰が何と言おうとそれは誇りに思っていいはず。
何より、あんたのSSは面白かった!

425 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/04 08:20 ID:iUW3nmOg
ありがとう…。
すこしおちついた…。
昨日は、>>415-416を読んだショックのせいで
なにもかも信じられなくなって
気付けばストレスで吐いちまった…。
心臓が鷲づかみにされたかんじでろくに眠れなかった…。
そうだな、>>423のいうとおり、もうSS投下までくるまい…。
叩きたけば…好きなだけ叩いてくれ…。
だがオレはもうこれ以上…反論はしない…。
もううんざりなんだ…。
いかに良作のエロパロを作っていくか
ということ以外の瑣末な部分で
傷つけたり傷つけられたりするのは…。
この、種を植えゆっくり育ててきた大事なオレの…このスレが…
もはやまるで別のスレのよう…寒々しい…。
いま文字通り…心が粉々に砕け散ってしまっているので…
この状態のまま、一条シリーズの甘めの雰囲気を書き出せるかとても…不安だが…
最後の職人としての力を振り絞って
この状態での出来る限りのモノを書くように…なんとか努力するよ…。
それがオレの出来る…一条ファンへの…せめてもの…償い…。
つたない作品になったら…ほんとにすまないな…。
>>424…ほんとうにありがとう…
>>424のレスが…もし>>415-416のようなレスだったら…
マジで…即死していたかも…マジで…ほんとうに…ありがとう…。


426 :396:04/03/04 09:03 ID:lWkNIE7R
俺、東京在住だ。遅レスになってしまったが、オフ会やってみたかったな・・・・・・
最近スランプ気味だったし、オフ会ってやったことなかったからな・・・・・・


427 :216:04/03/04 09:50 ID:/y7ooCqh
なんかよく分かりませんが…
ここに、連絡先、置いておきますね…

神と呼ばれたエロパロさん・・・!
オフ会があるなら私は行きますよ・・・!限度まで。
東京在住ノシ

ni_ichi_roku@hotmail.com

428 :123:04/03/04 14:54 ID:ikuG7oPF
. :r,: : : i: : :: :、:i: : :!: :l: :: ; : : 〃: :,-: ::し'-ァ /
: ,! : : ハ:{ ; ;:ヾl: : :{::ノ: : ;!: ://: :i": : : : ;ノフ,/     ま  オ 神
(:゙、: : i: :`、: : ノ'゙ー、:i:l: : ノ: : :,: : : ノ: : :,-'://      せ  レ は
: i: :!: :!;: :;-ー'"   ~`:.、ノ: : :!: :/ :ソ: :-‐゙ノ!      る  ら 
ヽ;:‐'~      、 .::::::::`:.、ノ:ノ: :ノ: : :,:,-‐i'       た を
'''   〉    ,.、_ ヽ:::::::::::::::::::..゙、チ,=: /  |      め 楽
  /  ........ヽ.`。、.゙ト、:::r:;:::::.. ;:,';/   l      に  し
 ./,  :::::::::::::::`ーシ:ハ::/,ヘ::: //      ',      :  
 '-'  :::::::::::::::::: ,'::,、=。、‐' i'/      ゙i     
       _,,- '::/:::`ー-゙/   _____ \      
    _,,, 、`ヾ.,-ノ :::::: ,'"  ,r'"      `ー゙
  , <十メ`>、 "  :::: ノ  /
  ゙ー、ヽノ`、ノ  ,/  /    ぞ ち 引 ず就  `、ー- 、_, -‐'
  :::::::::\ ゙ー'  /   ,!      .: ま き  っ職      i
::゙、 ::::::::: ゙~,/     .|      :  っ こ  と活      ゙l
::::::`:、 _/        !     :  て も   動      |
:、/ ̄           |       た っ   も      |
 \        __,!        ん     せ      ,!
  /        `ー、         だ     ず    /
-〈           ゙i                 ,!
  \          ヽ               ノ


429 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 15:01 ID:Mt/Fnq2T
>>428
>>124


430 :123:04/03/04 15:07 ID:ikuG7oPF
. :r,: : : i: : :: :、:i: : :!: :l: :: ; : : 〃: :,-: ::し'-ァ /
: ,! : : ハ:{ ; ;:ヾl: : :{::ノ: : ;!: ://: :i": : : : ;ノフ,/       ガ
(:゙、: : i: :`、: : ノ'゙ー、:i:l: : ノ: : :,: : : ノ: : :,-'://        タ
: i: :!: :!;: :;-ー'"   ~`:.、ノ: : :!: :/ :ソ: :-‐゙ノ!        ガ
ヽ;:‐'~      、 .::::::::`:.、ノ:ノ: :ノ: : :,:,-‐i'      言 タ 
'''   〉    ,.、_ ヽ:::::::::::::::::::..゙、チ,=: /  |     っ 
  /  ........ヽ.`。、.゙ト、:::r:;:::::.. ;:,';/   l     て
 ./,  :::::::::::::::`ーシ:ハ::/,ヘ::: //      ',     ね
 '-'  :::::::::::::::::: ,'::,、=。、‐' i'/      ゙i    │
       _,,- '::/:::`ー-゙/   _____ \   で
    _,,, 、`ヾ.,-ノ :::::: ,'"  ,r'"      `ー゙
  , <十メ`>、 "  :::: ノ  /
  ゙ー、ヽノ`、ノ  ,/  /     書    エ    `、ー- 、_, -‐'
  :::::::::\ ゙ー'  /   ,!      け    ロ     i
::゙、 ::::::::: ゙~,/     .|     ば    パ    ゙l
::::::`:、 _/        !      い    ロ    |
:、/ ̄           |      い          |
 \        __,!     ん           ,!
  /        `ー、      だ         /
-〈           ゙i     よ        ,!
  \          ヽ            ノ


431 :123:04/03/04 15:08 ID:ikuG7oPF
. :r,: : : i: : :: :、:i: : :!: :l: :: ; : : 〃: :,-: ::し'-ァ /
: ,! : : ハ:{ ; ;:ヾl: : :{::ノ: : ;!: ://: :i": : : : ;ノフ,/        
(:゙、: : i: :`、: : ノ'゙ー、:i:l: : ノ: : :,: : : ノ: : :,-'://       就  
: i: :!: :!;: :;-ー'"   ~`:.、ノ: : :!: :/ :ソ: :-‐゙ノ!       職 
ヽ;:‐'~      、 .::::::::`:.、ノ:ノ: :ノ: : :,:,-‐i'        だ  
'''   〉    ,.、_ ヽ:::::::::::::::::::..゙、チ,=: /  |       ぁ
  /  ........ヽ.`。、.゙ト、:::r:;:::::.. ;:,';/   l       :
 ./,  :::::::::::::::`ーシ:ハ::/,ヘ::: //      ',        :
 '-'  :::::::::::::::::: ,'::,、=。、‐' i'/      ゙i      ?
       _,,- '::/:::`ー-゙/   _____ \   
    _,,, 、`ヾ.,-ノ :::::: ,'"  ,r'"      `ー゙
  , <十メ`>、 "  :::: ノ  /
  ゙ー、ヽノ`、ノ  ,/  /       親      `、ー- 、_, -‐'
  :::::::::\ ゙ー'  /   ,!         に       i
::゙、 ::::::::: ゙~,/     .|        食      ゙l
::::::`:、 _/        !      も  わ      |
:、/ ̄           |      ら  せ       |
 \        __,!     え  て      ,!
  /        `ー、      :         /
-〈           ゙i     :        ,!
  \          ヽ            ノ


432 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 15:56 ID:zvzB7gdR
エログロage


433 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 21:35 ID:4GbyudEa
黒沢もどきを見てる気分になるのは俺だけだろうか

434 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 21:58 ID:A5Qj4tQ7
荒らされるのは人気のある証拠

嫉妬は名声の伴侶である
Envy is the companion of honour.

435 :名無しさん@ピンキー:04/03/04 22:49 ID:Mt/Fnq2T
>>434
荒らしを養護するわけじゃないが、奴らは嫉妬だけで来るわけじゃないだろ。
わざわざ英語版の方を和訳するような面倒なことをしなくても、
元の“出る杭は打たれる”の方がしっくり来る。

436 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 00:05 ID:bZwqfKcm
黒沢もどきってAAがか?

437 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 00:06 ID:bZwqfKcm
某スレより抜粋
383 名前:風と木の名無しさん 投稿日:04/03/03 23:12 kLhL4YjR
>わたしは801としてかいてきたのではなく
>あくまですべて「純粋なエロパロ」として作品を書いてきた。
>ただのやみくもに男と男をまじわらせてかく801作品にはしたくなかったから
>設定をよく研究して、なるべく原作と違和感がないようにしてきた。
しかしコレはあんまりにも自意識過剰だYO!w
そういうのを拘ってる801はゴマンとあるのに…
自分の作品は素晴らしいを連呼してたしなぁ・・
正直原作セリフ改変しつつエロしただけのレベルでは。

384 名前:風と木の名無しさん 投稿日:04/03/03 23:29 2PGp3urF
SS叩き(しかも他板)をここでせんといて。
興味ない。
385 名前:風と木の名無しさん 投稿日:04/03/03 23:37 biloDrRZ
同意。放置しようよ。
387 名前:風と木の名無しさん 本日のレス 投稿日:04/03/04 21:11 ooB5uSn/
同意。じゃあ383はそれを超えるSSをかけるのかよと小一時間。
 
 神気にすんな!383は神の筆力に嫉妬してるだけ。
 435もじゅうぶん荒らし擁護しとるだろーが!スレがつまらなくなるから
 これ以上荒らし蒸し返すなYO!神のレスじゃねーけど昔からいる俺からするとうんざりだね

438 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 00:48 ID:1+wRIu4Y
>>437
お前、「出る杭は打たれる」の意味知ってのるか?
「出る杭=頭角をあらわす」だぞ?
むしろ、神を擁護しているレスに見えるが?


439 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 00:54 ID:HyCw2fbM
>425
俺は>424だが、>1にそう思ってもらえると有難い。
1名無しとはいえ、躊躇わずに本心を書き込んでよかったと思える。
だけど一言っ・・・>416は一見厳しい口調のレスだが、一理ある。
>415の何処からとも知れぬ転載と一緒にしちゃ失礼だと思わないか?
言わば>416は、同じ立場に立ったことのある人間からのアドバイス…

とにかく今は相当ストレスがたまっているようだから、ゆっくり休んでほしい。
肩の力が抜けたなら、その時にまた楽しみながら筆をとってほしい。
無理をせずに好きな時に好きなものを書いてくれ、これが望みっ…!

440 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:03 ID:etyLvmxN
>>437
>神の筆力に嫉妬
漏れはその383じゃないが、正直、文章力は“そこそこ”程度のレベルだと思った。
あくまで学生レベル。
が、おまいらの持ち上げ方はやりすぎ。
まぁ持ち上げるだけなら別にかまわないが、神マンセーでない意見のことごとくを荒らしと呼んでしまうのはどうなんだ。中には中立で冷静なレスもあったはずだぞ。

>>413をよく嫁。
>自分のしょっぱなの対応も含めて無性に悲しいだけ…。
神本人が自省しているというのに、おまいらはまだ気づかんのか。
確かに神は打たれ弱い。が、おまいらの過保護なフォローなど、なんの解決にもならんことに早く気づけ。

てか
>荒らし蒸し返すなYO!
ってお前のことだろーがYO!


441 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:04 ID:bZwqfKcm
>>437
すまねえ、はやとちった!ゆるしてたも。
ここまでがんばって楽しませてくれた神に
みんなあんまりな仕打ちだから
昔からの住人の俺としてはかわいそうで
みてられなくて、はやとちっちまったよ。

442 :440:04/03/05 01:05 ID:etyLvmxN
……と
くだらないことを書き込んでたら、もっと優しく、正しいレスが入っていたな。
>>439に同意だ。

443 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:16 ID:bZwqfKcm
>>440
つーかあんだけ総攻撃されて
ほとんどまともなフォローはないんだから(中立はあっても)
打たれ弱くもなるだろう。
フォローは必要だろ。
少なくとも、もうこれ以上荒らし系レスは書かせないようにするというフォローは。
神にコテハンやめろとかいうようなレスとかひどすぎだよ。
第一神がそこまで非常識なことをしたとはおもえないし。
これまで下手に出てやってきてたじゃねえか。神は。
もともとなんでもOKではじめたスレなんだから
後から覗きに来た奴はそのスレのルールに従って
きにくわなくても流れをこわさんよう気をつけるのがむしろ礼儀だろ。
文句言うのはお門違いだとおもうね。
あの難しい元ネタでここまで書いただけでもかなりの筆力だと思うがな。
では440もここに投下してみれ。学生レベルというのをこえた福本のSSを。俺にはむり。

444 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:24 ID:1+wRIu4Y
>>443
>>440にレスする前に、>>439にレスするべきじゃないか?
そういう姿勢は、今スレを離れ、休んでいる神にも影響を与えるぞ。
お前のレスはもういい。少しでもスレを再び落ち着かせて、神が最後のSSを投下しやすい空気にするべきだ。

445 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 01:26 ID:bZwqfKcm
>>444
それはおまい、話のすり替えだろ。

446 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 01:28 ID:bZwqfKcm
俺はいまから、神と共同前線を組んで
神をようごするぞ。
だから今日から俺も神エロだ。

447 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 01:30 ID:bZwqfKcm
これからは、打ちひしがれたかわいそうな神と呼ばれたエロパロ女への
荒らしレスは俺がひきうける。さあ来い。


448 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:31 ID:1+wRIu4Y
>>445
おい!おまいがそのコテつけんな!


449 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 01:33 ID:bZwqfKcm
このコテハンゆえに彼女は体も精神もうやられたんだぞ。
彼女が復帰するまではオレが神エロをなのって、
かわりに、攻撃にあまんじてやる。
それがせめてものROMだった俺のできるおかえし。


450 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:39 ID:1+wRIu4Y
素か?釣りか?
おまいがそのコテを付けたことで、もう本物の神はまともなレスができねーんだぞ?わかってんのか?馬鹿かお前?ツッコミ入れきれねーよ。
……てか、こんな厨が現れるようじゃ…終わりだな…このスレ……。

451 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:40 ID:lWZ9udxP
今度はニセアカギかよ

452 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 01:42 ID:bZwqfKcm
>>439
415にしろ416にしろ、
神が吐くまでショック受けた原因になってることには
かわりがねえんだから、
そんな状況で失礼もなにもねえだろう。
つーか、その前のレスで神が自省してるのがわかってんのに
あえてさらにかいてる416は、神にとったら
叩き以外のなにものでもないと俺はおもうが。



453 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 01:46 ID:bZwqfKcm
すでに彼女はレスができる精神状態に無いんだよ。
かわいそうに、ここまで追い込みやがって。
これまでたのしく、よんできたならすこしはフォローしてやれよ。
彼女には今味方が必要なはずだ。たとえ、にせあかぎでもな。
どうせ、復帰は明日以降だ。
復帰が近くなったらコテははずす。


454 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 01:56 ID:1+wRIu4Y
次に現れる「神と呼ばれたエロパロ」が、

本物か
お前か
荒らしか

誰もが、すぐに判別できるか?

しばらく経って、本物が帰ってきたとき、SSナシで信じてもらえるのか?

名を騙ること、それはこのスレの誰一人としてやらなかったことだ。荒らしでさえ、その一線は越えなかった。
それをお前が!

てか、こいつ信者のフリした荒らしだよな。放置が一番かな……

455 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 02:06 ID:bZwqfKcm
じゃあわかった、神がSSを投下するのは、
カイジ12巻発売後ということだから、すくなくとも
今日の朝の時点では、まだ読んでないから、
書き始めてないはず。
俺は、今日の午前8時までは、このコテハンで神への攻撃をかわりにうける。
それ以後は二度とこのコテハンはかたらねえよ。
いまの本物の神にはな、そんなコテハンなんかより、味方が必要なはずだ。
たとえば、424が荒らしスレだったら、即死だったっていってたじゃねえか。
本物はもうSS投下までここを覗かないともいってる。
かわいそうに、もうこれだけたたかれたら、
精神状態ぼろぼろで最後のSS書きたくてもかけないかもしれないぞ。
いじめだよ、これじゃ。
名をかたった荒らし、ひとりいたぞ。160、161。コイツには文句なしかよ。


456 :416:04/03/05 02:13 ID:uvEJduO1
>>443
>神にコテハンやめろとかいうようなレスとかひどすぎだよ。
これ、多分俺のレスだろうね。
「これでやめます」というのなら、やめてもらってもかまわないと思うんだ、
別にプロでも契約しているわけでもないから。
でもやめるといいつつ出入りしているのは「やめないで」というレスが付くことを
期待しているとしか思えないよ。これ、女性に多いと思うけど、エロパロ板では
「誘い受け(注)」といって嫌われるレスの1つ。
だから、やめると書いたのならやめろ、と。

だけど、やめたら、また書きたくなるだろう。そのときは今のハンドルは
やめたはずなので、名無しでも、別ハンドルでも、とにかく別人として
再登場すればいいよ。「中の人」が同じでも、それはスレ住民、
暖かく見守ってあげればいいじゃない。>>1さんは、ハンドルで支持を
されているわけではなく、投下されているSSで支持されているんだ。

以上、>>416の最初の1行&最後の1行に言葉を足してみました。

(注)
作者「やめます」
住民「やめないで」
作者「頼まれたので(あるいは支持があったので)、やめるのやめた」
こういうやりとりのこと。しかも「やめないで」がつくことを期待して、
やめるつもりも無いのに書かれ始めると最悪。それが2度3度繰り返されると
作者「やめます」
住民「やめるのなら早くやめろ、ボケ!!」
となる。


457 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 02:24 ID:bZwqfKcm
>>456
おまえな。
神がコテハンをどうするかなんて
神個人の決めることだ、お前がしゃしゃりでて
誘いうけの恐れあるからやめろなんていうけんりなどまったくないんだぞ。
たとえお前が気に食わなくてもそんなことを
強制するけんりはないんだ。
別ハンドルでもどってOK、
SSが支持されてるのであってハンドル名は関係ないなら
今のコテハンのまま書き続けても問題ないことになるね。
SSがよければいいんだから。
そうすると、やはり416のコテハン撤去勧告は矛盾するね。
あと、彼女は、第一声で、SSかくのは、やめるただし、最終話を
かいてからといってるんだからつまり最終話SS投下まではやめるとは
いってないんだよ。
第一、このスレ立てて、書いてきたのはほとんど神だけなんだから
さいごのSSまでの間このスレにいて何が悪いんだよ。
おまえのほうが出て行けって感じだよ。これまでまがりなりにもよんできたならな。
おまえがこのスレで何をした?
結果的にさいごのSSの投下すらあやうくさせたじゃないか。





458 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 02:35 ID:uvEJduO1
>>452
自分の考えは>>456に書いたとおりだ。そして、あえて>>456に書かなかった416の真ん中。
俺もSS書いているから、正直批判されると凹むし、そのために連載を早めに
打ち切ったこともある。
でも、自分を賛辞してくれる意見だけしか聞かない作者は正直、引くよ。
作者マンセーしか認めない態度は、これまた嫌われる態度の1つだし、また、荒らしが
跳梁跋扈しやすい土壌を作る。
そんな事例、他スレで山のようにあるんだよ。

>>457
上に書いたとおり。
マンセーもいいが、ほどほどにな。


459 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 02:43 ID:yMu8hmaE
>457
今このスレをギスギスさせてるのはあんただよ...
擁護のつもりだろうが、迷走してるぞ。
忠告する。寝ろ。

460 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 02:43 ID:HyCw2fbM
>bZwqfKcm
不自然な平仮名が作為的で非常に胡散臭い。が、お前が額面通り
>1の味方でありたいと思っているのなら、その行為は間違っている。
荒らしより、煽りより、お前が一番>1の復帰の機会を潰すようなことをしているということ。
それが目的なら大成功だな。お前は一時的でも、完全にスレをのっとった。
>1がここに来て、自分の名前を勝手に使った奴が暴れていたら
>1はどう思うだろうな?お前はそこまで考えてるのか?
そしてその、いかにも本人の気持ちをわかりきったような口調は何なんだ?
その言い切り方、まるで本人になりきってる。誇大妄想狂もいいとこだ。

もし>1本人がまた戻ってくる気になったなら、
その時はトリップを忘れずにつけることをお勧めする。

461 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 02:43 ID:bZwqfKcm
お前がひこうがひくまいがでどうでもいいが
神は別に、作者ヽ(´ー`)ノマンセーにしてほしかったのではなく、
男×男だから即どの作品もグロい
といわれるのがいやだ
といっただけだぞ。
それ以外の、文章や構成にかんする批評ならうけるといってるじゃないか。
建設的な批評ならうれしいともいってるしな。
神がああいうことをいったのは、
スレの前提(ホモ鬼畜OK)、スレの趣旨(そういうのを楽しめる人だけでまったり)
に反する流れぶち壊しのレスだったからだ。
あの批評が、もし、文章がわかりにくいぞ
とか、あまり萌えなかった
とかだったら、まずあんなことにはなってねえだろうよ。
スレの最初からよんでいけば、このスレの前提や趣旨がわかったはず。



おまえも叩きほどほどにな。



462 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 02:48 ID:bZwqfKcm
なんとでもいえ。
おまえたちは、俺があらわれなかったら、
かわりに直接神の神経をいためつけるレスをかさねただろう。
それをかわせただけでも、十分だ。

おまえら神の気持ち神の気持ちっていうが
それならもっと表立ってフォローしてやれや。
読むときだけはマンセーしてたのしんで、
カップリングとか頼んだりして、
こういう流れになった途端
掌返すように批評するのは卑怯だろう。
集団いじめだよ。

463 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 03:46 ID:bZwqfKcm
もう寝るから最後にこれだけはいわせてもらう。
このスレは、神が立て、
しかもエロパロはじめてなのに
神がほとんど一人でSSかいてもりたててきたスレだ。
引退宣言したなら早く神やめろ出て行けとかいうのはお門違いもいいとこ。
まだそういうこと言う奴はそいつがでてけよ。
神の場合は、他の奴の立てたスレに途中参入してきてSS投稿して
出て行くときとはちがうんだからな。
おれたちは、ただ気楽にROMってただけ。
もう今日の夜には神はこのスレに最後のSS投下して
去っていく(居づらくされて追い出されたといった方が正しいかもしれねえが)
んだから
最後くらい嫌味なレスはもうするなよ。
追い討ちかけるようなまねは、なしだ。かりにも神の作品をよんできたなら。
これまで20話もたのしませてもらったんだから、優しく最後のSSを迎えてやろう。
これでもまだ神を傷つけるレスする奴がいるとしたら、
もうイジメ以外のなにものでもない、それは。
これをもって神エロのコテハン使用をおわる。








464 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 07:14 ID:IkrVA2ZB
>>461
1さんには申し訳ないので書かなかったけど、別人のあなたには書いておく。
「ホモ鬼畜OK」は「ホモ鬼畜オンリー」ではないんだよ。ホモ鬼畜OKのスレはあるけど、
だいたいが、「事前にスルーできるように内容明記」だよ。
それだけ801、鬼畜などは嫌悪する人がいるってこと。

465 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 11:08 ID:bZwqfKcm
オンリーだろうがOKだろうが、
鬼畜が含まれますって言う意味が含まれてることに
かわりはねえんだよ。
しかもいちど、最初のほうでそのことであれてるだろーが。
普通に日本語が分かる奴なら、
ホモ鬼畜OKというのが書かれているのを見ただけで
あーここはおれにはあわないかも、やめとこうと
思うはず。
ぐろく感じる危険性があるのにあえて自分の判断でそれでも覗いた以上
もう何も文句おいったりスレの流れ壊したり叩く権利はねえよ。
大体な、ROMがそんなにえらいのか?
ROMならちゃんとそのスレの趣旨をスレの最初から確認してから
入ってくるのが礼儀だろう。俺は少なくとも、それくらいの礼儀はわきまえたいね。
何様だよ464は。801や鬼畜がそんなにいやならわざわざ好んで
そういうのOKのスレにこなきゃいいだけのはなしだろーが。
神のスレの立て方に文句言うのはマジ筋違い。
単に確認をおこたったROMの責任。




466 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 11:22 ID:bZwqfKcm
ガキじゃないんだから
そこらへんの危険性の判断くらいちゃんとやって
自分でその責任はとれってこと。

とくにこのぴんく板では自己責任が原則だろ。

467 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 11:42 ID:33pPt4XJ
>>bZwqfKcm
お願いだから、あんたもう出ていってくれ。
俺は神の作品嫌いじゃなかったから、最後の投下も、楽しみにしていた。
お前のせいで、神が結局このまま去っていったら、どう落とし前つける気だ?
お前のやってる事は、擁護という名の荒らしだよ。
しかも、本人にその自覚がないようだから、なおさらたちが悪い。

本当にお前が神にの復帰を望んでるなら、もうレスするな。
黙ってROMっていればいいだろ。
神は最後のSSを投下すると宣言した。これ以上フォローする必要もないだろ。
静観しろ。
はっきり言うと、ちょっと頭悪すぎるぞ、お前

468 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 12:19 ID:PaO+7DtZ
異端の最終SS投下待ち……!

