2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スクールランブル@エロパロ板

1 :名無しさん@ピンキー:03/11/29 10:24 ID:qxkLZjwQ
お前が・・・描け。

298 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 13:15 ID:ySfFqCLj
>>297
ここにデモムービーがあるっす
ttp://www.boreas.dti.ne.jp/~anim/download/

>>Wind and Wander
(・∀・)イイッ、天満っぽい

ところで
播磨視点の歌といえば Cream+Mint …?


299 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 14:12 ID:y8Bs9Aec
>>298
あり。しかし職場なので開けません(w

>播磨視点の歌
Cream+Mintのどのへんが(w

追加で
晶: さよならを教えて
沢近: Belvedia

なんてイメージ。美琴は思いつかないや。

300 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 15:01 ID:EFjzAhHs
>>276-285
GJ!!めちゃおもしろかった。
播磨…これはもう才能だな。
沢近イイ!

301 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 15:41 ID:RJMDdPGA
被害者is俺にワロタ
セリフもあんまないけど光景が浮かんでくる。
播磨もキャラクター崩れてないし
漫画板のSSスレでも書いてたもれ

302 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 17:30 ID:O1B2jfX3
>>287
イヤ、冷静に考えたらカナーリ不自然だけどなw

303 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 19:14 ID:hWxgUyit
ぜひその日の夜を書いていただきたい。

304 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 19:14 ID:JUcoQB2B
まぁそうだけどw
播磨なら有り得るってことで。

305 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 22:29 ID:0WDqeJBw
myweb.hinet.net/home5/gx202020/logo/logo01.jpg

ほんの一瞬天満に見えた

306 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 22:31 ID:0WDqeJBw
ttp://myweb.hinet.net/home5/gx202020/logo/logo01.jpg

んー最初からこうしたほうがよかったか

307 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 22:40 ID:bmKssqmN
い、犬と対面座位かよぉぉぉ!

308 :In the twilight:04/01/04 23:46 ID:nEHwGm+s
夏も終わり、そろそろ夕暮れ時に涼しさを感じるようになった頃。
いつものように練習を終え、モップ片手に掃除をしていた花井春樹は、
道場仲間のおっちゃんから声をかけられた。
「おーい春坊、こいつは美琴ちゃんのじゃないか?」
「あれ、本当ですね。ちょっと届けてきます」
「おう、よろしくたのまぁ。後はわしらでやっとくからよ」


(……珍しいな、あいつが忘れ物とは……)
着替えを済ませ、美琴の家に向かって歩きながら、花井はそんなことをふと思った。
美琴は割とそそっかしい所があるとはいえ、物を置き忘れることはめったにない。
その上、今花井が持っているのは……美琴のカバン。
要するに勉強道具一式である。普通は忘れない。
(そういえば……今日は余り練習にも身が入っていないようだったが……)
……何か、あったのだろうか。
この間の事を引き摺っているとも思えないが……。
いや、しかしいつもの周防ではないのは確かだ……だが……。

花井春樹、彼は少し考えすぎるタチだった。

309 :In the twilight:04/01/04 23:47 ID:nEHwGm+s
「周防、居るかー?」
ガラガラと引き戸を開け、玄関先で声をかける花井。
「……む、誰も居ないのか……?」
家の中は薄暗く、そして妙に静まり返っていた。
夕飯の買物にでも行ったのか、おばさんの姿も見えない。
(行き違ったか…?)
仕方が無く、カバンを置いて帰ろうとした花井は、
隅の方に美琴の靴があるのに気が付いた。
「なんだ、周防の奴。電気もつけないで……。おい、周防。あがるぞ」
靴を脱ぎ、隅に揃えると、花井は二階へと上がっていった。

そして階段を半ば昇り終えた時。
花井の耳に何か物音が聞こえてきた。
(む……? ……これは……!?)
苦しそうなうめき声。どうやら美琴の声らしい。
慌てて二階に駈け上がる花井。
そして美琴の部屋へ飛び込もうとした当にその瞬間。
花井は動きを止めた。……いや、動けなくなった。


(……周防……?)
ドアは、僅かに開いていた。
そしてそこから漏れてくる声は――
「…ぁっ………はぁ……っ……」
(……な……!?)
花井は自分の見ている光景を、初め理解できなかった。
理解できないまま、何故か彼は動くことができず、硬直していた。
服をはだけ、足を開いた格好で、胸や股を揉み、体をくねらせる美琴。
大きく開いた胸元からこぼれる豊かな乳房。
引き締まった健康的な太股。
手を動かす度に、喉から漏れる喘ぎ声。
そのどれもが五感を通して花井の脳内ではじけ、彼の思考をマヒさせていった。

