2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

男が女に犯されるやつ 4

1 :名無しさん@ピンキー:03/09/08 01:03 ID:lpoKix08
女が男を犯す、がテーマです。

・過去スレ
男が女に犯されるやつ 3(前スレ)
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1053993847/
男が女に犯されるやつ 2
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1049565804/
男が女に犯されるやつ
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1033/10335/1033547919.html

・倉庫
http://www.101h.com/ftom/

338 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/09/26 18:03 ID:ekeXJALO
 その後もコーヒーカップやメリーゴーランドなど、いくつかの乗り物に乗り、気がつくと陽がすっかり傾いていた。
「そろそろ、帰りましょうか?」
 訊ねると、彼女も時間を忘れていたらしく、腕時計を一瞥した。
「え? あ、あぁ、そうだね」
 それじゃあ、と出口に向かいかけたところで、ミユキが声を上げる。
「ちょ、ちょっと、待って!」
「ど、どうしたんですか?」
 ミユキの切羽詰まった感じに、シンジはたじろいだ。
「さ、最後にさ。あれ乗らないか? まだ乗ってなかったろ?」
 彼女が指さしたのは、夕日に照らされゆっくりと回転する観覧車だった。特に長い列ができているわけでもなく、すぐに乗れそうだ。
「いいですよ」
 シンジは笑顔で頷いた。最初はびくびくしていたものの、久しぶりの遊園地は楽しくて――今まで見たことのないミユキの姿も見られて――シンジも、このまま帰ってしまうのは少しだけ惜しいと感じていたのかもしれない。
 短い列に並ぶと、すぐに順番が回ってくる。
 乗り込むと、ゴンドラは静かに上昇を開始した。
 乗ってみたはいいものの、密閉された狭い空間でふたりきりで向かい合うというは、予想したよりもずっと居心地が悪かった。ミユキは、ずっとシンジの方を見て黙っているし。
 シンジは首を巡らせて、窓の外の景色に目をやった。
「うわぁ」
 思わず、声が漏れてしまうくらいに、茜色に染まる山々、そして少し遠くに見える第三新東京市の街並みは美しかった。

339 :微熱 ◆DIO.JVXsqE :03/09/26 18:05 ID:ekeXJALO
「外、すごく綺麗――」
 ですよと、ミユキに話し掛けようとして、シンジは言葉を止めた。
 彼女が、酷く思い詰めた表情をしていたからだ。景色など見えず。声なんか
届かないほどに。
 ミユキは、何度か口をぱくぱくさせてから、
「……あ、あのさ……知ってる……?」
「い、いえ……」
 唐突に聞かれても答えようがなく、シンジは首を振った。
「こ、この観覧車で……一番、てっぺんに来た時に……」
 ミユキの心臓の音がこっちにまで、聞こえてきそうな気がする。
「……キ、キスすると……そのふたりは……永遠に結ばれるんだって……」
 そこまで言って、彼女はまた押し黙ってしまう。ただシンジを、じっと見つ
めて。
 たわいのない噂。シンジでさえ、ちょっと馬鹿馬鹿しいと思える。それをミ
ユキは、信じているようだった。
 ゴンドラの中に沈黙が満ちる。シンジも、ミユキの視線を見返すことしかで
きない。彼女の目は、なんだか――あたりまえだが――なんだか、とても女の
子に見えた。
 気がつけば、あとわずか――三十秒ほどか――で頂上。
 顔をややこちらに近づけて、ミユキが瞳を閉じた。
(な、なんで……)
 シンジは混乱した。どうしていいのか、分からない。
 ミユキが望んでいることは分かる。けれど、それをしてしまうのは、彼女も
、自分も、それに――も、全てを傷つけてしまうことだとも思う。
(しちゃいけない……しちゃだめだ……)

286 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.03.00 2017/10/01 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)