469 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 12:38 ID:0o6+urHa
466のいってることはそれなりに正しいぞ。
利根川じゃないが
1はお前らの母親じゃないんだ。
オンリーと書いとけとか
虫が良すぎだ。
それほどスレたてルールに詳しいなら
もっとはやくそう1におしえてやればよかったじゃないか。
いまごろになってなにをいうんだ。
だいたい、おまえらたたきすぎ。
1に対して何の恨みがあるかしらねえが
416の発言はひどすぎるね。


470 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 12:42 ID:0o6+urHa
俺もSSまち。神かえって来い。
お前がいなきゃどうしようもねえこのスレは。
みろ、お前が抜けた後のこのスレは
非生産的な叩きばかりが跳梁跋扈。
>>384ももう少し冷静にスレを振り返って言葉を選ぶべきだったね。
ROMのマナーの考え方については、おれも偽の神に賛成。
とにかくもうこれ以上やめろ、1をいたぶるのは。



471 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 12:43 ID:etyLvmxN
>>466=469 自演

472 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 12:58 ID:bZwqfKcm
自演なわけねえだろ。

473 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:06 ID:wNf22iWP
といった話がどのスレでもあって、以後、投下前に傾向とかカプ明記になるわけだ。
投下する自由と、読み飛ばす自由とのバランスでね

474 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:08 ID:G8uSJbQd
ttp://akm.cx/2d/img/2426.jpg

475 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:14 ID:bZwqfKcm
だから1は最初にちゃんとかいてるろーが
読み飛ばす自由も何も、
最初らへんに注意がかいてあるのにちゃんと読まずにくるんだから
はなしにならねえよ。
ちゃんとそれなりの義務を履行してから自由を主張しなくてはな。
野放しに自由は与えられない。
とくにこのぴんく板では。



476 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:18 ID:bZwqfKcm
おまえがこのスレ立てた奴ならともかくな、
このスレの立役者1のSS投下の自由はかなり大きいはずだ。
そのSSの恩恵を少なからず受けようとしてこのスレにきたなら
もうすこし、柔軟に職人のことかんがえてやれよ。
だいたい、このスレは最近はずっとあれずにきたんだ。
そこに突然、
1が作品冒頭でわざわざ、萌え路線にしましたと書いてんのに
感想にグロとかいたら、荒らしと勘違いしてもしょうがねえよ。




477 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:39 ID:z2fERAnH
>>476
>荒らしと勘違いしてもしょうがねえよ。
荒らし認定が勘違いである事は認めるんだな。
>>1が叩かれているのはやっぱソコだと思う。
一言レス(確かにマナーは良くないが)を安易に荒らし認定してしまった点だ。
この荒らし認定はどうかと思う。「精神的に弱っている」とか言われても
ROMには与り知らぬことだからな。
この点除けば>>1は正しいと思うよ。

478 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:40 ID:wNf22iWP
ID:bZwqfKcm
以後、スルーヨロ。


479 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:42 ID:meiUHsmc
神と呼ばれたエロパロが現在このスレを読んでいない事を切に願う

480 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:49 ID:2sVGJZKz
書き手が消えて馬鹿が無意味にたむろして争っているスレッドですかぁ、香ばしいでつね(>∀<)

暫くしたら又1が戻ってきては愚痴垂れ流して、それでみんなして盛り上がるという流れを繰り返すだけで1000までいきそうですねっ。
素晴らしい(・∀・)

復活するなら半年後になるかな?w

481 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:50 ID:bZwqfKcm
神自身が荒らしを勘違いとみとめてんだから
認めるのが当たり前だろう。
ただな、たかだかそれくらいのことで
ここまで神を叩く必要がどこにある?
一度神がそのことで自省するコメントしてるのに
その直後にさらに追い討ちかける
415、416はやりすぎ。
そこからはもう根拠の無いイジメだ。


482 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:57 ID:bZwqfKcm
これまで神のしてきた功績に比べたら
荒らし勘違いなんかたいした問題じゃねえよ。
まえに一度荒らされた時
誰も荒らし排除の手伝いをしなかったから
今回も1が一人でやろうとしてはやまったんだろ。
だいたい、ちゃんとスレ読まずに
そんな悪意があるとも受け取れるレスかいて勘違い誘発したROMにも
問題あるんだから、
叩くならそっちもたたけ。
神だけ叩くなよ。

483 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 13:58 ID:bZwqfKcm
480、おまえもそのバカのひとりなわけだがw

484 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 14:07 ID:bZwqfKcm
>>477
職人のきもちも考えてみろ。
ネタ投下するには多分毎回相当の勇気がいるだろう。
そうやって投下したネタに対し、
スレの趣旨とはかけ離れたぶちこわしレスされたら、
めいって当然。
ここじゃないほかの某エロパロスレなんか、
冒頭で、職人さんに対してはヽ(´ー`)ノマンセーオンリー縛り宣言
しているところすらある。
みんなそれで納得してやってる。
神のあのかなり下手に出た、
なるべくスレの趣旨違い発言して流れこわさないで発言など、
罪がないね。






485 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 14:11 ID:meiUHsmc
ID:bZwqfKcm、あんた216だったりする?

486 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 14:14 ID:bZwqfKcm
いや、ちがう。(まじで)
396でもない。

本当に違うから、奴らは叩きにまき込むな。あと、神もまきこむな。
叩かれるのは、おれと470で充分。

487 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 14:15 ID:bZwqfKcm
216、いたらはやいとこ嫌疑をはらすために
なんかかきこんどけよ。

488 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 14:27 ID:meiUHsmc
>>486、丁寧にありがとう
じゃあ知人かな?

叩く気は無いよ。萌え話がちらついた、ただの厨だ俺は。

489 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 15:58 ID:QR10gfkA
最後のSS書きました。書きましたが…。
このスレにはもう投稿しません…。
たぶんもう今のこのスレには私の作品を楽しんでくれた
以前からの読者はもうほとんどいないのでしょう…。
数名を除けば…たぶん叩きなのでしょう。
私への悪感情の渦巻くこのスレに
今更私のこの血の滲む思いで書いたSSなど投稿したところで
まともな感想など多分ほとんどあるはずも無く、
ただ無意味に私のSSや私に対する叩きとその応戦が
さらに加速して後続の職人さんらが
SSをあげるのを遅らせ妨げる羽目になるだけな気がします…。
>>480の言うとおり…ただの叩きで1000いってしまいそう…。

490 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/05 16:00 ID:QR10gfkA
…吐いたあの日、私にはこのスレと
>>384>>415>>416以外の人たちと(嘘はつきたくないので事実をかきます)
綴ってきたSSへの、愛着と未練が残っていました。
なので…最悪の精神状態ですが…救心飲みながら書きました。
でも…ここ一日半ぶりにスレを見てみて、
もう…そういう未練も愛着もまったく消えました…。
もう…このスレも…書いてきた20作のSSも…このコテハンも…叩きも…福本作品も
どうでもいいです…。むしろこれまで書いたSSを思い出とともに全部削除したいくらい…。
もう(誘い受けレスとかではなく)ほんとうに来ません。
(やめるといったときから最終SS後スレに戻るつもりは毛頭無かったけど…。)
好きなだけ今後も叩いてください。
叩きには最上のネタでしょう…。
でも…後続の職人さんらがSSをあげやすいようになるべく
環境をはやくもとに戻してあげてください…。これだけは…お願いします。
これを破る人は…それこそ…荒らしです…。
あたらしい神の誕生を…はやく実現させてあげてください…。
最後の約束果たさずすみません…まだ純粋に楽しみにしてくれてた残り少ない人たち。
もしいたら、いつか…別の形で…償います。
>>379 荒らしと勘違いしてごめん。
>>216さんと、>>396さん…ありがとう…。
オフ会…したかったけど…もう無理です。ここまで荒れてしまっては…。
暗いオフ会になりそうだから.…。
偽神さんと、>>470さんこんな状況でわざわざ庇ってくれてなんといっていいのか…。
こういうと失礼ですがかなり奇特な方々ですね…。
でもとても……体が楽になりました。
FIN
FIN

491 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 16:15 ID:xY9Wl/jr
>>490
いや、俺が嫌いなのはあんたじゃなくてもう一人のあんたなんだけどね。
下世話な話になるけど、女だと言ったりオフ会がどうのと口走ったりするから
もしかしたら実際会えてハァハァとか勘違いしたのが湧いてくるんじゃないかね
誰とは言わんけど。
女だと明記することの集客力は確かにあるけど、同時にすごいのも湧くから
湧いたもんが暴れまわるせいで今まで普通に集まってきた読者が
あんたとそれをひとくくりにキモがって離れていってしまう可能性もある。
あんた程の腕だ、これからまたどっかでエロパロじゃないにしても
何かしら小説とか書く機会があると思うけど…素性は出さない方がいいかもね。

492 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 16:53 ID:uklpze/p
真剣20代しゃべり場

493 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 17:14 ID:adkZRFSs
warota

494 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 17:23 ID:bZwqfKcm
そうか…神いってしまうのか…
すこしでも心を楽にしてあげられてよかったよ

>>491
多分君の指してるのは俺だろうと思うけど、
それはないよ。俺は女だからな。
でも、書いてるのが女だからひくっていうのは
おかしいとおもう。
男だろうが女だろうが
いいもの書いてるならそれでいい。
素性を隠せって言うのはおかしいとおもう。
その才能をすなおにみとめればいいじゃないか。
もう神のSSのないこのスレには興味なくなったから、もうこねえ。
この20代真剣しゃべりばにはな。


495 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 17:32 ID:TrsIJq6N
お前まだいたのか。
ついでに言うと、男だろうと女だろうと、
キモがられるやつはキモがられるよ、粘着はw

496 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 17:36 ID:etyLvmxN
確かに粘着だったな。
そしてそのキモい粘着っぷりが叩き・荒らしを呼び込み、
神がSSを投稿できない状況を作ったということに気づいてるんだろか。
まぁ、もうどうでもいいが。


497 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 18:03 ID:QKGi0Ayn
めっちゃ伸びてるから期待して来てみたらなんだこれわ
大荒れじゃん。

498 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 18:10 ID:xY9Wl/jr
>でも、書いてるのが女だからひく
そんな事一言も言うとりゃせんがな
他の奴は知らんが俺が引いているのは…あんただ…

499 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 18:20 ID:QKGi0Ayn
なんだかようわからんが自己主張しすぎるとキモがられて叩かれるんじゃないの?
神と呼ばれたエロパロが氏んだのもそのせいな気がする

500 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 19:33 ID:GffRGqEM
ククク・・・500ゲットだ・・・っ!

501 :325:04/03/05 19:53 ID:djU8lVQY
>神と呼ばれたエロパロさん
先日あなたにレスを頂き、カイジ12巻の発売日である今日が来るのをずっと待っていました。
なので、こういう事になってしまったのが本当に本当に残念でなりません。あなたのエロパロSSに、心
底惚れ込んでしまったので…。

いつか、また出会えることを祈っております。

502 :306:04/03/05 20:07 ID:GffRGqEM
荒れてますな。

神と呼ばれたエロパロよ・・・
こんな結果になったのは残念だ。
これからこのスレに新しい神が光臨するかもしれない。
しかし、俺にとってはあんたがたった一人の神だったよ…

誰一人祝ってくれない俺の23歳の誕生日、アンタは俺に尚子たん萌えSSをプレゼントしてくれたのだから…っ!

503 :325:04/03/05 20:10 ID:fpq0frfr
なんだか最後の挨拶みたいになってしまった。
できたら、戻ってきて欲しい。…なんて自分勝手な事を言ってスイマセン

504 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 20:45 ID:HyCw2fbM
誘い受けっていうけど、それだって皆に惜しまれるような作品を
残していかなければ出来ない現象だからな。
それに何度>1が戻ってこようがやめたがろうが、いいだろうさ
他に>1に匹敵するような量を書ける職人なんて、このスレには居ないんだから

505 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 21:45 ID:QKGi0Ayn
【ひりつかなきゃ】福本で801・4発目【駄目っ…!】
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1068119529/

神と呼ばれたエロパロ?がここで暴れてるんだが

506 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 22:03 ID:gdvy3Tpt
神!

507 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 22:31 ID:2Dw+5P3T
求心飲むほどのことか・・・?
この10倍は荒れた状態で構わずホイホイSS投下して、誰にも擁護されずとも
自作自演でマンセーしている香具師とかもいるぞ。


508 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 23:03 ID:etyLvmxN
>>505
見たよ。あきれた……。
「神」が、実は「荒らし」でしたってオチか。

509 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 23:16 ID:QKGi0Ayn
神と呼ばれたエロパロ好きだったけどどーもメンタルが脆すぎたな
非難と賛美が飛び交う混沌の2chに耐えきれる器じゃなかったんだ

510 :名無しさん@ピンキー:04/03/05 23:58 ID:2/dyDSj3
2chは基本的に初心者向けじゃないからなあ。
しかも大人しかこないpink鯖だと厨(初心者)に対する叩きも半端じゃないし。

…>1はどういう経緯でここの存在を知ったんだろう。
もうちょっとこの板の性質を学んでからスレを立てるべきだったっ…!

511 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:37 ID:D46jqeDA
あれは7年前のことだった。
当時18歳だった一条を見初めたのは…。
幹部として、新入社員忠誠式に列席していた私の目に、
一条のその華麗すぎる姿は、実に鮮烈な衝撃をもって飛び込んできた。
…華奢で優雅な身のこなし、濡れ羽色の麗しい黒髪…
…そしてあの匂い立つように艶やかな比類なき美貌…!
一条は、その聡明な双眸の光と闊達な話術の閃きの指し示すとおり、
実務能力的にも、私の直属部下たるにふさわしい資質を兼ね備えていた。
私は、即座に一条を自分の直属の部下にすることに決めた。
もっとも、部下の公私混同を極端に嫌う会長の手前、
一条をすぐに目に立つ形で引き立てるのは憚られたから、
一条には、とりあえずは他の社員どもと同じ雑務をさせていた。
幹部個室の階の担当という、中途半端な優遇処置を除いては。
…しかし…この私の中途半端な一条への優遇がかえって仇となった…。
一条は…入社3ヶ月目のあの日、幹部個室の階のトイレで兵藤会長に乱暴されたのだ。
今思えば、両刀使いでとりわけ美少年には目の無いあの会長が、
一条ほどの麗人を目にしておいて、手をつけない筈が無かった。
(会長がまず入ってこない、平社員のトイレの担当にさせてやっておけば、
一条をあのような惨い目にあわせずにすんだかもしれぬ…。
…いや…しかし…あれほどの美貌だ…遅かれ早かれ
会長の慰み者になる運命は免れなかったかもしれぬな…。)
帝愛ホテルのスウィートルームで一人、オンザロック片手に、私は思いを巡らせていた。


512 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:38 ID:D46jqeDA
コンコン…
ルームドアを控えめに叩く音がした。
「おお…一条か…入りなさい」
「失礼致します…!黒川様」
一条が優雅な手つきでドアを開き、頭を下げた。
「まあ、そこにかけたまえ…」
「ありがとうございます…」
礼儀正しく微笑みながら、一条が流れるようにソファに腰掛ける様を、私は黙って見ていた。
「黒崎様、本日は、王国の特A居住権を御獲得なさいましたこと、誠におめでとうございます」
「フフ…ありがとう…と言っておこう…」
「これで…黒崎様は実質的に帝愛のNO.2となられた…」
「フフ…もうその話はよせ…一条。…おまえはまだ若いから…ピンと来ぬやもしれぬが…。
こういう時こそ…人は謙虚な『ふり』をせねばならぬ…!最後まで登りつめ続けるためにはな…。
部下の倨傲…これは会長の最も嫌うところだ…それに今は、私にリードされた他の幹部たちも
心中穏やかならぬものがあろう…だから…こういう時こそ毛ほども自分の優越を晒してはならん…!
…それが仲間うち…一見味方と見える者ならばなおさらだ…!見せれば手痛いしっぺ返しを喰らう…。
聡明なおまえならわかるな?一条…」
「ええ…至りませんで申し訳ありませんでした。大変…勉強させていただきました」
一条は素直に応えた。
「ところで…一条…今日おまえに来てもらったのは…まったくの別用件を伝えるためだ…」
「…と申されますと…?」
「今宵よりおまえは会長から解放される…」
「え…?」
「会長がな…おまえをこの私に下賜されたのだ…」
「そ…それは…!」

513 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:39 ID:D46jqeDA
「…実は会長は私に、王国入りの他にもう1つだけ望みの褒美を遣わすとおっしゃられてな…。
そこで…私は…無理を承知で…おまえを譲って頂きたいと頼み込んだのだ…。
会長も最近は御齢であちらのほうは大分難儀になっておられるようだから…
一か八かで頼み込んだところ…了承してくださったんだ…まあ、少々…骨を折ったがな」
「…し、しかし…そのようなこと、もし会長の逆鱗に触れたら…
黒崎さんとて只では済まなかった…!なぜ…そのような危険な申し出を…?」
一条は美しい瞳に驚愕の色を浮かべて、口走った。
(…美しいやつだな…まったく…)
「7年前から…欲しかったからさ、おまえが…!」
そういうと、私はグラスをテーブルに置いた。
「それに…おまえが耐えてきたこの長い7年の仕打ちの遠因は…私にもある…。」
そういうと、私は煙草に火をつけた。
「…そうでしたか…。そこまでの並々ならぬお心遣い…!本当に…ありがとうございます…!」
一条は、深々と頭を垂れた。絹糸のような黒髪がつやつやと細い肩をこぼれ落ちる。
「一条…これだけのリスクを犯して手に入れたおまえだ…。
おまえも察しはついているだろうが…いいな…?」
私は、一条を見据えて呟いた。
「…もちろんです…黒崎様…!私は…黒崎様のお傍にいたいが為に
7年間…耐えてきた者ですから…」
一条は控えめにニッコリと微笑を浮かべ、静かに頷いた。

514 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:39 ID:D46jqeDA
一条のシャワーを浴びる音が止まった。
しばらくして、キッ… と静かにバスルームの扉が開き、
純白のガウンにほっそりした裸身を包んだ一条が、窓際のベッドで待つ私の元へ
滑るような足どりで近づいてきた。
「乾かさなかったのか…?髪…」
私は煙草を口からゆっくり離しながら、呟いた。
「ええ……お待たせしては申し訳ありませんから…」
肩まで届く漆黒の黒髪をタオルで軽く押さえながら、一条は伏目がちに答えた。
心持ち傾けたその玲瓏たる横顔に、ベッドライトのほの暗い灯りが
夜の秘密の陰影を重ねる。
私は無言でその細く滑らかな腕を掴むと、ベッドに引き倒した。
一条の濡れた艶やかな黒髪が、一すじ、形のよい額に張り付いている。
「フフ…おまえと…こうすることを7年間待ちわびたぞ…一条」
私は低く呟きながら、一条の額の黒髪を戯れに指に絡めた。
湯浴み後の一条の白い肌は、ほんのり上気して石鹸のかぐわしい香りがする。
「黒崎さん…私は……汚れてしまったでしょうか…」
いつもは見せない憂いを含んだ微笑を浮かべ、一条がぽつんと呟いた。
私は、一条の肩からゆっくりとガウンをずらしながら、答えた。
「汚れてなどいないさ…おまえは……美しい…」
するりと純白のガウンは滑り落ち、一条の大理石のような白い裸体があらわれる。
私は心中、驚嘆を隠せなかった。
ガウンの中、静かにうずくまる一条の均整のとれた華奢な肢体…
そしてその眩いばかりの美貌は、
ギリシャ神話の美青年アドニスもかくやと思わずにはいられない。