310 :In the twilight:04/01/04 23:48 ID:nEHwGm+s
「……ぃ………ぁぁっ……」
(……ん………?)
喰い入るように、美琴を凝視していた花井は、ふと我に返った。
「……せんぱ…ぃ……はぁっ…ダメ………」
(…っ…! ……周防の奴……)

「見事に振られちゃったよアハハハ」
と、花火大会の翌日だったかに聞かされた。
あの時の美琴はサッパリした表情で、確かに吹っ切れていたようだったが……。
(…まだ、吹っ切れてなかったのか……)
普段の様子から察してやれなかった。
花井は、自分のふがいなさに腹を立てた。
(…なにが美コちゃんみたいなヒーローになる、だ。)
幼い頃の自分を罵る花井。
周防には、いつも助けられているというのに、
いざ周防が苦しんでいる時は、何もしてやれないのか?
「…ぁあっ! ……もう…もうだめ! ……あっ!」
(周防――!)
「あっ、ダメッ、あっ…ぁぁぁああああああ!」
電流が走ったかの如く、体を痙攣させる美琴。
ベッドの上の美琴は、花井が今までに見た、
どんな女性よりも美しく、そして哀しげだった……。

311 :In the twilight:04/01/04 23:49 ID:nEHwGm+s
「……なんで……なんで忘れられないんだよ……」
覗いてしまったという罪悪感と、居たたまれなさから、
カバンを置いて、そっと去ろうとしていた花井は、それを聞いて足を止めた。
「……また…やっちゃった……。
 …こんなの…ダメなのに……ダメだって、分かってるのによ…」
(…周防……)
そして……花井の耳は、声を押し殺した美琴の嗚咽を捉えた。
ベッドに突っ伏して、独り泣く美琴。あの美琴が。
花井の中で何かが音をたて、
彼は……自分を抑える事を放棄した。


あたりは黄昏時を過ぎ、真っ暗になっていた。
美琴は起き上がって、濡れた下着を取り替えようと――

ドタドタ、バンッ!
「――周防っ!」
「―は、花井っ!?」
突然部屋に飛び込んできた花井を見て、
美琴は一瞬硬直し、慌てて服を直そうとした。
――その猶予を与えずに。
花井は美琴を強く抱きしめた。
「ちょっ……花井、ど、どうしたんだよ。苦し…む…ん…んぁ……」
何も言わず唇を重ね、舌を貪る。
始め、苦しそうにもがいていた美琴は、次第にその動きを弱め、
そして……瞳から、ひとしずくの涙が流れ落ちた。

312 :In the twilight:04/01/04 23:50 ID:nEHwGm+s
しばらくして花井が唇を離すと、
美琴は堰を切ったように泣き始めた。
「バカ…やろう……」
そう言って、花井の胸に顔をうずめて。
それは、美琴が花井に見せた、
初めての女らしい涙だったかも知れない。




「周防…いや、美琴。……好きだ。誰よりも」
「花井……塚本の妹は…良いのか? 好きだったんだろ?」
「どういう訳だか知らないが、今は……お前だけしか見えない」
バカヤロ……そう言って顔を上げた美琴の顔には、
いつもの笑顔が戻っていた。

- fin -

313 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 23:51 ID:V/vF/nJZ
>>306
おにぎりくん さんか

314 :名無しさん@ピンキー:04/01/04 23:52 ID:nEHwGm+s
あわわ、書きこんぢまった(((;´Д`)))

初めてなもんで妙な所が多々ありそうでつが、
どうかお目こぼしを。

315 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 00:27 ID:Ama8/ffs
ミコちんもキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
>>308-312さんグッジョブ

316 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 06:27 ID:B2RY9oB2
>>313
だろうね。
分かった自分がちょっと鬱

>>308-312
オ+ニーの部分は省いて
ベットで先輩の写真などを見て嗚咽しているところを
花井が気づいて・・・(以下略)の方がよかったかも
(個人的に、スクランキャラのそーいのが想像できないから。
でもそれだと萌えSSになってしまうが)
自分にはこーいうのは書けないので偉そうでスマン。
とにかくGJお疲れなのと
最後に310の7行目
「見事に見られちゃったよアハハハ」に見えて
露出癖のミコチン!?(*´д`*)ハァハァ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