515 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:41 ID:D46jqeDA
一条の細い背中に腕をまわすと、一条はそっと目を閉じ、その身を委ねた。
細く容のよいおとがいを持ち上げ、薔薇のような唇を吸うと、一条の
閉じたまぶたがかすかに震える。
唇を離すと私は言った。
「一条…おまえだけには言っておこう……いつか私が登りつめたとき…
その横にはおまえがいるだろう…」
「……ありがとうございます、黒崎様…貴方様についてゆきます」
そう静かに答える一条の澄み切った瞳の奥深く、
赤い燠火が燃え上がるのを私は見逃さなかった。
(この野心…この野心こそが一条の美しさを燃えあがらせているのかも知れんな…)
一条の肢体をゆっくり押し倒し、その艶やかな肌を愛撫する。
その敏感な部分に手をすべらせると一条の眉が愁わしげにひそめられる。
私はふと古代中国の傾国の美女西施のくだりを思い出した。
(なるほど…麗人の眉をひそめるさまは確かに得も言えぬ味があるものだ…)
蕾にそっと指を這わせると、一条は私の初めて耳にする甘い吐息を漏らした。
私は軽い嫉妬を…会長に覚えながら、一条のやわらかな蕾を責めた。
みるみるうちに一条の蕾は豊潤な蜜を湛えはじめる。
「フフ…一条…。今更だが…私は…嫉妬してしまいそうだよ…」
(…会長に…)
悩ましげにもだえる一条の妖艶さに魅せられ、
思わず言わでもいいことが口をついて出た。
「……心…までは…渡して…ません…か…ら…」
そう呟く一条の華奢で滑らかな脚に私はゆっくりと割って入った。

516 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:41 ID:D46jqeDA
「フフ…おまえを見初めたその晩にこうして私の物にしておけば良かったかな…」
「むりですよ黒崎様…そしたら私は…今頃…この世に居ません…」
少しおかしそうに、一条がこたえた。
(…確かに…会長の前に既に男を知っていたら…あの会長のことだ…
激昂して一条を地下送りにしていたかもしれんな…)
そう思いながら、私は、一条の蕾に私のモノをあてがった。
「あぁッ…黒崎…様…!」
グッと腰を進めると、一条の唇から淫らな喘ぎ声が漏れ落ちる。
一条は熱く柔らかで、そして絶妙な感触で私を愉悦の境地へ導く。
「…ほぉ…!」
めくるめく快感の波に思わず私は呻いた。
(…なるほど…これは…!会長が7年間もお離しにならなかったわけだ…)
この歳まで生きてきて、上質の女たちを星の数ほど抱いてきたが、
一条ほどの肉体はしらぬ…。
淫らで妖艶で…その上精神の煌きすら兼ね備えたこんな見事な肉体は。
私は年甲斐もなく、一条のその妖しいまでの美しく淫らな体に溺れた。
とめどなく湧きあがる快感の誘いのままに、私は一条の奥深く、果てた。
一条は行為の後の身を静かにたゆたわせ、形容しがたい美しい微笑を湛えて
私の下で横たわっていた。

517 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:42 ID:D46jqeDA
一条はやがて、起き上がり、そっと私のモノにその典雅な顔を近づけると
こぼれ落ちる黒髪を無造作にかきあげながら、私のモノをゆっくり咥えこんだ。
その限りなく淫らな行為とは裏腹に、一条の美貌は一層冴え冴えと澄みわたる。
「フフ…こんなことまで覚えさせられたのか…?一条…」
あまりの浮世離れした一条の美しさに、私は不意に
一条を軽くいたぶってみたい衝動にかられ、そう浴びせかけた。
一条は少し、動作をとめ、そして顔をあげ凛と言い放った。
冷たく蒼ざめた光を瞳に宿して。
「…そうです黒崎様……。フフ…いけませんか…?」
この一条の内奥にゆらめく冷たく蒼ざめた光こそ…
この7年間、唯一、一条の誇りを守ってきたのかもしれなかった。
「フフ…構わんよ…だからおまえは美しい…!」
…私は再び一条の上に折り重なり、この美しいけものを堪能した。
私の激しい愛撫に疲れ果て、隣で死んだように眠りこける一条の
凄いほどに透きとおった美貌を見遣りながら、
私の脳裏にはある予感が掠めていた。
(一条…おまえは…美し過ぎる……そして…透明過ぎる……
おそらく………遠くまでは翔べまい…そういう運命だ…)

518 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:43 ID:D46jqeDA
半年後…私が地下シェルターを視察に行ったとき、あのカイジという男にであった。
一条の聡明さとは対極をなすところにあるその非凡な才。…あれはあれで面白い男だ。
それから数日後、一条と夜を過ごすため、Club luxury に一条を呼びつけた。
「ほおー…そんなことがあったのか…」
一条から、カジノでのカイジらの起こした事件の顛末をききながら
私は、半年前のあの夜に感じた例の予感が急に現実味を帯びてくるのを感じていた。
「ええ…。しかしどうぞご安心を…!」
「……」
「なんら問題なく…ねじ伏せました…!奴らは所詮事が自分の思う通りに運ぶ…
運ぶはずだと思いたい甘ったれ…!負けやしません…そんな輩に…!」
(一条の気位の高さが…よくない形で現れているな…)
わたしは直感的にコトの成り行きに妙な不安を感じ、警告を発した。
「…まあ…その坂崎とやらはともかく…穴から出てきた方…カイジくんは
そういう言葉でくくれるほど一筋縄じゃないぞ…!
ある意味じゃ…一条…カイジくんは君をはるかに凌駕する…!」
「は…?」
一条は唖然とした顔で聞き返した。
(こういう、素の状態の一条は…これまた…私からすれば逆に可愛いが…
しかし…生臭い勝負には…不向きだな…)
「せいぜい気を付けることだ…!足をすくわれぬよう…!」
その言葉に、一条は紅い唇を噛み締めた。
またとない美貌に一種の凄みのようなものさえ加わって、
その凄絶なまでの美しさは見惚れるばかりだ。

519 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:44 ID:D46jqeDA
カイジが地下に戻る最終日が来た。
一条からカイジが沼に現れた話を聞いたときから、ずっと私の中には、
拭えぬ不安が澱んでいた。
(一条は…大丈夫だろうか…)
時計を見ると、9時15分前だった。私は電話に手を伸ばした。
「はい一条です…!」
いつもより少し昂ぶった声で、一条が電話口に出た。
「おお…すまんな朝っぱらから…」
「いえいえ」
「いやいや老婆心ながら…不意に気になってな…!今日なんだ…今日が最終日…!
あのカイジという男がこの地上にいられる最後の日…!何か変わったことはないか…?」
「はあ…変わったことというか…その…来てます…!」
私は、愕然とした。
「え…?来ている…?」
「ええ…」
「入れたのか…?」
「はい……」
(まずいことをっ…!おまえ…消えてしまうぞっ…!)
「馬鹿っ…!軽率だな…!」
私からの叱咤に、電話の向こうの一条が一瞬返答に詰まっているのが感じ取れた。

520 :神最終SSのコピペ801板:04/03/06 00:44 ID:D46jqeDA
「そうでしょうか…?」
一条が恐る恐るこたえた。
「あ…?」
「問題ありません…!入れはしましたが…問題はありません…!
奴は必ず負けます…!奴が選んだのは…あの『沼』…!不敗神話のあの『沼』ですから…!」
私は、抗えぬ運命の流れを感じ、受話器を耳から離した…。
(ああ…一条は…ここで終わる…!)
「愚か者っ…!あの『沼』こそ一番危険なのだ…やつがあの『沼』に異様に固執してたことを
知らないわけではあるまい…!その固執の果て奴があの台を打つ…ということはつまり…
勝算があるのだっ…!おそらく…5割強っ…!」
「バカなっ…!ありえませんっ…!そんなことは…!」
(…運命のサイは投げられた…もはや後戻りは…不能っ…!)
私は一条の運命を思い、拳を強く握り締めた。
「……まあ…いい…。ともかくこうなった以上…勝つしかない…!」
「もちろんです…!」
「現在貯まっている6億なんぼという貯玉は大金っ…!とても負けました…
と言って済まされる額ではない…!つまり…万が一負けた場合は一条…
過酷かつ破滅的な処遇をおまえに科すしかない…!いいなっ…!」
(ああ…以前も同じことを言った…)
「…かまいません…!」
「そうか…!その覚悟があればいいんだ…!」
(繰り返されるのか…また…!)
「黒崎様…どうぞ安心してください、なんら心配することなど…」
私は、一条の声を遮り、万感の想いを込めて、最後の言葉を一条に贈った。
「一条…勝てよ…!生きる為に…!」
受話器を降ろし…私は…束の間私の腕の中を飛翔した一条のその面影に…別れを告げた。

521 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 01:13 ID:9GFIKVJp
……。
もう終わったことを蒸し返すようですまないが……
どうしても気になることがあるんだ。

昨夜の偽神の>>494のレス……やけにあっさりしていないか?
それまでの流れから言うと、引き留めるのが自然じゃないか?
そう思うと、変な考えが頭をよぎった。
……偽神は、神の“最後のレスを誰よりも早く見ていた”んじゃないか。

つまり

     偽 神 =  神 ?

じゃないのか?ひょっとして……。
いや、自分でもひどいことを言っていると思うよ。
本当にファンの方すまない。
でも、気になって仕方ないんだ。

あの、レスが付くのをまたずに、どんどんカキコんでいくやり方とか。
偽神と神が1時間ほど毎に立ち替わりレスしていくところとか。
>>460の言うように「不自然な平仮名が作為的」なところとか……。
……そう思って読めば読むほど…、どうしてもその答えに行き着くんだ……。




522 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 01:22 ID:Fua7F0Yq
>521
そ、それは流石に無いんでは。
蒸し返さなくてもいいんじゃないか?ただでさえボロボロになっているっぽいのに。
このスレももう本来の目的には機能しないのかなあ・・・。

523 :神と呼ばれたエロパロ様:04/03/06 01:25 ID:D46jqeDA
そうか、じゃあ今日から俺様が本物の神だ!

524 :神と呼ばれたエロパロ様:04/03/06 01:30 ID:D46jqeDA
ネ申マンセー!!
偽神はおまえをみすてないぞ!!

525 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 01:54 ID:9LXbsEtE
またでてきたのかよ偽紙。
もうやめろよ!神がいやがっとるのにコピペまであげんなYOぼけ!
お前のはまんせーじゃなくて
あらし!


526 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 02:53 ID:BQSM8rJc
コンビニ店員(西尾)×カイジ きぼん

527 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 05:09 ID:NKLPiYd9
かなり伸びてるからなにかと思ったら荒れてるじゃんよー
神は崇められたかっただけだったのか…裏切られた気分だぜ


しかしこりゃいかん。この空気はまずいネタ振りせねば…
ふむ、昔の短編なんかには美少女(?)キャラが多く出てるが
誰がいちばん萌えだおまいら?

528 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 11:09 ID:ttAhJbMD
>527
個人的に銀金の田中沙織かな。
萌え美少女っぽく描いてあったので、バーで飲んでいる時
森田とは同じ世界の人間とは思えない違和感があった。
・・・その後どんどん崩れまくり同じ世界の人間ぽくなったが。

529 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 12:49 ID:CbMjoOk6
誰がなんと言おうと吉野尚子たんだ
ひろゆきのサンタはいるかもしれない発言の後の
うれしそうな行動とひろゆきの膝に乗るシーンに萌えまくった…

あとはまぁカイジの西尾って女の娘
なんかかわいくて好き

530 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 12:51 ID:vr0xoUFF
漏れは辺ちゃんに出てくる美奈子タソ
かなり萌えた!

531 :名無しさん@ピンキー :04/03/06 19:27 ID:43ST6wSX
利根川×遠藤きぼんぬ。

532 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 20:10 ID:xgZbNEpZ
幼女美心たんの入浴シーンで抜いた同士はいないか?

533 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 21:21 ID:JpGvDgP0
 | {‐:} | {‐:} {‐:} | | | | {‐:} | {‐:} | | |||l: l|
 {‐:} | | | | | {‐:} {‐:} | | | {‐:} | | | |||:: :|
‐:} | {‐:} | {‐:} | | 、、、{‐:} | {‐:} | {‐:} {‐:||l   |幺゙〃ゞz;_  夊ミ
~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙ミ迹゙゙:"ツ;,,'~|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|l:  |阯孑;; : : 〃,爻ヾ   >532
 {‐:} | 抃挂~^ゝ糸孑": :  〃{‐:} {‐:} ∠ニニニ.ヽ. !乘奕;;: : : ≠ざヘ   ショタ萌え・・・・・・
 | {‐:}vミ找シ;: : ミ亦ゞ彡; : : ゞ {ーl r'-、 ̄, -‐ l. l |班巛ゞ;: : : ミわヾ
‐;}, ,|、l笏亥〃;: :{,-‐z:、__≪ミ__ ; l l │-,  、-‐ |r、|:!長彡ヾ_; : ヾ;:シ;   お色気担当 班長に萌えろっ・・・!
气〃レ/i ̄~\:「 /   「ゝ∠ ̄\ |_ノ!.___八__ ||ツ| 、;;/ ̄Y\_"キ癶
彡炙从;:´ヽ   `Tヽ: .  /  | ヽ-‐ lヾ三三ヲ |ヽ.!、_`ー-、/:::ヽl/ ̄\
ゞ爻ミ7::__ iー、__/  |: :  i ̄7 ,.. -‐ '^ーr----‐'   `ー ` ー-- 、 :l: :  l
7 ̄ヽ:::: /´: : :  Yフ; : :  〉//    r--┐     u     ヽ : : : ヽ     お望みの入浴シーンだ・・・・・
\  |r ‐'´  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄/  , ‐=='--r' ,. --一        ; l  ̄  ̄
:.  V: : : : : : : (  )     /  /  ; ニニ;う i             ; |
:: /: : : : :   ( )     : :/ /  __;.ニフ′ i  u     ヽ  v   | : (
": : : :          : : :// _./  ̄   i        l    ; | : :、(
: :           : : , ; =r=f〉 〈=r ,、 _ _ ,、 ___ _, _c__ ∧__, __, ノ~ノ ;
:  (          i((::l: !  l|.  | i )) : : : : : : : : : : : : -‐: ` : : -‐ :
   (  )      | lヾi=r==r=F彳| : : : : : : : :     : : : : : : :
     ( )    l { l | |  ! │ | l. l : : :   : : : : :       : : : : :
          、ヽ:` ー--'--:'--'‐ '":ノノ   : : : : : : : : :


534 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 22:43 ID:xgZbNEpZ
>>533
萌えなかったがワロタ。
どこがショタなのかと小一時間(r

535 :名無しさん@ピンキー:04/03/06 22:49 ID:CbMjoOk6
>532
抜きはしなかったが、ぶっちゃけ萌えた

それ以降美心がちょっと気になりはじめた…

536 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 00:08 ID:Ho3mCTM/
>>535
マジかYO!w

537 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 09:55 ID:7eZDYYs2
>>535 鼻血buー乙

オワタ事を今更蒸し返すの本当にどうなんかと思うが…(;´Д`)
どうしても気になるんだ…

逝きつけ別板のスレで
引退後神書いたんか…? ちゅー書き込みを見した
どーも符号していて、もしかしてアンタ本人でつか? と突っ込もーかとオモタヨ
モノホン神なら、奴は持病心臓病が悪化してちかじか病院逝きで心療内科(精神科のことか?)まで逝き
だからあのバッシングごときで求心呑む位激脆かったのかなあー
ま、このでかい2chでまず別人だと思うけどYO w
奴の文才は大した物だったがいずれせよ心身繊細でこの2chにはまず向かない器だったナ 合掌(人)

538 :535:04/03/07 10:02 ID:8pYJwGzM
なんだ、一応言っとくが俺はブス専じゃないぞ
ただ虹ろリ萌えなだけだ

539 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 10:36 ID:c+PnOs8b
そうまでして自画自賛したいかよ。。
「文才」で噴いてもた

540 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 10:38 ID:8ADAbAwM
>>537
どこじゃ?そのスレは、、別人か検証したるわ
本物だとしたらマジボロボロなんだな。若すぎた才能夭折て所か


541 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 10:52 ID:7eZDYYs2
根拠もなく決め付けたらいかんぜよ、俺は神じゃないってw。
失礼すぎだぞw>>539 
奴の荒らし認定その他の態度はアレだが
奴の文章自体は評価してるよ
ここまで叩かれてまだ書き込みに来るほどの勇気は奴にはたぶん無いだろう

>>540 大学生活板の明るい大学生活とかいうとこ



542 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 11:09 ID:8ADAbAwM
うーん、、本物と言えなくもない。しかし確率としてどうなんだろう。
しかし何じゃあのスレは。スレタイと中身がぜんぜん違うじゃねえか。warota


543 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 11:20 ID:aMZoFZpx
>大学生活板の明るい大学生活とかいうとこ
 
ないぞ?

544 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 11:21 ID:7eZDYYs2
dat落ち寸前のところにあったはずだが

545 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 11:24 ID:uE5yRY+e
仮に本物だとしてもあの程度で荒らしと呼ぶのはいかがなものか

546 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 11:25 ID:aMZoFZpx
あぁ、明るいじゃなくて、楽しい大学生活か。
見つけたよ。本物かどうか微妙な線だな…

547 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 11:43 ID:7eZDYYs2
この2chで耐えるには奴はあまりに感受性が強すぎ (-∧-;)ナムナム
ま、もう終わった事だしいい加減許してやろうぜw
あれが仮に本物だったら相当凹んでる訳だし それはそうとそろそろ新ネタ見たいな


548 :532:04/03/07 13:07 ID:DSb89j+D
>>538
同 士 よ ! (*・∀・)人(・∀・*)
この際抜く抜かないはどうでもいいや。
俺も顔じゃなくて虹炉利スキーだから。

549 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 13:32 ID:8ADAbAwM
>>539
確かにそういう決め付けはイクナイ。
それじゃあ俺等が叩いてきた>>1の身勝手な荒らし認定と変わらねえぞ。

550 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 16:26 ID:zjYVkpNB
オイオイ何だこりゃあ…
神と呼ばれたエロパロのファンだった俺ですらあの荒し認定には非常に幻滅して彼女を見放したけど、
それを叩いていた>539のこの自作自演認定のつっぱしりぶりには輪をかけて幻滅したよ。
神エロ以上に行き杉の認定ぶり。もう>539に神エロを責める資格はないのでは。
こんな事ならまだ面白いSS提供してくれた神エロが残ってたほうが少しはマシだったんじゃというのが今の正直な感想。

ところで、そのスレ大学生活板に見当たらねぇんだけども。何書いてあるんだ?

551 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 16:46 ID:zjYVkpNB
落ちたみたい、スレ確かこれ

http://ex3.2ch.net/test/read.cgi/campus/1077096213/l100

これまでとても言い出せる空気では無かったから
言わなかったけどファンだったオレは最後のSS萌えたです



552 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 17:01 ID:vpBVAtAz
ま、神エロも人間だわな
彼女の振る舞いに幻滅した人もいれば、一方で
彼女のファンでありつづける人がいるのも事実
両方の感情を持ち合わせた人がいるのも事実っ・・・

すごい生産ペースで、一定の出来を保ち続けたんだから
何だかんだ言っていまだに凄いと思ってるよ

553 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 18:00 ID:8ADAbAwM
俺も本心はそうでよ。
神が去った日は801誤爆等でこの女救いようがねえと思ったけど
冷静になって神の作品読み返してみりゃ
やはりスゲエヤツだったと思い直したね。
最終SSよく出来てた。
初心者なのに手加減加えず少し叩き過ぎたかもしんねえ。

例の荒らし認定は非難されて仕方ない軽率さだったが
まー801板誤爆のほうはそこまで追い詰めちまった俺等も悪かったかもな…
なんてな。今更だ…。
dat落ちスレのヤツがもし本物の神だったら悲惨すぎるから
もう叩かずそっとして置いてやったがいいんじゃねえかな。

554 :名無しさん@ピンキー:04/03/07 22:22 ID:7eZDYYs2
>>551 >>552 >>553 同感でつ
>>1の荒らし認定を理由に>>1だけを叩く必然性も今日消えたことだし
奴ァ既にこのスレを逝っちまった訳だしYO!
それに、奴の行動の良悪しと奴の文章自体の持つ価値とは別物だしナ

ま、病院逝きになった奴のことはもう許してやって
奴の遺作を温かく見守っていくとしまつか(*´д`;)
それから新ネタ、早く育成しようぜ w


555 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 16:12 ID:klOZhpUW
ボロボロになってたっぽい>>1に自作自演疑惑までかぶせたのは
ちと逝きすぎだったかもしれないな・・・。
>>1のアラシ認定は超ひきまくりだったけど叩きに回っていた方も
それ以下のレベルの事しでかしてるしよ・・・。もうおなじ穴のムジナだ。
1>>の始めの失言にSSやめて就職汁とまでいう必要無かったかもな・・・。


556 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 16:43 ID:Ovxk79oh
>>552の、彼女のファンでありつづける人
の俺にもまあ、色々と思うトコロはあるんだ…
frももう神は帰ってこないんだし。。
そろそろ新たらしいSSの話に戻そう。。

557 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 17:22 ID:gofuE2+v
蒸し返すのも後味悪いが、蒸し返すとレスが伸びる……。
もう>>1の話題を封印して新ネタ育成に向けて動くか、いっそのこと蒸し切るまで語るか。
どちらかにしようYO! (>>1を思いやるなら前者かな……)
この「蒸しては冷ます」流れはスレのためにもイク(・A・)ナイと思う。

558 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 17:36 ID:klOZhpUW
まあそうだな、蒸し切るまで語るの他職人にも悪いな。
自演疑惑も晴れたことだし>>1の心身の健康を思いやって
ここらで>>1の作品以外の話題については封印するか・・・。





559 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 17:54 ID:gofuE2+v
って、言ってるそばからナンですが。
>>558
>自演疑惑も晴れた
いつ?そこは漏れの中でもグレーゾーンになっているんだが……。


560 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 18:10 ID:Ovxk79oh
もう蒸し返すのやめれ>>559
せっかく落ち着いてきたのにさ。。
dat落ちスレ見たら?断定はできないが何となく本物だと俺は思う。
別人でも、蒸し返すのよくないいっている>>557が蒸し返すのはよくないよ…
もう不毛な議論はやめようぜ。。それより新ネタ育成しようぜ。。


561 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 18:30 ID:klOZhpUW
オレ的には落ちスレの例の人が>>1だという気がするから・・・。
グレーゾーンに感じる人はいると思うけどなァ。
ただオレの中では>>1の自演疑惑は解消したのさ。
ま、>>1自演疑惑が出た時、俺ももしかしてと疑ったけどね。
後の叩きサイドの自演認定を見てきて萎えて
>>1を攻撃する気がもう失せたというのもある・・・。
つーか藻前の言う通りもう>>1のネタ蒸し返すのやめようぜ・・・。





562 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 18:32 ID:gofuE2+v
>>560
スマソ。
断定的に言い切っていたから「そんな話あったっけ?」と思ってしまったYO。

まぁソレはさて置き、福本で百合をキボンしてみるテスト

563 :名無しさん@ピンキー:04/03/08 19:49 ID:LOVOjRsh
シチュが浮かべば書きたいんだが、当方カイジしか読んでない…
女、まともなの(顔または登場回数)いねーよ_| ̄|●>百合

564 :名無しさん@ピンキー:04/03/09 01:13 ID:/wrOlPBz
職人タソ キタ━━(゚∀゚)━━!!
百合はおそらくネタかとw
今、住人は飢えているので、思うがままに書いてもらって無問題!

565 :名無しさん@ピンキー:04/03/09 02:46 ID:/FjDPd+G
なんだ〜久しぶりに来てみたら沈静化してるじゃねえか
神のSSの他の話題封印つーのは大賛成!!

だけどなんだ……それとは別に
>>539は一応>>541に詫び入れとけよ……?
あの神ですら去り際に荒らし認定の件謝罪したんだしよ。
書き逃げはフェアじゃあねえな。
叩いてきた以上落とし前はつけねえとなっ…!

>>563 新神うえるかむ!


566 :名無しさん@ピンキー:04/03/09 07:18 ID:FFo0CTgT
このスレって鬼畜OKですか?カイジ×美心で書いてるんですけど。

567 :名無しさん@ピンキー:04/03/09 12:01 ID:rMHjbW37
ナッシング・・・っ!問題・・・っナッシング・・・・っ!!

568 :名無しさん@ピンキー:04/03/09 12:12 ID:A28/DyzN
>>566
是非っ・・・お願いしますっ・・・!

569 :名無しさん@ピンキー:04/03/09 15:08 ID:hZxRNXNu
>>345-349だけど、実は黒沢としづかの和姦SSの一部で、>>345−349はしづかの回想の
一場面なんだけど、和姦でもいいかな?
それから今三分の一ほど出来ているけど、完成したらかなりの量スレを消費してしまうかも
しれないので、今のうちに申告しておきます。

570 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 19:36 ID:XF/9YGRY
569>>
いんじゃねーか、ガンガレ。


蒸し返し禁止なのは知っているけど……
最後に神に一レスだけ伝えさせて頂きたい…っ!
いつかここをアンタがみれるようになった日のために。
神よ、、、俺はアンタの作品もっと読みたかった。
こういう結果になってしまってとても残念に思っている。
DQNな俺の最近の唯一の娯楽だったんだ、アンタのSS見るのは。
マジ感動してきた……、アンさんは深海に潜む魚や…。
誘い受けというが本当にそんなんどうでもええことや。
アンタの作品は誘われて当然ぐらい、輝いていたんだから。
今は銀と金の森田状態 w でSSどころではないのだろう。
けども神。
いつか戻ってこいや!
なくなっていたら別スレ立てて連載してもいいと思うぞ……っ? 

なんて勝手なこといってスマソ
心臓大事にな。


571 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 19:52 ID:00vJaetW
スレ立てからわずか一月ちょっとでレス数を570まで伸ばし、衰退・・・・・

嵐のようなスレだったな。それだけに悔やまれるが。

これからマターリいこうぜ。


572 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 20:18 ID:ASQ3sVyy
ほんとにな、嵐のようなスレだったな
神ファンだったがスレの空気が凄くて神を庇ってやる勇気がなかったYO
そんな自分に少し反省……

>>570のいうよーに惜しい才能をなくしちまった
強引にでもマターリにスレを戻しておけば
今頃には最低5作は神の新作が読めていたかもしれないし

今になって考えて見ると無駄なことをした

…マターリ新ネタつくっていくべ




573 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 21:33 ID:nvDuKaCi
神が801板で暴れてるの見たから擁護する気はないが
どーも来なくなってから盛り上がらなくなっちまってちっと淋しい

574 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 21:56 ID:r3rfJI6y
結局このスレは、「蒸しては冷ます」流れから逃れられないみたいだな。
せっかく>>569が、新しい流れを作ろうとしていたのに。
>>570よ。
お前の「1レスだけ」が、他の者の「1レスだけ」を呼んでいるんだ。
自称DQNにこれ以上言っても仕方ないから多くは言わないが。

もう神エロの話題は必要ない。

>>569
まずは少しずつ投下してはどうだろうか?
それで住人の反応を見ていけば良いのでは?

575 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 22:50 ID:3eQREj+A
じゃあ、まだ序盤で途中までですが、とりあえず投下してみます。
エロパロを書くのは初めてなので、どう書けばいいのか迷っていました。
でも、とりあえず投下して、反応を見てどう書けばいいのか決めて見ます。
それでは以下から投下します。


576 :雨宿り:04/03/10 22:51 ID:3eQREj+A
「ここか…」
古ぼけた安アパートの二階。部屋の”黒沢”の表札を見つけ、少女
は小さくつぶやいた。まだ昼の三時。あいつが帰るまでまだ時間が
あるだろう。
「早く来すぎたな…」
小さく吐息をついて、少女はアパートの壁に寄りかかった。退屈しのぎに
空を眺めた。曇り空だったのが、しだいにぽつんぽつんと少しずつ雨が降り
はじめ、空も町も薄暗く染まっていく。冷たい冬の雨。同時に風が強く吹き
こみ、少女は思わず身震いした。しかし、もう帰るわけにはいかなかった。
借りを返すまでは。返さなくても行き場はないのだから、ここで待つしかない。
少女は身動きもせずに次第に強くなっていく冬の風に身をまかせつづけた。



577 :雨宿り:04/03/10 22:53 ID:3eQREj+A
「あーやれやれ…」
にわか雨で今日の仕事は半ドンだ。とくに早く終わったところで、どうという
こともないが、傘を忘れたのがついていない。黒沢は半ば濡れた体で、あわてて
アパートの階段を駆け上った。不意に、部屋の前に立つ少女の姿が視界に飛び込んだ。
強く吹き込む雨風に体を濡らしたままの制服姿の少女。そのセーラー服には見覚えが
あった。あの時の…あいつ、何をしに?凝視したままの黒沢。次の瞬間、沈黙を破った
のは、その少女ーしづかだった。
「借りを返しに来たんだ。いいだろ?」
ずいぶん長い間吹き晒すままになっていたのか、少女の制服から雫がしたたる。
それにも構わずに、挑むようなしづかのまなざし。
借り?なんだお前は…
怪訝な顔の黒沢に、しづかの唇ー冷えて青白くなった顔のなかでなまめかしいほど紅い唇ー
がすっと薄い笑みを浮かべた。
「やらせてやるといってるんだ。わかるだろ?」
制服姿の幼さに似合わない大胆な台詞。黒沢はしづかの顔を思わずまじまじと見やった。
「やらせてやるって…お前…何言っているんだ?」
「あんた、この間、ナルミや仲根やっちまったそうじゃないの。なら、あたしもあんたに
やらせてやんないとまずいってもんだろ?どうせそうしたいんじゃないの?」
やらせてやる…一瞬憮然としたが、吐き捨てた少女の表情はひきつっている。自暴自棄な響きが
にじんでいた。
 もう一度見やれば、濡れた制服が少女の体にまとわりついて、少女の華奢な体の線を浮き彫り
にしている。相当濡れて冷え切っているはずなのに、少女はそれを構わずに、ただ挑むような
まなざしで挑発してくる。
 あの中学生どもの仲間ということはわかっていた。そしてその少女があのナルミどもを炊きつけた
ことも。でも放っておけばいいことだ。憎らしいが、構うほどの相手じゃない。わかっていた。
 しかし、次の瞬間、黒沢は部屋のドアを開けて、少女を促していた。
「お前…このままだと風邪ひくぞ?入らないか?」

578 :雨宿り:04/03/10 22:54 ID:3eQREj+A
 狭い一室だった。しづかは中を見回した。古新聞の束に、洗濯物の山。少なくとも、パソコンや
プレステ、DVDのラックなどそんなしゃれたものはない。居間にあるものといえば、机とテレビだけ
の殺風景な部屋。しかし、この何もないぐらいの方が落ち着くのはなぜだろう?
 あいつらの部屋と違うーしづかはナルミの部屋を思い出し、思わず身を震わせ唇を噛んだ。
 あいつらの部屋ーあの夜が明けた午後、しづかはナルミの部屋のベッドに仲間二人に腕を押さえ込まれ
ていた。目の前ではズボンをはだけたナルミがにやけた笑いとともに肉棒をしごいていた。
「なあ…一回ならいいんだろ?」
「一回だけといったはずじゃん…それなのになぜあいつらまで?」
これから起こることはわかりきっている。でも確かめずにはいられない。
「一回だけだから、何やったっていいんだろ?あいつらも混ぜてやれよ」
「何!?」
目を見開かれる間もなく、しづかは無理に起された。仲間二人が押さえ込んだしづかの腕を背中に回し、
手錠をかけたのだ。おもちゃとはいえ、どんなにもがいても外れるなんて甘い事はない。
「…あんた、何する気?」
目の前にナルミが肉棒を突き出した。アンモニアの臭いと、先走り汁の生臭い臭いがしづかの鼻をつく。
思わず目をそむけるしづか。そのしづかの顔を仲間は無理にナルミのほうへ向かせる。
「しゃぶれよ」
ナルミがさらに肉棒を突きつける。仮性包茎の亀頭には白い恥垢がたまって、それがしづかの胃をよじらせる。
黙ったままのしづか。不意に中島が鼻をつまんだ。
「ぐぐぐ…」
ゆっくりとしづかの唇にナルミの肉棒がねじ込まれていく。仲間達に頭を押さえ込まれ、しづかの頭は
前後に揺さぶられる。このイマラチオには快感はない。口の中に生臭い臭いが立ち込めていくだけだ。
ぐいっぐいっとしづかの頭は前後にゆれ、ナルミは目を細めて、しづかの口を犯す快感に浸っていたが、
やがて急に、しづかから肉棒を外した。


579 :雨宿り:04/03/10 22:55 ID:3eQREj+A
「はあ…」
急に解放され、自然に吐息がこぼれる。しかしまた目の前にナルミの肉棒がつきつけてあった。
「今度はチンカスなめろよ」
「馬鹿言ってんじゃ…」
いいかけたが、体は自由にならない。ナルミの欲求に屈するしか解放されるすべはないのだ。
しづかは半ば自棄になりそっと舌先をナルミの亀頭に寄せた。ちろちろと器用に、包皮と亀頭の
間に舌先を滑り込ます。そして舌先で恥垢をそっと手繰り寄せ、舐め取っていく。舌先に生臭くも
塩辛い味が広がる。屈辱の味だ。
「ふーっ…」
しづかが亀頭の恥垢を舐め取ったのをみて、満足げに吐息をもらしたナルミだったが、
「飲めよ」
しづかのあごを押え上げた。恥垢が唾液とともに喉を滑り込む。嫌悪感に思わず首をふってもがくが、
次の瞬間、抵抗さえ出来なくなった。
 中島がしづかのスカートに潜り込み、パンティを脱ぎとって、秘部をさらけ出したのだ。
さらけ出された秘部に中島の指が潜り込む。クリトリスの包皮を器用にむくと、親指でこねくり回した。
「うう…うっうっ」
強く押しつぶすかと思えば、不意に軽くなぜ回す。強弱の刺激がびくびくとしづかをゆらす。
「うう…お前ら…」
波のような強弱のリズム。やめろと全身に叫んでも、無理矢理に翻弄させてくる。ひくひくと
軽く痙攣させてしまううちに、中島が秘部に指をかき込んできた。くぐもった水音。
「すげえ、おまんこぐしゃぐしゃだぜ」
認めたくない。目を閉じた瞬間、口を犯すものがあった。指だ。そして広がる酸っぱくも辛い味。
これが何なのかもうわかっていた。
「すげえ、しずか、こいつ自分のマン汁なめてるぜ」
「ぐ…ぐぐぐ」


580 :雨宿り:04/03/10 22:56 ID:3eQREj+A
中島の指に犯されたまま、しずかはうめくしかない。手錠をはめた手はどんなにもがいても自由には
ならない。それでも手錠を外そうとむなしくもがいていた。しかしそれでさえ仲間の片割れに抱きす
くめられ、胸をわしづかみにされたままもみしだかれるだけの結果になってしまう。きつく転がされて
いる乳首がかたくしこっていくのが耐えられない。でも耐えるしかないのだ。自分が言い出したから。
 半裸の姿で三人の少年の嬲られるままにされている少女。しづかはそのみじめさに涙さえにじんだ。
しかし、やらせてやるといった以上、泣くわけにはいかなかった。いいさ、好きにするがいい。だけど
あたしはお前らのお望み通りに泣いておねだりはしないさ。
 押し黙ったままのしづか。ナルミはそれを無言の了解とみたのか、しづかの秘部に肉棒をあてがうと、
一気に腰を沈めた。
「……」
ずんと衝撃がしづかを震わす。びくびくと体が震えるのは感じているからなのか?嫌悪から逃げようと
腰を振っても、びくびくとした衝撃が体を震わす。痛いのに…それなのにこんなにびくびく震えてる…
「あっああっ…」
歯を食いしばっても、体中に広がる衝撃から逃げられない。
「すげえ、しづかのおまんこ、きついぜ、それにうねうねしてる」
上ずったナルミの声ががんがんと響いてくる。もうしづかは口をぱくぱくとあえぎながら、うつろに
視線をさまよわせるだけの人形となった。しかし、まだ終わらなかった。
 中島が自分の肉棒をしづかの口に押し込んだのだ。
「ほら、しっかりなめろよ」
「ううん…うう…」
がんがんと衝撃が体中をつんざく。これが苦痛なのか快感なのかわからないまま、息苦しさのなか
うめくしかないしづか。身をよじり、逃げようとしても、もう逃げられない。
「ううっ、出すぜ!」


581 :雨宿り:04/03/10 22:57 ID:3eQREj+A
 ナルミががくんと腰を振った。それにあわせてつながったままのしづかの腰もがくんと揺さぶられる。
「ぐぐぐ…」
しかし、まだ終わらない。しづかの口腔を犯したまま、中島の腰の動きがひときわ激しくなった。
激しいイマラチオ。がくがくとしづかの頭は揺さぶられたままだ。
そして
「すげえ…」
不意に生臭い汁が口腔に飛び散った。口腔をみたす青臭い精液。びくびくと中島の肉棒は
震え、容赦なくしづかの口腔を汚し、白い汚濁は唇からあふれ、糸を引いて滴り落ちる。
 唇から白い汚濁をこぼしながら、しづかはひるまずナルミたちをにらみつける。切れ長の目
の鋭さは失われていない。その鋭さと唇を照らす白い汚濁とのギャップがこの少女をより一層
卑猥にさせていた。
「いいだろ?気が済んだだろ?」
もう手首は手錠が食い込んでしびれるだけだ。しづかは自分がどれだけ疲れきっていたかを
感じてはいたが、おくびにも出さなかった。
 しかし、終わらなかった。
今度は中島が腰を沈めて来たのだ。秘裂からびちびちとナルミの精液としづかの愛液が混ざり合
って、あふれていく。
「ううっ…」
歯をくいしばりながら、しづかは次第に激しくなっていく中島に揺さぶられていた。
「すげえ、こいつもう腰振っているぞ」
気が遠くなりそうなのをこらえるしづかに今度は片割れが肉棒を突きつける。
片割れはしごいたかとおもうと、すぐに肉棒から白い汚濁が顔に降りかかってきた。
しづかのはりつめた表情を容赦なく汚す白い汚濁。
 放心状態のまま、目だけは見開いていた。流されまいと。


582 :雨宿り:04/03/10 22:57 ID:3eQREj+A
いつまで続くのか…
 しづかが解放されたのはもう夕方遅くだった。ナルミ宅を出て行こうとするしづか
をナルミが門まで送った。
 欲望を出し切り、満足げなナルミをにらみつけた。
「これでいいんだろ?一回だけだからな。これ以上はごめんだね」
 緩みきった頬のナルミ。
「ああ、やりたいことやっちまったから、わかったよ。じゃあな」
 この笑みは牛の反芻のようだ。くどくどしくて見ていられない。
 ナルミが家へと戻るのを、振り向きもせずにしづかは駅へと歩いた。
 口がやけに生臭い。三人の精液を飲まされたせいだろう。
 口をゆすごうとしづかは道端の自動販売機で、ボトルのミネラルウォーターのボタンを
押そうとした。そのはずだった。手が震えるのだ。
 あたしがあんなことで?
 苦笑いが自然に浮かんでくる。ボタンへと伸ばした右手をみると、そこには紅い痣が
ぐるりと手首を取り巻いている。がたがたとさらに一層大きく手が震える。
 こんちくしょう。
 苦笑いがとまらない。唇を異様なまでに吊り上げた少女。やけで思い切り適当なボタン
を押す。出てきたのはミルクティーのボトルだった。
 もうどれでもいいとボトルを口に突っ込む。
 次の瞬間、えずいた。口の中の精液と、ミルクティーの甘ったるさが混ざり合ったのだ。
えずいたまま、しづかはひざまづく。座り込んだまま、耐えられずに口を開く。
 ミルクティーがねっとりとした白濁とともにこぼれ、地面に広がった。
 「くっくっくっ…」
 思わず漏れたのは嗚咽じゃなく、乾いた笑いだった。自分でもなぜ笑っているのかわからない。
でも、笑いは止まることなく、溢れ出す。
 なぜ?ばかばかしい。
 そう思いながら、それでも乾いた笑いはどこまでも止まらなかった。止めるすべさえ知らなかった。
もう、すべてどうでもいいから。
ただひたすら笑うだけだった。
 笑いだけが響いていく…

583 :雨宿り:04/03/10 22:58 ID:3eQREj+A
 不意にどたんどたんと居間に黒沢が駆け込んだ。ずいぶん慌てた様子で、バスタオルと
男物のパジャマを抱えている。そして、慌てていたせいか、しづかの足元にどさんと放った。
 「お前、ずいぶん濡れているだろ…ならこれ使わないか?」
そして慌てて、部屋の隅のストーブをつける。古い形式らしく、灯油の油臭い臭いが立ち上る。
 悪夢から覚めるしづか。しかしまだ目はうつろなままだった。
「…お前、服脱いだほうがいいぞ…このままだと風邪ひくぞ…右の上にハンガーあるから
つるしてこいよ…あ、なんかあったかいもの作ってくるわ…」
 早口で言ってしまうと、またどたどたと台所へ駆け込む。
 しづかはようやく自分がずぶぬれのままだった事に気付いた。急に体が震え出す。
 もう笑いは響かない。窓が雪まじりの風に叩かれ、ぴしぴしとなる。
 自分が何を考えているのか、そんな単純な事さえわからない。それでも手は制服の
ボタンを外し始めていた。


584 :雨宿り:04/03/10 22:58 ID:3eQREj+A
 イッタイコレハドウイウコトデスカ?
 コンロにはやかん、流し台にはインスタントコーヒーの瓶と砂糖のタッパ。そして二人分の
マグカップ。
 風呂場で濡れた服を着替えると、寒さは一応和らいだ。コンロの火があるから、台所は
わりと暖かい。
 シカシイマノハイッタイナニデスカ?
 暖かさで体のこわばりが取れてしまうと、黒沢は自分の状況がすっかりわからなくなって
しまった。
 あの少女ーナルミたちの仲間。リンチされ、這い蹲るしかなくなった黒沢にごう然と
あやまれと言い捨てた少女。平然とナルミたちにバットを渡し、「行けっ、頭」と
平然と言い放った少女。
 その少女がいきなり自分の部屋にやってきた。しかも借りを返すとかいいながら。
その内容は「やらせてやる」。どう考えても無茶苦茶だ。思いませんか?理解不能だと。
 しかし、今、自分は少女を部屋に上げている。それはーあの少女がぐしょぬれだった
からだ。あの雨が吹き込む中、ぐしょぬれになったということは、相当長い間自分を
まっていたからだろう。そこまでして…やらせてやりたいのか?一体何なんだ?
 まあ、ここは丁重にお引取り願おう。そう、君子危きに寄らず。二度とあの車の
ような過ちは起すまい。服が乾いたら、傘でも持たせて、さっさと追い払おう。
 いきなりのけたたましく笛の鳴る音が、黒沢を慌てさせた。この笛つきヤカンときたら、
音ばかりでかく、考えてみればはた迷惑な代物だ。ヤカンを取り上げると、黒沢はあたふた
とコーヒーを作り始めた。
 二つのマグカップを抱えて、居間に入ってみると、しづかはパジャマに着替えて机の窓側
に座っていた。机にコーヒーを置こうとして、しづかと目が合った。一瞬、違和感を覚える。
遠くを見ているのか、それとも何も見ていないような、焦点の合わないまなざし。あの時の
挑むような鋭さがない。何があった…そんな思いが一瞬頭をよぎる。
 しかし、それは思い違いだったのかもしれない。黒沢に気付いたしづかはまた薄い笑み
をうかべ、いつもの挑むようなまなざしで黒沢を見据えてきた。