長レススマソ


317 :ヒ・メ・ゴ・ト:04/01/05 14:48 ID:swERhc57
「あぁ・・・んっ・・・」
くぐもった、艶っぽい声が、己の唇から滑り出てくる。自分にも、こんな声が出せるのかと、霞がかった頭の片隅で思う。
塚本八雲は寝付けなかった。今夜もその前も。
身体の芯が熱くて疼いて止まらなかった。そしてとうとう衝動に任せるまま、秘めやかな部分にその指を伸ばした。
思い浮かぶ顔がある。それは精悍な男の人の、その横顔。
「播磨さん・・・」
播磨拳児。姉の同級生で、先輩で、優しくて面白くて、とても不思議な人。
動物の好きな人で、動物から好かれる人。彼のことを想うと、心臓がどくんと大きく波打つ。
「んあぁ・・・」
もどかしげに指を上下させる。朧げながら知識はあったが、実際にするのは初めてだった。
湿ったショーツの上から優しく撫でる。
こんなのはいけないと思う。けれど止まらない。
たとえばこの指が彼のものだったらと夢想する。
「やっ、だめ・・・こんなの・・・・」
たとえばその逞しい腕に抱きしめられる光景を想像する。
「播磨・・・さんっ・・・!」
もう止まらない。
するりと指が直接その部分に潜りこむ。





318 :ヒ・メ・ゴ・ト(続き):04/01/05 14:50 ID:swERhc57
「はうっ、くぅん・・・」
淫猥な市湿った音が残った理性を融解させる。
自分には不思議な力があって自分を思う男の人の心がわかったり
姉さんわからなくてわからないよわからないよわかりたい知りたいとてもとてもとっても
ほんの少しでも自分に向けてくれたらいいのにな・・・・

びくんと。大きく仰け反る。
「あっ・・・」
白くなる。残ったのは羞恥と罪悪感。

たとえば自分が彼を想うその十分の一でも、彼が自分のことを想ってくれればいいのに。
相手の気持ちを考えない一方的な、都合のいい考え方。
(私はこんなにわがままだったの?)
自嘲気味に笑い、そして泣いた。の気持ちもわかったりするけど姉さんはとてもとてもとても
不思議な人で侮れなくて大好きででも播磨さんの気持ちだけはわからなくて





319 :ヒ・メ・ゴ・ト(続き)そして修正:04/01/05 14:56 ID:swERhc57
ミスッたので再度書き込む

「はうっ、くぅん・・・」
淫猥な市湿った音が残った理性を融解させる。
自分には不思議な力があって自分を思う男の人の心がわかったり
姉さんわからなくてわからないよわからないよわかりたい知りたいとてもとてもとっても
ほんの少しでも自分に向けてくれたらいいのにな・・・・

びくんと。大きく仰け反る。
「あっ・・・」
白くなる。残ったのは羞恥と罪悪感。

たとえば自分が彼を想うその十分の一でも、彼が自分のことを想ってくれればいいのに。
相手の気持ちを考えない一方的な、都合のいい考え方。
(私はこんなにわがままだったの?)
自嘲気味に笑い、そして泣いた。





320 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 14:56 ID:eTCllOOa
ハアハア

321 :ヒ・メ・ゴ・ト(書いた人):04/01/05 14:59 ID:swERhc57
初投稿です。ヤクモンのひとりエッチです。
播磨と絡ませたかったけどシチュエーションが思い浮かばず挫折。
愛理タンも好きです。今度挑戦してみる。
感想とか頂けたら励みになるかと。

322 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 15:13 ID:T/GgjjBJ
スマンまず謝らせてくれ。
句読点が少なすぎて読みづらい所があった。
それと改行は40字くらいがいいと思う。
それ以外は(;´Д`)ハァハァ

323 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 15:30 ID:swERhc57
>322
感想どうも。こういう形で文章書くのははじめてなもので。
句読点のない部分は絶頂にむかってスパートする感じが出したかったもので
もっと読みやすい文章を次からは心がけます

324 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 16:00 ID:HFpYL059
誰か播磨の姉妹丼(天満&八雲)SSキボン。
俺じゃ力量不足で書けない。

325 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 16:05 ID:swERhc57
激しく同意。俺にも無理だ

326 : ◆Eri//qLXXY :04/01/05 17:38 ID:Ao+yun7f
海SS、おおむね好評をいただきありがとうございます。
なんといっても、続々新作が投入されスレが活気づいてきたようなのが嬉しい限りです。
これまで漫画板のSSスレの存在を知らなかったクチなのですが、
いざ覗いてみたらみなさん力作揃いで圧倒されました。
随所に原作テイストへのこだわりが垣間見られて…楽しく拝見しました。
結びは”fin”にすればよかったかなーとか、いろいろ考えさせられたりして。
遅ればせながら、自分のにもせめてタイトルつけたいなと思ってるんですけど…
原作のサブタイトルは映画のタイトルからつけられてるんです…よね?