585 :雨宿り:04/03/10 23:00 ID:3eQREj+A
 「先週の月曜、学校に殴り込み入って、ナルミ一発でやっちまったって?しかもついでに
あの仲根までぶっ倒すなんてあんた、やるじゃん。おかげでナルミども今じゃ学校中の
笑いものさ」
 黒沢が何も言っていないのに、しづかがいきなり早口でまくしたててきた。
 「…あれはもう過ぎたことだ…お前には関係ない…」
 「お前の服が乾いたら、傘やるから、お引取り願いたい…てことで」
 ゆっくりと黒沢はたしなめるつもりで、語りかけた。
「でもさ、あの時、あいつらたきつけたのあたしだってこと知っているんでしょ?」
 ニヤリとわらいながら、黒沢をしづかはにらみつける。そのせいで二人はまじまじと
お互いの顔を見合すことになった。
 よくみてみると、しづかはかなりの美少女だ。茶髪とはいえ、滑らかなロングの髪に、
細面に鼻筋の通った引き締まった顔。そして鋭い切れ長の目。黙っていれば、かなり良い方
なのに、その切れ長の目は、嘲笑をうかべ、落ち着くことなくさまよっている。
 「…ああ、わかっている…もう関わりたくはありません。ですからお引取りお願いします」
 しづかの目から視線をそらし、あくまでも慇懃に答えたつもりだった。
 しかし、しづかのまなざしは執拗に黒沢を捕らえる。
 「あんた、あたしに怨みあるでしょ?それにあの時、車の前でフガフガやっていたのは
誰だっけ?」
 どこまでも不遜なしづかの言い草に、黒沢は苛立ち、黙りこくっていた。
 一体この女は、どういうつもりなんだ?どこまでつけあがった女なんだ?
 目の前にいる少女はあくまでも倣岸な態度を崩さない。それが人を苛立たせるとわかって
いてもわざとやっているようだ。

586 :雨宿り:04/03/10 23:00 ID:3eQREj+A
 苛立ちをごまかそうとして、黒沢はコーヒーを一口啜った。安物で、砂糖の味しかないが
どうでもいい。
 しづかもそれにつられたのか、マグカップを口に運ぶ。
「あちっ…」
 慌てて口を引っ込めるしづか。猫舌らしくマグカップを置いても、口を片手で押えて
目をしばたたせている。
 その一瞬、少女から倣岸さが消えた。少女にあった嘲笑が消え、あどけなさがすっと
その顔に表れた。
 黒沢は一瞬の少女の変化を捕らえていた。と同時に別の印象が焼き付いていた。
 もしかしたら、この女の態度はわざとやっているのじゃないのか?それが一瞬崩れた
のじゃないのか?
 この一瞬に目を見張る黒沢。なおも口を押えたままの少女のパジャマの袖がずれ、
手首を取り巻く紅い痣がぱっと焼きつく。白い肌に痛々しいほど鮮やかな紅い痣。
 黒沢に気付いて、しづかはあわてて、パジャマの袖を引っ張り上げようとする。
しかし、その拍子にもう片方がずれ、両腕の痣がさらけ出されてしまった。
 「お前…なんだこの痣は…」
 どう見ても尋常な痣ではない。思わず、しづかの両手を取りそうになった。
 「別にいいじゃん、そんなこと…」
 痣をみられたしづかは動転しているのか、しきりに首を振り、黒沢から逃げようとする。
 「一体、何があったんだよ?…」
 もっと様子を見ようと机をぐるりと回り、黒沢はしづかににじり寄る。
 その瞬間、しづかがはじかれたように胸に飛び込んだ。冷え切った体。その冷たさに
ひるんだのか、しづかの勢いに流されるように黒沢は仰向けに倒れこんだ。黒沢の上に
しづかが絡み付いてくる。全身にしづかの華奢な肢体を感じた。それはどこまでも冷たい
のに、目だけはらんらんとぎらつき、黒沢を支配しようとしているたぎりさえ感じる。
身を起して振りほどこうとした時、両手がすべるように黒沢の首筋に絡み、唇がすっと
黒沢の唇に滑り込んできた。

587 :雨宿り:04/03/10 23:02 ID:3eQREj+A
 「なにを…」
 すると口を開いた時、するりと少女の舌が滑り込んでくる。そして、ちろちろと
黒沢の歯をすべり、歯茎をなで上げた瞬間、舌に絡み付いてきた。両手でしっかりと黒沢の
頭を押さえ込み、少女は黒沢の舌を弄ぶ。黒沢は捕らえられてしまった。
 黒沢が始めて味わう唇だった。しかもこの媚態をこの少女がさらけ出している。黒沢の力
なら、少女をふりほどくことはたやすい。しかし、巧みに絡み付いてくる少女の舌は甘く、
力が抜けていく。少女に口腔を犯されている。キスの技巧を知らない黒沢は少女の舌になすが
ままにされたまま、翻弄されていた。
 口腔にタバコの味が広がる。メンソールの甘く乾いた味。少女の唾液が黒沢の口腔に滑り込んで
きたのだ。思わずぐっと喉を鳴らし、それを飲み込む。一旦、少女の舌が引っ込んだ。と思いきや、
今度はさわさわと唇を甘噛みする。自分の唇をすべらせながら、ごく軽く甘えるようなリズムで
黒沢の唇を嬲っていく。
 黒沢は目を見開いたままだった。自分よりはるかに幼いはずの少女が、娼婦のような媚態を見せ
翻弄している。そのことだけでも、くらくらと頭が回り始めてしまっている。
 ふっと唇が離れた。しづかが唾液に唇をてらてらと光らせながら、艶然と微笑んでいる。そして、
雫が唇を滴ると同時にごくりと喉が鳴った。黒沢の唾液を飲んだのだ。
 「どう?借り返してやるだけよ、それだけのことじゃん」
艶然と微笑む少女を黒沢は呆然と見上げていた。あまりにも大胆すぎる媚態。なぜいきなりそんなことを
こいつはやってしまえるのか?
 「そんな無茶なこと…できるかよ…」
首を振ると、少女はさらに強くのしかかってきた。黒沢から見たら、ごく軽いはずなのに、なすがまま
だった。動けない黒沢をせせら笑うように、しづかはするすると手を下の方へ滑らせて行く。
  黒沢の体をすべるその手はしなやかだが、冷たい。しかしその冷たささえ、今の黒沢にとってひどく
心地よいものだった。そして、手がぴたりと止まった。ズボンの股間だ。そこにとどまった手は、
あくまでも優しく、なぞり上げていく。

588 :雨宿り:04/03/10 23:03 ID:3eQREj+A
 「ぐぐぐ…」
快感が背中を走る。歯を食いしばって耐える。しかし、手は撫ぜ上げた次にはそっと包むように揉み上げる。
びくっと背中を震わせた。ぐいぐいとそそりあがっていく。不意に止まってじらされると、それだけで
びくびくと肉棒が痙攣し、息が荒くなっていく。
 すでに息を切らし始めた黒沢を少女は満足げに見やると、再び撫ぜ上げた。
 「ぐぐぐ…ううっ」
 快感が渦となって全身を回り始める。それでも黒沢は歯を食いしばっていた。溺れきるのを拒むのは、
この少女の大胆さへの疑問だった。なぜお前はそんなことをする?冷え切った体。両手の痣。何がお前に
あったんだよ?…先に見せたあどけなさと今の媚態のギャップ。どれが本当のおまえなんだよ?
 不意に黒沢の両手が少女を包み込んだ。こんなに冷え切った体で…無理するなよ…
 不意に抱きしめられたしづかは歪んだ笑みを見せた。しかし、その笑みが今の黒沢には痛々しく思える。
 「寒かったろう…おまえ…あんな軒下で雨宿りしてちゃあ…」
 両腕の中に抱きすくめたしづかの肢体は華奢だ。そんな華奢な体であの雨風の吹き晒すがままにされるとは
…何がそこまでさせるのかわからない。しかし、妙に無理をしているような気がするのだ。
 「こんなに冷えちまっている…」
しづかを抱きすくめたまま、ぽつりと黒沢はつぶやく。
 しかし、抱きすくめられたしづかはその言葉を聞き流していた。次はわかっているといいたげに。
 その冷笑をぼんやりと見守ったまま、黒沢はなおもしづかを抱きしめていた。まるで少女の冷え切った
体を自分であたためようかとするかのように。
 がっしりとした黒沢の腕に抱きすくめられたまま、身動きが取れなくなったしづか。黒沢の胸板に
頭を預けたままだった。
 風が切るような音を立てていく。雪まじりの雨粒が窓に叩きつけられ、はじけて窓がきしむ。
 その音を黙って二人は聞いているままになった。

589 :雨宿り:04/03/10 23:04 ID:3eQREj+A
もぞもぞとしづかがもがく。
「そんなことより…さっさとやんない?」
しかし、黒沢はしづかを抱きすくめたまま、またぽつりとつぶやく。
「雨…ひでえな…」
「何を…」
口答えしかけたが、それ以上何も言わずに抱きしめているだけの黒沢に身を預けるがままだった。
 華奢なしづかの体。それをしっかりと感じながら抱きしめているうちに、黒沢のなかにひりつくような
渇きが生まれた。このひりつくような渇きー黒沢がいつも感じていたものだ。人恋しい。ひりつくように、
人恋しい。黒沢は今まで誰かをこんな風に抱いた事さえなかった。人の肌のぬくもりさえ無縁だと思って
いた。しかし、この人肌のぬくもりを知ってしまうと…狂おしいほど欲しくなる。この腕の中のぬくもりを
手放す事が出来ない。それどころかもっと貪りたくなる。

590 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 23:05 ID:3eQREj+A
 
 中断になってしまいますが、ここまで書いたところです。
これだけでもかなりの量になってしまい、すみません。


591 :574:04/03/10 23:16 ID:r3rfJI6y
えぇと……フォローしてしまった俺が言える立場じゃないが。

>>590
>>44

俺が馬鹿だったのかっ…… _| ̄|○

592 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 23:17 ID:49MilDO9
神っ・・・!俺は神をみたっ・・・!!降臨なさったっ・・・!!われらが神・・・っ!!

593 :名無しさん@ピンキー:04/03/10 23:41 ID:gXgioZWj
ワーワー!神!ワーワー!
犯罪的だっ……!すばらしいっ……!

594 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 00:16 ID:qJn8qqgt
(´Д⊂ヽグスン

595 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 09:23 ID:gnLtsbm+
>>575
オメ!!いかった!つぎいけ!
>>574
神エロの話題は必要ない
とまで言い切る必要は無いんじゃねーの?
喧嘩売るわけじゃねーけどそれこそ言論統制でわ?
神エロのSSのファンがいまだいるのは事実だし
今後は>>575のファンやその他の書き手のファンや旧神エロSSファンが
いっしょに仲良く共存していけばいいじゃんよ。




596 :574:04/03/11 09:44 ID:e6D/2AGI
>>595
>自称DQNにこれ以上言っても仕方ないから多くは言わないが。

この“多くは言わな”かったところまできっちり説明しなけりゃいかんか?
ただ、この悪い流れを断ち切ろうと思っての発言だってことはわかるだろう?
あとのことは脳内補完しといてくれ。長すぎるレスは嫌いなんだ。

597 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 09:53 ID:gnLtsbm+
よーは、蒸し返し禁止になったのは旧神の作品の以外の話題なんだし、
ファンがSSの話題だけするぶんにはいいじゃねえかっ!

それはおいといて、
     新神・・・!オメっ・・・!ざわ・・・ざわ・・・!満ちた・・・!
    

598 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 10:04 ID:gnLtsbm+
流れを断ち切るのは俺も賛成だよ?悪い流れを断ち切るといえば
あの…>>539最後まで謝らないまま逃げやがって後味わりぃな。




599 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 16:00 ID:1pcjk5tc
僕は>>1が氏のうが精神病院逝こうが全くしったことじゃありませんが
ここにはまだ、僕のように>>1のSSそのものは好きな奴、
ファンで>>1に戻ってきて欲しく思う奴、がいるのも事実なわけです。
蒸し返しが禁止になったのは、>>1を取り巻く中傷誹謗合戦についてであり
>>1の復帰問題や>>1のSSのような穏健な話題までも禁止する必要はないはず。
勝手にあなたの判断で「神の話題は必要ない」と、
管理人気取りに言論仕切るのはよしてくれます?第三者の僕からしても不愉快です。
そんなことでは>>1の荒らし認定と変わりませんよ。
補足ですが、小さいことで他人のレスのあげ足をとらないほうが
「このスレのためにも」いいと思います。

600 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 16:11 ID:GGM9AFkp
>>599のような自治厨が何よりウザいな。空気嫁(´ー`)

       |
       |
   ぱくっ|
     /V\
    /◎;;;,;,,,,ヽ   <600ゲットォォォ!!
 _ ム::::(,,゚Д゚)::|   
ヽツ.(ノ:::::::::.:::::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'


601 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 17:12 ID:1pcjk5tc
自治厨はもまえだろw


602 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 18:17 ID:KakcIRxB
空気嫁て・・・単に残った者同士仲良くすりゃいいだけのことじゃん
大人だし少しずつ言いぶん譲り合って平穏にするのが普通のやり口・・・
こーいう無自覚の自治厨>600みたいのが一番uzeeeYO!!!
神も氏に、全て済んじまったんだから、いまどき神の作品の話をしたって
何の問題もない。だのに>600はなぜここまで執拗に神の話を排除したがるのか・・・。
どうもひっかかる・・・。

そこで俺はスレ読み返してみてた。・・・そしてある推測に至ったわけだ。
>598のスレを見て・・・失礼承知叩き承知であえてオレ言うわ…
これをいう時点で俺も>1や>539の仲間入りなわけだが・・・




603 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 18:18 ID:KakcIRxB
>539の正体…=>557=>559=>574  じゃねえのか・・?

全体の流れが屍>1を許していく方向で
マターリの流れになってきたところに、
なぜか突然とってつけたような>557の
「>1の話蒸し返すのよくないYO」発言。
どうも不自然だ。
あの時点既に>1の話題は蒸し返さない方向で
ほぼ決着がついていたんだから
そこに改めてああいう話の持って逝き方に違和感。
とくに>557の一行目が意味不明。
第一あの時本当に蒸していたのは
>539の自作自演認定の話題のほうだった。
それにだ。>557はその直後、
>1の自演疑惑に関する話題に妙に過敏に反応し
>559でこともあろうに自分から>1の話題を蒸し返している。
さらに、>598で>539の話が出た途端、
それまではすぐに返してきた反論レスをぴたっと止めている。

>539が蒸し返したくなかったのは、>1の話題などではなく・・・・・・
   本当は、、、自分がしでかした逝き過ぎ自作自演認定の件
だったんじゃないか?そして話をあやふやにしようとたくらんだからじゃないか?
   といってみるテスト

604 :574:04/03/11 18:38 ID:e6D/2AGI
えーと、あらぬ疑惑が浮上してきたので荒れる前に言います。
俺は>>539ではありません。
で、>>1を見放した側の人間なので、好意的ではありません。
が、新職人が現れることを願っています。
ゆえに「新職人の出て来づらい>>1話はもういーじゃん」という意味でレスしますた。
事実、>>574でレスした直後に新職人が来てくれたことを見てくれたら、俺の意図するところは感じてもらえるのかも。
もちろん、釣られている>>600氏も別人でつ。
てか、疲れたよ。こんな空気にはもう疲れたんだよ>>603 と言ってみるテスツ


605 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 19:23 ID:qJn8qqgt
お前等いい加減にしろ

606 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 20:01 ID:eYzhZ+6z
 | {‐:} | {‐:} {‐:} | | | | {‐:} | {‐:} | | |||l: l|
 {‐:} | | | | | {‐:} {‐:} | | | {‐:} | | | |||:: :|
‐:} | {‐:} | {‐:} | | 、、、{‐:} | {‐:} | {‐:} {‐:||l   |幺゙〃ゞz;_  夊ミ
~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙ミ迹゙゙:"ツ;,,'~|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|~゙|l:  |阯孑;; : : 〃,爻ヾ   >605
 {‐:} | 美心~^ゝ糸孑": :  〃{‐:} {‐:} ∠ニニニ.ヽ. !乘奕;;: : : ≠ざヘ   その通り・・・・・・
 | {‐:}vミ找シ;: : ミ亦ゞ彡; : : ゞ {ーl r'-、 ̄, -‐ l. l |班巛ゞ;: : : ミわヾ
‐;}, ,|、l笏亥〃;: :{,-‐z:、__≪ミ__ ; l l │-,  、-‐ |r、|:!長彡ヾ_; : ヾ;:シ;   言い訳をしたい気持ちは分かる。
气〃レ/i ̄~\:「 /   「ゝ∠ ̄\ |_ノ!.___八__ ||ツ| 、;;/ ̄Y\_"キ癶
彡炙从;:´ヽ   `Tヽ: .  /  | ヽ-‐ lヾ三三ヲ |ヽ.!、_`ー-、/:::ヽl/ ̄\    分かるが 美心に萌えろっ・・・!
ゞ爻ミ7::__ iー、__/  |: :  i ̄7 ,.. -‐ '^ーr----‐'   `ー ` ー-- 、 :l: :  l
7 ̄ヽ:::: /´: : :  Yフ; : :  〉//    r--┐     u     ヽ : : : ヽ     竹薮の中で・・・・・わしを見ておる……!
\  |r ‐'´  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄/  , ‐=='--r' ,. --一        ; l  ̄  ̄
:.  V: : : : : : : (  )     /  /  ; ニニ;う i             ; |
:: /: : : : :   ( )     : :/ /  __;.ニフ′ i  u     ヽ  v   | : (
": : : :          : : :// _./  ̄   i        l    ; | : :、(
: :           : : , ; =r=f〉 〈=r ,、 _ _ ,、 ___ _, _c__ ∧__, __, ノ~ノ ;
:  (          i((::l: !  l|.  | i )) : : : : : : : : : : : : -‐: ` : : -‐ :
   (  )      | lヾi=r==r=F彳| : : : : : : : :     : : : : : : :
     ( )    l { l | |  ! │ | l. l : : :   : : : : :       : : : : :
          、ヽ:` ー--'--:'--'‐ '":ノノ   : : : : : : : : :



607 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 20:14 ID:eYzhZ+6z

             _
         -─ヽ ` v '⌒ ゝ
         /          \
        /        ∧.    ヽ
      i    , ,イ/  ヽト、!  N
       │r‐、 ノレ'-ニ」  Lニ-'W
       |.| r、|| ===。=   =。==:!  
       │!.ゝ||. `ー- 1  lー-‐' ! あんたも竹薮におるんとちゃうん・・・?
     /|. `ー|! r   L__亅 ヽ|   
   /  |  /:l ヾ三三三三ゝ|
 ‐''7    | ./  `‐、, , , ,ー, , ,/ヽ_ 
  7   ./K.     ` ー-‐ 1   ヽ-
 /   / | \       /|ヽ   ヽ



608 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 20:18 ID:eYzhZ+6z
ザワ…ザワ…ザワ…

609 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 20:22 ID:eYzhZ+6z
   /─-;ィ-、. 二.__  ̄ ̄ ̄ ─‐ト _
  // //\_| ヽ|_,./ ̄`゙'''T ‐- 、__|ノ\ヽ
   /|===。、  _ ===。=,ノ| |  .| ゝ ヽ ヽ
     ! ー-‐/  " ー--‐_'j ノ| |  | ヽ  |/
      !.u / v  uj ~U〜/,ノ| .|  |  \
.     l./ v  __ )  / u |/ /!  |`''‐-
.     ゙t、--───-、   / / !  |
      /.i`ー------‐ ' j//イ  |
    /  ヽ. ー‐   /'"´  |  |
・・・・・・・・アウツ

610 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 20:45 ID:gnLtsbm+
              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ! 誰も言わないなら俺が本当のことを言ってやる・・・
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!       このスレはもう 馬犬 目 だ・・・!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
             /!.  / -──────--! .|、
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-
                    利根川


611 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 20:54 ID:gnLtsbm+
         /./                   | |
      _/ /-─'''"~~ ,.二.フ->      ! ,'
    / ./, '-─‐ '" ̄  / '´\\    ,' /
.  / // ニ二u__,/ // u,__ヽ 〉- 、//
  {//-===:、     |.! /  / { | r‐ノ/         /
  /,.イ u   __\、;;;||/ @ 〃,.-;=´イ,ヽ        //
. //ヾ.\ /   @ フ''| |: ミ≡彡' / _\ヽ |       ,' ,'
/ i´r\ヽu`≡==彡v{ .{._,.ノ/u,ノ u_ \!\     / /
  ヽ.ヽrヽ.} r,ラ',ニニ二´-‐''´、 ̄ ./ヽ/ヽ.ヽ ` ー-/ ./
    \`、レ',.イー' ( __ } | - ’,. ‐ヘ /  ,| |  _//
.     `//_| rーrー┬ゝィ‐''1´ ,レ'´  /ン ! /、'´ ̄
     //  ! l‐┴‐┴‐┴‐ '"´  /ヽ/ u |、//  `丶
  ,r‐' /   \ヽ.r‐┬‐┬ ''1´.工 -‐'´u  |//\
 / /  /|   \` ┴‐''' ´ ̄ ==''___/// ヽ
/ /  ̄ ̄|   |    `ー、'''"~~´ ̄ ̄   //
./    |   |      \-───‐- 、//


612 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 22:24 ID:m3a1OOif
>>590
遅レスだが・・・GJ・・・!

613 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 22:34 ID:gnLtsbm+
>>1も1だ。>>604が好意的になれない気持ち分かるよ。
だが、>>1が大量に質の高いSS読ませてくれたことは本当だ。
書き手が>>1だったからこそこんなメチャクチャなテーマのスレなのにここまで伸びた。
俺たちは分別在るオトナだ。1の未熟ゆえの過ちは許してやって、もし1が帰ってくる気になったら
何も言わずに迎えてやってもいいんじゃないかなつーのが、オレの気持ちなんだ。
毎日のように読んでいた>>1のSSがないと何だか物足りないんだよ。
1は書く文章からして繊細で傷つきやすそうなヤツだったから
たぶん相当自分の行動に後悔し反省してるだろうと思うわけで。
自分を殺してくれ処刑してほしいと落ちスレに書いていたしな。(あれは本人だろうと思う)
それに、もともとこのスレは誰でもウエルカムの場所だったじゃないか・・・。
>>1に憧れて他の職人も現れだしたんだから、>>1が戻ったって問題ないんじゃないか・・・?
ここはもともと誰でもウエルカムの場所だった・・・。たとえ一行しか書けない職人でもだ。
オレたちここ数日の騒動で…何か大事なモノなくしちまったんじゃないのか・・・?