※ヘアの色については正直全く意識しておりませんでしたが、改めて想像してみると
黒い方が自分的にはドキドキしたので、あえてこのままでw
お好みにより脳内で修正していただければ、と。

327 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 17:59 ID:EqOBIXn9
オフィシャル的な『想い人』と結ばれる展開が無いのが面白い
まあ皆基本的に片想いだからなぁ(笑)

328 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 21:11 ID:s/wrGsc8
>>326
タイトル激しくほすい。
つーか、SS作者さん全てにお願いします。

329 : ◆Eri//qLXXY :04/01/05 22:40 ID:Ao+yun7f
>>276-285 のタイトル、考えてみました。
PANIC ROOM
にしたいと思います。

330 :名無しさん@ピンキー:04/01/05 22:48 ID:s/wrGsc8
>>329
ありがとうございます。
これですっきり。

331 :名無しさん@ピンキー:04/01/06 04:24 ID:dSGI8T10
>>319もおかしいですよ。

自分には不思議な力があって自分を思う男の人の心がわかったり
姉さんわからなくてわからないよわからないよわかりたい知りたいとてもとてもとっても


332 :名無しさん@ピンキー:04/01/06 04:36 ID:950s16r2
>>331
>絶頂にむかってスパートする感じが出したかったもので

ってことじゃないの?頭ん中真っ白になってく感じ

333 :名無しさん@ピンキー:04/01/06 14:25 ID:IjmZQXEg
ttp://homepage2.nifty.com/ukuk/img-box/img20040106011046.jpg

何のゲームか知らないけど沢近にみえますた(;´д`)ハァハァ

334 :真田(仮名):04/01/06 16:33 ID:705Qosgo

AKABEi SOFT さんからえろえろしい本が出るようです (=゚ω゚)
ttp://home.att.ne.jp/omega/akabeisoft/index-main.html

335 :名無しさん@ピンキー:04/01/06 23:02 ID:97FSjqCp
>>333

塔ノ沢魔術研究会と思われ

ttp://www.sp-janis.com/soft/tohnosawa.shtml

未プレイなんで感想は梨

個人的には沢近と同一視するにはちとタイプが違う気が(ry



336 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 01:00 ID:W569mSD2
しかし、擬似沢近多いな。

337 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 03:45 ID:PneRYALo
>>336
漏れからみれば沢近の方が鏡花のパチモンに見えたんだが

もっともパクリか否かは判定できんし、仮にパクリであっても
スクランそのものへの評価は揺らがんと思ってるが



338 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 04:02 ID:Smsthu76
金髪ツインテールなんて誰もが思いつくだろ

339 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 08:50 ID:hTvAlXeh
いあ、鏡花は金髪ツインテール以上に似てると思う。

340 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 12:26 ID:KZ6XZ4u9
沢近「ゴミ袋なんてこの世であたしに5番目に似合わないアイテムだわ」
美琴「他の4つはなんなんだよ?」
沢近「汗と努力と苦労と貧乏」
美琴「おまえって最低な…」

違和感ある?

341 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 17:34 ID:PneRYALo
>>340
 
性格的ベクトルが同方向だから違和感なんてある訳なし
強いて相違点を挙げれば 沢近はお嬢様だが鏡花は女王様
尻に敷く男がいるか否かぐらいか?


342 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 17:42 ID:h5MeCV/R
>>334
有葉たんは好きなので期待
沢近出ないのかなぁ・・

343 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 18:10 ID:OYBtPhsA
>>341
播磨でしょ。
関係性としては既に尻に敷きつつあるようなもんだし。

344 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 18:58 ID:yxzZi80Q
播磨沢近は確定なのか

345 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 19:53 ID:W569mSD2
まあ正直、もう2、3本は旗が立たないと厳しいと思う。

346 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 21:01 ID:XGoBdB7G
>>340
沢近は努力を否定したり金持ちを鼻にかけたりする様な事はないと思うんだけどなぁ・・・

347 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 21:24 ID:G00HJRu7
沢近スキーには悪いけど
沢近が播磨にマジ惚れしてふられるシーンが激しく見たい
播磨のシリアス顔が見れそうだから

348 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 22:58 ID:OYBtPhsA
>>347
確かに見たい
俺の場合は打ちひしがれる沢近が見れそうだからだけど

349 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 23:17 ID:rSOKfygp
age

350 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 23:26 ID:yxzZi80Q
>>347-348
おめーら、んな事言って
紆余曲折の後、最後は播磨から沢近に告ってハッピーエンド、
とか考えてるんだろ?