614 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 23:14 ID:2/H3u4FH
>613

とても理性的な意見だ。俺も賛同するよ。


615 :名無しさん@ピンキー:04/03/11 23:42 ID:gnLtsbm+
賛同者ゼロで叩かれるかなあとびびりながら送信ボタンを押したよ。
>>ありがとう614
>>1は本当は悪いやつじゃないとおもうんだ。
…それは決して彼女が若い女性だから庇っているのではなくて、
>>1の発言を始めからずっと見てきた俺には、
1は冷静になればちゃんと自分の間違いを認めるだけの器量を持った人間
だとなんとなく思えるからだ。
1は途中で反論をやめ、しょっぱなの行動を反省する言葉を残し、最後に荒らし認定を謝った。
自作自演認定したまま逃げたヤツのように逃げなかった。
>>1が自分の非など認めないヤツならそのまま逃げていただろう。
オレたちから見る何でそこまで?というくらい傷ついていたのも、哀れみを請うためではなく
神経がもともと異様に繊細で、責任感が強く、強い自責の念に駆られ本当につらかった
からではないんだろうか。敏感すぎて、冗談を本気で荒らしと勘違いしてしまったのではないだろうか。
そんな風に俺は感じた。オレには神経症の妹がいるので何となく雰囲気的に分かったんだ。
彼女が叩かれた、「801とは違う作品を書きたかった」というあの発言も、
801好きの人をバカにする意図ではなく、ただただ福本作品のスジに少しでも忠実なよい作品を書きたい
という思いが間違ってうけとられてしまったんではないだろうか。
彼女は以前からとても福本作品の雰囲気を大事にしたがっていたし。。
それで主に801板の人に叩かれてしまったのではないだろうか。
801誤爆も、目立ちたくてしたのではなく、たぶん、>>325への約束を果たさなくてはという想いと
もうこのスレには自分の居場所は無いというパニックとのハザマでやっちまったんじゃないかな…。
オレはだから許してあげたいと思っている。
それに第一彼女の作品は俺にとってとても面白かったから。





616 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 00:15 ID:YmfyCYfg
     ___l\|\,,, --――--- 、
    ヽ                  ヽ      ・・・・・・うんざりだ・・・・・・
   /                   ヽ     騙り煽りはもう うんざり・・・!
  ∠      /`´ヽ            |
   /   /| /ー--| l、          |     オレたちは騙り煽りを拒否する
  /_  / 、|/ー--‐ | |‐ヽ|ヽ        |     むろんこれは他の誰かに
   |ハ/ ヽ\   ,,-|‐,''二‐''\_,      |     譲るなんてことを言ってるんじゃない
    |=====ll  ll=======   ヽ |⌒l |
      |ヽ_o_ 〉 丶__o_/    | |⌒| |     葬る・・・・・・!
.     |__/  ヽ___,     |. |0 | |     騙り煽りそのものを・・・!
     |   /             | |_,ノ. |
      | ,/__, -ヽ ヽー--、   ||   |\    それがみんなのためなのです
      ∠川川川川川川川lゝ | i ∧  |  \   この騙り煽りが板から消えることで
.     /'| l二二二二二二l   ./.::::`、 |    |_ それですべてがうまくいくのです
    -‐l  |   ≡         /::::::  |     |
.     |   |          /:::::  /|     |  放置を
.      |   |______/::::: /  |      |  賢明な放置を・・・・・・
     |    |\::::::::::::::::::::::::::/   |       |  みなさん自身も・・・・・・

617 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 00:35 ID:YmfyCYfg
マジレスの後にくだらねえAAあげてスマソ


618 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 02:04 ID:H/IMkaiN
>>613 >>615
…正論だっ…!分かった。許すわ、俺も…。賛成。

619 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 02:13 ID:YmfyCYfg
スレ全部振り返ってみた。神エロについてのレスが1つでると
複数レスが付いてくるという事は逆に言えば…
神エロのSSへの関心の裏返しなのかもしれん…
>>613
的を得た大人の意見…禿同だ…っ!

620 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

621 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 17:00 ID:4sVafpEO
                _.. -‐'''"~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
             /                  \
         ,..-''"     ,..._/彡,.ィッ         ヽ   最初の職人態度全般uzeeeeee杉………!
       /        ‘勿、_..-''"           /  
      /             ___            /  今の職人文章下手杉……!
     /            《△△△》.. --―‐'''''l__/
     ヽ、   ,rn--―'''''"~~ ̄          ,.ィ
        ̄ ̄|ミ\    __,,,,,,,....... ---―‐''"|ミ|‐-、     ROMども諍い杉っ・・・・!
          /"`彡、 ̄ _.. -〜\|川l/--‐'''7 |ミ}⌒! |
          | l"~|ミ|<.._◎_/| |く__◎_,/ノ|ミ{⌒l |    こんな糞スレ病めちまえっ・・・・!
          | lー-lミ;| 二二二-"| | 二二ニ-''l=!こ| |
         ヽヽ,,|=| u ー--‐   |  | U _  |;|、_ノノ    テメーら神聖な福本マンガに・・・・・・・・!
          | l、_ト|  -―''゙(. |  | ,)ヽ__.二、l|ー'´
            `ー!| /,二`ー-`ヽ__/´--―''''ヽ |         得ろかぶせてんじゃねーぞキティらめが・・・!
             |||⊥l工エエェェエエl工///ヽ
             ヽヽヽl工エエエエエエ工l///|   \__________
         ___...../ \`ー─────u‐ ' / |   | (弍三弍三弍三弍三弍)l\
__,.r;=弍三弍三弍) /  | ヽ U 三三  u 〈.  |     |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |  ヽ
=┴'''''""~~~ ̄ ̄ |    ト、ヽ   u          }/|   |              |
             |    |\`ー--―- ......_ノ  |     |              |


622 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 22:02 ID:YmfyCYfg
        _冫`'``‐'^'''"‐z_          ひいいい〜〜〜っ
       え         r―-、       外部の荒らしまでやって来た・・・・・・!
       ,.‐-、vヘハノVvヘハハ∠二 ヽヽ
     //フlul|lu||lu| l∠二 ヽ / 嫌だっ………!
.     〈 /'''フ-‐〜'  〜'⌒⊂"^ヽ/ ̄ ̄ ̄   もう嫌だっ……
_... -‐''"~ヾノつ へ、U  / ヽu|ヾi____
      __||(  o    o ,ノ ||f|-―| |'''":::::   こんな荒らし&殺伐とした空気……!
_... -‐i'"|~:::|::|  し'| u | `Ju l!'|::::::::::| |::::::::::
:::::::::::| l:::::l::::| v ___L,__,.」_u |:::|:::::::::| |:::::::::  白紙にもどしたいっ……!
::::::::: | |::::|:::::ヽ((三≡≡三))/:::::|::::::::| |:::::::: 神にも戻って貰って…
::::::::::| l::::|:::::::::::\u、━、、 ./::::::::::!::::::| |::::::   
:::::::::| |:::|:::::::::::::::::::`――'' /:::::::::::::::|:::::| |:::: だれでもWelcome!マターリだったあのスレに…!
 :::::| |::|__::-――-\―/-―‐-::__|::::| |:     
  :::| |:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::! だめぽいな…もうスレの存続自体……
>>604同様俺ももうこのスレにもう疲れたよ……

623 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 23:34 ID:3A5hSsuR
はいはい、もう終わりな。きっとこれはあれさ・・・福本が言っているんだよ、
「俺の作品やキャラを汚すな」とね。長いエロもこれで終わりだ。
悲しくなんかないさ。最初から無かったものと思えば良いのだから。
悲しくなんかっ・・・・ないっ・・・・!!

624 :名無しさん@ピンキー:04/03/12 23:58 ID:OZ6WXDZU
なにもかも全部>>1のせいだ
>>1さえいなければくだらない議論厨も湧かなかったし
このスレが荒らされる事もなかった

625 :名無しさん@ピンキー:04/03/13 00:02 ID:1kxF1Ixc
  も  ),,.――――、
  う / ,,  ミ  、ヽ`ヽ
    〈f  m冊ヽ    |
  終 )i,||i   |   ill|               
  わ〈 ルノ--  レルキ |        って西尾さんがいってるのかもな。
  り ヽ=キ;テ- i;.テ=゙. |
  ま  )´ー   ヒ-:| |        色々ごたごたあったけど
  せ /_  _______´ |. |
.  ) (//7 fー---ヲ/. |        読みたいシチュは殆ど
  (  >|.トp,.`、_r//  |
.  ).  )|./、.  /ー、__|__        拝めたし…面白かったし……
  ん /. | `7|´ ̄`ー-iヽ
  ? ). |  | |    | ヽ      最後は例の騒動も大体丸く収まったし。。
.    /./  | |    | / ;     まあいいかっ…!  祝 終了
.    )|`、ー/.<    |/ /ヽ
.    }.|\|. /  i ̄i |  /. ヽ


626 :名無しさん@ピンキー:04/03/13 00:05 ID:1kxF1Ixc
…もう蒸し返すなよ。
昨日の議論みてみ?もういい加減オトナなんだしやめようぜ。
>1がいなけりゃこのスレ荒れる暇もなく
dat落ちしてた、間違いなく。
なんせ職人がいなかったんだから。

627 :名無しさん@ピンキー:04/03/13 00:33 ID:KoGOS1pJ
>>1が今更マンセーされてる理由がわからん
自己厨だし他板で荒らししてたし。
SSもどっかで聞いたようなセリフばっかであんま面白くなかったし
同情からか?

628 :名無しさん@ピンキー:04/03/13 00:42 ID:JTsjV+bj
文句つけるしか脳のないやつの文章読むよりは
何万倍も面白かったことは確かだな。
黒沢職人の続きも読みたいが・・・まあ容量も限界だろうし
何はともあれここまでよくやった。

629 :名無しさん@ピンキー:04/03/13 00:47 ID:1kxF1Ixc
もういいじゃないか…。
まあ、人には好き嫌いがあるから>1のことが嫌な>671の気持ちも分かるけどさ。
今更>1のことをいくらせめても何も生まないし。
同情ではない。なんだかんだいって>1のことはSS含めてキライじゃなかった。
繊細すぎて2chの毒にあわなかったんだろう。
それに性格的にあんまり何時までも人のこと責めるの好きじゃないんだ僕は。
>671には面白くなかったのかもしれないけど
たぶんけっこう多くの読者は喜んでいたと思うよ。
マターリしてた頃のスレの感想見れば何となく伝わってくる。


630 :雨宿り@反省:04/03/13 01:16 ID:zzZwFrcM
”雨宿り”を書いているものですが、現在のスレの容量が500KBと限界に近い上、
スレ掲載分だけでも19KBなので、このスレにおいて完結へ持ち込むのは不可能
になりました。
 もともと自分が遅筆なため、間に合わなかったのであり、大いに反省しています。
しかし、書き始めた以上、また私の拙い作品を楽しみにしてくださる方のためにも、
必ず完結まで書き上げたいと思いましたので、次スレが成り立たない様子なら、
スレが無い作品のエロSSを書くスレ 2
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1076217352/
に続きを”雨宿り”の題名で掲載する次第です。
 遅筆ながら、約束は果たします。
 

631 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 12:37 ID:D2cceFZw
今後、このスレをどうしていくつもり?>all

632 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 15:49 ID:hFMVaFWJ
>>631
☆ チン     マチクタビレタ〜
                        マチクタビレタ〜
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 新しい神まだ〜?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん  |/

こんな感じでマターリ

633 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 21:48 ID:U6va01nM
  ∠ハハハハハハハ_      ゝ
   /          ∠_     |    このスレってさぁ・・・
  /           ∠_    |
  |  ̄\  / ̄ ̄ ̄  /      |    なんかそこら辺のスレと
.  |__   ____  | |⌒l. |    匂い違いますよね・・・・・・
  | ̄o /   ̄ ̄o/  | l⌒| . |
   |. ̄/     ̄ ̄    | |〇|  |    >1のSSなくなってから明らかにつまらなくなったというか
.   | /            |,|_ノ   |    外野は無意味に荒れ放題っていうか・・・
.   /__, -ヽ        ||     |    もっとはっきり言うと・・・
.   ヽ――――一    /\   |\
    /ヽ ≡       /   \_|  \ もうこのスレ死臭すら漂い始めているっていうか・・・・・・
   / ヽ      /      |   |ー―
   /   ヽ    /        |    | ̄ ̄ ここらが潮時・・・・・
      /ヽ_,/        /|      >667>669>670>672>673の御意見ごもっとも……

634 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 21:49 ID:U6va01nM
  ∠ハハハハハハハ_      ゝ
   /          ∠_     |    このスレってさぁ・・・
  /           ∠_    |
  |  ̄\  / ̄ ̄ ̄  /      |    なんかそこら辺のスレと
.  |__   ____  | |⌒l. |    匂い違いますよね・・・・・・
  | ̄o /   ̄ ̄o/  | l⌒| . |
   |. ̄/     ̄ ̄    | |〇|  |    >1のSSなくなってからどーもつまらなくなったというか
.   | /            |,|_ノ   |    外野は無意味に荒れ放題っていうか・・・
.   /__, -ヽ        ||     |    もっとはっきり言うと・・・
.   ヽ――――一    /\   |\
    /ヽ ≡       /   \_|  \ もうこのスレ死臭すら漂い始めているっていうか・・・・・・
   / ヽ      /      |   |ー―
   /   ヽ    /        |    | ̄ ̄ ここらが潮時・・・・・
      /ヽ_,/        /|      >667>669>670>672>673の御意見ごもっとも……

635 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 23:01 ID:U6va01nM
レス削除でずれてた
>623>625>626>628>629のご意見ごもっとも……

636 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 23:10 ID:a/y0wekN
>631
これまで静観してきた漏れの意見

>1は失敗を犯したが、反省している。人間誰でも始めは失敗もある。
失敗すると益々パニクッて失敗を重ねることもある。
それは>1に限らない。誰だってそうだ。俺もそうだし、未だ>1を憎く思っている奴だってそうだ。
そんな失敗は絶対自分はやらかさないぞ、と言いきれるような完璧な奴がいるだろうか?
だから…これ以上死人に鞭打つ真似はよそう…。オレたちは大人なんだから。
大人ってのは…人を恕せる人間…だろ?
それに、801板への誤爆も、結果的には一見荒らしのようにみえる感じに
なってしまったが事実としては、>615の推測、パニクッてしまった、というのが正しいように思う。
彼女が801をバカにしているとも俺には思えない。むしろものすごく801が好きだったから、
男×男のSSばかりを好んで書いていたんじゃないかな。
男×男でもいいじゃないか何故異端というのか?…と言う様な事も幾度も言っていたし。


637 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 23:17 ID:U6va01nM
             _-‐─------- 、
          ⌒/  ─        ヽ       
       //  r  ─  \     \     
      /     .r     \   \  ヽ   
    ./   / |   \   \  \  \   
   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .          ヽ 
   | |    | |:::::: ::| || || || || || || ||      |  
  .|  | |   .|、::::::::| || || || || ||ノ|ノ | \   | 
  |  |   ノ_| | \::::::|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|    .|
  .|   ノ| / ::|ノ::: \ 、  /    :::::::| \ | 
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. | 
   .| rへ||::`ヽ ○ ノ;|  ! ○   ノ :::||Fヽl |  
   | |に ||:::::::`〜<ヾ|   `--〜´   ::::||レ./|
   .| .ヽ_||::::::ι  ::::   υ   ∪ :::|| ノ |     あんた・・・大人やね
    .| | .|:::::::::   ヽつ        :::| |  |  
    | .| |:::ノ⌒⌒〜――〜⌒⌒\  ::| | ||  
    .|   |::[ ̄⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ̄] ::| | ||  
     | |. ヽ[________ノ /|  | | 
    .| | | .\:〜─〜┴〜─〜′ ./  | |
     | |  | | .ヽ   ≡≡≡    / | |  | |  
      |ノ/|    \::::: ≡    /| |  |\ .|
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::|    .\ /    |:::::::::::::::::::::::::::::



638 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 23:40 ID:a/y0wekN
また、彼女が>671のいうほど自己厨だとも思えない。
あの日までは、彼女は神と呼ばれ続けても平身低頭のレスをしていたし、
騒動後には、謝っていた。確か二回。
自己厨といえば>539のほうこそ、まさにそれにぴったりだ。
叩くだけ叩いておきながら叩かれるのが自分の番になった途端、逃げた539…。
また、>1が死んだ後に起こった、不毛な議論の原因を
全て>1だけにおっかぶせるのはあまりに虫が良すぎやしないだろうか…?
オレたち大人はどういう理由が発端だろうが、発言は自分の責任でするものだ。
>1の犯した失敗に対し、彼女が消えた後々までしつこく叩く方も、人間的了見が狭すぎる。
荒らしと勘違いし誤爆までした>1はもちろん悪い。とても失礼だ。
その時点では自己厨といって差し支えない。
しかし、それに過敏に反応し、彼女が謝罪し去った後まで、いつまでも際限なく
彼女に関する全てを、否定し排除しようとした厨もまた、
中立的立場にいた俺からいわせてもらえば、立派な自己厨である。
このスレの空気をギスギスさせ、駄目にした自己厨当事者である。
もっと突っ込んで言えば、
騒動後も変わらず>1の新作SSが見たかった側の人間からすれば、
いつまでも執拗に>1を叩き、
>1が復帰できる温和な空気作りを妨害し続けていた人間も、
荒らしと大差なかったんじゃないのか?
叩くにしても限度がある。>1のファンの期待まで踏み潰す権利があるのか?

639 :名無しさん@ピンキー:04/03/17 23:53 ID:U6va01nM
┼┼┼─ /           // ,イ ,ィ i         | ‐┼─
┼┼┼‐ / ,r‐-、   _.. -t  ヽノ// / | ll          l │
┼┼┼ / //⌒ソ,.r ''_三ミ、l   ヾ /ノ  | .| l        トl. ┼─ ぐっ・・正論だ・・・ぐにゃ・・・
│││./ //⌒// (  `ヾミl  ゝu u r‐' "    /    |  │
┼┼ / //⌒// ヾヽ @ ゞ廴〃〃〃 __... -, i"レ  ノ トl  ┼─
│  ./  ゝ`、〃 〜i ゞヽ、   ゛!}}/〃ッ====V、  レ  /. ┼┼─ いいのかよアンタ
┼ /    `〃 u   Uゞ三≡彡/|j./{{ @    ノノ /,、 /. ‐┼┼─
┼ /     i rァ-、 |j'~  ̄u ̄/u/ゞミ、_ _ ノ〃// `).)  ││
┼/      l {/ / 〉、 u  |j / / ゞミ≡三彡" // `ソ/ ┼┼┼─ 2chでそんな理性的なレス・・・
 /      l ヾヽ/ /\ ( /u/ u u U / u//こソ/ │││
../      | |ヽ` 〈  /\.Uノ、). -==='" u 〃、__ノ ‐┼┼┼─
/       / l ゝl\ `〈 / >-、_ u u |j~ 〃 / ナl ‐┼┼┼─            
.     /┼| U\l\ ``<__/ /`7''i   /   / ナ,' ‐┼┼┼─
     / .┼ | |j~ `<`>、  `''´、/_ノ /   ./ ナ/  │││
.    /┼┼ l u ヾヽ`ヽ/`ン‐-ノ/    / ./ / ─┼┼┼─
   / ││  l |j u ゞヽ  ̄ ̄/     / ナ./_.... -‐ '' " ´
.  /‐-- ....__l     u _..、-''/      / ̄ ̄
|/|/         `'--‐''´    /       /



640 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 00:00 ID:571HVFdX
>639このスレ末期の様相を呈しているから
最後マジレスでもして冷静にしてやるかと思ってな。
ま、多分無駄だろうが・・・・。

641 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 00:23 ID:571HVFdX
>1一人によって、職人が一人もいない状態からのdat落ちを免れた。
>1は難しい福本ネタなのにみんなの要望にこたえほとんど全てのジャンルの
良作のSSが凄いペースで大量に作ってくれた。これは曲げられない事実。
>1の文章の構成力と書く速さはかなりの物だった。少なくとも俺はそう見ている。
福本のエロパロという珍しいSSをたくさん目に出来ただけで充分じゃないか。
騒動の後>1のSSへの文句をいう厨はたくさんいたが、かといって
そいつらの中で、>1以上のSSを書き、実際このスレにあげて
スレを盛り上げてくれた奴は結局一人もいなかった。>628の言うとおりだ。
中立的立場の俺からみても、どうでもいい揚げ足取りレスより、
失敗を犯した>1のSS(や今後の>1のSS)の方が何万倍も価値があった。
セリフパクリ杉と批判した人は、では実際>1と全く同じセリフを与えられて、
>1を超えるSSを書くことができるのだろうか。書いて見せて貰いたいところだ。
…自分の手は煩わさず、高見に立って口先だけで
他人の文句だけを言うのは簡単なことだ。そして卑怯なことだ。
これは2chに限ったことではない。実社会でも同じことをする奴は多い。
オレの会社でもそういう卑怯なヤツはたくさんいる。口先だけのヤツほど実がない。
内部の執拗な文句の荒らしと外部の荒らしとで、このスレはエロパロスレとしてもう死んでいる。
まあ、外部のほうの削除はされたが。
こうなった以上一旦静かにこのスレを終わらせたほうがいいと思う。それがオレの意見。
黒沢職人の続きは見届けたいがな。
今後すぐ第二スレを立てても、まだ両陣営の厨の感情は収まらず(多分特に>1を叩く側が)、
ほぼ職人不在でROMのみが不毛なレスを繰り返すだろう。
次立てるなら暫く時間をおいたほうがいいだろう。