351 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 23:35 ID:GZg7Ei0M
>>350
プライドを傷つけられた沢近が播磨を拉致ってマナマナエンドを考えてますた。

352 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 23:49 ID:9SARnWvT
>350
んなこたーない。
そんな展開になったらこのまんが見限る

353 :名無しさん@ピンキー:04/01/07 23:55 ID:dDjz3C6x
サラは沢近の家でメイドとして働いてる、俺が言うのだから間違いない。

354 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 00:24 ID:nFN4fIVD
つーわけなんで、どなたさまかか萌えスレで出てた
太刀根コユリにいいようにされるイチサンのSS書いてくれませんか?

355 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 00:42 ID:OkQGLcZb
三枚目もこなせる沢近

356 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 00:49 ID:VNWhbieK
まぁ俺は結果としてふられようが両思いになろうが、播磨にマジ惚れする沢近を強く望んでいるさ。


357 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 00:55 ID:ClVNk1W7
尻に敷かれる播磨萌え

358 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 01:00 ID:nobmGOYD
>346
しかしながら某金髪娘も、
汗と努力が似合わないといっておきながら、
成績上位に食い込むために必死で勉強してたりする罠。
性格、容姿、極めつけはあのメイド服。もうね、jhfgykはjksjこdしddf

359 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 01:21 ID:ClVNk1W7
某金髪娘には

「だいいちムダな努力って・・・、あんたムダって分かる程に努力したことあるわけ?」

というセリフもあったな。

360 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 08:16 ID:01bey7ff
かっこいいなその台詞

361 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 08:22 ID:SvHu7Nvp
アルコール分の高い台詞だな。

362 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 09:41 ID:QyTHNy9Q
>>353
メイドサラたん(;´Д`)ハァハァ・・・w

ところで沢近家の執事、中村ってどんなヤシなんだろな?
普通は東鳩のセバスチャンみてーなヤシなんだろうけど、
俺としてはデモベのウィンフィールドみてーなヤシをキボンヌ。

彼もまたヒソカに沢近を想っていて、「貴方のような方にお嬢様は託せません」と、
播磨と漢同士のガチンコバトル、という展開。
って、播磨、絶対に勝てそうにないな・・・

363 :フ・シ・ダ・ラ・120%:04/01/08 14:41 ID:vqhkuh9i
ある夜のこと。塚本八雲は秘め事の真っ最中だった。
「くぁ・・・ん・・・は、播磨さん・・」
途切れ途切れに男の名を呼ぶ。播磨拳児、その人の名を。己の股間から淫らで
湿った音がする。私がこんなことするなんて。頭の片隅で思う。彼のことを考える
と、身体の芯が熱くなり、疼いて眠れなくなる。衝動に任せるまま、初めての自慰
を試みたのだ。ショートパンツを脱ぎ捨て、ショーツの上からスリットを撫で擦る。
信じられないほどに濡れた。いやらしい、恥ずかしい、そしてなにより気持ちいい。
「やぁ、はぅ・・・んくぅ・・・!」
こんなことで良くなるなんて。姉さんに見られたらどうしよう。サラに知られたら。
あの人に知られたら。考えただけで心臓が高鳴り、いよいよ指使いも激しくなる。
左手で胸を揉み、乳首をを弄り、右手でショーツを下へ下ろし、密林地帯の隠された
肉の真珠に触れる。
「あっ・・・!」
痛みに似た刺激が駆け巡る。ここは刺激が強すぎたらしい。八雲はもう一度秘裂に指を
伸ばした。



364 :フ・シ・ダ・ラ・120%:04/01/08 14:54 ID:vqhkuh9i
思い出す顔がある。それは動物たちのために戦った彼の横顔。そして、動物園
に行ったときに見せた、切なげな横顔。本当は抱きしめたかった。その背中を。
そして伝えたかった。あなたの想いは間違っていないと。
「播磨さん、播磨さん、播磨・・・さんっ」
昇りつめてゆく。指が二本に増え、激しく掻き回す。乳房を荒々しく捏ね、乳首を
摘み、引っ張り、爪で引っ掻く。
「んあぁ!駄目っ、ダメッ、だめなの!」
この声で姉が起きたらどうだろう。いやらしい子だと思われるだろうか。サラは
呆れるだろうか、軽蔑するだろうか。そして彼は、播磨さんはどうだろうか。
「くぅん、くぁん!」
子犬のように啜り啼く。この淫らな姿を見られたら、恥ずかしさで死ねるだろうか。
ごろりと反転し、四つん這いになり、尻を高々と掲げる。この体勢なら見えてしまう。
大事な部分が全部。見てほしいと思う。あの人に、あの人に見てほしいと切実に思う。
「んああああ!」
尻を振り、身体をくねらせ、さらなる快楽を貪欲に求める。


365 :フ・シ・ダ・ラ・120%:04/01/08 15:04 ID:vqhkuh9i
この気持ちが何なのか、この情動が何なのか、八雲にはわからない。わかっているのは
播磨さんが姉に対し一途で一生懸命だということ。気づかなければよかった。その
想いを知らなければ、まだ幸せな夢がみられたのに。彼の腕に抱かれ眠る夢を。
するりと指が後ろの穴に触れる。まるで変態だ。こんな処にまで触るなんて。
でもあの人なら、あの人になら触ってほしいと思う。彼の指が身体中を撫で回し、
優しく口付けて、綺麗だよと言ってくれたなら。
「あっ、あぁ、あああっ!」
陰茎に触れる。先ほどの倍の刺激。そして快感。びくんと背中がのけ反る。
頭の中が白く白く白く熱く熱く熱く白く熱くてそして暗転。


虚脱。虚脱。虚しい。


366 :フ・シ・ダ・ラ・120%:04/01/08 15:10 ID:vqhkuh9i
快楽の波が収まり、凪いだ海を漂う感覚が全身を包む。残ったのは羞恥と罪悪感。
虚しさと自己嫌悪。
「播磨さん・・・」
天井に向けて両手を伸ばし、虚空を抱きしめて。何も掴めはしなかったが。
空っぽの胸。それでも募る想いは確かにある。
まだ何も始まっていない。終わっていない。スタートラインに立っていない。
だから。だから・・・。
その夜、八雲は決意する。伝えようと。この想いを。


「恋の魔法」に続く。






367 :作者:04/01/08 15:14 ID:vqhkuh9i
つーわけで書きました。位置的に健全版のss「恋の魔法」の前の話です。
「ヒ・メ・ゴ・ト」での失敗に対するリベンジでもあります。
絡みはなし。俺には無理だ。愛利たんのも書きたいけど、やはり
ひとりエッチになりそうな予感が・・・
かんそう待ってます。

368 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 15:26 ID:1zS8uPco
(*^ー゚)b グッジョブ!!

でも陰茎は男性器だよ・・・・・・・・・・・・・・・・・

369 :名無しさん@ピンキー:04/01/08 15:44 ID:ClVNk1W7
ふたなりハァハァ

370 :作者:04/01/08 15:51 ID:vqhkuh9i
なんかミスったらしい。すまん。この借りは後日別のかたちで

371 :フ・シ・ダ・ラ・120%(一部修正):04/01/08 15:55 ID:vqhkuh9i
この気持ちが何なのか、この情動が何なのか、八雲にはわからない。わかっているのは
播磨さんが姉に対し一途で一生懸命だということ。気づかなければよかった。その
想いを知らなければ、まだ幸せな夢がみられたのに。彼の腕に抱かれ眠る夢を。
するりと指が後ろの穴に触れる。まるで変態だ。こんな処にまで触るなんて。
でもあの人なら、あの人になら触ってほしいと思う。彼の指が身体中を撫で回し、
優しく口付けて、綺麗だよと言ってくれたなら。
「あっ、あぁ、あああっ!」
陰核に触れる。先ほどの倍の刺激。そして快感。びくんと背中がのけ反る。
頭の中が白く白く白く熱く熱く熱く白く熱くてそして暗転。