642 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 00:31 ID:571HVFdX
長文スマソ

643 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 00:45 ID:aLmIdvQU
                 , -──- .、
                , '  ,.へ、    \     _|__  ゝ
              /  ./  v\     ヽ     |, -‐ 、
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',  .<|   _,ノ  
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ  _|__  ゝアンタのいうこと
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´   |, -‐ 、  いちいちごもっとも・・・
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  <。_ノ   .<|   _,ノ
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'           
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|      _|__  ゝ 叩きはもうイラねえ……
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’        .|, -‐ 、   このスレで必要なんは 
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |       <|   _,ノ おもしろいSSだけ
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |               
.   ,'         │  |%二7 /   | W       _|__  ゝ
  /        |.  |)// ./    |          .|, -‐ 、 スレ一旦終了っ・・・
、/          |  |/ / /     l        <|   _,ノ それがいいかもな・・・
 \         |.  l. /,.イ       l_,,. ‐''"            
   \       |  l /'  l     l         -─-、   
    \     | l∠..‐''"レ''" ̄``ヽ           __ノ  ギスギスした空気( ゚д゚)・  
.       \ _,,. ‐''"     /      \      o       オラァアキタヨ・・
      , ‐'''`ー-、      {. /´⌒ヽ. ヾ.l i.゙、      o  神801板で謝ってたみたいだしよっ・・・・!
ヽ.   /      `‐、     ヽ.)   } .」 } } }     o  帰ってこねえかな・・・ツマンネ



       }_ノ .{_/.Lノ `'                 o    

644 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 10:01 ID:yqLL8WBJ
>>1はその悪魔的な才能に恵まれ過ぎたせいで
社会的能力は常人より劣っていたのさ。

645 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 12:36 ID:aLmIdvQU
   , ‐'´ _                         _`‐、
 ∠ -‐'' /     l||   l||      l|l    ||l      `‐、 ̄
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ   フフ… >>644
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ  こういうことか……
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!  
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |   >>1は… 
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      || 確かに大変な天才だが…
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |    
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |  同時に社会生活を送る者
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l ! としては破綻者でもあったんや…!
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||    
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !  普通には生きていけない人間……!
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\   
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \  唯一…ヤツは…あの能力だけを
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト 頼りに生き延びてきた……
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|  
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |   
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|  ───‐つまり天17巻だな
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |






646 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 19:32 ID:yqLL8WBJ
そういう事だ。
そして俺はそういうヤツが好きだ。

647 :名無しさん@ピンキー:04/03/18 22:07 ID:aLmIdvQU
           ___     ,.. -─z:._
        `~`''‐、 ``ヽ, ' ll  '´ lll ``ヽ、
.      ,. ‐''"~´ ̄ ` ll    lll   ll   `ゝ
    ∠.. --ー;:=‐ lll   lll    ll     ll ヽ    なるほど……
      ,r''´ ll    ll   ll      lll   ll i        ならば…
      / ll ,.   lll   ll    lll      ll   !   
   , ' ,. /  ll   , '|.ll ト. ll i    lll    lll |     >>1が……
.   / ' ´, ' ll lll ,イl/::::::l l:ヽ |ヽl!ト、 、   ll   |
    / イ / , '::l/ー--:ヽ.!::ヽ!;:ゝl-ヽヽ ll  ll  |     揺れない心……
    //.イ ,イ ̄`ヽ、   ×´ヽ. ヽ::::::::`i   lll |    
    / |/ l====。、   ,,,====。=:::|ll|'⌒i |       を手に入れたならば
           l: ` ー-'/::::.   ー-‐ '´:::::::| !'`! | l|      
.           l:`ー-/::::::::.    ー--‐:'´:::|l!'^l l |   
         !::::/::::::::__-, ー-、 .::::::::|!_ン l|
           i.`"-----------ヽ:::/;ヽ lll |ヽ.       復活の可能性もあり得る…
          !.   ___   ..:::::/;;  ヽ  |;';';ヽ.   
              ヽ   ̄ ̄...::::::/;;;    ヽl |;';';';';'ヽ     刀で斬りつけられても叩かれても
.            /ヽ   ..:::::::/;;;;      ヽ|;';';';';';';|`:.ー  SSつくりの熱意を曲げない心……
      _,, -‐''7;';';';';ヽ::::::/;;;;;;       /;';';';';';';';|`:.ー     
  ‐''"~_,,:..:-‐/;';';';';';';';l`'´;'|;;;      /;';';';';';';';';';';|:..:..:.  オイ神……帰ってこいや 
  ''"~:..:..:..:..:/;';';';';';';';';l;';';';';|      /;';';';';';';';';';';';';' !:..:..:.    次スレでもいいからよ…

648 :名無しさん@ピンキー:04/03/19 14:52 ID:Ij+Wanq0
っていうか801が好きなら801板でやれよ。
板違い。

649 :名無しさん@ピンキー:04/03/19 17:28 ID:crjTWxpW
                ___
.         / ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄\        クク・・・・・・
.        /         _         ヽ       放置放置…
        /   、_ ̄`― _,ー- ̄    ヽ
      /    -- `―、__, ― --     ヽ     こんな難癖付けたがりやは放置放置…
      |     _  ー 、_, ―''  _     |     このスレでは男女カプール ものも
     /~~~l =ニ~―~ニヾ   〃ニ~―~ニ=  l~~~ヽ      >>1と黒沢職人が
    / l l l| _,, ====、     , ==== 、_ |l l l ヽ    書いとると言うに
   /「l⌒| || =ニ・ニ⊃|   |⊂二・ニ= .| l |⌒l7.|   まるでfusiana…目が…
.   | .|.l⌒|l |    :二二|    |二二     | l|⌒l.|l |
.  / l |.l\|l| 〜― 、_,/ |   |ヽ、_, - 〜  .|l|/l.| l |  ククク・・・・・・
  / | lヽ二|| 〜― 、_/ (    )ヽ、_,-― ヽ  ||ニノll |l
. / l | l  l l |   |丁T┬┬\__/┬┬T'丁|    | l l  l|   それに…すこしは空気嫁・・・・・・
..| l  l ll l |  \匚匚匚匚匚匚匚匚|/    | ll l ll lゝ  こんなバカには放置プレイが一番・・・・・・・・・
.| l l l l l |         _          |l ll ll  l |
|l_」 l l  l ヽ、_       ≡        __ノll  l llL_}
  |ハ l l  |\`ヽ           ,-‐'´ノ l lll l |   ̄  クク・・・・・・
.   || | ハ  |. \:::\_____/:::/| ハ ハ  |
   l .|.|. |  |   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  V | .| |  |
   l  || | |     \          /       | | .| .|
.    | | |      \       /         ||.  |.|
       ||                      |  l|

650 :名無しさん@ピンキー:04/03/19 17:48 ID:izv33BsU
同意
粘着は今後放置
空気もスレも読めねーヤツ相手にするのもあほくさい

651 :名無しさん@ピンキー:04/03/20 12:11 ID:LQZw7D7h
落ち着いてよかったが さびれたねここ…神復帰の気配も見えないし
なにげに 自然
           .,,illlii,     ,illlll!
           ,,illllll!゙    ,,illllllliii,,、
         .,,iillllll!゙,   ,,,iilllllll!llllllll
        ,,,illllllllllllllll! ..,lllllll!゙゙.,illlll!゜
       .,,,illllllllllllllll!゙゜ .゙゙゙゚゙゙!lllllllll,,,
       .!!!!!゙illlllllllllllliiii,  ,,illll!!!!llllllliiiii,,,,,
         .゙゙゙゙゙,,iilllll!lll゙ ,,,ill!!゙!lllllliiii!!!!lllllllllllii.
         ..i,ii!!゙゙,,iiilll!!!!!゙゙  ,,illll!!!!  ."゚゙゙゙″
      ,,,,,,,,,,iil!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙°  .iilllli,,,
      ゙゙!!!!!!!°       ..゙!!!lllllllll
                   ..`゙″

                 ..,,,,,,,,,,,,,,,、
           ,,,,,,,,,,,,iiiiiiillllll!!!llllllllllllト
         .l!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙゙°,,,illlllll!!゙°
                ,,iillll!!゙゙゜
               lllllli,
               .!lllllll,
                llllllllll
                llllllllll
               ..,illlllllll
             l!iiiilllllllll!°
              .゙゙!!!!!゙°
               の予感が…

652 :名無しさん@ピンキー:04/03/20 14:31 ID:ROV7QUUE
読みたいSSのカプを上げてみる。
俺はカイジ×西尾が見たい。
さわやかタッチで。

653 :名無しさん@ピンキー:04/03/20 15:50 ID:WncXwfMo
            ,,..、--―――--、..,,
          r'" ,.,.,.        ,.,., `' 、    ククク・・・
         | .i´ _`'-、___.、-'´_ `i  l
            | l u _ `'-、__、-'´ _ l .|    ・ ・ ・ ・
         | .l    `'-、____、-'´ u l |    >>652くん・・・・・・!
         | |-====、、  ,、====-| |
.       r‐'、ヽu,、-三- ゛|j~´-三-、u /r-、   悪いが・・・・・・ そのカプ
       | r‐| | <´ o 》ノi i、《 o `> .| |`i |   おいしすぎる・・・・・・!
       | に| | ゛ミ≡彡 | |uミ ≡彡 .| |.コ |   これは声だっ・・・・・・!
.        | ゝ.|.| ト、ヽu__ | .| u、_ /,ィ |.|ノ l   スレを司る・・・・・・ 天からの声・・・・・・!
.        ゝ-|| | |ヽ u ゝ!__!ノ u ,ィ'|.| ||‐'´|
       /  | ト'、|`T.T T T.T´レ1| .|  |   そのカプをみたい・・・・・・ という声・・・・・・!
       7/| .| \|`「`「`「`「´| |/ |  |ヾ
  ,.、 -‐ '' "|';';| .| しu`U二二二 ̄u .|  |';';'|" '' ‐- 、.., 
'' "';';';';';';';';';'|;';';'|  `'i 、    ̄ ̄  ,、-i´  .|';';';'|;';';';';';';';';';';" '' ・
';';';';';';';';';';';';|';';';';|   | `'-、___,、-'´  |   |';';';';'|;';';';';';';';';';';';';'
';';';';';';';';';';';'|;';';';';'|   ト、      .ノ|   |';';';';';';|';';';';';';';';';';';';

654 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/20 20:15 ID:RUE1z12D
>>384>>415>>416さんたちへ
お久しぶりです。
二度と来ないといっていたのについにきてしまいました。
スレこんなにのびたんですね。
私は、このスレから去ったあの日から毎日何をしていても
ずっとこれまでのことが繰り返し頭に浮かんできました。
立ち上げた頃の暗中模索、
軌道に乗り初めSS書くのが楽しかった毎日、
みんなと仲良く盛り上がっていた最高のあの頃、
そしてあの行き過ぎた自分のレス、その後の皆のレスを見て不眠になり吐いたこと、
そして>>384>>415>>416さんたちに嫌味なレスを投げつけ去ったこと、
去った後の鬱と動悸と涙・・・。
…今日、就活の初めての試験を受けてきました。
さっき帰り道、電車の中でも、私はぼーっとこのスレをめぐる色々なことを考えていました。


655 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/20 20:17 ID:RUE1z12D
そのとき…自分でもうまく説明がつかないのですが…
次第に、>>384>>415>>416さんたちに対して、
あの事件の日から自分の心の中で続いてきたのとは逆の
温かい気持ちが芽生えてきました。
>>384>>415>>416さんたちは…きっと
今も私にムカつかれているのではないかと思います。
でも私は今、あの、私の、荒らし認定後〜スレを去るまで
にあなた方に言われたことは、
本当は私にとってとても大事なことだったのだと思うようになりました。
私は、神と呼ばれ続けてて、
いつの間にか鷲巣じゃないですが、
自己が肥大して謙虚さを失って、
即座に自分の荒らし認定の間違いを認めることに
意固地になっていたのだと思いました。
801板の人に迷惑かけたのも、
>>638サンの言われるとおり、動揺していたとはいえ、
空気読んでない自己中心的な行動でした。
今日電車の中で、憑物が落ちたように私は、
自分が心の中にそういう驕りがあったことを認めることが出来ました。


656 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/20 20:19 ID:RUE1z12D
これまであまり人と喧嘩になったり言い争ったりした経験がなかったので、
免疫がなくて>>384>>415>>416さんたちの言葉や
他の人の言葉は、本当に痛かった…。
でも、それは…私が自分の未熟さに気付きまた心を強く成長させるための、
実はとても大事な体験だったんだと、さっき気づきました。。
もう、>>384>>415>>416さんたちには、
私とのこのスレでの思い出などムカつくだけなのかもしれませんが、
私は、あなた方に感謝します。
批判してくれてありがとう。
リアルの私の友人は、皆そういうことを言うのは避けるからいい機会でした。
あの事件まで、ずっと支えてきてくれていた皆さんに、
ひどい事いって、すみません。


657 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/20 20:20 ID:RUE1z12D
これからのことですが、
自己中、誘いうけ、と叩かれるのは覚悟の上で、
時折投稿しようと思います。
神と呼ばれたエロパロというコテハンは、
色々ありすぎて特に神という部分がよくなかったようなので
このレス以降、すこし変えます。
私はやはり福本SSが書きたい。
思えば最初はただ自分が書きたかったから
自分の欲求を埋めるためにだけ書いていたんだった。
他人の評価なんて気にしてなかった。
それを忘れていたのかもしれないです。
それに、自分が立てたスレである以上は
責任持って良いスレにしなきゃ、
荒れないようにマッタリと進行させSSをいっぱいにしなければ、
と気張っていたこともまた、間違っていたのかもしれません。
SS職人がスレの舵取りまでするのは無理なことだったのでしょう。
スレの舵取りはROMの皆さんに任せて
私は職人仕事だけに専念すればよかったのだとおもいました。
落ち着いて考えてみれば、スレの栄えるのも廃れるのも
荒れるのも、マターリするのも、そのスレの抗えない運命。
流れるに任せるのが一番だったのだと気づきました。


658 :神と呼ばれたエロパロ:04/03/20 20:22 ID:RUE1z12D
とにかく、今回のことで自分の精神の弱さ未熟さと向き合うことができました。
本当にありがとう。
>>647さんの言われる、揺れない心とまではいきませんが、
今後私や私の書いたSSについて何と言われても、
私は、動揺せず、毅然としてただ自分のその時出来る限りの作品を
静かに書き続けることにします。




659 :名無しさん@ピンキー:04/03/20 22:16 ID:LQZw7D7h
・・・お帰り>1 俺は歓迎するよ
暇があったらあげてくれ
ま、ガンガレ!

660 :名無しさん@ピンキー:04/03/20 23:47 ID:WncXwfMo
              _          _        オオオマジで復帰しやがった>>1のヤローっ……!!
        _,. -‐-`' ``'‐、,.‐'"´,. =ニ`       やり直そうな……
        ,.‐'"´           __`ヽ
       /               ``''‐、    もし首尾よく これで
.      /                 `''‐、   あの騒動から足を洗えたら
       i            , /i  、     ヽ‐-ヽ  >>1もおれらもやり直そう……
.      !       /| /| / ! .!ヽ..ト、  、.ヽ
     |       /''l/、l/_, l/ _,.ゝ' ゝ、 iヽ!   もう今までのような
      |      ノ`''‐ 、._/   /_, ‐'´ !.\!     誤爆だとか叩きだとか………
     !  ,.-、 r' =。=== _  ,=。===,!      そんな 非生産的な
     /   { ‐、!|  ` ー-‐' ''  \--‐' !        毎日から抜け出して………
.    /    !( r||.        r __  \./|
   /.  ,、 ゙ー'|!、  ,..-‐───; 7゙│      なんて言うか………
  /_,./ l    │\ `ー-----‐'´/!\i       もっと価値のあるスレ進行………
  ̄ .!  1    l  ヽ、   ー一 ./ |  |`'‐、
    |    i、   l.    ヽ、    / |  .|   `'‐、  ……うまく言えねえが………
.   |    ヽ  i       ヽ、.イ │  |      ともかく………
.    |    |ヽ  !.       | !  !   .|       今までとまるで違う
   |      |. ヽ. i、        | W1  │     マターリスレライフに漕ぎ出そう…!
    |  ,. ‐'´\|ヽi.ヽ、    ノ|/`‐、  !
    !.‐'´      |     `'ー-‐' .|     \!      ………今度こそ……!


661 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:14 ID:Xp+jsCgf
「佐原っ…!」
ブワッ…
佐原がガラス窓を開いた瞬間の突風っ…!
「ぐっ…!」
叫ぶ間もなく佐原は漆黒の闇へと堕ち……消えていった…!
「佐原ぁっ…!佐原っ…!佐原っ…!佐原っ…!
…………佐原…佐原よおぉっ…!」
佐原とオレの通信…儚い点滅は…途絶した。

オレは、佐原の見つけ得なかったガラスの道を渡り、利根川を倒し
兵藤会長と対峙し…そして左耳と左手の指四本を失って迎えた…苦い朝…。
オレはそのまま、兵藤の息のかかった病院に連行され、
耳と指の接合手術を受けさせられて、野に放たれた。
手術費用も加算された圧倒的負債、自分の詰めの甘さへの憤り、
そして…報われることなく死んでいった佐原へのやるせない想いを抱えて…。
数日後、新聞の三面記事に集団飛び降り自殺の記事が小さく載っていた。
その中に…佐原の名前があった…。
世間に入っていく風穴…突破口を開けようと、オレと同じようにもがいて…
冷たい世間の風に人生も希望ももぎとられた佐原…。
(佐原を好きにならなければ…こんなにもつらくはなかったろう…失った事が…。)
オレは、気持ちの整理をつけるため、佐原の亡骸を弔いにいこうと思った。


662 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:16 ID:Xp+jsCgf
だが…オレは何も知らなかった。佐原の事…。唯一佐原が残していった熱い体の記憶以外は…。
癪だが、あの胸糞悪いコンビニの店長に佐原の住所を問い合わせるほかはなかった。
あの店長と言い争いになるのを客に見られたくなかったので、オレは、
客が少ない深夜にコンビニに入っていった。
(…?)
客もいないが、店員もいない…。が…奥のほうで人の声らしきものがかすかに聞こえてくる。
(従業員室か…?)
オレは勝手しったる従業員室の扉を開いた。
「…!」
そこには、薄汚い店長の肉棒を、マンコにバッグから強引に突っ込まれ、
床に顔を押し付けられて、ロングヘアーを乱し、泣きながら喘いでいる、
エプロン姿の西尾さんの姿があった。
「え…!?」
「…カ…カイジさ…!?…み…見ないでっ…あぁッ…」
喘ぎながら西尾さんは顔を背けた。店長の毛深い掌で白い胸を鷲づかみにされたまま…。
オレの姿を認めた店長は、汚らしい肉棒を西尾さんの小さなマンコにぶちこんだまま、
驚愕の表情で叫んだ。
「…なっ…!い、伊藤…お前っ…なんでここに今頃っ…!」
(そういやこの前佐原のヤツ、西尾さんを、店長と二人でレイプしたって言ってたけど…!)
「…てめえっ…!未だに西尾さんをレイプし続けてたのかよっ…!」
そう叫ぶと、オレは、右拳を思い切り店長に頬にめり込ませ、垂んだ腹を蹴飛ばした。
店長の醜い肉棒がいやらしい糸をひきながら、西尾さんのマン汁滴るマンコから離れた。

663 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:18 ID:Xp+jsCgf
「ぐっ…うう…ち、違うんだ…」
店長は、オレをいびっていた時の態度とは打って変わった、おもねった表情を浮かべ、
しぼんだ肉棒をだらしなく晒したまま、言い訳を始めた。
「黙れっ…!この犯罪者めっ…!警察に突き出されても文句は言えねえなぁ…!?
二度と西尾さんに手ぇだすんじゃねえっ…分かったかっ…!」
警察という言葉が聞いたのか、店長は、人が変わった様に、土下座して
どうか警察には言わないでくれと、陳謝を繰り返した。
こんな腐れ外道は、警察に突き出して制裁を受けさせるに超したことはないが…
警察沙汰になると西尾さんもまた、傷つくことになりかねないので、とりあえずその場で、
今日付けでの西尾さんのバイトの終了を書面上でサインさせ、
西尾さんのレイプ現場を納めた監視カメラのビデオテープを全て取り上げ、
警察に言わないことを条件に、慰謝料を含めた多額のバイト代を西尾さんに払わせることを確約させた。
この事件のせいでうっかり忘れるところだったが、佐原の住所も聞き出し、
泣きじゃくる西尾さんを連れて、外に出た。
午前4時半を回ったところなので、七月とはいえ、外気はひんやりして清々しい…。
「…事故だと思って…忘れちまえ西尾…オレは…何も見なかったからよっ…」
柄にもなくオレは優しい口調で、西尾さんを慰めた。
「…ぇ……ぇ…うん…忘れる…カイジ…さん…」
泣き笑いしながら、西尾さんはうなずいた。
「家…どっちだ…送っていってやる…」
「…ありがとう…カイジさん…」
西尾さんとオレは、無言で、街灯に照らされた人気のない路地を肩を並べ歩いた。
こんな風に女の子と…しかもこんなに美人な女の子と一緒に歩いたのは初めてだった。