虚脱。虚脱。虚しい。


372 :奈良スレ 489:04/01/08 20:51 ID:1w5yez8F
>>317
>>363

いや・・・軽いネタのつもりだったのに、まさか本当に書いて頂けるとは。
言ってみるもんだな・・・・(;´▽`A``

それにしてもここ、エロパロ板だというのに本スレSSとうまく連動して
いい感じですな。

ちゃんとスクランの雰囲気壊さない程度の、エロになってるのって結構すごいと思う。
これからも頑張って書いてください。期待しています。


373 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 03:36 ID:es9H4vQd
播磨「畜生……どうやったら天満ちゃんと仲良くなれるんだ…」
謎の婆「もし、そこの諸葛亮項明」
播磨「ム…ばあちゃん、わかってるじゃねえか。で、何だ?」
謎の婆「想い人がつれないようじゃな……この薬を飲ませなされ」
播磨「うっ…何でその事を………コ、コレは何だ??」
謎の婆「フッフッフ、なぁ〜に惚れ薬のようなもんじゃ。さ、持ってきなされ」
播磨「……!…ほ、惚れ…!!……」
播磨の脳内に自分にメロメロになってはきゅんはきゅんになる天満の図が沸騰する。
播磨「うおおおおー!!謎の婆ちゃんありがとうーー!!恩に着るぜーー!」
翌日
播磨「て、天満ちゃん!」
天満「? なぁ〜に播磨くん?(ニコ」
播磨「こ、これ……栄養ドリンクなんだけど、天満ちゃんにあげるよ!」
天満「ほぇ〜? 栄養ドリンクー?」
天満に栄養ドリンク(媚薬)を渡す播磨。
天満「ありがと播磨くん!今日眠かったんだぁ〜!栄養ー栄養ー♪」
キュッキュッキュッ…蓋を開けだす天満。
播磨「いけぇーー!!」
天満「え?」
播磨「あ、い、いや……さ、天満ちゃんグイッと!」
ツカツカと二人に歩み寄る沢近。
沢近「なにしてんのよ?…あら?美味しそうなドリンクじゃない。少しもらうわよ」
播磨「は?」
バッ
沢近「ごくっごくっごくっ………プハ〜…なにコレ……マズゥーー……」
播磨「ヒィィィィィィィイ!!!!!!」
沢近「うっさいわねー……なに朝から大声出してンのヨ髭………?…あ、あれ…」
播磨「…!…お、おい…?」
沢近「………」
播磨(や、やばい!!こ、これはまさしく間違いなく少女漫画の恋する乙女の目!!!)

続かない

374 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 03:41 ID:ePvZJwWc
続きをキボン

375 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 04:38 ID:LdSCrL4s
続いてください

376 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 05:02 ID:XNjrXmM8
むしろ続け

377 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 16:57 ID:jXouQvOP
続くと幸せになれる

378 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 18:12 ID:O+rUvIwu
続けないと幸せになれない

379 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 18:31 ID:K8q/Zkyi
天満編で続いてくれ!!!(無謀

380 :名無しさん@ピンキー:04/01/09 22:57 ID:b9czksmz
オレも天満編を希望だー!(無謀?

381 :名無しさん@ピンキー:04/01/10 00:28 ID:QSL52EFF
ここで〜続かないと、死んでしまう〜ヨイヨイ♪

382 :名無しさん@ピンキー:04/01/10 09:43 ID:/jRmvxYD
しかし実在の孔明はあんな容姿だったのだろうか?

383 :名無しさん@ピンキー:04/01/10 10:39 ID:o9ypIc3j
実際のは写真などが残ってないからわからないが、
あれは横山版孔明だろうな。

いつかは蒼天航路版孔明の髪形した播磨も見てみたい。


384 :名無しさん@ピンキー:04/01/10 12:59 ID:yt+6Y/6N
それなら俺はSWEET三国志の孔明の格好した播磨を見てみたい。

385 :名無しさん@ピンキー:04/01/10 13:42 ID:z3qArBG/
>372 お褒めに預かり恐悦至極。続き物で播磨視点と沢近視点を
   考えてるんですが、愛利たんの性格が掴みづらいので苦戦中。
   三角関係もの誰かやってくんねーかなと思いつつ神の降臨を待つ

386 :名無しさん@ピンキー:04/01/11 10:49 ID:WO4eCFlJ
サンクリ行く人手上げて〜

387 :ここなんかどうスか?:04/01/11 11:50 ID:NDDBhJQu
初書き込みします。いや、昨日見つけたトコ貼り付けとくかなと。
あんまここでの萌えとはリンクしてないかもしれんが。

ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/9613/index.html

388 :名無しさん@ピンキー:04/01/11 14:22 ID:0F5PjtwH
>>387
ageで書き込むと作者の自演かと思われたりして、何かと不都合がある。
sageて書き込め。

389 :名無しさん@ピンキー:04/01/11 14:26 ID:e/eKidHZ
sage

390 :名無しさん@ピンキー:04/01/11 16:38 ID:Q2jHnOxm
もろ自演だろ

391 :名無しさん@ピンキー:04/01/11 17:07 ID:1fHLZC9T
スルースレー

392 :名無しさん@ピンキー:04/01/12 19:39 ID:l6/YaZGJ
>>387と↓の他にエロ系のスクランHPってないかね。
検索エンジンとかにもほとんど登録されてないし。
http://pink.sakura.ne.jp/~saika/search/cgi/search.cgi?word=%83X%83N%81%5B%83%8B%83%89%83%93%83u%83%8B&mode=search&page=1&sort=mark