664 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:22 ID:Xp+jsCgf
「カイジさん…うち…ここだから…」
西尾さんは小綺麗なマンションの前で立ち止まると、元気無く呟いた。
「そうか…まあ…またあいつが何かしてきたら言えよ…じゃあなっ…!」
少し名残惜しいような気分で、オレはそう呟くと、来た道を戻ろうとした。
「…ま、待って…カイジさん…!あの…もう少し一緒に居てもらえませんか…?」
西尾さんの声が呼び止めた。
オレはどこかで期待していた展開に、ちょっと嬉しくなって振り返った。
「いいけど…なんで…?」
「これまで店長にされてきたことで…凄く辛くて…今独りでいると…私…
どうにかなっちゃいそうで…怖いの…」
佐原を好きになる前は、バイト先でずっと西尾さんのことが気になっていたオレなので、
こういう展開はなんていうか…ずるいけど…正直、男としてはたまらないシチュだった。
「一時間でいいから…私の部屋で…一緒に居て欲しいの…」
…そんな訳で、オレは、初めて、姉貴以外の女の子の部屋に上がることになった。
むさくるしいオレの部屋と違って、どこも綺麗に整理されていて、何かの花の様な
いい香りまでするし、ぬいぐるみなんかも置いてあって、想像してた通りの女の子の部屋だ。
西尾さんの淹れてくれた、熱い紅茶の入ったマグカップに口をつけながらオレは急にドキドキしだした。
(やべえ…何喋りゃいいんだよっ…!女とあまり話したことねえからわからねえっ…!)
西尾さんがポツリと口を開いた。
「カイジさん…あのね…私…カイジさんが助けてくれなかったらずっと…
店長の玩具にされるところだったの…ほんとに…毎日毎日呼び出されて無理やり犯されて…
…もう……いっそ死んじゃおうかと思ってた…」
オレは、思わず、マグカップを口から離した。
「…し、死ぬなんていうなっ…!西尾さんに落ち度はねえんだっ…!
事故っ…それだけっ…!西尾さんは何も変わってねえっ…!死ぬ必要なんてねえぞっ…!」


665 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:24 ID:Xp+jsCgf
「ありがとう…でも、いいの…カイジさん…私…処女じゃなくなっちゃったのは本当だもの…
好きな人にあげようと思っていたのに…無くなっちゃた……はは」
西尾さんは空笑いをした。
「……。」
返す言葉が見つからない。
「その…好きな人…処女あげてもいいかなって思っていた人って…実は…カイジさん…だったの…。」
「え…マジで…!?」
「ホントよ………。でも今更…もうダメなの…分かってる…
あんなトコ…店長に犯されてるトコ…なんて見られちゃったんだもの…」
自嘲気味に呟きながら西尾さんには細い横顔をうつむけた。
「…オレは、処女かどうかで…西尾さんの価値は変わらないって言ったろーがっ…!
そんな自虐的なこといっちゃダメだっ…。
それに…オレも…西尾さんのこと、バイトしてた時好きだった…。」
「……。じゃあ、カイジさん!こんな…店長と佐原君とにお尻の穴まで犯され尽くした…
こんな淫乱な体になっちゃった私でも抱けるの…!?
同情でなら…!好きだなんて言わないで…余計…辛くなるから…!」
西尾さんが涙交じりの声で口走った。
「…同情じゃねえっ…オレはそういう類の嘘はつかねえっ…!バイトの時ホント好きだったよっ…!」
そういうなり、オレは、西尾さんを抱き寄せた。
「西尾さん、オレが抱いて全部忘れさせてやるっ…!」

666 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:25 ID:Xp+jsCgf
オレは、西尾さんをベッドに押し倒した。長い黒髪が、白いベッドシーツの上に波打った。
西尾さんのブラウスのボタンを一つ一つ丁寧に外していくと、ごく薄く静脈の青の透ける
形のよい白い胸が、息づいている。西尾さんの胸は大きくて、ブラから今にもはみ出しそうだ。
ブラをはずすと…ぷるんと胸が零れ落ちる。でも、形は崩れない。
「西尾さんの胸…綺麗だね…」
オレは、西尾さんの柔らかい胸の弾力を楽しみながら呟いた。
「ぁ…ン…カイジさん…言わないで…そんな恥ずかしいコト…」
西尾さんのスカートの奥の潤った部分をパンティーの上から刺激しながら、
オレは西尾さんにキスをした。初めての…普通の女との…キス。
「ん…!ぁ…ん…!」
西尾さんは、清楚な美人の外見に似合わず、なかなか、ねっとりと濃厚にオレの舌を求めてくる。
(店長に開発されたのかな…)
なんてことが一瞬頭をよぎった。オレは、マン汁で粘つくパンティの中に、右手を入れた。
さすが…女だ。佐原のとは、濡れ具合が段違い。
オレの三本の指はジュブジュブ淫らな音をたてながら、
西尾さんの小さめのマンコに吸い込まれていく。オレの指の動きに反応したのか、
西尾さんのマンコが激しくひくついて、奥の部分からさらにいやらしい液がぬめり出てくる。
「やんっ…そこ…気持ちいいのっ…ダメぇっ…アアッ」
一旦指を引き抜いて、指を広げると、三本の指に跨るマン汁が
ねっとり糸をひいて、ベッドに垂れ堕ちた。
オレはさっき西尾さんが店長に犯されていたときの余韻を
オレの与える快感によって全部払拭してしまいたいと思った。

667 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:27 ID:Xp+jsCgf
「西尾さん…のマンコ…見ていいかっ…!」
パンティーを片足に残しスカートは着けたままの西尾さんのヒザに
右手をかけながら、オレは聞いた。
「ヤ…そこは…ダメぇ…!」
顔を赤らめて必死で抵抗する西尾さんだが、オレの右手の指が、再び、
濡れ濡れのマンコに挿入されると、途端に脱力してしまった。
「オレ西尾さんが初めてなんだよっ…女とヤルの…!つっても、プロの女とは
何度もヤったコトあるんだが………まあ、そういうわけで…見てえんだっ…
初めての…素人の女の子の…綺麗なマンコをよっ…!」
「…じゃあ……ぁ…でも…ン…じっくりはみないでぇ…ァぁ」
オレは、太腿までマン汁で濡れ、力の抜けた西尾さんのスカートを性急にめくり、
西尾さんのマンコを拝んだ。
さっきの、レイプ現場で遠目に見た時も、綺麗なマンコだと思ったが、近くでみても綺麗な色をしている。
西尾さんが、毎日のように店長に犯されたといっても、ここ2週間ほどのことだ。
それまでは処女だっただけのことはあり、まだまだ使い込まれているとは言い難い、初々しさがある。
マンコの唇は、連日肉棒に嬲られたせいですこし腫れ気味のようだが程よい大きさで、
肉芽は、プロの女とは比べ物にならないほど可憐だ。
オレは、西尾さんの味を試したくなり、唐突にマンコの割れ目を舌でなぞり、
肉芽を優しく舌でつついて舐め回した。
「ぁ…カイジさん…はぁあアッ」
西尾さんがベッドシーツをギュッとつかんでほっそりした腰を震わせる。
西尾さんのマン汁とオレの唾液とで、もう西尾さんはマンコもアナルも限界までぬっとり濡れている。

668 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:28 ID:Xp+jsCgf
「西尾さん…挿れるからなっ…!これで嫌なこと全部忘れさせてやるっ…!」
「アんっ…カイジさんっ…きてぇっ…!」
(こんな美人な西尾さんで素人童貞おろせるなんて、オレの人生捨てたもんじゃねえっ…!)
左手が使えないので、西尾さん自身に彼女の太腿を限度まで抱え広げさせた。
西尾さんのぬぷぬぷ桃色マンコに、オレの硬くなった肉棒をまずは一気に挿しこむ。
キツイっ…!
こんなにマン汁で濡れているのに、西尾さんのマンコはオレの肉棒を締め付けるっ…!
これだけでイってしまいそうな程なのに、さらに、のたうつような肉ひだのヒクつきの責めが
重なり、いきなり桃源郷状態だ。
「ぐっ…!西尾さん…スゲエよっ…!お世辞抜きでっ……!西尾さんのマンコ…!」
「はふぅ…!カ、カイジさんの…お…大きすぎて…壊れちゃう…かも…」
西尾さんの甘い息遣いが、激しくなる。
オレは、右手で西尾さんの胸を揉みしだきながら、快感と陶酔の一打一打を
猛烈に繰り出した。はあッ…ズヌちゅ…!ズぐちュ…!う…ズじゅぷ…!ズジュぽ…!
西尾さんとオレの体の相性はどうやら最高らしい。
もう何がなにやらわけが分からぬほどの快感で、
獰猛な肉棒の突きが、マンコの肉ひだの悪魔的なヒクつきが、淫らなマン汁が、止まらない…!
気付けばオレは、究極の締め付けに達した西尾さんの熱い柔らかいマンコの奥深く、
1週間ぶりの濃厚な精液を放っていた。
「あぁァぁあんんっ!!カイジさ…いくぅっ…!」
「はァァ…!あぁっ…中出ししちまったっ…!」
オレは至高の射精感に浸りつつ、叫んだ。
「いいよっ…出してぇっ…!カイジさんの出してぇぇっ…!」

669 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:29 ID:Xp+jsCgf
快感に火照っている西尾さんはとてもエロティックで、いつもの清楚な魅力とは
また違った魅力があり、どきっとさせられる。
オレの肉棒は、西尾さんのマンコを犯しただけでは、
おさまりきらず、西尾さんのアナルへと侵入を開始した。
右手の指を、イったばかりのエロいぬちょぐちゅマンコに挿しこみながら、
ゆっくり、肉棒をアナルに侵入させていく。
こんな可愛い顔した女の子の、こんな穴を犯す快感っ…!
マンコ並みの柔らかくてそして凄い締め付けにオレの肉棒はたぎりきった。
マンコ三本指攻めと、アナル肉棒責めの、同時責めの異端の快感に、
西尾さんはさっき以上のエロい喘ぎ声を出しながら…再びイった。
おれが、西尾さんのアナルにも、たっぷり中出ししたのは云うまでも無い。
カーテンの隙間から朝日差し込むベッドの中で、
右腕に西尾さんを抱きながらオレは言った。
「すげえっ…西尾さん…最高っ…!良かったっ…ホントっ…!」
「…私も…カイジさん!初めて…抱かれることが…楽しかった…。」
「これで忘れられたかっ…?」
「…うん、忘れられた…ありがと…カイジさんっ…!」
西尾さんは、明るい声でそう答えた。

670 :闇に降り立ったエロパロ:04/03/21 06:30 ID:Xp+jsCgf
「あのな…西尾さん…」
「どうしたの…?」
「店長と一緒に西尾さんを犯した佐原のことだけど…
オレ、実はバイト辞めた後に色々あって
佐原が好きになった…。それで、佐原とも寝たっ…!」
「え…!?男なのにっ…!?」
「ああ…。いわゆる常識という理からすれば、異常な愛だろう。
だが…理外の理…常識の枠を超えたところにある愛もまた、
その気持ちが真実である限り、
正常な愛だと俺は思っている。
佐原が西尾さんにしたこと、佐原にはじっくり反省させた……
だから…いつか許してやってくれないか…あいつを…。
…あいつは…もう死んじまったんだ…」
「佐原くんが…死んだっ…!?」
「ああ…。死んだんだ…」

次の日、オレは一人、佐原の住所を訪ね、佐原の遺影に別れを告げた。
近親者らしい人すらまばらな寒々しい、淋しい葬式…。
(佐原っ…お前の無念、希望、未来、
オレが全部背中にしょって生きていくっ…!
兵藤っ…!覚えてろっ…!いつか必ずオレが勝つ…!)

671 :名無しさん@ピンキー:04/03/21 16:49 ID:H6An7Yfw
      _─-ゝ‐ 、, -‐z...__
.    -‐゙ `      ´ ´ ~`ゝ     ……なるほど……
.   ≦                   ヽ  しょせんは…… そういうことか……
.   イイ/lイ/|/|/イ/Vv,ィ,   i
     /´           〃  |    
   / ̄`'‐、   , ‐''"´ ̄ |   |  たとえどんなにレスを駆使して叩こうと
.    !==。=、  _ =。=== .|.r‐、.!   叩きは…… しょせん無力……
    l.` ‐-/  ゙ ー--‐ ' .|.!‐、}|    SS書き込みなんてできない…
     l  /  __ ,      |lヽ,/|
     i ゙ー____,   |!ン .ト、     当然だよな……
.      ヽ  __     /ヽ  | ヽ    ここはエロパロ板なんだから
   _, ‐''7ヽ   ̄   /   ヽ.|  .|`'‐、._ 叩きより生きてるSSだ…!
 '"// ./  .\   /     〉   |   |  生きてるSSの価値が
  // /   | lヽ./        /l   |   |        優先される……!
 '/ /   _,| ト、         ,イ│  │   | 闇エロよ……復帰作モエっ……!


672 :名無しさん@ピンキー:04/03/21 17:19 ID:trXPocMK
>>661-670
GJ!

神がいるからエロパロが成立するっ・・・!

673 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 16:13 ID:D7XUKQo/
         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <     わかるかい……
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ      >>1…?
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N     荒れようと
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW       なんだろうと
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂  結果このスレが
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )  ここまで
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´  生き延びた価値
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐   このスレに今
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|.... ついているSSの重さ……
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....

赤木                      >>661-670GJ…

674 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 16:43 ID:TUOtpF//
         ∠  ミr="" ̄ゝ
        /   .ミ≡-ミミ  ゝ
       /  / rミv//ヽヽミ  ヽ
.      /    /ヾ   ヽヽミ  ゝ
      |  // メ, | | |vx ヽゝ)        ク・・・・
      |  /ヾ=ェ,,\  /,,-="|/         クククク・・・・・・・
      | / |ヾ.o "ヽu/ro  |          ク・・・・・!
      | (彳 ゞー  :::ヽー"|
      |  | u     ,' ゝ |          カカカッ・・・・・・・!
     /   | ゝコエェェェェエフ|
     フ   ヽ ゝエェェェェr |─,,_       終わり 終わりっ・・・・!
──" ̄  ヽ  ヽ   ≡  //─,,_" ̄"─┐ 終了っ・・・・・!
     /  | \ \   / /::::   " ̄"─┤ そろそろ容量切れっ・・・・!
    /   |  \  ゝ |vV:::::::        /|
   /⌒)  .|   \/  |:::::::::::::::       / | dat落ち決定っ・・・・・・・!
⌒ヽ/|≡|.  .|   /\ |:::::::::::::::::      /  |
|│ ||旦|.  ..| ./ヽ__/\|::::::::::::::::::     /  .|  地獄っ・・・・!
ヽ.しノム ヽ. .|/ ./ ヽ .|::::::::::::::::     /   |  地獄行きっ・・・!


675 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 17:25 ID:D7XUKQo/
       /~''''--,,,,      >>1のせいでレスの荒廃・・・ そう言うが・・・・
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,       どうもここに残ってる連中 そんな風には
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,      考えていないようだぞ・・・・・・!
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,  
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/  要するに・・・
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/   
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : : : : : : :,ヽ    闇エロ・・・・!
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)    そのSSの生還・・・・・・!
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /    そのこと自体を感謝している・・・!
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,   
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/    やり遂げたんだよ・・・・・・ お前は・・・!
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    福本エロパロという・・・・・・ 当初の目的を・・・・・・! 
/ ;;;i      ヽ    ヽ ~'''''イ      
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /    だから感謝こそすれ
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  / /    不満などみんなの胸にはない・・・!
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/     
  ;;;i:    ''''-,,, ''''-,ノ /      行けっ・・・・・・!!
  ;;;i     'ミ     /;ヽ、   つまらん遠慮は無用だ
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、    皆 次スレを心待ちにしていたのだ
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、     次スレ行けっ・・・・ゆっくりでいいからっ!! 
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、  
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、  矢差 御持三 (賭博破戒録カイジ)

676 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 21:05 ID:SGi5X7Jy
あんたね…文句来ているよ…
長ったらしいだの…腕が及ばないだの…
完結させるって大口叩いて
んな簡単なSSも書けないのか…!
あ〜〜〜〜〜〜〜 ぁ?
 ………
「うっ…寒っ(自分のSSが)」
「まずい…完全にスランプをこじらせた…」
「早くしろ…!鬱になっちまう…!」
ヨロ…ヨロ…ヨロ…
ガシャッ(SSを放り出す音)
「こうして…無意味な評価のない落書きを重ね…」
「やがてコレは(未完のまま)消えていくだろうな…」
「飽きられ…疎まれ…何も残さないで…!」
 ハッ…
「や、やば…!やがてじゃねぇ…今(スレが)死ぬ…!」
「こんなとこで終わったら今(スレが)死ぬ…!」
「書かなきゃ…!書かなきゃ…!」
 ヨタ…
「書かなきゃ…!」



677 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 21:06 ID:SGi5X7Jy
「>1…>1…復帰したっていったい…?」
「ああ…書いているよ、それなら…そこ…!」
 >>661-670
>>1っ…」
 ぶわっ
「頑張っていたんだ…>1も…孤立無援…このスレ中…!たった一人で…」
「福本エロパロは…軽んじられ…見下されて…あしらわれ…そして別スレに晒し上げされ…」
「しかし…一切そのことに文句は言わず…ただ…愚直に書きとおす…書きたかった萌えを…!」
「福本エロパロは…日の当たらない…ひかれて当たり前の二次創作…!」
「(他の福本スレの)注目や喝采なんか…無縁…!」
「一般性もゼロ…!誰がやってもまあ同じ…」
「そんな…間口の狭いエロパロ…!」
「たいした(人気のある)エロパロじゃない…!」
「たぶん…そう…たいした(人気のある)エロパロじゃない…!」
「しかし…書きとおすっ…!やめないんだっ…!」
「こんなにボロボロ…傷だらけなのに…執筆を…!自分の萌えを…!」
がっ…がっ…がっ…
「誰が…誰が笑えるというんだ…?>>1を…!」
 ガッ
「>>1…>>1…>>1…もういい…おめっ…>>1っ…おめっ…>>1…」

…復帰おめでとうございます。私も及ばずながら完結させます。

678 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 21:43 ID:TUOtpF//
           、x+十!┼!x ,.
        ×丶 ` ′′′'× チ…
        メ丶 .._   ニニニニニ キ      
.         だ  `''‐¨ニ'_┐┌_''ニィ     仕方がないことやが…
       +r'ニ‐-r'ニニ,〈─r'ニニ,ヽ
.      ±{に ij.ヽ.三ノ ̄ヽ.三.イ    >1の復活を目の当たりにしながら
.     ,.4.ヾニ r rー' L __,.」ーヾ|      512KBに引っ掛かる
.    _/:/:|:   | ! | ⊂ニ==-- l ト、       というのは最悪の展開
┬ ''T/:/:/|、  ヽ. , , , , ,一, , , 人:ヾ''ー-
U- i/::::/::|i \   ` ー─‐ァr‐く:ヽ::i:::lーU  ここは>1に次スレ立てさせるしかなさそうやな…
U__.l::::::i::::|_l   \.   /│i _|:::i:::|::|__U これでスレの行方がまた見えなくなった
U |::::::|::::| !   \/   |.U |:::|::|:::| U
U-|:::::::!::::|ー l     /bヽ  | U-|:::::|::::|.-U
U_|:::::::::::::|_Ul   / l  ヽ.|._U__|::::::::::|__U

僧我

679 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 23:08 ID:Ge5MA1Cu
           `="ヽ,´'ー'"=;,                
         -=''"   ,.,   ヽ               >>1いつのまに復帰してたっ・・・!
         ∠´  .,'三||'i  '!                描けよ・・・・・描けっ・・・・!
          /_,∠=jー '!.ヽ、, i               SSは描かなきゃ嘘だ・・・・!
          fミ|j(、゜ノ!エ!~。ぅj〉1               オレはROMった・・・・・・
          ヒ||`u'./u"',U'‐´{ノ                ROMって・・・・
           '、,-み‐u´ーヽ|                叩いて・・ROM内でもいがみあい
..           { 〈竺竺竺}uj                本当に無意味な・・・・・・・・
       _   /i `,⌒,~~~,/\               無駄な生活だった・・・・・・ 
   _,.-‐//ニ/  ,ー‐‐ー0´  |ニ77-‐、_         そんな・・・・・・・・・・
.  /'i― ̄| | . ,'  O| ij ; 0/  |. | | ̄ーi'ヽ        そんな生活をもう>>1くんは
 /  |   | | ,'   .',ヽ___,./,.,.   | | |   |  ヽ      送っちゃいけない・・・・・・・・ 
/||.  |   | | '‐"⌒ヽ。ヽ //ー、|| |   |   ||ヽ     
 ||.  |   | |     ヽ//.   | |   |   || ||ヽ      >>1くんは・・・・・・・・・・・・
    |   | |   0  |o/.    .| |   |  || ||  /   描ける人間なんだからっ・・・・・・・・!
    | ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄~| | ̄ ̄|.   ||  /ヽ.
ヽ  /|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__ |ヽ.    /.  ヽ 描け・・・・・・・・描くんだっ・・・・・・・・!
/ヽ/  |.  |               | |. |  ヽ ./ヽ.    >>1くん・・・・・・・・・・
     |  |      / ̄|.     |. | |   ~   ヽ.   >>1くん・・・・・・・・!


680 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 23:19 ID:Ge5MA1Cu
             _
         -─ヽ ` v '⌒ ゝ
         /          \
        /        ∧.    ヽ
      i    , ,イ/  ヽト、!  N
       │r‐、 ノレ'-ニ」  Lニ-'W
       |.| r、|| ===。=   =。==:!   このスレ……「注目」
       │!.ゝ||. `ー- 1  lー-‐' !    されとったから
     /|. `ー|! r   L__亅 ヽ|    荒れたんちゃう……?
   /  |  /:l ヾ三三三三ゝ|
 ‐''7    | ./  `‐、, , , ,ー, , ,/ヽ_
  7   ./K.     ` ー-‐ 1   ヽ-   
 /   / | \       /|ヽ   ヽ   なんていってみるテスツry  

681 :名無しさん@ピンキー:04/03/24 23:27 ID:D7XUKQo/
       __________
.     /  ヾ;_ |.|.| |.|.| 川 ノリ
     lミミ;シ′ `ヾ、.l」L,リベ〃'/
     │ X、、,__       u `く,,、   要らぬ…
     |三L_` ‐-¨ニユ!  iヒ'ニ¨イ  理想形のスレなど
     |_r,=i'「::==。=:Tニf:=。==:|    要らぬ…!
     F{に|.ト、:::三ヲ′ ヾ:三:::イ
.    /|ミ`ァlj ┐   r __ \ !    突き進め…!
   ,/ |ミ/ ヽ u ⊂ニ==-- ´ l    暴挙承知の
ニニ7  |/   ヽ.    ‐一   l---   次スレへ…!
.  l   |\     ヽ_____l l ̄
  │  |:::::::\       /|.  |
.  |    |:::::::::::: \   /::::::|  │

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)