393 :スクールテンプル:04/01/12 19:52 ID:7i9FCzBz
「なんか喋れ」
「・・アシスタント件解説者、花井だ」
彼はどうやら乗り気ではないのか、ぶっきらぼうに言う
「なんだ? 不満なのか花井センパァイ」
「あたりまえだ、何故俺が覗きという愚行で貴様の助力をせねばならない!?」
かなりご立腹のようだ・・本当は嬉しいくせに
「・・まぁいい、そんなことは置いといて・・」
「置くなよ・・」
「それでは早速、??ちゃんのお宅に進入したいと思います。さぁ、花井、開けろ!」
「何で俺がこんな・・・、ブツブツ・・それになんだよ??ちゃんってのは・・」
「俺の大切な人だ」
「ああ、あいつね・・・、はぁ。何で俺がそんなことに・・」
ぶつくさ言いながら鍵穴に器具を入れる花井

ドアの鍵を開錠し、そこから中に入ることに成功した・・

394 :スクールテンプル:04/01/12 19:54 ID:7i9FCzBz

<中略>

「さて、てんま・・・じゃなかった、自宅内部に潜入しました・・(小声)」
小声でしゃべっているのも関わらず、声が反響する・・すさまじい鼻息だ
「さて、こんなうすっ気味悪い部屋に用は無いから・・・。行くぞ花井」
「・・薄気味悪いか・・確かに。ここはあまりにも危険すぎる・・」
それは・・沢近のように・・・
「・・そんなナレーションはいいとして、播磨」
「なんだ?」
「何で貴様は俺以上に気配を消せるんだ!?」
播磨の目が細く鋭くなる・・・
「まぁ・・ぶっちゃけ動物と心を通わせたからだ」
正直にぶちまける
「ぶっちゃけすぎだ。」
花井が遠い目をしている、まぁいいや、ほっとこう
「では、お部屋にレッツゴーーー」
スキップ(無音、気配なし)で駆けて行く播磨の後ろを渋々ながら花井がついて来た

・・・・

395 :スクールテンプル:04/01/12 19:55 ID:7i9FCzBz
「さぁ・・・(ハァ)ドアの(ハァ)前まで(ハァハァ)やってきました(ゲフーー)」
「播磨、息が荒い。そしてなにより気持ちが悪い!」
「うるさい、気付かれる!!」
サングラスに隠れて表情が読みづらいが、かなり口元がにやけている、しかし口調は真剣だ。
「ぅぉぉぉぉっぉぉぉぉぉぉ」
我ながら惚れ惚れするほどの荒れっぷりだ
威勢のいい掛け声とは裏腹に、慎重にドアを開ける
・・・全くの無音のまま中に入ることに成功した
そしてまず初めに目に入ったのは
『白』
完全に白といっていいほど装飾も何も無い真っ白な壁
・・・ではなく
「運動靴発見ッッッ!!!!」
チャララッッチャラ〜ン
早速、播磨は迷うことなく特殊技能を発動した
匂いを嗅ぐ

――――合気道の何とか――――


396 :スクールテンプル:04/01/12 19:56 ID:7i9FCzBz

一陣の風が播磨に刃を向けた
「アブファ!」
生き別れる上半身と下半身
ふと、自分の下半身が目に映った

・・・・
・・・それでも播磨は

運動靴を放すことは無かった(意味がわからん!)
・・・・
・・・
・・

「さてさて、どんどん、逝ってみようかぁ〜」
「・・なぜ生きている・・」
信じられないというか、呆れ顔で尋ねる花井
「あんなもん、ご飯粒でどーとでもなる。さて・・次は〜」
すっぱりご都合主義で突き通し播磨はさらに奥へと向かう


397 :スクールテンプル:04/01/12 19:57 ID:7i9FCzBz
・・・そして、播磨は見た

制服のスカート&縞々ぱんつ
なめまわす

―――合気道の奥義っぽいなにか―――

軽自動車を吹き飛ばす威力の、鋭い蹴りが播磨の九尾を貫いた
「ゲブルファァ!!」
大量に吐いた播磨の血が宙に舞い
近くにあった(というか握り締めていた)スカートを血で汚した

こういうのも有りだな・・と思った(末期)
・・・
・・

「で、やっぱり無事なんだな、貴様」
顔を手で覆い隠すようにして苦悩の表情で言う
「はいはい、それはいいから次行くぞ次」
播磨はずかずか(無音)と前進していった
ところどころツギハギだらけだが、気にしてはいけない

363 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.03.00 2017/10/01 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)